• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Dominic Coles // Alphabets CD

Dominic Coles // Alphabets CD

  • Availability:

アメリカ・NYの実験音楽家/文筆家Dominic Colesが、2023年6月にNYの実験レーベルTripticksから100部限定でリリースしたCDです。

コンピューターによるコラージュ・サウンドポエトリー3曲を収録。

以下、作家本人による解説です。

"アルファベット

*解釈は、意味を明らかにすることよりも、シニフィエをその非意味(意味の欠如)に還元することで、主体全体の行動の決定要因を見出すことを目指す。

*ママの言葉

私は子供の頃、あるゲームをしたものだ。どんな言葉でも何度も繰り返し、それが口の中で次第に意味を失っていくのを聞く。繰り返すたびに奇妙になり、不器用で異質なものに変わっていく。

私たちの言語、そしてその言語への伝導体としての声は、どこか異質なものを持っている。自分の声を録音したものを聞いたときの、無限の気まずさを考えてみてほしい!自分の声を録音したものを聞くときの気まずさったらない。そして、私たちの言葉が明瞭になるのは、他の人の口の中でだけである。私たちの口や心の中にある言葉は、実は異質なものであり、自分の言葉ではないのだ。

なぜなら、私たちはあらかじめ作られた言説の世界、両親や世話人の言語世界に生まれてくるからだ。私たちは生まれる前から、両親の言語世界の中に部屋と名前と空間を持っている。この言語は私たちの中に置かれ、言語がそのお気に入りの同伴者である欲望をもたらす限り、それはまた私たちの中に置かれた彼らの欲望でもある。

アルファベットのリスニングは、言語におけるこの疎外感を物質化する。それは教訓的に始まる。語られた夢の断片から取られたそれぞれの単語は、抽象的な合成音と関連づけられる。この電子音の中でアルファベットが展開され、反復によって単語と合成音の関連付けが強化され、リスナーは音声が消えてもその関連付けを続けることができる。アルファベット・リスニングの2つの研究は、このプロセスを活性化させ、聴き手の心の中に新たに記号化された声を呼び起こす初期の試みであった。

アルファベット1:p-u-s-hは、独自の合成アルファベットを用い、それを音楽の文脈の中に置き、これらの音声に関連する音を、符号化されていない楽音(音声に関連することが知られていない音)と接触させる。楽音は干渉や信号妨害の一形態となり、リスナーは元の単語との接触を失う。合成アルファベットはまだ声と結びつきやすいが、元の言葉の内容を見つけることはほとんど不可能になる。

この失われた言葉を、回想された夢の断片の内容とリスニングの文脈を媒介として、機能させることができるのはオーディターの力である。オーディターは、意味が失われてしまった場所に、自分の舌、自分の言語、自分の連想で口を挟むことができる。言語が固定化されると、それは檻となる。言語は、その中での私たちの動きや、何が可能か、何があり得るかについての私たちの考えを決定する。シニフィアンやシニフィエそのものに働きかけることは、この檻を変容させることであり、世界のいかなるものも固定されたものではなく、根本的に変容可能であり、変容の対象であることを理解することである。この目的のために、聴き手も、聴き手の主体そのものも、試聴の中で変容させられるのである。

しかし、この変容を現実にするためには、作業が必要である。この点で、私はシニフィエに働きかけるために聴き手の側に大きな労力が必要であることを強調したい。ひとつひとつの言葉を、新たに記号化されたものとして聴き取るためには、真の努力が必要なのである。それは要求が高く、困難で、時には退屈なプロセスである。しかし、それは私たちが自己に取り組むすべての作業に当てはまることではないだろうか。"

+++

以下、Sunik Kimによる解説です。

"Dominic Colesが、聴くという行為に退屈という可能性を導入したことは、それ自体称賛に値する。私たちは日々、受動的な退屈にさらされている。それが仕事であれ、生活や糧を得るための果てしないロジスティクスであれ、もっと細かいことを言えば、リスナーと音の間の摩擦を極限まで減らそうとする底なしの芸術の洪水であれ、リスニング装置と裸の波との間にある多くの媒介層や障害を表面化させるのではなく、不可視化しようとするものである。難しさや容易さの痕跡は、あまりにも簡単に音素材そのものの表面に転嫁される。摩擦やその欠如は、不可避的な仕分けと、個別の読みやすいジャンル・バケツへの分類の中で、単に形式的な生命を与えられるだけなのだ。

この習作(レッスン)集が、ユーモアと軽妙さで貫かれているのは素晴らしい。このダイナミズムは、何層にも重なるズレ、不連続、矛盾を通して現れている。あらかじめ書かれたテキストと、時にぞんざいに話され、後を引くレコーディングの間、一見完全に抽象化されたものと、ほとんど小気味よい聴覚表現の瞬間(ここでは虫の鳴き声、そこではミュートされたトランペット)の間、テキストとシンセシスの間。これらのズレを隠すのではなく、表面化させることで、作品は支点となるピストン・ムーブメントを見いだし、私たちをあるモジュールから次のモジュールへと容易に押し出すだけでなく、聴く行為そのものの奇妙な人工性と、世界と切り離せない頑固さに光を当てる。作品は漏れるが、これはその根源的な根源性を断ち切るのではなく、維持し、高めている。

この教育学的プロセスに有機的に引き込まれることで、そしてこれは、単に命令されるのではなく、手元にある素材の特質と相互作用にレーザーフォーカスを当てることで歓迎される自然な誘いである。すべてがひとつになる瞬間、かつては奇妙に連結していたパターンやジェスチャーが親しみやすく、キャッチーにさえなる瞬間は、すべてがバラバラになり、意味が消滅する瞬間に先立つ。その過程で、私たちは能動的になり、古いもの、慣れ親しんだものの断片で構成された、新しい、聞いたことのない言語を作り上げる。この新しさは、私たち自身の変容と同様に、完全に私的なものである。しかし、その結果、仕事の喜びや激しさは消えてしまった。そして世界は、新たに発見された変化の可能性に、鼻歌交じりに震え始める。"

+++

以下、それぞれの楽曲名です。

1. アルファベット1:p-u-s-h

アルファベット・リスニングの2つの学習

2. 私は兄と父と一緒に広々とした野原にいます。私たちは彼らから逃げようとして、走っていたのですが、ある時点で彼らに囲まれていることに気づきました。姿を消すことで、隠れたままでいることができ、彼らに見つからずに別の場所を探し始めてくれることを期待しているのです。私たちの姿は見えませんが、男たちはすぐ近くまで来ています。私は誤って小枝を踏んでしまい、小枝が折れる音がしました。男の一人がライフルの銃身で空中を探し始めました。今、彼は銃を持って私に近づいてきていますが、もし私がその場から離れようものなら、音を立てて捕まってしまうでしょうあ。私は銃が体に触れる部分に集中し、お腹に空間というか穴を作り、それがゆっくりと開いて、銃が体に触れることなく私を通過できるようにしました。彼は銃を前進させ、私の中に入れ、そして戻します。彼らは私たちがもうそこにいないことを確信したようで、先に進みます。

3. 私の家族はこの島にある古い宮殿のような廃墟に引っ越してきました。そこには住みやすくするための工事関係者が大勢いて、作業の開始を待っています。しかし、屋根に埋め込まれたシーリングファンから、虫の鳴くような高い音がします。この手の届かない円形の穴の中です。穴をコンクリートで埋める必要があるのだが、父はその虫を取り除くまで埋めてもらおうとしません。私は小さな木の板を伝って、まるで彼らの上を歩くロープウエーカーのように歩いています。父は、虫を埋めたまま建物を建て直すわけにはいかないと言います。両親は口論を始めました。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Tripticks Tapes releases available at Tobira. 

------------------------

Ask us for digital files. 

Text by Sunik Kim via the label:

"Dominic Coles’ introduction of the possibility of tedium—work—to the listening act is laudable in its own right. We are daily barraged with a passive tedium, whether in the form of the job, the endless logistics of life and sustenance, or—to put a finer point on it—a bottomless flood-tide of art that seeks to reduce to an absolute minimum the friction between listener and sound, to invisibilize rather than surface the many mediating layers and obstacles between the listening apparatus and the bare wave. Any semblance of “difficulty” or “ease” is all too easily shifted onto the surface of the sound-materials themselves: the friction, or lack thereof, is granted merely formal life in its inevitable sorting and categorization into a discrete, legible genre-bucket.

It is wonderful, then, that this collection of studies, or lessons, is shot through with a humor and lightness that makes the work strangely inviting—addictive—even in its weight. This dynamic manifests through several layers of slippage, disjunction, contradiction: between pre-written text and sometimes sloppily spoken, trailing-off recording; between a seemingly total abstraction and almost pithy moments of aural representation (buzzing insects here, a muted trumpet there); between text and synthesis, which at times seem to trigger one another, at others to be meandering in complete opposing directions. In surfacing, rather than tucking away, these slippages, the work finds a fulcrum, a piston movement, that not only pushes us easily from one module to the next, but also shines a light on the odd artificiality of the listening act itself and its stubborn inextricability from the world as such. The work leaks—but this preserves, heightens, rather than severs, its fundamental rootedness.

In being organically drawn into this pedagogical process—and this is a natural invitation made welcoming through a laser-focus paid to the qualities and interactions of the materials at hand, not simply by decree—we are then drawn into a game of pattern recognition, a tracing or mapping of memory and its processes, with real stakes. The moments where it all comes together—where the once strange interlinked patterns and gestures become familiar, even catchy—precede moments where everything falls apart and meaning dissipates. In the process, we are made active, forging a new, unheard language that is composed of fragments of the old, the familiar. This newness is wholly private, as is our own attendant transformation; is there even a way to express the substance of this transformation to others? But the joy and intensity of the work has vanished in the result. And the world begins to hum—tremble—with the newfound possibility of change."

Artist : Dominic Coles

Label : Tripticks Tapes

アメリカ・NYの実験音楽家/文筆家Dominic Colesが、2023年6月にNYの実験レーベルTripticksから100部限定でリリースしたCDです。

コンピューターによるコラージュ・サウンドポエトリー3曲を収録。

以下、作家本人による解説です。

"アルファベット

*解釈は、意味を明らかにすることよりも、シニフィエをその非意味(意味の欠如)に還元することで、主体全体の行動の決定要因を見出すことを目指す。

*ママの言葉

私は子供の頃、あるゲームをしたものだ。どんな言葉でも何度も繰り返し、それが口の中で次第に意味を失っていくのを聞く。繰り返すたびに奇妙になり、不器用で異質なものに変わっていく。

私たちの言語、そしてその言語への伝導体としての声は、どこか異質なものを持っている。自分の声を録音したものを聞いたときの、無限の気まずさを考えてみてほしい!自分の声を録音したものを聞くときの気まずさったらない。そして、私たちの言葉が明瞭になるのは、他の人の口の中でだけである。私たちの口や心の中にある言葉は、実は異質なものであり、自分の言葉ではないのだ。

なぜなら、私たちはあらかじめ作られた言説の世界、両親や世話人の言語世界に生まれてくるからだ。私たちは生まれる前から、両親の言語世界の中に部屋と名前と空間を持っている。この言語は私たちの中に置かれ、言語がそのお気に入りの同伴者である欲望をもたらす限り、それはまた私たちの中に置かれた彼らの欲望でもある。

アルファベットのリスニングは、言語におけるこの疎外感を物質化する。それは教訓的に始まる。語られた夢の断片から取られたそれぞれの単語は、抽象的な合成音と関連づけられる。この電子音の中でアルファベットが展開され、反復によって単語と合成音の関連付けが強化され、リスナーは音声が消えてもその関連付けを続けることができる。アルファベット・リスニングの2つの研究は、このプロセスを活性化させ、聴き手の心の中に新たに記号化された声を呼び起こす初期の試みであった。

アルファベット1:p-u-s-hは、独自の合成アルファベットを用い、それを音楽の文脈の中に置き、これらの音声に関連する音を、符号化されていない楽音(音声に関連することが知られていない音)と接触させる。楽音は干渉や信号妨害の一形態となり、リスナーは元の単語との接触を失う。合成アルファベットはまだ声と結びつきやすいが、元の言葉の内容を見つけることはほとんど不可能になる。

この失われた言葉を、回想された夢の断片の内容とリスニングの文脈を媒介として、機能させることができるのはオーディターの力である。オーディターは、意味が失われてしまった場所に、自分の舌、自分の言語、自分の連想で口を挟むことができる。言語が固定化されると、それは檻となる。言語は、その中での私たちの動きや、何が可能か、何があり得るかについての私たちの考えを決定する。シニフィアンやシニフィエそのものに働きかけることは、この檻を変容させることであり、世界のいかなるものも固定されたものではなく、根本的に変容可能であり、変容の対象であることを理解することである。この目的のために、聴き手も、聴き手の主体そのものも、試聴の中で変容させられるのである。

しかし、この変容を現実にするためには、作業が必要である。この点で、私はシニフィエに働きかけるために聴き手の側に大きな労力が必要であることを強調したい。ひとつひとつの言葉を、新たに記号化されたものとして聴き取るためには、真の努力が必要なのである。それは要求が高く、困難で、時には退屈なプロセスである。しかし、それは私たちが自己に取り組むすべての作業に当てはまることではないだろうか。"

+++

以下、Sunik Kimによる解説です。

"Dominic Colesが、聴くという行為に退屈という可能性を導入したことは、それ自体称賛に値する。私たちは日々、受動的な退屈にさらされている。それが仕事であれ、生活や糧を得るための果てしないロジスティクスであれ、もっと細かいことを言えば、リスナーと音の間の摩擦を極限まで減らそうとする底なしの芸術の洪水であれ、リスニング装置と裸の波との間にある多くの媒介層や障害を表面化させるのではなく、不可視化しようとするものである。難しさや容易さの痕跡は、あまりにも簡単に音素材そのものの表面に転嫁される。摩擦やその欠如は、不可避的な仕分けと、個別の読みやすいジャンル・バケツへの分類の中で、単に形式的な生命を与えられるだけなのだ。

この習作(レッスン)集が、ユーモアと軽妙さで貫かれているのは素晴らしい。このダイナミズムは、何層にも重なるズレ、不連続、矛盾を通して現れている。あらかじめ書かれたテキストと、時にぞんざいに話され、後を引くレコーディングの間、一見完全に抽象化されたものと、ほとんど小気味よい聴覚表現の瞬間(ここでは虫の鳴き声、そこではミュートされたトランペット)の間、テキストとシンセシスの間。これらのズレを隠すのではなく、表面化させることで、作品は支点となるピストン・ムーブメントを見いだし、私たちをあるモジュールから次のモジュールへと容易に押し出すだけでなく、聴く行為そのものの奇妙な人工性と、世界と切り離せない頑固さに光を当てる。作品は漏れるが、これはその根源的な根源性を断ち切るのではなく、維持し、高めている。

この教育学的プロセスに有機的に引き込まれることで、そしてこれは、単に命令されるのではなく、手元にある素材の特質と相互作用にレーザーフォーカスを当てることで歓迎される自然な誘いである。すべてがひとつになる瞬間、かつては奇妙に連結していたパターンやジェスチャーが親しみやすく、キャッチーにさえなる瞬間は、すべてがバラバラになり、意味が消滅する瞬間に先立つ。その過程で、私たちは能動的になり、古いもの、慣れ親しんだものの断片で構成された、新しい、聞いたことのない言語を作り上げる。この新しさは、私たち自身の変容と同様に、完全に私的なものである。しかし、その結果、仕事の喜びや激しさは消えてしまった。そして世界は、新たに発見された変化の可能性に、鼻歌交じりに震え始める。"

+++

以下、それぞれの楽曲名です。

1. アルファベット1:p-u-s-h

アルファベット・リスニングの2つの学習

2. 私は兄と父と一緒に広々とした野原にいます。私たちは彼らから逃げようとして、走っていたのですが、ある時点で彼らに囲まれていることに気づきました。姿を消すことで、隠れたままでいることができ、彼らに見つからずに別の場所を探し始めてくれることを期待しているのです。私たちの姿は見えませんが、男たちはすぐ近くまで来ています。私は誤って小枝を踏んでしまい、小枝が折れる音がしました。男の一人がライフルの銃身で空中を探し始めました。今、彼は銃を持って私に近づいてきていますが、もし私がその場から離れようものなら、音を立てて捕まってしまうでしょうあ。私は銃が体に触れる部分に集中し、お腹に空間というか穴を作り、それがゆっくりと開いて、銃が体に触れることなく私を通過できるようにしました。彼は銃を前進させ、私の中に入れ、そして戻します。彼らは私たちがもうそこにいないことを確信したようで、先に進みます。

3. 私の家族はこの島にある古い宮殿のような廃墟に引っ越してきました。そこには住みやすくするための工事関係者が大勢いて、作業の開始を待っています。しかし、屋根に埋め込まれたシーリングファンから、虫の鳴くような高い音がします。この手の届かない円形の穴の中です。穴をコンクリートで埋める必要があるのだが、父はその虫を取り除くまで埋めてもらおうとしません。私は小さな木の板を伝って、まるで彼らの上を歩くロープウエーカーのように歩いています。父は、虫を埋めたまま建物を建て直すわけにはいかないと言います。両親は口論を始めました。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Tripticks Tapes releases available at Tobira. 

------------------------

Ask us for digital files. 

Text by Sunik Kim via the label:

"Dominic Coles’ introduction of the possibility of tedium—work—to the listening act is laudable in its own right. We are daily barraged with a passive tedium, whether in the form of the job, the endless logistics of life and sustenance, or—to put a finer point on it—a bottomless flood-tide of art that seeks to reduce to an absolute minimum the friction between listener and sound, to invisibilize rather than surface the many mediating layers and obstacles between the listening apparatus and the bare wave. Any semblance of “difficulty” or “ease” is all too easily shifted onto the surface of the sound-materials themselves: the friction, or lack thereof, is granted merely formal life in its inevitable sorting and categorization into a discrete, legible genre-bucket.

It is wonderful, then, that this collection of studies, or lessons, is shot through with a humor and lightness that makes the work strangely inviting—addictive—even in its weight. This dynamic manifests through several layers of slippage, disjunction, contradiction: between pre-written text and sometimes sloppily spoken, trailing-off recording; between a seemingly total abstraction and almost pithy moments of aural representation (buzzing insects here, a muted trumpet there); between text and synthesis, which at times seem to trigger one another, at others to be meandering in complete opposing directions. In surfacing, rather than tucking away, these slippages, the work finds a fulcrum, a piston movement, that not only pushes us easily from one module to the next, but also shines a light on the odd artificiality of the listening act itself and its stubborn inextricability from the world as such. The work leaks—but this preserves, heightens, rather than severs, its fundamental rootedness.

In being organically drawn into this pedagogical process—and this is a natural invitation made welcoming through a laser-focus paid to the qualities and interactions of the materials at hand, not simply by decree—we are then drawn into a game of pattern recognition, a tracing or mapping of memory and its processes, with real stakes. The moments where it all comes together—where the once strange interlinked patterns and gestures become familiar, even catchy—precede moments where everything falls apart and meaning dissipates. In the process, we are made active, forging a new, unheard language that is composed of fragments of the old, the familiar. This newness is wholly private, as is our own attendant transformation; is there even a way to express the substance of this transformation to others? But the joy and intensity of the work has vanished in the result. And the world begins to hum—tremble—with the newfound possibility of change."

Artist : Dominic Coles

Label : Tripticks Tapes