• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Magda Mayas & Tina Douglas // Objects Of Interest CD + BOOKLET

Magda Mayas & Tina Douglas // Objects Of Interest CD + BOOKLET

  • Availability:

過去にAnother Timbreなどから発表しているオーストラリア・メルボルンの音響作家Magda MayasとTina Douglasが、2021年11月に同国ブリスベンの音響作家Lawrence English主宰レーベルroom40からリリースした共作です。ブックレットにはスコアと対話、写真が掲載されています。

以下、作家本人による解説です。

 「ティナとは10年ほど前、メルボルンで共通のミュージシャン仲間を通じて知り合いました。

ティナは様々な場面で私の演奏を聴き、私は彼女のスタジオを訪れ、何度も彼女の演奏を見てきました。すぐに個人的な、そして美的なつながりができ、何年にもわたる会話の中で、仕事のやり方を共有していることが明らかになりました。

私たちは二人とも即興的で直感的なプロセスに惹かれ、個性的なオブジェや道具を使って作品を作り、それらと密接な関係を築いています。モノがアイデアを生み出し、私の行動を制限し、作品を根本的に構成してくれるのです。ティナの楽譜は非常に彫刻的で触覚的です。ピアノと私のオブジェとその中の準備も同様に、彫刻的、触覚的、体現的な感じがします。

ティナの楽譜に反応するために音楽を録音し始めたとき、私は物事をスローダウンさせ、ある種の脆さや不完全さを露出させ、一つのメロディー、一つのコード、一つの小さな音で十分でありたいという願いがあったのです。ピアノでは、オーケストラのようなアプローチも可能で、私もよくそうします。しかし、今回のコラボレーションでは、このような複雑さは必要ないと感じました。

このプロジェクトや楽譜には、私が好きなある種の壊れやすさがあります。薄い紙の楽譜で、オーストラリアからベルリンまで運んだこと、切り抜きなど、すべてが非常に壊れやすくて美しく、音楽もそのようにしたいと感じたのです。」

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Matte laminated and embossed CD with insert card plus extensive book featuring an in conversation between Magda Mayas and Tina Douglas, plus scores, documentation and photographs.

~

Artist statement by Magda Mayas:

"Tina and I met around 10 years ago in Melbourne through mutual musician friends.

Tina has heard me perform in various context and I have visited her studio and seen her perform on multiple occasions. There was an immediate personal and aesthetic connection and conversations over the years revealed shared ways of working - a collaboration seemed natural and exciting.

We are both drawn to improvisational and intuitive processes and we both use individualised objects or tools to create and develop close relationships with these. For me, it’s a symbiotic process: the objects generate ideas, they afford and limit what I do and structure a piece in a fundamental way. Tina’s scores are very sculptural and tactile - the piano and my objects and preparations in them likewise feel sculptural, tactile, embodied -objects, materials and relationships crossing over.

When I started recording music to respond to Tina’s scores, I had a wish to slowing things down, to expose a certain fragility or imperfection and to let one melody or one chord or one little noise be enough. With the piano you can have such an orchestral approach, and I often do that, but with this collaboration I didn’t feel like I wanted this kind of complexity.

There is a certain fragility that I like about the project and the scores: the fact that they are thin paper scores and I transported them from Australia to Berlin, the cut-outs… it’s all very fragile and beautiful and I kind of felt that I wanted to allow the music to be like that too."

Artist : Magda Mayas & Tina Douglas

Label : Room40

過去にAnother Timbreなどから発表しているオーストラリア・メルボルンの音響作家Magda MayasとTina Douglasが、2021年11月に同国ブリスベンの音響作家Lawrence English主宰レーベルroom40からリリースした共作です。ブックレットにはスコアと対話、写真が掲載されています。

以下、作家本人による解説です。

 「ティナとは10年ほど前、メルボルンで共通のミュージシャン仲間を通じて知り合いました。

ティナは様々な場面で私の演奏を聴き、私は彼女のスタジオを訪れ、何度も彼女の演奏を見てきました。すぐに個人的な、そして美的なつながりができ、何年にもわたる会話の中で、仕事のやり方を共有していることが明らかになりました。

私たちは二人とも即興的で直感的なプロセスに惹かれ、個性的なオブジェや道具を使って作品を作り、それらと密接な関係を築いています。モノがアイデアを生み出し、私の行動を制限し、作品を根本的に構成してくれるのです。ティナの楽譜は非常に彫刻的で触覚的です。ピアノと私のオブジェとその中の準備も同様に、彫刻的、触覚的、体現的な感じがします。

ティナの楽譜に反応するために音楽を録音し始めたとき、私は物事をスローダウンさせ、ある種の脆さや不完全さを露出させ、一つのメロディー、一つのコード、一つの小さな音で十分でありたいという願いがあったのです。ピアノでは、オーケストラのようなアプローチも可能で、私もよくそうします。しかし、今回のコラボレーションでは、このような複雑さは必要ないと感じました。

このプロジェクトや楽譜には、私が好きなある種の壊れやすさがあります。薄い紙の楽譜で、オーストラリアからベルリンまで運んだこと、切り抜きなど、すべてが非常に壊れやすくて美しく、音楽もそのようにしたいと感じたのです。」

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Matte laminated and embossed CD with insert card plus extensive book featuring an in conversation between Magda Mayas and Tina Douglas, plus scores, documentation and photographs.

~

Artist statement by Magda Mayas:

"Tina and I met around 10 years ago in Melbourne through mutual musician friends.

Tina has heard me perform in various context and I have visited her studio and seen her perform on multiple occasions. There was an immediate personal and aesthetic connection and conversations over the years revealed shared ways of working - a collaboration seemed natural and exciting.

We are both drawn to improvisational and intuitive processes and we both use individualised objects or tools to create and develop close relationships with these. For me, it’s a symbiotic process: the objects generate ideas, they afford and limit what I do and structure a piece in a fundamental way. Tina’s scores are very sculptural and tactile - the piano and my objects and preparations in them likewise feel sculptural, tactile, embodied -objects, materials and relationships crossing over.

When I started recording music to respond to Tina’s scores, I had a wish to slowing things down, to expose a certain fragility or imperfection and to let one melody or one chord or one little noise be enough. With the piano you can have such an orchestral approach, and I often do that, but with this collaboration I didn’t feel like I wanted this kind of complexity.

There is a certain fragility that I like about the project and the scores: the fact that they are thin paper scores and I transported them from Australia to Berlin, the cut-outs… it’s all very fragile and beautiful and I kind of felt that I wanted to allow the music to be like that too."

Artist : Magda Mayas & Tina Douglas

Label : Room40