• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
HULUBALANG // BUNYI BUNYI TUMBAL LP

HULUBALANG // BUNYI BUNYI TUMBAL LP

  • Availability:

インドネシア・バリ島のポストインダストリアルデュオGabber Modus Operandiの片割れKasimyn aka HULUBALANGが、2023年10月にヨルダン・アンマンの実験レーベルDrowned By Localsから300部限定でリリースしたデビューレコードです。

ポストインダストリアル・トライバルテクノ〜儀式的なストレンジビーツ14曲を収録。

マスタリングはRashad Beckerが担当しています。DLコード付属。 

以下、レーベルによる解説です。

"Kasimynの言葉を借りれば、"BUNYI BUNYI TUMBAL "というフレーズは「匿名的な犠牲に対する総合的な感情」を意味し、インドネシアの戦争史料を深く掘り下げることで生まれた感情を包含している。このアーカイブには、植民地支配者自身のレンズを通して撮影された、オランダ統治時代を記録した写真の宝庫が含まれている。この出発点から、プロジェクト「HULUBALANG」は生まれた。

HULUBALANGの視線は、これらの歴史的記録に登場する周辺人物に注がれている。個々の重要性を欠いたこれらの二次的な人物は、名前もなく、認識もされず、より広い歴史の物語の小道具として機能する。同時に、彼らは勝者と敗者の両方の視点から「学んだ教訓」を得るための不可欠な道具となる。この枠組みの中で、非戦闘的な「犠牲」であるTUMBALの概念は、その訳語を超える重みを持つ。TUMBALは、犠牲者として行動するわけでも、大義のために殉教するわけでもない。TUMBALは、幻滅を永続的に生み出すシステムの呪縛を、私たちに強く思い起こさせるのだ。

『BUNYI BUNYI TUMBAL』は、長い怒りの系譜に由来する個人的なカタルシス行為である。ある夜、儀式的な踊りが外的な力によって中断され、曲が砕け散り、踊りが無邪気さと苦痛の狭間に取り残された村へのオマージュである。"

--------------------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Edition of 300. 

Tracklist:

  1. Piso 03:11
  2. Cerca 03:34
  3. Kemaut 03:53
  4. Malasa 03:38
  5. Sayat 02:18
  6. Liang 03:05
  7. Bucur 03:43
  8. Hitam 03:09
  9. Tungkai 03:13
  10. Budakkawan (feat. SaintMary) 02:46
  11. Gendang Ria 04:30
  12. Cakar 03:45

Drowned By Locals:

"In Kasimyn's own words, the phrase "BUNYI BUNYI TUMBAL" signifies a "Synthetic Feeling for Anonymous Sacrifice," encompassing the emotions born out of a deep dive into the Indonesian war archives. These archives include a trove of photographs documenting the era of Dutch rule, captured through the lens of the colonizers themselves. It is from this point of departure that the project HULUBALANG was born.

HULUBALANG's gaze is drawn to the peripheral figures populating these historical records. These secondary characters, devoid of individual significance, bear no names, receive no recognition, and serve as props in the broader narrative of history. Simultaneously, they become indispensable instruments in acquiring "lessons learned" from the perspectives of both the victors and the vanquished. Within this framework, the notion of TUMBAL, the non-belligerent "sacrifice," assumes a weight surpassing its translation. TUMBAL neither acts as a victim nor martyrs itself for its cause. It hauntingly reminds us of the systemic curse perpetually engendering disillusionment.

BUNYI BUNYI TUMBAL is a personal act of catharsis stemming from a long lineage of anger. It stands as a tribute to a village whose ritualistic dance, one night, was disrupted by external forces, causing the tune to shatter and leaving the dance caught in a space between innocence and pain."

Artist : HULUBALANG

Label : Drowned By Locals

インドネシア・バリ島のポストインダストリアルデュオGabber Modus Operandiの片割れKasimyn aka HULUBALANGが、2023年10月にヨルダン・アンマンの実験レーベルDrowned By Localsから300部限定でリリースしたデビューレコードです。

ポストインダストリアル・トライバルテクノ〜儀式的なストレンジビーツ14曲を収録。

マスタリングはRashad Beckerが担当しています。DLコード付属。 

以下、レーベルによる解説です。

"Kasimynの言葉を借りれば、"BUNYI BUNYI TUMBAL "というフレーズは「匿名的な犠牲に対する総合的な感情」を意味し、インドネシアの戦争史料を深く掘り下げることで生まれた感情を包含している。このアーカイブには、植民地支配者自身のレンズを通して撮影された、オランダ統治時代を記録した写真の宝庫が含まれている。この出発点から、プロジェクト「HULUBALANG」は生まれた。

HULUBALANGの視線は、これらの歴史的記録に登場する周辺人物に注がれている。個々の重要性を欠いたこれらの二次的な人物は、名前もなく、認識もされず、より広い歴史の物語の小道具として機能する。同時に、彼らは勝者と敗者の両方の視点から「学んだ教訓」を得るための不可欠な道具となる。この枠組みの中で、非戦闘的な「犠牲」であるTUMBALの概念は、その訳語を超える重みを持つ。TUMBALは、犠牲者として行動するわけでも、大義のために殉教するわけでもない。TUMBALは、幻滅を永続的に生み出すシステムの呪縛を、私たちに強く思い起こさせるのだ。

『BUNYI BUNYI TUMBAL』は、長い怒りの系譜に由来する個人的なカタルシス行為である。ある夜、儀式的な踊りが外的な力によって中断され、曲が砕け散り、踊りが無邪気さと苦痛の狭間に取り残された村へのオマージュである。"

--------------------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Edition of 300. 

Tracklist:

  1. Piso 03:11
  2. Cerca 03:34
  3. Kemaut 03:53
  4. Malasa 03:38
  5. Sayat 02:18
  6. Liang 03:05
  7. Bucur 03:43
  8. Hitam 03:09
  9. Tungkai 03:13
  10. Budakkawan (feat. SaintMary) 02:46
  11. Gendang Ria 04:30
  12. Cakar 03:45

Drowned By Locals:

"In Kasimyn's own words, the phrase "BUNYI BUNYI TUMBAL" signifies a "Synthetic Feeling for Anonymous Sacrifice," encompassing the emotions born out of a deep dive into the Indonesian war archives. These archives include a trove of photographs documenting the era of Dutch rule, captured through the lens of the colonizers themselves. It is from this point of departure that the project HULUBALANG was born.

HULUBALANG's gaze is drawn to the peripheral figures populating these historical records. These secondary characters, devoid of individual significance, bear no names, receive no recognition, and serve as props in the broader narrative of history. Simultaneously, they become indispensable instruments in acquiring "lessons learned" from the perspectives of both the victors and the vanquished. Within this framework, the notion of TUMBAL, the non-belligerent "sacrifice," assumes a weight surpassing its translation. TUMBAL neither acts as a victim nor martyrs itself for its cause. It hauntingly reminds us of the systemic curse perpetually engendering disillusionment.

BUNYI BUNYI TUMBAL is a personal act of catharsis stemming from a long lineage of anger. It stands as a tribute to a village whose ritualistic dance, one night, was disrupted by external forces, causing the tune to shatter and leaving the dance caught in a space between innocence and pain."

Artist : HULUBALANG

Label : Drowned By Locals