• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Various Artists (Death Is Not The End) // "Vous Ecoutez La Voix du Peuple": The Kreyol Language Pirate Radio Stations of Flatbush, Brooklyn TAPE

Various Artists (Death Is Not The End) // "Vous Ecoutez La Voix du Peuple": The Kreyol Language Pirate Radio Stations of Flatbush, Brooklyn TAPE

  • Availability:

イギリス・ロンドンの発掘専門レーベルDeath Is Not The Endが、2023年6月にリリースしたコンピレーションテープです。

NYのハイチ語海賊ラジオ局の放送をコンパイルした一本です。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"ニューヨークの空は毎日、移民居住区に広がる目に見えない電波雲で満たされている。文化的なエネルギーを帯びたこの電波の雲は、ストリートのライフサイクルとリズムに従い、絶えず移り変わり、変容するコンテンツの流れではじける。

ブルックリンでは、フラットブッシュ・アヴェニューで、ドル箱のバン、パン屋、教会、街角や食卓のラジオから信号が鳴り響く。リスナーにとっては基本的に無料であるアナログ技術にアクセスすることで、経済的に疎外されたコミュニティは、便利なデジタル生活に組み込まれた受信料やデータ料金を回避することができる。リスナーの多くはコミュニティの年長者であり、金属製のアンテナを伸ばし、ラジオの位置を調整しながら、ニューヨークの合法的でほとんどが企業所有のメディアのサウンドスケープではめったに感じられない、重要な音楽、ニュース、情報のとらえどころのない振動をキャッチしようとしている。

フラットブッシュでは、主にハイチ人、ジャマイカ人、トリニダード人、グレナダ人、正統派ユダヤ人向けに放送している。ハイチの放送局はイースト・フラットブッシュで特に活発で、12局弱が毎日クレヨル語で大きなハイチ人コミュニティ向けに放送している。

「私は若い頃にこの放送局に出会った。80年代後半にとても人気のあったラジオ・ギニーという放送局があり、ブルックリンを拠点にしていました」と、米国生まれの若いハイチ系アメリカ人で、無免許のクレヨル語放送局の元番組司会者のジョーン・マルティネスは言う。「それがどこにあったのかは誰も知らない。でも私が知っているのは、金曜の夜から日曜の夜まで、毎週末になるとこれらの放送局が次々と開局し、最新のハイチ・ポップスやラップを聴くことができたということだけです。私の両親や友人たちはみんなラジオの周りに座って、リビングルームで大声で政治的な話をしたり、踊ったり、歌ったりしていた。まるで集会場のようで、ラジオがそれを導いていた。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Death Is Not The End releases available at Tobira.

----------------------

Ask us for digital files. Cassette in norelco case. 

Tracklist:

  1. Side A 23:58
  2. Side B 25:41

++

Text excerpt by David Goren, 2021 via the label
Originally published on the Sounding Out blog [link]

"Every day, the skies of New York City fill up with unseen clouds of radio signals spreading over immigrant neighborhoods. These culturally charged clouds of radio energy burst with a flow of content that continually shifts and transforms, following the lifecycle and rhythm of the streets.

In Brooklyn, the signals alight on Flatbush Avenue, blasting from radios in dollar vans, bakeries, churches and on street corners and kitchen tables. By accessing an analog technology that (outside of the radio itself) is essentially free for the listener, economically marginalized communities avoid the subscription and data fees built in to the conveniences of the digital life. Listeners, often the elders of the community, extend metal antennas and position the radios just so, trying to catch the elusive vibrations of crucial music, news and information that are seldom felt in New York City’s legal and mostly corporate owned media soundscape.

In Flatbush, stations broadcast primarily to Haitians, Jamaicans, Trinidadians, Grenadians and Orthodox Jews. The Haitian stations are particularly active in East Flatbush with just under a dozen broadcasting daily in Kreyol to the large Haitian community.

“I came across it at a very young age. There was this really popular station back in the late 80s, Radio Guinee, and it was based in Brooklyn.” says Joan Martinez, a young Haitian-American born in the US and a former program host on some of the unlicensed Kreyol language stations. “Nobody knows where it was, there are suspicions. But all I know is from Friday night all the way to Sunday night, you would just hear a series of these stations every weekend and it would be the place where you could listen to the latest in Haitian pop music, rap music. It was also the news, my parents and their friends would all sit around the radio and they would just be politicking in the living room getting really loud, you know, dancing, singing along that sort of thing. It was just like a meeting ground and the radio was guiding it.[...]"

Artist : Various

Label : Death Is Not The End

+ -

イギリス・ロンドンの発掘専門レーベルDeath Is Not The Endが、2023年6月にリリースしたコンピレーションテープです。

NYのハイチ語海賊ラジオ局の放送をコンパイルした一本です。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"ニューヨークの空は毎日、移民居住区に広がる目に見えない電波雲で満たされている。文化的なエネルギーを帯びたこの電波の雲は、ストリートのライフサイクルとリズムに従い、絶えず移り変わり、変容するコンテンツの流れではじける。

ブルックリンでは、フラットブッシュ・アヴェニューで、ドル箱のバン、パン屋、教会、街角や食卓のラジオから信号が鳴り響く。リスナーにとっては基本的に無料であるアナログ技術にアクセスすることで、経済的に疎外されたコミュニティは、便利なデジタル生活に組み込まれた受信料やデータ料金を回避することができる。リスナーの多くはコミュニティの年長者であり、金属製のアンテナを伸ばし、ラジオの位置を調整しながら、ニューヨークの合法的でほとんどが企業所有のメディアのサウンドスケープではめったに感じられない、重要な音楽、ニュース、情報のとらえどころのない振動をキャッチしようとしている。

フラットブッシュでは、主にハイチ人、ジャマイカ人、トリニダード人、グレナダ人、正統派ユダヤ人向けに放送している。ハイチの放送局はイースト・フラットブッシュで特に活発で、12局弱が毎日クレヨル語で大きなハイチ人コミュニティ向けに放送している。

「私は若い頃にこの放送局に出会った。80年代後半にとても人気のあったラジオ・ギニーという放送局があり、ブルックリンを拠点にしていました」と、米国生まれの若いハイチ系アメリカ人で、無免許のクレヨル語放送局の元番組司会者のジョーン・マルティネスは言う。「それがどこにあったのかは誰も知らない。でも私が知っているのは、金曜の夜から日曜の夜まで、毎週末になるとこれらの放送局が次々と開局し、最新のハイチ・ポップスやラップを聴くことができたということだけです。私の両親や友人たちはみんなラジオの周りに座って、リビングルームで大声で政治的な話をしたり、踊ったり、歌ったりしていた。まるで集会場のようで、ラジオがそれを導いていた。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Death Is Not The End releases available at Tobira.

----------------------

Ask us for digital files. Cassette in norelco case. 

Tracklist:

  1. Side A 23:58
  2. Side B 25:41

++

Text excerpt by David Goren, 2021 via the label
Originally published on the Sounding Out blog [link]

"Every day, the skies of New York City fill up with unseen clouds of radio signals spreading over immigrant neighborhoods. These culturally charged clouds of radio energy burst with a flow of content that continually shifts and transforms, following the lifecycle and rhythm of the streets.

In Brooklyn, the signals alight on Flatbush Avenue, blasting from radios in dollar vans, bakeries, churches and on street corners and kitchen tables. By accessing an analog technology that (outside of the radio itself) is essentially free for the listener, economically marginalized communities avoid the subscription and data fees built in to the conveniences of the digital life. Listeners, often the elders of the community, extend metal antennas and position the radios just so, trying to catch the elusive vibrations of crucial music, news and information that are seldom felt in New York City’s legal and mostly corporate owned media soundscape.

In Flatbush, stations broadcast primarily to Haitians, Jamaicans, Trinidadians, Grenadians and Orthodox Jews. The Haitian stations are particularly active in East Flatbush with just under a dozen broadcasting daily in Kreyol to the large Haitian community.

“I came across it at a very young age. There was this really popular station back in the late 80s, Radio Guinee, and it was based in Brooklyn.” says Joan Martinez, a young Haitian-American born in the US and a former program host on some of the unlicensed Kreyol language stations. “Nobody knows where it was, there are suspicions. But all I know is from Friday night all the way to Sunday night, you would just hear a series of these stations every weekend and it would be the place where you could listen to the latest in Haitian pop music, rap music. It was also the news, my parents and their friends would all sit around the radio and they would just be politicking in the living room getting really loud, you know, dancing, singing along that sort of thing. It was just like a meeting ground and the radio was guiding it.[...]"

Artist : Various

Label : Death Is Not The End