• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Henning Christiansen // to look inside music 2xCD

Henning Christiansen // to look inside music 2xCD

¥3,280
  • Availability:

デンマークのフルクサス作家Henning Christiansen作品の再発レーベルHenning Christiansen Archiveからの最新2枚組CDです。

本作では、1963年から1988年に制作した様々なスタイルの作品を網羅しています。以下、レーベルによる解説です。

「このコレクションは、クリスチャンセンがある意味でコンサートホールをターゲットにした音楽を集めたものである。収録されているのはすべて未発表音源。これまで公開されてきたクリスチャンセンの録音は、劇音楽、サウンドトラック、アーティスト・パフォーマンスのための音楽、テープ音楽などに関連するものが大半を占めていた。今回は、まさに作曲家としてのクリスチャンセンが前面に出ている。彼の声は、その表現の幅が驚くほど広いにもかかわらず、常にそれとわかるものであり、そのアプローチは、従来のものから先鋭的なものまで多岐にわたっている。コンサートホールでの技術的な疑問は解決されたが、同時に彼は音楽における形式とジャンルの役割を問い続けている」。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Penultimate Press releases available at Tobira. 

---------------------

Edition of 500.

Comes in gatefold digipack with booklet and a new essay by Ben Harper.

The Henning Christiansen Archive:

"The Henning Christiansen Archive is proud to present a collection of previously unreleased ‘classical works’ by Henning Christiansen, a large part of his oeuvre which has remained out of sight, until now. This 2CD compilation encompasses a variety of stylistic approaches written in the years from 1963 to 1988.

“This collection gathers music by Christiansen targeted on (in one sense or another) the concert hall. All the recordings presented here are previously unreleased. The majority of publicly available Christiansen recordings have focused on music related to dramatic works, soundtrack works, music made for and within artist performance and tape music. This time, Christiansen as composer is truly at the forefront. His voice is always recognisable even as his expressive range is surprisingly broad; his approach ranges from the conventional to the radical. Any niggling concert-hall questions about craft are settled, yet at the same time he continues to question the role of form and genre in music”. From the liner notes written by Ben Harper" 

Artist : Henning Christiansen

Label : Penultimate Press

+ -

デンマークのフルクサス作家Henning Christiansen作品の再発レーベルHenning Christiansen Archiveからの最新2枚組CDです。

本作では、1963年から1988年に制作した様々なスタイルの作品を網羅しています。以下、レーベルによる解説です。

「このコレクションは、クリスチャンセンがある意味でコンサートホールをターゲットにした音楽を集めたものである。収録されているのはすべて未発表音源。これまで公開されてきたクリスチャンセンの録音は、劇音楽、サウンドトラック、アーティスト・パフォーマンスのための音楽、テープ音楽などに関連するものが大半を占めていた。今回は、まさに作曲家としてのクリスチャンセンが前面に出ている。彼の声は、その表現の幅が驚くほど広いにもかかわらず、常にそれとわかるものであり、そのアプローチは、従来のものから先鋭的なものまで多岐にわたっている。コンサートホールでの技術的な疑問は解決されたが、同時に彼は音楽における形式とジャンルの役割を問い続けている」。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Penultimate Press releases available at Tobira. 

---------------------

Edition of 500.

Comes in gatefold digipack with booklet and a new essay by Ben Harper.

The Henning Christiansen Archive:

"The Henning Christiansen Archive is proud to present a collection of previously unreleased ‘classical works’ by Henning Christiansen, a large part of his oeuvre which has remained out of sight, until now. This 2CD compilation encompasses a variety of stylistic approaches written in the years from 1963 to 1988.

“This collection gathers music by Christiansen targeted on (in one sense or another) the concert hall. All the recordings presented here are previously unreleased. The majority of publicly available Christiansen recordings have focused on music related to dramatic works, soundtrack works, music made for and within artist performance and tape music. This time, Christiansen as composer is truly at the forefront. His voice is always recognisable even as his expressive range is surprisingly broad; his approach ranges from the conventional to the radical. Any niggling concert-hall questions about craft are settled, yet at the same time he continues to question the role of form and genre in music”. From the liner notes written by Ben Harper" 

Artist : Henning Christiansen

Label : Penultimate Press