• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
CV & JAB - Κλίμα (Klima) LP

CV & JAB - Κλίμα (Klima) LP

  • Availability:

アメリカ・NYの老舗レーベルRVNG運営にも携わるマルチ奏者John Also Bennettと、ベルギーのアンビエント作家Christina Vantzouが、2023年10月にJAB主宰プライベートレーベルEditions Basilicからリリースした共作レコードです。

静謐なネオクラシカル・アンビエント〜アンビエント・ジャズ10曲を収録。DLコード付属。2023年下半期最重要ネオクラシカル作品の一枚です。

以下、ジャーナリストVittoria de Franchisによる解説です。

"Κλίμα(Klima)"は、 Christina Vantzou John Also Bennettによるデュオ、CV & JABの3作目のアルバムである。メロディックな相互作用、音響処理、フィールドレコーディングなど、2人のアーティストによる探求が一歩前進した本作は、未聴のサウンドスケープを探し求める考古学者のような手口を想起させる。Κλίμα(Klima)は、旅するミスエンアビームとして構成され、突発的な発見と進歩的な再遭遇によって、世界的な海底回路と対流圏を召喚する。

2021年、ポルトガルのブラガにあるユネスコの世界遺産、サントゥアリオ・ボム・ド・ジェス・ド・モンテでの公演に招かれたことをきっかけに、Κλίμα(クリマ)の音楽は2年間かけて発酵し、その間にライブ実験、周期的なスタジオセッション、テネリフェ島のほとばしるようなアンビエンスを旅することで、徐々に完成していった。アルバムの核となる物語が生まれたのは、火山島でのことで、風景を彩る極端に異なる微気候の中で1ヵ月にわたってレコーディングが行われた。砂漠から熱帯雨林へと移り変わるCV & JABの閃光は、10曲にわたって、作品に浸透する外界と内界の抽象的なオーディオガイドとして呼び起こされる。

パーカッション、屈折した声、さえずりやうなり声、別世界のような合成音、反響するピアノの和音、憧憬のフルートなど、すべてが時にソロで、時にシンクロして現れ、やがてまた消えていく。また、"Dwelling "や "Pottery Fragments "ではJABのバス・フルートと、"Jetstream "ではCVの揺らめくプラズマ・ヴォイスと、この楽器が戯れるように絡み合うことで、突き抜けるような感情的共鳴が生まれる。

アンビエントエチュードとクラシカル・ミニマリズムの時代を超えた彷徨を示唆するこのアルバムは、蜃気楼のように展開し、芳醇な反復と沖合でのSF的な抑揚によってリスナーを瞑想状態へと誘う。音と和音は、私たちが長い旅路の中で半ば眠りながら見つめる風景のように、実体化し、非物質化する。CVとJABが5年以上にわたって共に音の放浪と驚きを続けてきたことで、音に新たな広がりが感じられる。"

---------------------------------------------

 Includes DL code. 12" black vinyl edition of 500.

Vittoria de Franchis, July 2023 :

"Κλίμα (Klima) is the third album by CV & JAB, the duo of Christina Vantzou and John Also Bennett. An assertive step forward in the two artists' investigations into melodic interplay, acoustic processing and field recordings, the full-length conjures the modus operandi of archaeologists searching for unheard soundscapes. Structured as an itinerant mise-en-abyme, Κλίμα (Klima) summons worldwide submarine circuits and tropospheres populated by sudden findings and progressive re-encounters - hazy dreams amalgamate with mosaics of reality.

Catalyzed by a 2021 invitation to perform at the UNESCO world heritage site Santuário Bom do Jesus do Monte in Braga, Portugal, the music of Κλίμα (Klima) then fermented across a period of two years, during which live experiments, cyclical studio sessions, and travels across the Island of Tenerife’s effervescent ambiences gradually contributed to its completion. It is on the volcanic island that the narrative core of the album materialized, prompted by a month of recordings across the radically different microclimates populating the landscape. CV & JAB’s flashing transpositions from desert to rainforest are evoked over ten tracks operating as an abstract audio-guide of the outer and inner realms permeating the pieces.

Κλίμα (Klima) is conceived as a rhizomatic composition rather than a sequential excursus; percussion, refracted voices, chirps and gurgles, other-worldly synthetic winks, reverberated piano chords, and yearning flute circumnavigations all surface sometimes in solo, sometimes synchronically to eventually dissipate again. The remote and enigmatic atmospheres that characterized previous CV & JAB albums acquire an intimate intensity in the solo piano excursions - “Klima” and “Lands of Permanent Mist” - and a penetrating emotional resonance with the instrument’s flirtatious entanglements with JAB’s bass flute on “Dwelling” and “Pottery Fragments” or with CV’s flickering plasma voice in “Jetstream”.

Suggesting timeless wanderings in ambient études and classical minimalism, the album deploys as a mirage, inducing listeners into a contemplative state through mellifluous repetitions and offshore sci-fi inflections. The palpable depth of the recordings bestows each track with a distinctive density and presence: sounds and chords materialize and dematerialise as landscapes at which we gaze, half-asleep over a long journey. Ten sips of a familiar rapture which ooze a renewed sense of expansion in sound, informed by more than five years of CV & JAB’s continuous sonic wanderings and wonderings together." 

Artist : CV & JAB

Label : Editions Basilic

+ -

アメリカ・NYの老舗レーベルRVNG運営にも携わるマルチ奏者John Also Bennettと、ベルギーのアンビエント作家Christina Vantzouが、2023年10月にJAB主宰プライベートレーベルEditions Basilicからリリースした共作レコードです。

静謐なネオクラシカル・アンビエント〜アンビエント・ジャズ10曲を収録。DLコード付属。2023年下半期最重要ネオクラシカル作品の一枚です。

以下、ジャーナリストVittoria de Franchisによる解説です。

"Κλίμα(Klima)"は、 Christina Vantzou John Also Bennettによるデュオ、CV & JABの3作目のアルバムである。メロディックな相互作用、音響処理、フィールドレコーディングなど、2人のアーティストによる探求が一歩前進した本作は、未聴のサウンドスケープを探し求める考古学者のような手口を想起させる。Κλίμα(Klima)は、旅するミスエンアビームとして構成され、突発的な発見と進歩的な再遭遇によって、世界的な海底回路と対流圏を召喚する。

2021年、ポルトガルのブラガにあるユネスコの世界遺産、サントゥアリオ・ボム・ド・ジェス・ド・モンテでの公演に招かれたことをきっかけに、Κλίμα(クリマ)の音楽は2年間かけて発酵し、その間にライブ実験、周期的なスタジオセッション、テネリフェ島のほとばしるようなアンビエンスを旅することで、徐々に完成していった。アルバムの核となる物語が生まれたのは、火山島でのことで、風景を彩る極端に異なる微気候の中で1ヵ月にわたってレコーディングが行われた。砂漠から熱帯雨林へと移り変わるCV & JABの閃光は、10曲にわたって、作品に浸透する外界と内界の抽象的なオーディオガイドとして呼び起こされる。

パーカッション、屈折した声、さえずりやうなり声、別世界のような合成音、反響するピアノの和音、憧憬のフルートなど、すべてが時にソロで、時にシンクロして現れ、やがてまた消えていく。また、"Dwelling "や "Pottery Fragments "ではJABのバス・フルートと、"Jetstream "ではCVの揺らめくプラズマ・ヴォイスと、この楽器が戯れるように絡み合うことで、突き抜けるような感情的共鳴が生まれる。

アンビエントエチュードとクラシカル・ミニマリズムの時代を超えた彷徨を示唆するこのアルバムは、蜃気楼のように展開し、芳醇な反復と沖合でのSF的な抑揚によってリスナーを瞑想状態へと誘う。音と和音は、私たちが長い旅路の中で半ば眠りながら見つめる風景のように、実体化し、非物質化する。CVとJABが5年以上にわたって共に音の放浪と驚きを続けてきたことで、音に新たな広がりが感じられる。"

---------------------------------------------

 Includes DL code. 12" black vinyl edition of 500.

Vittoria de Franchis, July 2023 :

"Κλίμα (Klima) is the third album by CV & JAB, the duo of Christina Vantzou and John Also Bennett. An assertive step forward in the two artists' investigations into melodic interplay, acoustic processing and field recordings, the full-length conjures the modus operandi of archaeologists searching for unheard soundscapes. Structured as an itinerant mise-en-abyme, Κλίμα (Klima) summons worldwide submarine circuits and tropospheres populated by sudden findings and progressive re-encounters - hazy dreams amalgamate with mosaics of reality.

Catalyzed by a 2021 invitation to perform at the UNESCO world heritage site Santuário Bom do Jesus do Monte in Braga, Portugal, the music of Κλίμα (Klima) then fermented across a period of two years, during which live experiments, cyclical studio sessions, and travels across the Island of Tenerife’s effervescent ambiences gradually contributed to its completion. It is on the volcanic island that the narrative core of the album materialized, prompted by a month of recordings across the radically different microclimates populating the landscape. CV & JAB’s flashing transpositions from desert to rainforest are evoked over ten tracks operating as an abstract audio-guide of the outer and inner realms permeating the pieces.

Κλίμα (Klima) is conceived as a rhizomatic composition rather than a sequential excursus; percussion, refracted voices, chirps and gurgles, other-worldly synthetic winks, reverberated piano chords, and yearning flute circumnavigations all surface sometimes in solo, sometimes synchronically to eventually dissipate again. The remote and enigmatic atmospheres that characterized previous CV & JAB albums acquire an intimate intensity in the solo piano excursions - “Klima” and “Lands of Permanent Mist” - and a penetrating emotional resonance with the instrument’s flirtatious entanglements with JAB’s bass flute on “Dwelling” and “Pottery Fragments” or with CV’s flickering plasma voice in “Jetstream”.

Suggesting timeless wanderings in ambient études and classical minimalism, the album deploys as a mirage, inducing listeners into a contemplative state through mellifluous repetitions and offshore sci-fi inflections. The palpable depth of the recordings bestows each track with a distinctive density and presence: sounds and chords materialize and dematerialise as landscapes at which we gaze, half-asleep over a long journey. Ten sips of a familiar rapture which ooze a renewed sense of expansion in sound, informed by more than five years of CV & JAB’s continuous sonic wanderings and wonderings together." 

Artist : CV & JAB

Label : Editions Basilic