• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Alvin Lucier // Swing Bridge; Sizzles CD

Alvin Lucier // Swing Bridge; Sizzles CD

  • Availability:

アメリカの大御所実験音楽家Alvin Lucierが、2023年1月に同国NYのModeからリリースしたCDです。パイプオルガンによるミニマルドローン3曲を収録。デジパック、シュリンク仕様です。以下、レーベルによる解説です。

このリリースでは、ルシエの作曲活動に最適な楽器であるパイプオルガンを中心としたアルヴィン・ルシエの2つの作品を収録しています。

どちらも初録音です。

「スウィング・ブリッジ」は、このレコードのアンサンブルであるオーストラリアン・アート・オーケストラが、メルボルン・タウンホール・グランド・オルガンのために委嘱した作品です。この楽譜では、オルガンから特定のパイプを取り外し、それぞれ2本のパイプ(合計6ピッチ)を収納できる、特別に作られた3つのオフセットチェストに通すことが要求されています。これらのパイプは、「パイプ・ウェイバー」と呼ばれる3人以上の演奏者によって操作されます。

この音楽は、オルガンがその操作をパフォーマンス的かつ内臓的なものにするという現象を探求しています。オルガンが生み出すエネルギーが、演奏・録音された空間を「鳴らす」様子を聴くことができ、また、演奏に立ち会った人たちは、ウェイバーが手で各パイプの調律を微分音的に変化させ、パイプの中を空気が移動する身体性を体験することができました。これは最高級のコンセプチュアルな作品ですが、オルガンが生み出す脈動や部屋の共鳴にアンサンブルの質感が織り込まれ、官能的で美しく、夢中にさせる作品でもあります。

オルガンとパイプの揺れには、オルガンと微分音的に関連するロングトーンを作り出すアンサンブルも加わっています。

Sizzlesでは、作曲者は次のように書いています。「さまざまな大きさのドラムが演奏空間のあちこちにランダムに配置されています。ドラムヘッドにはレンズ豆、ひよこ豆、キャンディーハートなどの細かい物質が散りばめられています。オルガンの低い音が鳴ると、ドラムの皮が共鳴して振動し、ドラムが鳴り、素材が動きます。各ドラムは、コンタクトマイクまたはエアマイクと独立したアンプで個別に増幅されます。

アルヴィン・ルシエは、このリリースに掲載されている「Sizzles」のバージョンの最終的な選択を行いました。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Mode releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes liner notes by Peter Knight and Alvin Lucier. 

Mode:

"This release brings together two works by Alvin Lucier centered on the pipe organ, a perfect instrument for Lucier’s compositional practice.

Both are first recordings.

“Swing Bridge” was commissioned by this record’s ensemble, the Australian Art Orchestra, for the Melbourne Town Hall Grand Organ. The score requires that specific pipes be removed from the organ and run into three specially constructed offset chests, each accommodating two pipes (six pitches total). These pipes are manipulated by three or more performers, known as ‘pipe wavers.’

This music explores the phenomenon of the organ making its operation performative and visceral. We hear the way the energy produced by the organ ‘sounds’ the space in which the music was performed and recorded, and, for those who witnessed the performance, we experienced the physicality of air moving through pipes as the wavers shifted the tuning of each pipe microtonally with their hands. This is conceptual work of the highest order but it is also sensual, beautiful, and engrossing, with the textures of the ensemble woven into the pulsations produced by the organ and the resonances of the room.

The organ and pipe wavers are accompanied by the ensemble who create long tones microtonally associated to the organ.

For “Sizzles” the composer writes: “Drums of various sizes are randomly placed throughout the performance space. Fine materials such as lentils, chickpeas, and candy hearts are sprinkled on the drumheads. As low organ tones are sounded, the skins of the drums vibrate sympathetically, causing the drums to sound and the material to move. Each drum is individually amplified with a contact or air microphone and a separate amplifier.”

Alvin Lucier made the final choices of the versions of “Sizzles” featured on this release."
 

Artist : Alvin Lucier

Label : Mode Records

+ -

アメリカの大御所実験音楽家Alvin Lucierが、2023年1月に同国NYのModeからリリースしたCDです。パイプオルガンによるミニマルドローン3曲を収録。デジパック、シュリンク仕様です。以下、レーベルによる解説です。

このリリースでは、ルシエの作曲活動に最適な楽器であるパイプオルガンを中心としたアルヴィン・ルシエの2つの作品を収録しています。

どちらも初録音です。

「スウィング・ブリッジ」は、このレコードのアンサンブルであるオーストラリアン・アート・オーケストラが、メルボルン・タウンホール・グランド・オルガンのために委嘱した作品です。この楽譜では、オルガンから特定のパイプを取り外し、それぞれ2本のパイプ(合計6ピッチ)を収納できる、特別に作られた3つのオフセットチェストに通すことが要求されています。これらのパイプは、「パイプ・ウェイバー」と呼ばれる3人以上の演奏者によって操作されます。

この音楽は、オルガンがその操作をパフォーマンス的かつ内臓的なものにするという現象を探求しています。オルガンが生み出すエネルギーが、演奏・録音された空間を「鳴らす」様子を聴くことができ、また、演奏に立ち会った人たちは、ウェイバーが手で各パイプの調律を微分音的に変化させ、パイプの中を空気が移動する身体性を体験することができました。これは最高級のコンセプチュアルな作品ですが、オルガンが生み出す脈動や部屋の共鳴にアンサンブルの質感が織り込まれ、官能的で美しく、夢中にさせる作品でもあります。

オルガンとパイプの揺れには、オルガンと微分音的に関連するロングトーンを作り出すアンサンブルも加わっています。

Sizzlesでは、作曲者は次のように書いています。「さまざまな大きさのドラムが演奏空間のあちこちにランダムに配置されています。ドラムヘッドにはレンズ豆、ひよこ豆、キャンディーハートなどの細かい物質が散りばめられています。オルガンの低い音が鳴ると、ドラムの皮が共鳴して振動し、ドラムが鳴り、素材が動きます。各ドラムは、コンタクトマイクまたはエアマイクと独立したアンプで個別に増幅されます。

アルヴィン・ルシエは、このリリースに掲載されている「Sizzles」のバージョンの最終的な選択を行いました。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Mode releases available at Tobira. 

----------------------------

Includes liner notes by Peter Knight and Alvin Lucier. 

Mode:

"This release brings together two works by Alvin Lucier centered on the pipe organ, a perfect instrument for Lucier’s compositional practice.

Both are first recordings.

“Swing Bridge” was commissioned by this record’s ensemble, the Australian Art Orchestra, for the Melbourne Town Hall Grand Organ. The score requires that specific pipes be removed from the organ and run into three specially constructed offset chests, each accommodating two pipes (six pitches total). These pipes are manipulated by three or more performers, known as ‘pipe wavers.’

This music explores the phenomenon of the organ making its operation performative and visceral. We hear the way the energy produced by the organ ‘sounds’ the space in which the music was performed and recorded, and, for those who witnessed the performance, we experienced the physicality of air moving through pipes as the wavers shifted the tuning of each pipe microtonally with their hands. This is conceptual work of the highest order but it is also sensual, beautiful, and engrossing, with the textures of the ensemble woven into the pulsations produced by the organ and the resonances of the room.

The organ and pipe wavers are accompanied by the ensemble who create long tones microtonally associated to the organ.

For “Sizzles” the composer writes: “Drums of various sizes are randomly placed throughout the performance space. Fine materials such as lentils, chickpeas, and candy hearts are sprinkled on the drumheads. As low organ tones are sounded, the skins of the drums vibrate sympathetically, causing the drums to sound and the material to move. Each drum is individually amplified with a contact or air microphone and a separate amplifier.”

Alvin Lucier made the final choices of the versions of “Sizzles” featured on this release."
 

Artist : Alvin Lucier

Label : Mode Records