• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Itsï Ramirez // New Animals CD

Itsï Ramirez // New Animals CD

  • Availability:

アメリカ・シカゴの実験音楽家Itsï Ramirezが、2024年1月に同国ペンシルベニアの実験/ノイズレーベルNo Rentから100部限定でリリースしたCDです。

実験アンビエント〜コラージュ・ドローン5曲を収録。デジパック、シュリンク仕様です。

マスタリングはGlyn Maierが担当しています。

以下、実験音楽家Bret Schneiderによる解説です。

"エレクトロニック・ミュージックの退廃と、その結果としての精神の神秘化と感覚の誇大化という競争の日々において、その最も美しい側面のひとつである「神秘化」を忘れがちである。私たちがエレクトロニクスの音楽への押しつけを愛してやまない理由のひとつは、エレクトロニクスには裸の部分があるからだ。ほとんど恥ずかしげもなく。神聖な調性が地上にもたらされ、解剖される。一般的にエレクトロニック・ミュージックの「黄金時代」と考えられているものは、今日に比べればむしろ労働的で、完全な魂のための音楽というよりは教育的な参考資料だった。そのため、この解剖台の音楽は、恥ずかしそうに、あるいは誇らしげに、傷跡を見せることが多く、また医師の魅惑的な冷静さを反映している。しかし、私たちの主題である音楽を理解しようとする試みが、遊び心にも満ちていたとしたらどうだろう?マッドサイエンティストたちが音楽現象の真相に迫ろうとする試みに、明るさと喜びがあったとしたら?もし、その対象が儚い儚さ以上のものであり、これまでも、そしてこれからもあり得ないということを、解き放つプロセスを通して受け入れることができたとしたら?もし21世紀のクリエイターが、「音」をさらに理解しようとは思わず、むしろ「音」は再定義された幻影であり、決して理解されることはなく、それでもなお一層愛される呼び起こしに過ぎないことをすでに理解しているとしたら?もし、私たちの解き放つ試みが、私たち自身が作り出したエーテルの中を渦を巻いて切り裂くようなものでしかなかったとしたら?その音楽はどのように聞こえるだろうか?

Itsï Ramirezは、最新のスペクトル分析ツールを使って、このゲイ・ポスト・サイエンス・オブ・サウンドを取り上げる。音色は、きちんとビンや帯域に分けられ、分解され、分離され、真夜中の空気に撒き散らされ、蛾のように飛び回り、変身後の熱狂の中で光に向かって飛んでいく。Ramirezは、好奇心を示す一つの内省的なジェスチャーで、トーンを鱗翅目(りんしもく)の群雲に分ける。過剰な技術的血統主義や、説得力のない音楽的気取りの大群から一線を画すRamirezは、軽やかさ、儚さ、手軽さを追求する。Ramirezが追求するのは、軽やかさであり、輝きのある拡散である。このような明るい調性は、憂鬱から解き放たれ、外耳道の最高高度を飛び交い、神経受容体をくすぐり、シナプスの川の上を新たな白鳥が舞う。捕らえどころのない動物たち!自由で、捕まえることができない。しかし同時に、追いかける者に恋をしているのだろう。そしてまた、不安で短命でもある。私たちは捕まえること、家畜化すること、解剖すること、展示することがあまりにも上手だからだ。それを掴もうとした瞬間、それらは細切れになり、煌めきとなり、運が良ければ一瞬だけ存在したものの残像を残すかもしれない。そして、一瞬とは何なのか、考えさせられる。

この新しい不安な動物たちは、まるで逃げるために作られたかのように、軽やかで、生き生きとしている。音:パンドラの箱のようなもので、私たちが決してつかむことのできないものだが、私たちの不規則な行動の周囲に渦巻いている。この現象を飼いならすことができるのは、繰り返されるテクニックで閉ざされた世界を持つ飼いならされた動物だろうか?そして私たちは、逃げ出した悪魔を追いかけるのが大好きなのではないだろうか!檻に入れるには気体すぎる動物たち。デリケートな生き物だ。しかし、騙されてはいけない。デリケート=脆さではない。いや、むしろ、波打つ空気の中をきらめくアラベスクを自由に描くのに十分な強さ、調性の秘密の儚さを知っている確かな個性は、立つことができないし、立つ必要もない。逃げ惑う波と言った方がいい!"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more No Rent Records releases available at Tobira.

-------------------------------------

Ask us for digital files. CDr in digipack. Edition of 100.  

Tracklist:

  1. Josephine 03:36
  2. A Wink ; A Blemish 03:56
  3. Lepidoptera 07:16
  4. Bisou 04:27
  5. Mouthpool 16:00

Text excerpt by No Rent Records:

"[...]  Itsi Ramirez takes up this gay post-science of sound, with her modern spectral analysis tools, a just-born-yet dying breed of infant scientists dancing with their psychoacoustic scalpels, slicing at the air & shaping evanescent acoustic citadels. Tonality separated neatly into bins & bands, decomposed, segregated, splayed out for all to hear in the midnight air, flittering like moths, subject of the light they fly towards in post-transformation frenzy. With one introspective gesture of curiosity, Ramirez divides the tone into a swarming cloud of lepidoptera, not a single one of which is a singular animal. Distinguishing itself from the decaying glut of overwrought technical pedigree & cavalcades of unconvincing musical affectations, Ramirez pursues the light, the ephemeral, the easy. It is lightness, manifest in radiant diffusion. Such bright tonality — unfettered from gloom — that flits through the highest altitudes of your ear canal, tickling the neuroreceptors, new swans dancing upon the river of your synapses [...]"

Artist : Itsï Ramirez

Label : No Rent Records

+ -

アメリカ・シカゴの実験音楽家Itsï Ramirezが、2024年1月に同国ペンシルベニアの実験/ノイズレーベルNo Rentから100部限定でリリースしたCDです。

実験アンビエント〜コラージュ・ドローン5曲を収録。デジパック、シュリンク仕様です。

マスタリングはGlyn Maierが担当しています。

以下、実験音楽家Bret Schneiderによる解説です。

"エレクトロニック・ミュージックの退廃と、その結果としての精神の神秘化と感覚の誇大化という競争の日々において、その最も美しい側面のひとつである「神秘化」を忘れがちである。私たちがエレクトロニクスの音楽への押しつけを愛してやまない理由のひとつは、エレクトロニクスには裸の部分があるからだ。ほとんど恥ずかしげもなく。神聖な調性が地上にもたらされ、解剖される。一般的にエレクトロニック・ミュージックの「黄金時代」と考えられているものは、今日に比べればむしろ労働的で、完全な魂のための音楽というよりは教育的な参考資料だった。そのため、この解剖台の音楽は、恥ずかしそうに、あるいは誇らしげに、傷跡を見せることが多く、また医師の魅惑的な冷静さを反映している。しかし、私たちの主題である音楽を理解しようとする試みが、遊び心にも満ちていたとしたらどうだろう?マッドサイエンティストたちが音楽現象の真相に迫ろうとする試みに、明るさと喜びがあったとしたら?もし、その対象が儚い儚さ以上のものであり、これまでも、そしてこれからもあり得ないということを、解き放つプロセスを通して受け入れることができたとしたら?もし21世紀のクリエイターが、「音」をさらに理解しようとは思わず、むしろ「音」は再定義された幻影であり、決して理解されることはなく、それでもなお一層愛される呼び起こしに過ぎないことをすでに理解しているとしたら?もし、私たちの解き放つ試みが、私たち自身が作り出したエーテルの中を渦を巻いて切り裂くようなものでしかなかったとしたら?その音楽はどのように聞こえるだろうか?

Itsï Ramirezは、最新のスペクトル分析ツールを使って、このゲイ・ポスト・サイエンス・オブ・サウンドを取り上げる。音色は、きちんとビンや帯域に分けられ、分解され、分離され、真夜中の空気に撒き散らされ、蛾のように飛び回り、変身後の熱狂の中で光に向かって飛んでいく。Ramirezは、好奇心を示す一つの内省的なジェスチャーで、トーンを鱗翅目(りんしもく)の群雲に分ける。過剰な技術的血統主義や、説得力のない音楽的気取りの大群から一線を画すRamirezは、軽やかさ、儚さ、手軽さを追求する。Ramirezが追求するのは、軽やかさであり、輝きのある拡散である。このような明るい調性は、憂鬱から解き放たれ、外耳道の最高高度を飛び交い、神経受容体をくすぐり、シナプスの川の上を新たな白鳥が舞う。捕らえどころのない動物たち!自由で、捕まえることができない。しかし同時に、追いかける者に恋をしているのだろう。そしてまた、不安で短命でもある。私たちは捕まえること、家畜化すること、解剖すること、展示することがあまりにも上手だからだ。それを掴もうとした瞬間、それらは細切れになり、煌めきとなり、運が良ければ一瞬だけ存在したものの残像を残すかもしれない。そして、一瞬とは何なのか、考えさせられる。

この新しい不安な動物たちは、まるで逃げるために作られたかのように、軽やかで、生き生きとしている。音:パンドラの箱のようなもので、私たちが決してつかむことのできないものだが、私たちの不規則な行動の周囲に渦巻いている。この現象を飼いならすことができるのは、繰り返されるテクニックで閉ざされた世界を持つ飼いならされた動物だろうか?そして私たちは、逃げ出した悪魔を追いかけるのが大好きなのではないだろうか!檻に入れるには気体すぎる動物たち。デリケートな生き物だ。しかし、騙されてはいけない。デリケート=脆さではない。いや、むしろ、波打つ空気の中をきらめくアラベスクを自由に描くのに十分な強さ、調性の秘密の儚さを知っている確かな個性は、立つことができないし、立つ必要もない。逃げ惑う波と言った方がいい!"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more No Rent Records releases available at Tobira.

-------------------------------------

Ask us for digital files. CDr in digipack. Edition of 100.  

Tracklist:

  1. Josephine 03:36
  2. A Wink ; A Blemish 03:56
  3. Lepidoptera 07:16
  4. Bisou 04:27
  5. Mouthpool 16:00

Text excerpt by No Rent Records:

"[...]  Itsi Ramirez takes up this gay post-science of sound, with her modern spectral analysis tools, a just-born-yet dying breed of infant scientists dancing with their psychoacoustic scalpels, slicing at the air & shaping evanescent acoustic citadels. Tonality separated neatly into bins & bands, decomposed, segregated, splayed out for all to hear in the midnight air, flittering like moths, subject of the light they fly towards in post-transformation frenzy. With one introspective gesture of curiosity, Ramirez divides the tone into a swarming cloud of lepidoptera, not a single one of which is a singular animal. Distinguishing itself from the decaying glut of overwrought technical pedigree & cavalcades of unconvincing musical affectations, Ramirez pursues the light, the ephemeral, the easy. It is lightness, manifest in radiant diffusion. Such bright tonality — unfettered from gloom — that flits through the highest altitudes of your ear canal, tickling the neuroreceptors, new swans dancing upon the river of your synapses [...]"

Artist : Itsï Ramirez

Label : No Rent Records