• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Emmanuel Mieville // Four Towers And A Bridge TAPE

Emmanuel Mieville // Four Towers And A Bridge TAPE

  • Availability:

フランス・パリの音響作家Emmanuel Mievilleが、2023年1月にドイツ・ベルリンの実験レーベルForms of Minutiaeから60本限定でリリースしたカセットです。

フィールドレコーディングとハーディガーディ、オープンリールを用いたコンクレート4曲を収録。DLコード付属。以下、レーベルによる解説です。

"4つの塔と橋 "で、作曲家でありフィールドレコーディング奏者でもある Emmanuel Mievilleは、ミュージック・コンクレートの呪文と機械音響の音の橋渡しを共有しています。

4つのトラックの中で、電子音響の彫刻とドローンスクエアのジェスチャーが交差し、通路のメカニズムに関する一見連続した調査を形成しています。このアルバムは、ヴィアナ・ド・カステロ(ポルトガル)のエッフェル塔からパリのBnF(フランス国立図書館)のエレベーターと自動鉄道システムまで、横断する技術の周辺で録音された音に翻弄されています。TADと呼ばれるこのシステムは、BnFのストックエリアから講義室まで、本や資料を移動させるための吊り下げ式のケースでできた隠れた輸送装置です。橋と乗り物、エレベーターと人間、TADと印刷物、降水量と水など、それぞれの移動手段や対象を追跡します。そのリズム、ハム音、振動、軋みが絡み合い、時には弦楽器や電動ハーディガーディの持続的な呟きを伴って、再文脈化されたフランス民謡のような気配を漂わせます。意外なことに、このアルバムは、機械が停止し、雨音が響く田園風景で幕を閉じます。この短時間のサウンドスケープは、雨に濡れることによってもたらされる奇妙なミクロの世界を覗き見ることができます。

しかし、「4つの塔と1つの橋」というタイトルから、このアルバムは必然的に建築的な文脈を示唆しています。しかし、建築の印象は、調査された場所や技術を超えて、橋の概念が音楽とアーティストの作曲方法論によって生命を吹き込まれるように拡大します。フィールドレコーディングの素材とスタジオでの操作により、このアルバムは現実の音と彫刻された電気音響の介入をつなぐワイヤーを形成し、具体から抽象への通路を提供します。このことは、機械のハミングとハーディガーディのブレンドによって、さらに強調されています。ドローンは容器のように輸送します。 Mievilleはそのことを認識しており、彼のミュージック・コンクレートは、ある場所(あるいは状態)から別の場所へと私たちを運ぶ、交差の音楽を作り出しました。そして最後に、この架け橋は、作曲家のオープンリール・テープ、ひいてはあなたが聴いているカセットテープに具現化され、目に見えるものに戻ってきます。

作曲者自身の言葉を借りれば、「音を聴くことと音を彫ることの両者の動きが具体的な物質を生み出し、脱文脈化が新たな聴くための空間を提供する」のです。4つの塔と1つの橋」は、その空間の曖昧さを調査しながら、接続するメカニズムの限界に住むように誘いをかけているのです。これは通過の音楽です。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Forms of Minutiae releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code. Edition of 60. C40 cassette.

Forms of Minutiae:

"With 'four towers and a bridge', composer and field recordist, Emmanuel Mieville shares musique concrète spells and sonic bridgings of machinery acoustics.

In the span of four tracks, electroacoustic sculptings and dronesque gestures intersect to form a seemingly continuous investigation of the mechanisms of passage. The album toys with sounds recorded in, on, and around technologies of crossing; from the Ponte Eiffel bridge in Viana do Castelo (Portugal) to the elevator and automated railway system of the BnF (the national library of France) in Paris. The latter, known as the TAD, is a hidden transportation apparatus made of suspended cases that move books and documents from the BnF’s stocking areas to its lecture rooms. To each track its means of traversing and its subjects: a bridge and its vehicles, an elevator and its humans, the TAD and its printed matter, a precipitation and its water. These transits resonate and Mieville listens but also answers. Their rhythms, hums, vibrations, and squeaks intertwine and, at times, are accompanied by the sustained murmurs of a stringed and motorized hurdy-gurdy instrument that gives hints of a recontextualized French folk music. Surprisingly, the album concludes with an opening on a rural environment where the machines have stopped to give way to the pattering of rain. This short-lived soundscape offers us a window into a strange micro-world harbored by a drenching.

But with the title 'four towers and a bridge', the album inevitably suggests an architectonic context. Yet the impression of architecture expands beyond the investigated sites and technologies as the notion of bridging is brought to life by the music and the artist’s compositional methodology. With its field recording material and studio manipulations, the album forms connecting wires between sounds from the real and sculpted electroacoustic interventions, thus providing passage from the concrete to abstractions. This is underlined further by the blending of the machines’ humming qualities with the hurdy-gurdy’s. A drone transports like a vessel. Mieville is aware of that and his musique concrète creates a music of crossing that carries us from one place — or state — to another. Finally this bridging seeps back into the tangible as it materializes on the composer’s reel-to-reel tape and ultimately on the cassette you are listening to.

In the composer’s own words, “the bilateral movement between hearing and sculpting sounds yields a concrete substance, while decontextualization offers a new space for listening”. It is that space’s ambiguity that 'four towers and a bridge' investigates while extending an invitation to dwell in the liminality of connecting mechanisms. This is a music of transit.

~

Emmanuel Mieville is a composer, field recordist and scholar of musique concrète which he studied with Philippe Mion and Jacques Lejeune at the GRM (Groupe de Recherches Musicales) in Paris, France. Fueled by a life-long affection for creative radio programs, his experimental music and soundscape compositions explore the aural perceptions and memories engraved in urban and wild environments. Mieville has worked with Butoh dancers, video artists and fellow musicians and has contributed to the field recording workshop ‘Camp’ lead by Chris Watson and Fransisco Lopez, and to the exhibition ‘Audiosphere’ curated by Francisco Lopez at Museo Reina Sofia (Madrid, 2021). Emmanuel Mieville’s previous albums were released on Baskaru, Cronica, Taalem, and XingWu."

Artist : emmanuel mieville

Label : Forms of Minutiae 

+ -

フランス・パリの音響作家Emmanuel Mievilleが、2023年1月にドイツ・ベルリンの実験レーベルForms of Minutiaeから60本限定でリリースしたカセットです。

フィールドレコーディングとハーディガーディ、オープンリールを用いたコンクレート4曲を収録。DLコード付属。以下、レーベルによる解説です。

"4つの塔と橋 "で、作曲家でありフィールドレコーディング奏者でもある Emmanuel Mievilleは、ミュージック・コンクレートの呪文と機械音響の音の橋渡しを共有しています。

4つのトラックの中で、電子音響の彫刻とドローンスクエアのジェスチャーが交差し、通路のメカニズムに関する一見連続した調査を形成しています。このアルバムは、ヴィアナ・ド・カステロ(ポルトガル)のエッフェル塔からパリのBnF(フランス国立図書館)のエレベーターと自動鉄道システムまで、横断する技術の周辺で録音された音に翻弄されています。TADと呼ばれるこのシステムは、BnFのストックエリアから講義室まで、本や資料を移動させるための吊り下げ式のケースでできた隠れた輸送装置です。橋と乗り物、エレベーターと人間、TADと印刷物、降水量と水など、それぞれの移動手段や対象を追跡します。そのリズム、ハム音、振動、軋みが絡み合い、時には弦楽器や電動ハーディガーディの持続的な呟きを伴って、再文脈化されたフランス民謡のような気配を漂わせます。意外なことに、このアルバムは、機械が停止し、雨音が響く田園風景で幕を閉じます。この短時間のサウンドスケープは、雨に濡れることによってもたらされる奇妙なミクロの世界を覗き見ることができます。

しかし、「4つの塔と1つの橋」というタイトルから、このアルバムは必然的に建築的な文脈を示唆しています。しかし、建築の印象は、調査された場所や技術を超えて、橋の概念が音楽とアーティストの作曲方法論によって生命を吹き込まれるように拡大します。フィールドレコーディングの素材とスタジオでの操作により、このアルバムは現実の音と彫刻された電気音響の介入をつなぐワイヤーを形成し、具体から抽象への通路を提供します。このことは、機械のハミングとハーディガーディのブレンドによって、さらに強調されています。ドローンは容器のように輸送します。 Mievilleはそのことを認識しており、彼のミュージック・コンクレートは、ある場所(あるいは状態)から別の場所へと私たちを運ぶ、交差の音楽を作り出しました。そして最後に、この架け橋は、作曲家のオープンリール・テープ、ひいてはあなたが聴いているカセットテープに具現化され、目に見えるものに戻ってきます。

作曲者自身の言葉を借りれば、「音を聴くことと音を彫ることの両者の動きが具体的な物質を生み出し、脱文脈化が新たな聴くための空間を提供する」のです。4つの塔と1つの橋」は、その空間の曖昧さを調査しながら、接続するメカニズムの限界に住むように誘いをかけているのです。これは通過の音楽です。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Forms of Minutiae releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes DL code. Edition of 60. C40 cassette.

Forms of Minutiae:

"With 'four towers and a bridge', composer and field recordist, Emmanuel Mieville shares musique concrète spells and sonic bridgings of machinery acoustics.

In the span of four tracks, electroacoustic sculptings and dronesque gestures intersect to form a seemingly continuous investigation of the mechanisms of passage. The album toys with sounds recorded in, on, and around technologies of crossing; from the Ponte Eiffel bridge in Viana do Castelo (Portugal) to the elevator and automated railway system of the BnF (the national library of France) in Paris. The latter, known as the TAD, is a hidden transportation apparatus made of suspended cases that move books and documents from the BnF’s stocking areas to its lecture rooms. To each track its means of traversing and its subjects: a bridge and its vehicles, an elevator and its humans, the TAD and its printed matter, a precipitation and its water. These transits resonate and Mieville listens but also answers. Their rhythms, hums, vibrations, and squeaks intertwine and, at times, are accompanied by the sustained murmurs of a stringed and motorized hurdy-gurdy instrument that gives hints of a recontextualized French folk music. Surprisingly, the album concludes with an opening on a rural environment where the machines have stopped to give way to the pattering of rain. This short-lived soundscape offers us a window into a strange micro-world harbored by a drenching.

But with the title 'four towers and a bridge', the album inevitably suggests an architectonic context. Yet the impression of architecture expands beyond the investigated sites and technologies as the notion of bridging is brought to life by the music and the artist’s compositional methodology. With its field recording material and studio manipulations, the album forms connecting wires between sounds from the real and sculpted electroacoustic interventions, thus providing passage from the concrete to abstractions. This is underlined further by the blending of the machines’ humming qualities with the hurdy-gurdy’s. A drone transports like a vessel. Mieville is aware of that and his musique concrète creates a music of crossing that carries us from one place — or state — to another. Finally this bridging seeps back into the tangible as it materializes on the composer’s reel-to-reel tape and ultimately on the cassette you are listening to.

In the composer’s own words, “the bilateral movement between hearing and sculpting sounds yields a concrete substance, while decontextualization offers a new space for listening”. It is that space’s ambiguity that 'four towers and a bridge' investigates while extending an invitation to dwell in the liminality of connecting mechanisms. This is a music of transit.

~

Emmanuel Mieville is a composer, field recordist and scholar of musique concrète which he studied with Philippe Mion and Jacques Lejeune at the GRM (Groupe de Recherches Musicales) in Paris, France. Fueled by a life-long affection for creative radio programs, his experimental music and soundscape compositions explore the aural perceptions and memories engraved in urban and wild environments. Mieville has worked with Butoh dancers, video artists and fellow musicians and has contributed to the field recording workshop ‘Camp’ lead by Chris Watson and Fransisco Lopez, and to the exhibition ‘Audiosphere’ curated by Francisco Lopez at Museo Reina Sofia (Madrid, 2021). Emmanuel Mieville’s previous albums were released on Baskaru, Cronica, Taalem, and XingWu."

Artist : emmanuel mieville

Label : Forms of Minutiae