• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Heavy Cloud // scree TAPE

Heavy Cloud // scree TAPE

  • Availability:

イギリスのポストインダストリアル作家Heavy Cloudが、2023年1月に同国実験/ノイズレーベルBrachliegen Tapesからリリースしたカセットです。

フィールドレコーディングを過剰加工したコラージュ・ノイズ2曲を収録。DLコード付属。以下、レーベルによる解説です。

"SCREEは、コーンウォール地方の海岸線に作用する巨大な自然の力にインスパイアされたHEAVY CLOUDの2つの獰猛なトーンのスラブです。潮の満ち引きと焼け付くような日差しが、21分間に及ぶヘビーエレクトロニクスの加工によって、この国の不安定な周縁部の刻々と変化する地形を破壊、浸食し、燃やします。SCREEは、コーニッシュ・コーストラインをモチーフにした2つのノイズ「ランドスクレイプ」で、浸食されたループや声、加工されたフィールドレコーディングや拾った音から時間をかけて形成されています。

HEAVY CLOUDは、地質学上スクリーとは斜面や丘や崖の底に横たわる緩い石や岩石の破片の集積と定義されると述べています。スクリー堆積物の形成は、物理的・化学的風化の結果であり、岩肌に作用する浸食プロセスによって、物質が斜面下に運ばれるのです。この過程で、物理的には何も失われませんが、地形は地震的に変化します。全体は分散し、破砕され、多数の断片を形成し、身体は多重に伝達され、その声は地形にこだまします。自然の循環的な再生は強制的に繰り返され、絶え間なく続きますが、その存在に安らぎを覚えます。

HEAVY CLOUDは、過酷なループサウンドを駆使し、ドローンや金切り声のようなノイズを繰り返し、削ぎ落とし、執拗に下流を流します。SCREEは、イギリスの風景に影響を及ぼしている環境と文化の浸食を音で表現しています。海へ吹き飛ばされ、岩にぶつかると崩壊する噴煙の中で、処理された音色の中で幽霊のような声がつぶやかれます。音の大部分は、コーンウォール地方の海岸線の天候や潮の満ち引きのパターンを模倣して、突然方向や音色を変えます。日々の思考プロセスの引き波に似て、音は急速かつ執拗に循環し、あるものは儚く、あるものは絶えず変化します。

SCREEを構成する2つの長編作品のタイトルは、シルヴィア・プラスの「Unabridged Journals of Sylvia Plath」の一節から取られています:

太陽はこれらの岩を焼き、潮の干満が大きく続いているため、岩は砕け、打ちのめされ、浜辺の滑らかな太陽に焼かれた石のようになり、人がその上を歩くと足元でガタガタと音を立てて移動する」。

さらに、「地殻が徐々に変化していく、ゆっくりとした必然性のような静謐な感覚」が彼女を襲ってくる、とプラスは言います。しかし、この感覚は喜びや精神的な目覚めではなく、「名もない岩、名もない波、名もないぼろぼろの草が、それらを観察する存在の意識によって一瞬だけ定義されるという、きれいな切れ目のない感覚」です。風景は絶えず更新され、変化し、移り変わり、しばしば人知を超えた変化をします。それは、絶え間ない人間中心的な分類と破壊にもかかわらず、そうしています。そして、人類とその悪意ある影響が朽ちて塵と化した後も、ずっとそうし続けるでしょう。SCREEで、HEAVY CLOUDは、自然の元素的なトーン、鉱物の堆積、粉砕力に沿ったノイズへのアプローチによって、これらのテーマを探求しています。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Brachliegen Tapes releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code.

Brachliegen Tapes:

"SCREE is two heaving slabs of feral tone from HEAVY CLOUD, inspired by the immense natural forces at work on the Cornish coastline. Tidal waves and searing sunlight batter and erode, crack and burn the ever shifting topography of the country’s precarious fringe over 21 minutes of processed heavy electronics. SCREE is a pair of noise ‘landscrapes’ in-spirited by the Cornish coastline, formed over time from eroding loops and voices, processed field recordings and found sounds.

HEAVY CLOUD observes that in geology scree is defined as an accumulation of loose stones or rocky debris lying on a slope or at the base of a hill or cliff. The formation of scree deposits is the result of physical and chemical weathering — erosive processes acting on a rock face, transporting the material downslope. During this process, nothing is physically lost but the terrain is seismically altered. The whole has been dispersed and fractured, forming a multitude of fragments, the body transmitted into a multiplicity, who’s voice echoes across the terrain. Nature’s cyclical renewal compulsively repeats itself, ceaseless but comforting in its presence.

HEAVY CLOUD utilises a range of harsh looping sonics, repeating, abrading and relentlessly channeling the undertow through pummelling drones and screeching noise. SCREE is a sonic interpretation of the environmental and cultural erosion affecting the English landscape. Haunted voices murmur through the processed tones of elemental powers, blown off to sea and spat back against the rocks in a spray of disintegrating spume. Vast swatches of sound change direction and tone abruptly, imitating the shifting weather and tidal patterns of the Cornish coastline. Akin to the undertow of daily thought processes, sounds circle rapidly and relentlessly; some fleeting but others constant and erring.

The two long-form compositions that constitute SCREE take their titles from passages of the Unabridged Journals of Sylvia Plath:


‘The sun has burned these rocks, and the great continuous ebb and flow of the tide has crumbled the boulders, battered them, worn them down to the smooth sun-scalded stones on the beach which rattle and shift underfoot as one walks over them’.

Plath goes on to observe that ‘a serene sense of the slow inevitability of the gradual changes in the earth’s crust’ comes over her. This feeling, however, is not one of joy or spiritual awakening, but ‘the clean unbroken sense that the rocks, which are nameless, the waves which are nameless, the ragged grass, which is nameless, are all defined momentarily through the consciousness of the being who observes them.’ The landscape constantly renews itself, changing and shifting, often doing so beyond human comprehension. It does so in spite of ceaseless anthropocentric categorisation and destruction, and will continue to do so, long after humankind and its malevolent effects decay and turn to dust. With SCREE, HEAVY CLOUD explores these themes via an approach to noise that aligns itself to the elemental tones of nature, its mineral deposits and pulverising force"

Artist : Heavy Cloud

Label : Brachliegen Tapes

+ -

イギリスのポストインダストリアル作家Heavy Cloudが、2023年1月に同国実験/ノイズレーベルBrachliegen Tapesからリリースしたカセットです。

フィールドレコーディングを過剰加工したコラージュ・ノイズ2曲を収録。DLコード付属。以下、レーベルによる解説です。

"SCREEは、コーンウォール地方の海岸線に作用する巨大な自然の力にインスパイアされたHEAVY CLOUDの2つの獰猛なトーンのスラブです。潮の満ち引きと焼け付くような日差しが、21分間に及ぶヘビーエレクトロニクスの加工によって、この国の不安定な周縁部の刻々と変化する地形を破壊、浸食し、燃やします。SCREEは、コーニッシュ・コーストラインをモチーフにした2つのノイズ「ランドスクレイプ」で、浸食されたループや声、加工されたフィールドレコーディングや拾った音から時間をかけて形成されています。

HEAVY CLOUDは、地質学上スクリーとは斜面や丘や崖の底に横たわる緩い石や岩石の破片の集積と定義されると述べています。スクリー堆積物の形成は、物理的・化学的風化の結果であり、岩肌に作用する浸食プロセスによって、物質が斜面下に運ばれるのです。この過程で、物理的には何も失われませんが、地形は地震的に変化します。全体は分散し、破砕され、多数の断片を形成し、身体は多重に伝達され、その声は地形にこだまします。自然の循環的な再生は強制的に繰り返され、絶え間なく続きますが、その存在に安らぎを覚えます。

HEAVY CLOUDは、過酷なループサウンドを駆使し、ドローンや金切り声のようなノイズを繰り返し、削ぎ落とし、執拗に下流を流します。SCREEは、イギリスの風景に影響を及ぼしている環境と文化の浸食を音で表現しています。海へ吹き飛ばされ、岩にぶつかると崩壊する噴煙の中で、処理された音色の中で幽霊のような声がつぶやかれます。音の大部分は、コーンウォール地方の海岸線の天候や潮の満ち引きのパターンを模倣して、突然方向や音色を変えます。日々の思考プロセスの引き波に似て、音は急速かつ執拗に循環し、あるものは儚く、あるものは絶えず変化します。

SCREEを構成する2つの長編作品のタイトルは、シルヴィア・プラスの「Unabridged Journals of Sylvia Plath」の一節から取られています:

太陽はこれらの岩を焼き、潮の干満が大きく続いているため、岩は砕け、打ちのめされ、浜辺の滑らかな太陽に焼かれた石のようになり、人がその上を歩くと足元でガタガタと音を立てて移動する」。

さらに、「地殻が徐々に変化していく、ゆっくりとした必然性のような静謐な感覚」が彼女を襲ってくる、とプラスは言います。しかし、この感覚は喜びや精神的な目覚めではなく、「名もない岩、名もない波、名もないぼろぼろの草が、それらを観察する存在の意識によって一瞬だけ定義されるという、きれいな切れ目のない感覚」です。風景は絶えず更新され、変化し、移り変わり、しばしば人知を超えた変化をします。それは、絶え間ない人間中心的な分類と破壊にもかかわらず、そうしています。そして、人類とその悪意ある影響が朽ちて塵と化した後も、ずっとそうし続けるでしょう。SCREEで、HEAVY CLOUDは、自然の元素的なトーン、鉱物の堆積、粉砕力に沿ったノイズへのアプローチによって、これらのテーマを探求しています。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Brachliegen Tapes releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code.

Brachliegen Tapes:

"SCREE is two heaving slabs of feral tone from HEAVY CLOUD, inspired by the immense natural forces at work on the Cornish coastline. Tidal waves and searing sunlight batter and erode, crack and burn the ever shifting topography of the country’s precarious fringe over 21 minutes of processed heavy electronics. SCREE is a pair of noise ‘landscrapes’ in-spirited by the Cornish coastline, formed over time from eroding loops and voices, processed field recordings and found sounds.

HEAVY CLOUD observes that in geology scree is defined as an accumulation of loose stones or rocky debris lying on a slope or at the base of a hill or cliff. The formation of scree deposits is the result of physical and chemical weathering — erosive processes acting on a rock face, transporting the material downslope. During this process, nothing is physically lost but the terrain is seismically altered. The whole has been dispersed and fractured, forming a multitude of fragments, the body transmitted into a multiplicity, who’s voice echoes across the terrain. Nature’s cyclical renewal compulsively repeats itself, ceaseless but comforting in its presence.

HEAVY CLOUD utilises a range of harsh looping sonics, repeating, abrading and relentlessly channeling the undertow through pummelling drones and screeching noise. SCREE is a sonic interpretation of the environmental and cultural erosion affecting the English landscape. Haunted voices murmur through the processed tones of elemental powers, blown off to sea and spat back against the rocks in a spray of disintegrating spume. Vast swatches of sound change direction and tone abruptly, imitating the shifting weather and tidal patterns of the Cornish coastline. Akin to the undertow of daily thought processes, sounds circle rapidly and relentlessly; some fleeting but others constant and erring.

The two long-form compositions that constitute SCREE take their titles from passages of the Unabridged Journals of Sylvia Plath:


‘The sun has burned these rocks, and the great continuous ebb and flow of the tide has crumbled the boulders, battered them, worn them down to the smooth sun-scalded stones on the beach which rattle and shift underfoot as one walks over them’.

Plath goes on to observe that ‘a serene sense of the slow inevitability of the gradual changes in the earth’s crust’ comes over her. This feeling, however, is not one of joy or spiritual awakening, but ‘the clean unbroken sense that the rocks, which are nameless, the waves which are nameless, the ragged grass, which is nameless, are all defined momentarily through the consciousness of the being who observes them.’ The landscape constantly renews itself, changing and shifting, often doing so beyond human comprehension. It does so in spite of ceaseless anthropocentric categorisation and destruction, and will continue to do so, long after humankind and its malevolent effects decay and turn to dust. With SCREE, HEAVY CLOUD explores these themes via an approach to noise that aligns itself to the elemental tones of nature, its mineral deposits and pulverising force"

Artist : Heavy Cloud

Label : Brachliegen Tapes