• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Henry Birdsey // Two Harmonicas in the Jeweler's Court LP

Henry Birdsey // Two Harmonicas in the Jeweler's Court LP

  • Availability:

アメリカ・コネチカットのペダススチール奏者Henry Birdsey(Old Saw、Tongue Depressor)が、2023年10月に同国実験レーベルPOOLEからリリースしたレコードです。

魔改造した倍音ハーモニカによるハードコア・アコースティックドローン5曲を収録。DLコード付属。

Andrew Weathersがマスタリングを担当しています。

過去作もおすすめです。

以下、レーベルによる解説です。

"Henry Birdseyは二面性の達人だ。基本的でありながら複雑、静謐でありながら激しい、コンセプチュアルでありながら親しみやすい音楽を書く。彼の音楽はしばしば、故郷バーモント州の広大で孤立した地域と、その広大な自然の素晴らしさを反映している。また、友人たちと、あるいはひとりで、純粋に自然発生的に音を創り出すことだけをテーマにしていることも多い。とはいえ、『Two Harmonicas in the Jeweler's Court』について考えるとき、彼の地質学への愛と関心が最も顕著に感じられる。

『Two Harmonicas in the Jeweler's Court』は、濃密な層、神秘的なプロポーション、そして地質学的な時間の作品である。ハーモニカの録音というよりは、堆積盆の側面を眺めているような絶対的な音楽である。各楽章を通して、呼吸によって刻まれながらも、音と音の間の空気、揺らめくハーモニクス、たゆたうコンビネーション・トーンによって支えられている、時間が宙に浮いているように感じられる。半音クラスターの鋭い歯と、全音の煌めきが上へ上へと押し上げ、しばしば和音の下端でより広い音程によって補強される。上昇し、拡散し、ゆがみ、ひび割れ、屈折する音楽である。チューニングの始まりは、掃除中に誤ってダイアトニック・ハーモニカのリード板をめくってしまったことから、それまで不可能だった音程の配列が発見されたことだった。通常、楽器はリードの半分だけを吹き出して鳴らし、残りの半分は空気を吸い込んで鳴らす構造になっている。ダイアトニック・ハーモニカでは、これによって従来のハーモニーやメロディーを意図しない不協和音を発生させることなく演奏することができるのだが、バードジーはこのプレートの1枚を裏返すことで、空気が一方向に進むだけですべての音を同時に出すことができる、歪んで鼓動する継子のようなハーモニカをうっかり作り出してしまったのだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Poole Music releases available at Tobira.

---------------------------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Seriya Limb 08:08
  2. Bent Reed 04:26
  3. Seriya 37 07:02
  4. Seriya 17 07:53
  5. Comb Drift 08:39

Text excerpt by Liam Herb, 2023, via the label :

"Henry Birdsey is a master of dualities. He writes music that is both fundamental and complex, tranquil and fierce, and conceptual yet familiar all at once. His music often reflects the expansive and isolated regions of his home state of Vermont with its vast natural splendor, both lush and harsh, haunting and entrancing. It is also often about nothing more than the pure spontaneous creation of sound with friends or alone by himself. This all being said, when thinking of Two Harmonicas in the Jeweler’s Court, his love and interest in geology is what felt most notable.

Two Harmonicas in the Jeweler’s Court is a work of dense layers, mysterious proportions, and geological time. It is an absolute music that feels more like gazing at the side of a sedimentary basin than a harmonica recording. Time feels suspended throughout each of the movements — marked by breaths but sustained by the air between the sounds, shimmering harmonics, and fluttering combination tones. The sharp teeth of semitone clusters and the glimmers of the wholetone relationships push upward, often bolstered by wider intervals in the lower end of the chords. It is a music of rising, diffusing, warping, cracking, and refracting. The tuning began with a mistake — accidentally flipping the reed plate of a diatonic harmonica while cleaning led to the discovery of a previously impossible arrangement of pitches. Ordinarily, the instrument is constructed so that only half of the reeds can be sounded by blowing out, the other half by drawing air in. In a diatonic harmonica, this allows for conventional harmonies and melodies to be played without unintended dissonances, but by flipping one of these plates, Birdsey inadvertently created a warped and beating stepchild of a harmonica that could produce all of its sound simultaneously with the air traveling in one direction..."

Artist : Henry Birdsey

Label : Poole Music

+ -

アメリカ・コネチカットのペダススチール奏者Henry Birdsey(Old Saw、Tongue Depressor)が、2023年10月に同国実験レーベルPOOLEからリリースしたレコードです。

魔改造した倍音ハーモニカによるハードコア・アコースティックドローン5曲を収録。DLコード付属。

Andrew Weathersがマスタリングを担当しています。

過去作もおすすめです。

以下、レーベルによる解説です。

"Henry Birdseyは二面性の達人だ。基本的でありながら複雑、静謐でありながら激しい、コンセプチュアルでありながら親しみやすい音楽を書く。彼の音楽はしばしば、故郷バーモント州の広大で孤立した地域と、その広大な自然の素晴らしさを反映している。また、友人たちと、あるいはひとりで、純粋に自然発生的に音を創り出すことだけをテーマにしていることも多い。とはいえ、『Two Harmonicas in the Jeweler's Court』について考えるとき、彼の地質学への愛と関心が最も顕著に感じられる。

『Two Harmonicas in the Jeweler's Court』は、濃密な層、神秘的なプロポーション、そして地質学的な時間の作品である。ハーモニカの録音というよりは、堆積盆の側面を眺めているような絶対的な音楽である。各楽章を通して、呼吸によって刻まれながらも、音と音の間の空気、揺らめくハーモニクス、たゆたうコンビネーション・トーンによって支えられている、時間が宙に浮いているように感じられる。半音クラスターの鋭い歯と、全音の煌めきが上へ上へと押し上げ、しばしば和音の下端でより広い音程によって補強される。上昇し、拡散し、ゆがみ、ひび割れ、屈折する音楽である。チューニングの始まりは、掃除中に誤ってダイアトニック・ハーモニカのリード板をめくってしまったことから、それまで不可能だった音程の配列が発見されたことだった。通常、楽器はリードの半分だけを吹き出して鳴らし、残りの半分は空気を吸い込んで鳴らす構造になっている。ダイアトニック・ハーモニカでは、これによって従来のハーモニーやメロディーを意図しない不協和音を発生させることなく演奏することができるのだが、バードジーはこのプレートの1枚を裏返すことで、空気が一方向に進むだけですべての音を同時に出すことができる、歪んで鼓動する継子のようなハーモニカをうっかり作り出してしまったのだ。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Poole Music releases available at Tobira.

---------------------------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Seriya Limb 08:08
  2. Bent Reed 04:26
  3. Seriya 37 07:02
  4. Seriya 17 07:53
  5. Comb Drift 08:39

Text excerpt by Liam Herb, 2023, via the label :

"Henry Birdsey is a master of dualities. He writes music that is both fundamental and complex, tranquil and fierce, and conceptual yet familiar all at once. His music often reflects the expansive and isolated regions of his home state of Vermont with its vast natural splendor, both lush and harsh, haunting and entrancing. It is also often about nothing more than the pure spontaneous creation of sound with friends or alone by himself. This all being said, when thinking of Two Harmonicas in the Jeweler’s Court, his love and interest in geology is what felt most notable.

Two Harmonicas in the Jeweler’s Court is a work of dense layers, mysterious proportions, and geological time. It is an absolute music that feels more like gazing at the side of a sedimentary basin than a harmonica recording. Time feels suspended throughout each of the movements — marked by breaths but sustained by the air between the sounds, shimmering harmonics, and fluttering combination tones. The sharp teeth of semitone clusters and the glimmers of the wholetone relationships push upward, often bolstered by wider intervals in the lower end of the chords. It is a music of rising, diffusing, warping, cracking, and refracting. The tuning began with a mistake — accidentally flipping the reed plate of a diatonic harmonica while cleaning led to the discovery of a previously impossible arrangement of pitches. Ordinarily, the instrument is constructed so that only half of the reeds can be sounded by blowing out, the other half by drawing air in. In a diatonic harmonica, this allows for conventional harmonies and melodies to be played without unintended dissonances, but by flipping one of these plates, Birdsey inadvertently created a warped and beating stepchild of a harmonica that could produce all of its sound simultaneously with the air traveling in one direction..."

Artist : Henry Birdsey

Label : Poole Music