• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Domiziana Bocina & Edoardo Cammisa // Lake Studies CDR+PRINTS

Domiziana Bocina & Edoardo Cammisa // Lake Studies CDR+PRINTS

  • Availability:

イタリアの実験/物音レーベルSounds Against Humanity主宰Edoardo Cammisaと写真家Domiziana Bocinaが、2022年11月に15部限定でリリースしたCDR+写真です。

アヴィリアーナ湖自然公園でのフィールドレコーディング〜物音13曲を収録。湖畔で撮影した写真13枚とDLコード付属。以下、レーベルによる解説です。

Domiziana Bocina(写真) Edoardo Cammisa(録音)は、イタリア・アヴィリアーナ湖自然公園の水景の中で起こる出来事をインタラクティブに解釈している。この作品自体は、ドライな研究でも、徹底的な創造的再文脈化でもないが、この作品の方法論は、両方のアプローチから得られている。この作品は、人間と自然の二元論に対して大きく両義的な、曖昧で超現実的な立場を見出し、そこから、ドキュメンテーションにつきものの力学を考察し、関与している。つまり、ドキュメンテーションする者とされる者がいかに構築され定義されるか、可視化され物語られ、相互に影響力を交換するように示される。

アーティストたちのプロセスは、撮影(記録者と被記録者の相互作用、被写体の識別と隔離、視覚的構成)、後処理(電気音響と電子写真の操作)、テキスト性(曲名)などに及んでる。桟橋の足音、木の伐採、カメラのシャッター、避けられない高速道路のうめき声、植生に負ける人工構造物、葉の間を通り抜ける風、水鳥の鳴き声、水中の秘密の出来事がハイドロフォンによって暴露される、厳しいフィルタリングと微妙なサンプリング、タイトル、いくつかは説明的、いくつかは反射的です。世界の中の世界、世界の下の世界、世界に対する世界、すべての相互関係。



Sounds Against Humanity その他作品はこちら /// Click here to see more Sounds Against Humanity releases available at Tobira. 

---------------------

Includes DL code. Limited edition of 15 hand-numbered copies. 
.
— Full prints of the thirteen photographs on high quality 300 gr. cardboard.
— White CDr.
— Transparent plastic envelope.

Text by Edward Trethowan:

"Domiziana Bocina (photography) and Edoardo Cammisa (sound recording) here interactively interpret events amid waterscapes of the Lago Grande, Parco Naturale dei Laghi di Avigliana, Italy. Although itself neither a dry study nor a thorough creative recontextualisation, this work’s methodology draws from both approaches. It finds its own vague, surreal position, largely ambivalent towards human–nature dualism, from which to consider and engage with some of documentation’s familiar dynamics: how documenter and documented are constructed and delineated, made visible, narrated, shown to interact and exchange influence.

The process of the artists reaches across capture (documenter–documented interaction, subject discrimination and isolation, visual composition), post-processing (electroacoustic and electrophotographic manipulation) and textuality (track titles). At these levels, direct and indirect human and non-human activities continuously overlap: jetty footsteps, a tree felling, camera shutters, the inevitable motorway moan; synthetic structures succumbing to vegetation, wind wisping through and by leaves, waterfowl chatter, secret underwater events hydrophonically exposed; strict filtering and subtle sampling; titles, some descriptive and others reflective. Worlds within and beneath and against worlds, all interrelation."

Artist : Domiziana Bocina & Edoardo Cammisa

Label : Sounds Against Humanity

+ -

イタリアの実験/物音レーベルSounds Against Humanity主宰Edoardo Cammisaと写真家Domiziana Bocinaが、2022年11月に15部限定でリリースしたCDR+写真です。

アヴィリアーナ湖自然公園でのフィールドレコーディング〜物音13曲を収録。湖畔で撮影した写真13枚とDLコード付属。以下、レーベルによる解説です。

Domiziana Bocina(写真) Edoardo Cammisa(録音)は、イタリア・アヴィリアーナ湖自然公園の水景の中で起こる出来事をインタラクティブに解釈している。この作品自体は、ドライな研究でも、徹底的な創造的再文脈化でもないが、この作品の方法論は、両方のアプローチから得られている。この作品は、人間と自然の二元論に対して大きく両義的な、曖昧で超現実的な立場を見出し、そこから、ドキュメンテーションにつきものの力学を考察し、関与している。つまり、ドキュメンテーションする者とされる者がいかに構築され定義されるか、可視化され物語られ、相互に影響力を交換するように示される。

アーティストたちのプロセスは、撮影(記録者と被記録者の相互作用、被写体の識別と隔離、視覚的構成)、後処理(電気音響と電子写真の操作)、テキスト性(曲名)などに及んでる。桟橋の足音、木の伐採、カメラのシャッター、避けられない高速道路のうめき声、植生に負ける人工構造物、葉の間を通り抜ける風、水鳥の鳴き声、水中の秘密の出来事がハイドロフォンによって暴露される、厳しいフィルタリングと微妙なサンプリング、タイトル、いくつかは説明的、いくつかは反射的です。世界の中の世界、世界の下の世界、世界に対する世界、すべての相互関係。



Sounds Against Humanity その他作品はこちら /// Click here to see more Sounds Against Humanity releases available at Tobira. 

---------------------

Includes DL code. Limited edition of 15 hand-numbered copies. 
.
— Full prints of the thirteen photographs on high quality 300 gr. cardboard.
— White CDr.
— Transparent plastic envelope.

Text by Edward Trethowan:

"Domiziana Bocina (photography) and Edoardo Cammisa (sound recording) here interactively interpret events amid waterscapes of the Lago Grande, Parco Naturale dei Laghi di Avigliana, Italy. Although itself neither a dry study nor a thorough creative recontextualisation, this work’s methodology draws from both approaches. It finds its own vague, surreal position, largely ambivalent towards human–nature dualism, from which to consider and engage with some of documentation’s familiar dynamics: how documenter and documented are constructed and delineated, made visible, narrated, shown to interact and exchange influence.

The process of the artists reaches across capture (documenter–documented interaction, subject discrimination and isolation, visual composition), post-processing (electroacoustic and electrophotographic manipulation) and textuality (track titles). At these levels, direct and indirect human and non-human activities continuously overlap: jetty footsteps, a tree felling, camera shutters, the inevitable motorway moan; synthetic structures succumbing to vegetation, wind wisping through and by leaves, waterfowl chatter, secret underwater events hydrophonically exposed; strict filtering and subtle sampling; titles, some descriptive and others reflective. Worlds within and beneath and against worlds, all interrelation."

Artist : Domiziana Bocina & Edoardo Cammisa

Label : Sounds Against Humanity