• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
幽霊姉妹 Yuurei Shimai // Just Like Gold TAPE

幽霊姉妹 Yuurei Shimai // Just Like Gold TAPE

  • Availability:

佐賀のテクノ作家Sappowによる別名義幽霊姉妹でのリリースです。DLコード付属。 以下、作家本人による解説です。


”幽霊姉妹名義による音楽的紀行

このアルバムに収録された曲群は、幽霊姉妹というバンド/プロジェクトが想起される前から取り組んでいたものが骨子になっている。sappowという名義でリリースするには少し幅広すぎる音楽性を持っていたため、録音したまま放置してあった。しかし、幽霊姉妹というバンド/プロジェクトのアイデアにぴったりハマるサウンドだということが分かり、アルバムとして仕上げてみることにした。もともと録音済みの音源に参加ゲストを迎えて追加でレコーディングを行い、アルバムの中の3曲は全く新曲を制作した。

基本的には荒々しいギターを中心にしたバンドのサウンドを用いたけれども、全て演奏によるもので、シーケンスなどを使った自動演奏等はほとんど使用していない。楽器も手近にあるものをかなり幅広く使用してサウンドの幅を広げてみた。

前半の4曲はロック的なカタルシスを体験できるように作った曲群。狂気や性急さ、グルーヴ感、リラクゼーションなど音楽を聴くときに求める要素が結果として意図せずして盛り込まれているように仕上がったように思う。コンポージングというよりもインプロヴィゼーションを中心とした作曲方法でとてもスリリングな展開になっている。

後半に配置された'just like gold'は本アルバムのタイトルにもなっているが、揺るぎない黄金のような力強いサウンドや曲調がタイトルトラックにふさわしいのではと思いここに持ってきた。

次の'wanderlust'は20分を超える大曲。Unfinished House(UH)レーベルよりリリースされたコンピレーションアルバム"Unfinished Sympathy Vol​.​2 -Unlikely Songs-"に収録されたsappowによる'Images of atoms and planets'もこの時制作されたものだった。今回のアルバムのために'wanderlust'に追加でレコーディングを行い、無事収録することができた。この'wanderlust'もアルバムのタイトルの候補だったが最終的に"Just Like Gold"にした。'wanderlust'は'放浪癖'という意味であり、放浪・探検などに対する強い渇望を表しているということで音楽的な探求には非常にふさわしいタイトルだと思えていて、自分自身さまざまなスタイルの楽曲を制作する上でまさにこういう放浪的な探求心が根っこにあると感じている。それを端的に示すように曲中では様々な楽器が無節操(?)に使用してある。

最後は'black_hole'という静かな曲。美しいシンセサイザーのシングルトラック、アコースティックギターのハーモニクス、ピアノ、ヴァイオリンなどで鳴らされる静かな音が無節操な旅を締めくくる。

アルバムのアートワークデザインは今回もnzworkdownさんに手掛けて頂いた。原画のドローイングはsappow。ドローイングは10年以上前に描いていたもので、自身のスケッチブックより採取した。素材をnzworkdownさんに渡し、本アルバムの初期のデモを聴いてもらいつつデザインして頂いた。配色・テクスチュア・配置・フォントなどいろんな要素を話し合いながら最終的にご覧の素晴らしいアートワークに仕上げてもらいました。

最終的にこのアートワークに表現したかったこととして、人のサポートを得て作られた作品であるということを示したいと思っていた。もちろん曲によっては全て自身で演奏して仕上げたものもあるし、ほとんど一人で作り上げた曲もある。しかし、ここにアルバムとして仕上げるにあたってはサポートがあったからこそ仕上げたいと思えた曲もあったし、前半のインプロヴィゼーションは同じ空間で演奏してくれたことでイメージを大いに喚起された部分があった。曲中で叫んでくれることで曲に魂が入ったものもあったし、この素晴らしいアートワークもサポートなくしては到底完成しなかった。

そうした気持ちを濃厚に表現するのではなく、それとなく表現したかった。

アートワークの人物の交錯しない視線。それぞれがそれぞれの視線を持ち、ただ、それは無関心とは違い、それぞれの存在や思考がお互いに相互作用を及ぼし、一つのものを形作った。これはそういうアルバムであると思っている。”
 

--------------------------------

Includes DL code. 

Otomizo Records / Sappow :

"A musical travelogue under the name of Yuurei Shimai

The group of songs recorded in this album is the gist of what I was working on before the band/project called Yuurei Shimai came to mind. It had a slightly too broad musicality to be released under the name sappow, so it was left unrecorded. However, I found that the sound fit perfectly with the idea of the Yuurei Shimai, so I decided to finish it as an album. Originally, we welcomed participating guests to the recorded sound source and recorded it additionally, and three songs in the album were completely new songs.

Basically, I used the sound of a band centered on rough guitars, but it was all based on performance, and I rarely used automatic performance using sequences. I tried to broaden the range of sounds by using a wide range of instruments that I had at hand.

The first four songs are a group of songs made so that you can experience rock-like catharsis. I feel that the result is an unintentional inclusion of the elements that one seeks when listening to music, such as madness, haste, groove, and relaxation. It is a very thrilling development with a composition method centered on improvisation rather than composing.

'just like gold', which is placed in the second half, is also the title of this album, but I brought it here because I thought that the powerful sound and melody of unwavering gold would be suitable for the title track.

The next 'wanderlust' is a large song that lasts more than 20 minutes. 'Images of atoms and planets' by sappow included in the compilation album "Unfinished Sympathy Vol​.​2 -Unlikely Songs-" released on the Unfinished House (UH) label was also produced at this time. For this album, we recorded additional songs to 'wanderlust' and successfully recorded them. 'wanderlust' was also a candidate for the title of the album, but in the end it was 'Just Like Gold'. 'wanderlust', it expresses a strong desire for wandering and exploration, so I think it's a very appropriate title for musical exploration, and I myself have created songs in various styles. I feel that this kind of wandering spirit of inquiry is at the root of my work. Various instruments are used unprincipledly (?) in the song to show it clearly.

The last is a quiet song called 'black_hole'. Beautiful synthesizer singletracks, acoustic guitar harmonics, piano, violin and other tranquil sounds round out the unscrupulous journey.

The artwork design for the album was again handled by nzworkdown. The original drawings are by sappow. The drawing was drawn more than 10 years ago and was taken from my own sketchbook. I handed over the material to nzworkdown, who listened to the early demo of this album while designing it. After discussing various elements such as color scheme, texture, placement, and font, we finally had the wonderful artwork you see.

Ultimately, what I wanted to express in this artwork was to show that it was created with the support of people. Of course, depending on the song, there are songs that I played and finished by myself, and there are songs that I made almost alone. However, there were some songs that I wanted to finish because of the support I received in finishing the album, and the improvisation in the first half of the album was played in the same space, which evoked a lot of images. . Some of the songs were really soulful as they yelled at them, and this amazing artwork would never have been completed without support.

I wanted to express these feelings subtly, rather than express them strongly.

The uninterrupted gaze of the person in the artwork. Each had their own gaze, but unlike indifference, each existence and thought interacted with each other and formed one thing. I think this is that kind of album."
 

Artist : 幽霊姉妹 Yuurei Shimai (Sappow)

Label : Otomizo Records 

+ -

佐賀のテクノ作家Sappowによる別名義幽霊姉妹でのリリースです。DLコード付属。 以下、作家本人による解説です。


”幽霊姉妹名義による音楽的紀行

このアルバムに収録された曲群は、幽霊姉妹というバンド/プロジェクトが想起される前から取り組んでいたものが骨子になっている。sappowという名義でリリースするには少し幅広すぎる音楽性を持っていたため、録音したまま放置してあった。しかし、幽霊姉妹というバンド/プロジェクトのアイデアにぴったりハマるサウンドだということが分かり、アルバムとして仕上げてみることにした。もともと録音済みの音源に参加ゲストを迎えて追加でレコーディングを行い、アルバムの中の3曲は全く新曲を制作した。

基本的には荒々しいギターを中心にしたバンドのサウンドを用いたけれども、全て演奏によるもので、シーケンスなどを使った自動演奏等はほとんど使用していない。楽器も手近にあるものをかなり幅広く使用してサウンドの幅を広げてみた。

前半の4曲はロック的なカタルシスを体験できるように作った曲群。狂気や性急さ、グルーヴ感、リラクゼーションなど音楽を聴くときに求める要素が結果として意図せずして盛り込まれているように仕上がったように思う。コンポージングというよりもインプロヴィゼーションを中心とした作曲方法でとてもスリリングな展開になっている。

後半に配置された'just like gold'は本アルバムのタイトルにもなっているが、揺るぎない黄金のような力強いサウンドや曲調がタイトルトラックにふさわしいのではと思いここに持ってきた。

次の'wanderlust'は20分を超える大曲。Unfinished House(UH)レーベルよりリリースされたコンピレーションアルバム"Unfinished Sympathy Vol​.​2 -Unlikely Songs-"に収録されたsappowによる'Images of atoms and planets'もこの時制作されたものだった。今回のアルバムのために'wanderlust'に追加でレコーディングを行い、無事収録することができた。この'wanderlust'もアルバムのタイトルの候補だったが最終的に"Just Like Gold"にした。'wanderlust'は'放浪癖'という意味であり、放浪・探検などに対する強い渇望を表しているということで音楽的な探求には非常にふさわしいタイトルだと思えていて、自分自身さまざまなスタイルの楽曲を制作する上でまさにこういう放浪的な探求心が根っこにあると感じている。それを端的に示すように曲中では様々な楽器が無節操(?)に使用してある。

最後は'black_hole'という静かな曲。美しいシンセサイザーのシングルトラック、アコースティックギターのハーモニクス、ピアノ、ヴァイオリンなどで鳴らされる静かな音が無節操な旅を締めくくる。

アルバムのアートワークデザインは今回もnzworkdownさんに手掛けて頂いた。原画のドローイングはsappow。ドローイングは10年以上前に描いていたもので、自身のスケッチブックより採取した。素材をnzworkdownさんに渡し、本アルバムの初期のデモを聴いてもらいつつデザインして頂いた。配色・テクスチュア・配置・フォントなどいろんな要素を話し合いながら最終的にご覧の素晴らしいアートワークに仕上げてもらいました。

最終的にこのアートワークに表現したかったこととして、人のサポートを得て作られた作品であるということを示したいと思っていた。もちろん曲によっては全て自身で演奏して仕上げたものもあるし、ほとんど一人で作り上げた曲もある。しかし、ここにアルバムとして仕上げるにあたってはサポートがあったからこそ仕上げたいと思えた曲もあったし、前半のインプロヴィゼーションは同じ空間で演奏してくれたことでイメージを大いに喚起された部分があった。曲中で叫んでくれることで曲に魂が入ったものもあったし、この素晴らしいアートワークもサポートなくしては到底完成しなかった。

そうした気持ちを濃厚に表現するのではなく、それとなく表現したかった。

アートワークの人物の交錯しない視線。それぞれがそれぞれの視線を持ち、ただ、それは無関心とは違い、それぞれの存在や思考がお互いに相互作用を及ぼし、一つのものを形作った。これはそういうアルバムであると思っている。”
 

--------------------------------

Includes DL code. 

Otomizo Records / Sappow :

"A musical travelogue under the name of Yuurei Shimai

The group of songs recorded in this album is the gist of what I was working on before the band/project called Yuurei Shimai came to mind. It had a slightly too broad musicality to be released under the name sappow, so it was left unrecorded. However, I found that the sound fit perfectly with the idea of the Yuurei Shimai, so I decided to finish it as an album. Originally, we welcomed participating guests to the recorded sound source and recorded it additionally, and three songs in the album were completely new songs.

Basically, I used the sound of a band centered on rough guitars, but it was all based on performance, and I rarely used automatic performance using sequences. I tried to broaden the range of sounds by using a wide range of instruments that I had at hand.

The first four songs are a group of songs made so that you can experience rock-like catharsis. I feel that the result is an unintentional inclusion of the elements that one seeks when listening to music, such as madness, haste, groove, and relaxation. It is a very thrilling development with a composition method centered on improvisation rather than composing.

'just like gold', which is placed in the second half, is also the title of this album, but I brought it here because I thought that the powerful sound and melody of unwavering gold would be suitable for the title track.

The next 'wanderlust' is a large song that lasts more than 20 minutes. 'Images of atoms and planets' by sappow included in the compilation album "Unfinished Sympathy Vol​.​2 -Unlikely Songs-" released on the Unfinished House (UH) label was also produced at this time. For this album, we recorded additional songs to 'wanderlust' and successfully recorded them. 'wanderlust' was also a candidate for the title of the album, but in the end it was 'Just Like Gold'. 'wanderlust', it expresses a strong desire for wandering and exploration, so I think it's a very appropriate title for musical exploration, and I myself have created songs in various styles. I feel that this kind of wandering spirit of inquiry is at the root of my work. Various instruments are used unprincipledly (?) in the song to show it clearly.

The last is a quiet song called 'black_hole'. Beautiful synthesizer singletracks, acoustic guitar harmonics, piano, violin and other tranquil sounds round out the unscrupulous journey.

The artwork design for the album was again handled by nzworkdown. The original drawings are by sappow. The drawing was drawn more than 10 years ago and was taken from my own sketchbook. I handed over the material to nzworkdown, who listened to the early demo of this album while designing it. After discussing various elements such as color scheme, texture, placement, and font, we finally had the wonderful artwork you see.

Ultimately, what I wanted to express in this artwork was to show that it was created with the support of people. Of course, depending on the song, there are songs that I played and finished by myself, and there are songs that I made almost alone. However, there were some songs that I wanted to finish because of the support I received in finishing the album, and the improvisation in the first half of the album was played in the same space, which evoked a lot of images. . Some of the songs were really soulful as they yelled at them, and this amazing artwork would never have been completed without support.

I wanted to express these feelings subtly, rather than express them strongly.

The uninterrupted gaze of the person in the artwork. Each had their own gaze, but unlike indifference, each existence and thought interacted with each other and formed one thing. I think this is that kind of album."
 

Artist : 幽霊姉妹 Yuurei Shimai (Sappow)

Label : Otomizo Records