• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Aart Zwaans // Sémi Hóra 7"

Aart Zwaans // Sémi Hóra 7"

  • Availability:

オランダのアウトサイダー・シンセ奏者Aart Zwaansが、2024年1月に同国実験レーベルDead Mindからリリースした再発レコードです。(オリジナルは1982年にカセットリリース)

彼が残した唯一の音源です。ポストカードとDLコード付属。

以下、レーベルによる解説です、

"80年代初頭、EXARTレーベルのオーナーであるヘッセル・ヴェルドマンは、定期的にロッテルダムを訪れ、地元のアクト、ロッテルダンスのクリエイティブな頭脳を訪ねていた。彼らの拠点は、即興音楽のセッションを録音するためのホームスタジオであると同時に、マリフアナの取引場所でもある一軒家だった。深夜のセッション中、ロッテルダンスのメンバーの一人が、港で働く船の溶接工で、20代半ばのある同僚のことをヴェルドマンに話した。彼は両親と一緒に典型的な労働者の家に住んでいて、アナログ・シンセサイザーに夢中だった。あらゆる種類のものを集め、毎晩それを演奏していた。

ミーティングがセッティングされ、ヴェルドマンは初めてAart Zwaansに会った。2人は2階の彼の部屋に行き、そこで彼は夜な夜な実験と作曲に没頭し、エンノ・ヴェルテュイスのようなシンセサイザーの魔術師やクラウス・シュルツェやベルリン楽派の初期のエレクトロニック・ミュージックの流れを汲むメランコリックなアンビエント曲をミックスしたような曲を作った。Aart Zwaansは本物のアウトサイダーで、アンダーグラウンドのテープ・トレーディング・シーンには興味がなく、放っておかれることを好んだ。しかし彼は、1982年にリリースされたEXARTのカセットテープのために、何曲かのトラックを録音し、ジャケットを描くことをヴェルドマンに約束した。彼の音楽をもっとリリースする計画もあったが、Sémi Hóraのカセットテープが、彼の謎めいた存在を証明する唯一の証拠となった。

Sémi Hóraは、一部の楽曲がインターネットにアップロードされるまで、アンダーグラウンド・ミュージックのコレクターにとってのみ無名のマストアイテムであり続けた。様々なリイシュー・レーベルによって見過ごされてきた、ホーム・テーピング黄金時代の隠れた名曲の数々が、ついに初めてレコード化された。ヴェルドマンとアーキビストのベンス・マイヤーの協力のもと、我々はオリジナルテープから4曲を選び、リマスタリングを施した。願わくば、この特異で才能豊かなミュージシャンが、完全に忘却の彼方へと消えてしまうのを防ぎたい。"

 

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Dead Mind Records releases available at Tobira.

-------------------------------------

7" vinyl. Includes a postcard and DL code.

Tracklist:      

  1. Untitled 03:46
  2. Untitled 02:10
  3. Untitled 04:31
  4. Untitled 02:13

++

Dead Mind Records:

" In the early eighties EXART label owner Hessel Veldman regularly went to the city of Rotterdam to visit the creative minds behind local act Rotterdans. Their base was a house that both served as a home studio to record sessions of improvised music and a dealing spot for marihuana, which means customers were ringing the doorbell all day and all night long. During a late-night session one of the Rotterdans members told Veldman about a certain coworker, a ship welder working in the harbor, who was in his mid-twenties, lived with his parents in a typical workers' home and was totally obsessed by analog synthesizers. Collecting all the different types and playing them every night.

A meeting was arranged and Veldman met Aart Zwaans for the first time. They went to his room upstairs where he spent his evenings experimenting and writing his own tracks, that turned out to be a mixture of melancholic ambient pieces in the vein of synth wizards like Enno Velthuys and the early electronic music of Klaus Schulze and the Berlin School. Zwaans was a real outsider, not interested in the underground tape trading scene and preferred to be left alone. He did however promise Veldman to record some tracks and draw a cover for a cassette on EXART which was releases in 1982. Although plans were made to release more of his music, the Sémi Hóra cassette turned out to be the only remaining proof of his mysterious existence.

Sémi Hóra stayed an obscure must-have for collectors of underground music only, until some of the tracks were uploaded to the internet, where it reached a modest new audience. Overlooked by the various reissue labels, some of these hidden gems from the golden age of home taping are now finally presented on vinyl for the first time. In association with Veldman and archivist Bence Meijer, we selected 4 tracks from the original tape to be remastered for a convincing sample of one man’s imperturbable vision. Hopefully it prevents this idiosyncratic and talented musician from fading into total oblivion.
 "

Artist : Aart Zwaans

Label : Dead Mind Records

+ -

オランダのアウトサイダー・シンセ奏者Aart Zwaansが、2024年1月に同国実験レーベルDead Mindからリリースした再発レコードです。(オリジナルは1982年にカセットリリース)

彼が残した唯一の音源です。ポストカードとDLコード付属。

以下、レーベルによる解説です、

"80年代初頭、EXARTレーベルのオーナーであるヘッセル・ヴェルドマンは、定期的にロッテルダムを訪れ、地元のアクト、ロッテルダンスのクリエイティブな頭脳を訪ねていた。彼らの拠点は、即興音楽のセッションを録音するためのホームスタジオであると同時に、マリフアナの取引場所でもある一軒家だった。深夜のセッション中、ロッテルダンスのメンバーの一人が、港で働く船の溶接工で、20代半ばのある同僚のことをヴェルドマンに話した。彼は両親と一緒に典型的な労働者の家に住んでいて、アナログ・シンセサイザーに夢中だった。あらゆる種類のものを集め、毎晩それを演奏していた。

ミーティングがセッティングされ、ヴェルドマンは初めてAart Zwaansに会った。2人は2階の彼の部屋に行き、そこで彼は夜な夜な実験と作曲に没頭し、エンノ・ヴェルテュイスのようなシンセサイザーの魔術師やクラウス・シュルツェやベルリン楽派の初期のエレクトロニック・ミュージックの流れを汲むメランコリックなアンビエント曲をミックスしたような曲を作った。Aart Zwaansは本物のアウトサイダーで、アンダーグラウンドのテープ・トレーディング・シーンには興味がなく、放っておかれることを好んだ。しかし彼は、1982年にリリースされたEXARTのカセットテープのために、何曲かのトラックを録音し、ジャケットを描くことをヴェルドマンに約束した。彼の音楽をもっとリリースする計画もあったが、Sémi Hóraのカセットテープが、彼の謎めいた存在を証明する唯一の証拠となった。

Sémi Hóraは、一部の楽曲がインターネットにアップロードされるまで、アンダーグラウンド・ミュージックのコレクターにとってのみ無名のマストアイテムであり続けた。様々なリイシュー・レーベルによって見過ごされてきた、ホーム・テーピング黄金時代の隠れた名曲の数々が、ついに初めてレコード化された。ヴェルドマンとアーキビストのベンス・マイヤーの協力のもと、我々はオリジナルテープから4曲を選び、リマスタリングを施した。願わくば、この特異で才能豊かなミュージシャンが、完全に忘却の彼方へと消えてしまうのを防ぎたい。"

 

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Dead Mind Records releases available at Tobira.

-------------------------------------

7" vinyl. Includes a postcard and DL code.

Tracklist:      

  1. Untitled 03:46
  2. Untitled 02:10
  3. Untitled 04:31
  4. Untitled 02:13

++

Dead Mind Records:

" In the early eighties EXART label owner Hessel Veldman regularly went to the city of Rotterdam to visit the creative minds behind local act Rotterdans. Their base was a house that both served as a home studio to record sessions of improvised music and a dealing spot for marihuana, which means customers were ringing the doorbell all day and all night long. During a late-night session one of the Rotterdans members told Veldman about a certain coworker, a ship welder working in the harbor, who was in his mid-twenties, lived with his parents in a typical workers' home and was totally obsessed by analog synthesizers. Collecting all the different types and playing them every night.

A meeting was arranged and Veldman met Aart Zwaans for the first time. They went to his room upstairs where he spent his evenings experimenting and writing his own tracks, that turned out to be a mixture of melancholic ambient pieces in the vein of synth wizards like Enno Velthuys and the early electronic music of Klaus Schulze and the Berlin School. Zwaans was a real outsider, not interested in the underground tape trading scene and preferred to be left alone. He did however promise Veldman to record some tracks and draw a cover for a cassette on EXART which was releases in 1982. Although plans were made to release more of his music, the Sémi Hóra cassette turned out to be the only remaining proof of his mysterious existence.

Sémi Hóra stayed an obscure must-have for collectors of underground music only, until some of the tracks were uploaded to the internet, where it reached a modest new audience. Overlooked by the various reissue labels, some of these hidden gems from the golden age of home taping are now finally presented on vinyl for the first time. In association with Veldman and archivist Bence Meijer, we selected 4 tracks from the original tape to be remastered for a convincing sample of one man’s imperturbable vision. Hopefully it prevents this idiosyncratic and talented musician from fading into total oblivion.
 "

Artist : Aart Zwaans

Label : Dead Mind Records