• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Flaer // Preludes LP

Flaer // Preludes LP

  • Availability:

イギリス・ロンドンのマルチ奏者/画家Flaerが、2023年8月に同国Odda Recordsから500部限定でリリースしたデビューレコードです。

チェロとピアノ、アコースティックギターによる牧歌的なネオクラシカル・アンビエント7曲を収録。7種のハンドメイドプリントから1種が付属。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

画家でありマルチ・インストゥルメンタリストでもあるFlaerは、デビューアルバム『Preludes』で、牧歌的なメランコリーを探求するために風景に目を向けている。

画家でありミュージシャンでもあるRealf Heygate(1994年生まれ)は、2020年初頭、レスターシャーの田園地帯にある実家に閉じこもり、数年ぶりに幼い頃に使っていたチェロを手にして演奏を始めた。

チェロ、ピアノ、アコースティックギターといったアコースティック楽器を4トラック・テープに録音することだけを自らに課した彼は、Flaerとしてのデビュー・アルバムであり、Odda Recordingsからの初リリースとなる『Preludes』の基礎となる一連のインストゥルメンタル・コンポジションを作り上げた。

このミニアルバムは、1970年代のフォーク・ホラー映画のアナログ的な美学からインスピレーションを得ており、鳥のさえずり、教会の鐘の音、自然環境などのフィールド・レコーディングを、Heygateが幼少期に体験したイギリスの田園風景を反映したキメラ的なメロディーに織り込んでいる。

「音を環境から切り離さないことが本当に重要だった」と彼は説明し、作曲とレコーディングのプロセスを「サイトスペシフィック」と表現している。一連の直感的な音楽的探究を経て開発されたこのミニアルバムの不気味な質感は、生のデモ音源と、ほとんどオーケストラのような壮大なオーバーダブを組み合わせることで生まれた。

Heygateは、作品全体を象徴するものとして、最後のトラックを挙げる: "Follow "はまさにこのリリースのマントラであり、私が音楽制作に対してとっていた実践的なアプローチを体現している。

画家としてのHeygateの活動は、コピーの揺らぎのある物質性を包含する一連の複製を通して、人工物を取り上げるものである。2017年にセントラル・セント・マーチンズで美術の学位を取得して以来、ロンドンのピーター・フォン・カントとスプリングシーズン・ギャラリーで個展を開催し、サーチ・ギャラリー、コブ・ギャラリー、セネシ・コンテンポラネアのグループ展に参加している。

自身の芸術活動を自己陶酔のひとつと表現するHeygateにとって、音楽はより個人的で自伝的なはけ口となっている。この2つの世界が融合したPreludesの印象的なアートワークは、Heygateが育った町にある教会の13世紀の石造彫刻を描いたものだ。

人々がより深い意味で土地とつながっていた時代を物語るこの作品では、それぞれのシンボルがアルバムのトラックに割り当てられている。

「ひとつの並置を加えることで、他の方法では見つけることが難しい、まったく新しい解釈や言語が生まれるかもしれません」と彼は説明する。「時間が経てば、それが見えてくるかもしれません。だから、この作品がリリースされることがとても嬉しいと感じます。

その名が示すように、『Preludes』は始まりに過ぎない。"

----------------------------------

12" black vinyl. Edition of 500.

Tracklist:

  1. Hew
  2. The Hill
  3. Pasture
  4. Forever Never
  5. Landlock
  6. Magnolia
  7. Follow

Text by Odda Records:

"Artist and multi-instrumentalist Flaer looks to the landscape to explore pastoral melancholy on debut release, Preludes.

Ensconced in his family home in rural Leicestershire in the early months of 2020, painter and musician Realf Heygate (b. 1994) picked up his childhood cello for the first time in several years and began to play.

Setting himself parameters to only record onto 4-track tape with acoustic instruments – cello, piano and acoustic guitar – he assembled a suite of instrumental compositions that form the basis of Preludes, his debut album as Flaer and the inaugural release on Odda Recordings.

Channelling the tension and unease between the pastoral idyll of the English countryside and the darkness which lurks beneath the surface, the mini-album draws inspiration from the analogue aesthetic of 1970s folk horror films, weaving field recordings of birdsong, church bells and the natural environment into chimerical melodies that reflect on Heygate’s childhood experiences of rural England.

“It was really important not to isolate the sound from its environment,” he explains, describing the compositional and recording process as “site-specific”. Developed over a series of intuitive musical enquiries, the mini-album’s uncanny quality emerges from combining raw demo takes with overdubs of an almost orchestral grandeur.

Heygate points to the final track as indicative of the work as a whole: “‘Follow’ really is the mantra for the release and embodies the practical approach I was taking to music making: not to force the music but see where it takes you.”

As a painter, Heygate’s practice takes artefacts through sequences of reproduction that embrace the fluctuating materiality of the copy. Since obtaining a degree in Fine Art from Central Saint Martins in 2017, he has exhibited solo at Peter von Kant and Springseason galleries in London, and has participated in group shows at Saatchi Gallery, Cob Gallery and Senesi Contemporanea.

Describing his artistic practice as one of self-erasure, music instead provides Heygate with a more personal and autobiographical outlet. Where the two worlds combine is on Preludes’ striking artwork, which features paintings of 13th century stone carvings from the font of the church in the town where he grew up.

Speaking to a time where people were connected to the land in a more profound way, each symbol is assigned to a track on the album, which Heygate likens to giving them a title.

“To add that one juxtaposition might open a whole new interpretation or language that might be hard to find otherwise,” he explains. “Over time it might reveal itself to you, which is why I'm excited about it being released. To throw them out there and see what comes of it.”"
 

Artist : Flaer

Label : Odda Records

イギリス・ロンドンのマルチ奏者/画家Flaerが、2023年8月に同国Odda Recordsから500部限定でリリースしたデビューレコードです。

チェロとピアノ、アコースティックギターによる牧歌的なネオクラシカル・アンビエント7曲を収録。7種のハンドメイドプリントから1種が付属。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

画家でありマルチ・インストゥルメンタリストでもあるFlaerは、デビューアルバム『Preludes』で、牧歌的なメランコリーを探求するために風景に目を向けている。

画家でありミュージシャンでもあるRealf Heygate(1994年生まれ)は、2020年初頭、レスターシャーの田園地帯にある実家に閉じこもり、数年ぶりに幼い頃に使っていたチェロを手にして演奏を始めた。

チェロ、ピアノ、アコースティックギターといったアコースティック楽器を4トラック・テープに録音することだけを自らに課した彼は、Flaerとしてのデビュー・アルバムであり、Odda Recordingsからの初リリースとなる『Preludes』の基礎となる一連のインストゥルメンタル・コンポジションを作り上げた。

このミニアルバムは、1970年代のフォーク・ホラー映画のアナログ的な美学からインスピレーションを得ており、鳥のさえずり、教会の鐘の音、自然環境などのフィールド・レコーディングを、Heygateが幼少期に体験したイギリスの田園風景を反映したキメラ的なメロディーに織り込んでいる。

「音を環境から切り離さないことが本当に重要だった」と彼は説明し、作曲とレコーディングのプロセスを「サイトスペシフィック」と表現している。一連の直感的な音楽的探究を経て開発されたこのミニアルバムの不気味な質感は、生のデモ音源と、ほとんどオーケストラのような壮大なオーバーダブを組み合わせることで生まれた。

Heygateは、作品全体を象徴するものとして、最後のトラックを挙げる: "Follow "はまさにこのリリースのマントラであり、私が音楽制作に対してとっていた実践的なアプローチを体現している。

画家としてのHeygateの活動は、コピーの揺らぎのある物質性を包含する一連の複製を通して、人工物を取り上げるものである。2017年にセントラル・セント・マーチンズで美術の学位を取得して以来、ロンドンのピーター・フォン・カントとスプリングシーズン・ギャラリーで個展を開催し、サーチ・ギャラリー、コブ・ギャラリー、セネシ・コンテンポラネアのグループ展に参加している。

自身の芸術活動を自己陶酔のひとつと表現するHeygateにとって、音楽はより個人的で自伝的なはけ口となっている。この2つの世界が融合したPreludesの印象的なアートワークは、Heygateが育った町にある教会の13世紀の石造彫刻を描いたものだ。

人々がより深い意味で土地とつながっていた時代を物語るこの作品では、それぞれのシンボルがアルバムのトラックに割り当てられている。

「ひとつの並置を加えることで、他の方法では見つけることが難しい、まったく新しい解釈や言語が生まれるかもしれません」と彼は説明する。「時間が経てば、それが見えてくるかもしれません。だから、この作品がリリースされることがとても嬉しいと感じます。

その名が示すように、『Preludes』は始まりに過ぎない。"

----------------------------------

12" black vinyl. Edition of 500.

Tracklist:

  1. Hew
  2. The Hill
  3. Pasture
  4. Forever Never
  5. Landlock
  6. Magnolia
  7. Follow

Text by Odda Records:

"Artist and multi-instrumentalist Flaer looks to the landscape to explore pastoral melancholy on debut release, Preludes.

Ensconced in his family home in rural Leicestershire in the early months of 2020, painter and musician Realf Heygate (b. 1994) picked up his childhood cello for the first time in several years and began to play.

Setting himself parameters to only record onto 4-track tape with acoustic instruments – cello, piano and acoustic guitar – he assembled a suite of instrumental compositions that form the basis of Preludes, his debut album as Flaer and the inaugural release on Odda Recordings.

Channelling the tension and unease between the pastoral idyll of the English countryside and the darkness which lurks beneath the surface, the mini-album draws inspiration from the analogue aesthetic of 1970s folk horror films, weaving field recordings of birdsong, church bells and the natural environment into chimerical melodies that reflect on Heygate’s childhood experiences of rural England.

“It was really important not to isolate the sound from its environment,” he explains, describing the compositional and recording process as “site-specific”. Developed over a series of intuitive musical enquiries, the mini-album’s uncanny quality emerges from combining raw demo takes with overdubs of an almost orchestral grandeur.

Heygate points to the final track as indicative of the work as a whole: “‘Follow’ really is the mantra for the release and embodies the practical approach I was taking to music making: not to force the music but see where it takes you.”

As a painter, Heygate’s practice takes artefacts through sequences of reproduction that embrace the fluctuating materiality of the copy. Since obtaining a degree in Fine Art from Central Saint Martins in 2017, he has exhibited solo at Peter von Kant and Springseason galleries in London, and has participated in group shows at Saatchi Gallery, Cob Gallery and Senesi Contemporanea.

Describing his artistic practice as one of self-erasure, music instead provides Heygate with a more personal and autobiographical outlet. Where the two worlds combine is on Preludes’ striking artwork, which features paintings of 13th century stone carvings from the font of the church in the town where he grew up.

Speaking to a time where people were connected to the land in a more profound way, each symbol is assigned to a track on the album, which Heygate likens to giving them a title.

“To add that one juxtaposition might open a whole new interpretation or language that might be hard to find otherwise,” he explains. “Over time it might reveal itself to you, which is why I'm excited about it being released. To throw them out there and see what comes of it.”"
 

Artist : Flaer

Label : Odda Records