• 11,000円以上ご購入で全国送料無料

Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ

You may also like:

SUNN O)))としても活動しているAttila Csiharが、2023年2月にIdeologic Organからリリースしたレコードです。 レバノンのバールベックで録音したドローン2セットを収録。16ページのブックレット付属。以下、作家本人による解説です。 「私は2006年にVoid Ov Voicesを立ち上げ、その場の空間と時間のエネルギーを捉え、干渉しながら、その場のための儀式的な音楽を作り、ライブパフォーマンスのみを行うようになりました。2008年に初めてレバノンを訪れたのは、トリトンやバールベックの巨大なモノリスを訪れるという特別な理由からでした。そのとき、古代文明の工学技術の高さと、地域全体が持つ強烈な幻想的な雰囲気に深い感銘を受けたのです。私は長い間、古代遺跡や先史時代の遺跡、モノリスに魅了されてきました。この数十年間、私は世界中の多くの場所を訪れました。私はいつも、これらの古代遺跡の中に非常に独特な物理的エネルギーを感じ、それが私の想像力と心の目を興味深く開かせてくれました。さらに、これらの建造物はすべて、忘れ去られた高度なテクノロジーと文明の足跡なのです。さらに、これらの石の塊は、しばしば占星術の事象や神聖幾何学と一直線上に並んでいます。バールベックのトリトンは、ローマ時代以前の技術の純粋な証拠であり、重さ約900トン(VWゴルフ900台分に相当)の石のブロックを持ち上げて運ぶことができる技術であるため、私にとって特別な存在なのです。その輸送そのものを現代で行うことは可能であるとしても、最先端の技術をもってしても大変なことです。バールベックには、このような大きさの石でできた巨大な台地があり、その上にローマ人が世界最大級のローマ建築といわれるジュピター神殿を建てたのです。バールベックは古代には「太陽の町」と呼ばれていたそうですが、「バベルの塔」の話と関係があるのでしょうか?このような神秘的な場所には、さまざまな物語や説があります。しかし、これらの石は、歴史の中で時空を超えて、ただそこに立って待っているのです。そして、最後までそこにあるのです...。これらのユニークな構造物にできるだけ近い録音をすることは、常に私の心を揺り動かすものでした。ついにバールベックの「南の石」の頂上でレコーディングをすることができたとき、私はトランス状態のような瞑想状態に陥ったのです。音楽は、耳の感覚だけでなく、私たちの身体のすべてを通過していくので、さまざまなレベルで不思議なものです。年月が経つにつれ、私はバールベックについてさらに調べていきました。ハンガリーで最も重要な画家の一人、チョントヴァーリ・コシュトカ・ティヴァダー(1853-1919)も、レバノンの同じ場所で深い感動を受けました。彼の生涯を詳しく調べてみると、私と彼の性格や芸術哲学には多くの共通点があることがわかりました。彼は、深い精神性を持っていましたが、宗教的ではありませんでした。薬剤師で科学者だった彼が、中年になって絵を描き始めたのは、超越的な衝動に駆られたからにほかなりません。彼は薬剤師のキャリアをあきらめ、残りの人生、魂の欲求を満たすために芸術と絵画にのみ集中し、それ以外の地上的、エゴイスティックな理由ではありませんでした。展覧会を開くこともなく、自分の絵を売るつもりもありませんでした。ベジタリアンになり、社会のアウトサイダーとなりました。晩年には、政府や世界の指導者たちの背後にある隠された手に挑戦する、高度な哲学的文章も書いています。しかし残念なことに、そして典型的な例として、彼の存在が認識されたのは、死後数十年経ってからでした。彼の絵は忘れ去られ、第二次世界大戦後、トラックの荷台のキャンバスとして売られそうになっていました。しかしオークションの最後の最後に、誰かがその芸術的価値を認め、買い上げ、保存してくれたのです。今では、ハンガリーで最も重要で影響力のある画家の一人と言われています。ハンガリーの暗い歴史の中で、どれだけの貴重な美術品が消えていったのだろうかと思うことがあります。とにかく、ツォントヴァーリ・コシュトカ・ティヴァダールとバールベックは私に深いインスピレーションを与えてくれました。2012年、私は再びレバノンのバールベックにある同じ遺跡に行き、儀式的な記録を作り、そのエネルギーを自分のために、永遠に留めておこうと決心したのです。アルバムのジャケットアートワークに選んだのは、チョントヴァーリが描いた「Sacrificial Stone」という珍しい絵画です。彼はこのシュールな絵をバールベックでも描いているのです。彼が「南の石」にインスピレーションを受け、それが彼のビジョンの中で「サクリファイス・ストーン」になったというのは、私にとって借りのない話です。Void Ov Voicesでは、音のブロックを繰り返し使って、音の壁を作り出しています。この美しい絵の上で、チョントヴァーリ以上に自分の音楽をイメージすることはできませんでした。この個人的な録音をリリースすべきかどうか迷いましたが、友人のスティーブン・オマリーの長年にわたる強いインスピレーションに感謝します。ついに実現することができました。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see...
¥2,280

You may also like:

ノルウェーの実験音楽家Runhild GammelsæterとLasse Marhaugが、2022年にフランスの実験レーベルIdeologic Organからリリースした共作レコードです。 声やギター、シンセによるコラージュ・ドローン8曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press /  Recollection GRM...
¥3,577

You may also like:

フランスのJessica EkomaneとアメリカのLaurel Halo実験音楽家2名が、2024年3月にフランスの実験レーベルPortraits GRMからリリースしたスプリットレコードです。 A面はコンピューターによるコラージュ・ドローン、B面は実験ネオクラシカル・アンビエントを収録。 マスタリングはGiuseppe Ielashiが担当しています。 ※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press...
¥4,398

You may also like:

フランスの音響作家Felicia Atkinsonが、2019年に自身主宰レーベルShelter Pressからリリースした2枚組レコードです。 ピアノやギター、フィールドレコーディング、スポークンワードを用いたネオクラシカル・アンビエント9曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM /...
¥5,978

You may also like:

スウェーデン・ストックホルムのドローン作家Kali Maloneが、2024年1月にフランスの実験レーベルPortraits GRMからリリースしたアルバムです。 オルガンや声、金管楽器によるドローン〜アンビエントドローン12曲を収録。ブックレット付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases...
¥2,650

You may also like:

ボーカリストJessika Kenneyとヴィオラ奏者Eyvind Kangが、2023年11月にIdeologic Organからリリースしたレコードです。 声とヴィオラによるネオクラシカル・ドローン5曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic...
¥3,998

You may also like:

フランスのFélicia AtkinsonとアメリカのRichard Chartier実験音楽家2名が、2023年9月にフランスの実験レーベルPortraits GRMからリリースしたスプリットレコードです。 A面はスポークンワード〜アンビエントドローン、B面はミニマルなドローンを収録。 マスタリングはGiuseppe Ielashiが担当しています。 ※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press...
¥4,390

You may also like:

過去にEditions MegoやSenufo Editionsなどから多数発表しているフランスのアンビエント作家Kassel Jaegerが、2023年3月にフランス・パリの実験レーベルShelter Pressからリリースしたレコードです。 淡いアンビエントドローン7曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM /...
¥3,580

You may also like:

ドイツのパーカッショニストAlexandre BabelとスイスのビジュアルアーティストLatifa Echakhchが、2023年3月にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースした共作片面レコードです。 コラージュ・ドローン〜パーカッシブ・ドローン作品です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic...
¥3,380

You may also like:

フランスの実験音楽家Bernard Fortの再発レコードです。 1979-1981年に録音した2曲を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available...
¥3,580

You may also like:

大御所実験音楽家Luc Ferrariの再発レコードです。 1964-1970年に録音した2曲を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available...
¥3,480

You may also like:

フランス・パリの実験音楽家Daniel Teruggiが、2023年1月にRECOLLECTION GRMからリリースしたレコードです。DLコード付属。 以下、作家本人による解説です。 1984年から1989年にかけて、私の音響学的研究は、4つの基本的な物質を加工し、融合させることに焦点をあてていました。それぞれの「要素」は、徐々に他の要素と連結され、その物質性に対する私の主観的な知覚を結晶化させました。長年にわたり、私をソクラテスの世界へと駆り立てたギリシャ人の友人の熱意に助けられ、当初は探求の道であったものが、円形で球状の統一体となり、それぞれの出来事が4つの物質の1つに属すると同時に、全体にも帰属するようになったのです。この4つのセクションの長さはまちまちで、それぞれの「要素」が私のイマジネーションに与える異なる響きを体現しています。その動きは構成的に順序付けられ、空気の無機質なものから地球の極端な密度に至るまで様々です。Etereaでは、音の伝播のための空間と移動する大衆のための環境という空気の二重の性質が、作品とその形態の発展を形作りました。組織化された動きとしての粒子の広大な広がりであれ、私たちの三次元の知覚における音源の変位であれ、エーテル状の空気が空間を満たし、非物質的な動きや身振りを駆動します。Aquaticaは、水の物質性をその驚くべき極限状態との関連において位置づけます。水滴から海まで、再構築された液体のさまざまな段階を経て広範な旅が展開されます。静止した水、致命的な水、荒れ狂う水が互いに続き、やがて取り戻された原初の均衡の空中融合に至ります。そして、フォコラリアと不安定な火、地底に通じる門を開き、飾る、とらえどころのない野生の魔法使いたちが登場します。テラの地には大気がなく、生命が誕生する前の物質が存在します。原初の物質の音は融合し、より純粋な形へと進化します。生命の誕生に必要な究極の融合、最後の試みに向けた新たな力の均衡に向けた運動の引き金となります。球体は完成し、世界は創造の準備に入りました......。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic...
¥3,460

You may also like:

1960年初頭にPierre Schaefferの助手としてキャリアを開始して以降、エレクトロアコースティックの分野で活躍している作家Beatriz Ferreyraが、2023年1月にRecollection GRMからリリースしたレコードです。 ロングフォームなコラージュ・ドローンスケープ2曲を収録。DLコード付属。  レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic...
¥3,450

You may also like:

アメリカ・NYの音響作家/映像作家Marina Rosenfeldが、2020年にフランス・パリの実験レーベルShelter Pressからリリースした2枚組レコードです。 彼女がドイツ・フランクフルトで行った個展を基に制作した作品5曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ...
¥3,790

You may also like:

フランスの音響作家l'ocelle mareが、2022年4月に同国MuraillesとShelter Press合同でリリースしたレコードです。 楽器を引っ掻いたり、デジタル干渉でわざとノイズを起こしたりと、各楽器を本来意図しない方法で演奏した実験的なエレクトロアコースティック15曲を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ...
¥3,680

You may also like:

フランスの実験音楽家Bernard Parmegianiの再発レコードです。(オリジナルは1969年リリース) レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available at...
¥3,480

You may also like:

フランスのエセ密林系鬼才High Wolfが、別名義Black Zone Magick Chantで同国実験レーベルShelter Pressからリリースしたレコード。 独特のサイケ感は残しつつも、High Wolfに比べてよりダークな印象を受けるコラージュ・ストレンジビーツ3曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press...
¥3,080

You may also like:

イタリアの大御所実験音楽家Horacio Vaggioneが、2024年1月にフランスの実験レーベルShelter PressとRecollection GRMからリリースしたレコードです。 ミュージックコンクレート4曲を収録。DLコード付属。 マスタリングはGiusepe Ielashiが担当しています。 以下、レーベルによる解説です。 "Horacio Vaggioneは、過去50年以上にわたり、野心的で緻密な、そして非常に重要な作品群を創り続けてきた。このディスクでは、Horacio Vaggioneによって開発されたこの特異で魅力的な文法を、それぞれ独自の方法で説明する4つの純粋な電子音響作品を提供する。この複雑だが豊饒な文法は、ポリフォニーとメタモルフォーゼからなる魅力的な音楽空間を創造するために、構造とテクスチャー、物質と定型の間に非常に特別な関係を確立する。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see...
Sold Out

You may also like:

フランスの実験映像作家Robert Cahenが、2024年1月に同国実験レーベルShelter PressとRecollection GRMからリリースしたレコードです。 1971-1974年に制作したミュージックコンクレート5曲を収録。DLコード付属。 マスタリングはGiusepe Ielashiが担当しています。 以下、レーベルによる解説です。 "1970年代、Robert Cahenは急成長するビデオ・アートの分野に転向し、先駆的なアーティストとなった。彼は元々、創作のバックグラウンドであるミュジーク・コンクレートの訓練を受け、1972年にGroupe de Recherches Musicalesに参加した。このレコードに収録された作品は、1971年から1974年にかけてGRMのスタジオで作曲された。これらの作品は、生き生きとしたインスピレーションとイマジネーション、そして早熟な形式的熟練とが組み合わさったものであり、後の展開の種をすでに持っている。" レーベルその他作品はこちら ///...
Sold Out

You may also like:

ドイツ・ベルリンのJules Reidyが、2023年11月にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースしたレコードです。 純正律にチューニングしたカスタムヘキサフォニックギターによるアンビエントフォーク・ドローン2曲を収録。 ※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic...
Sold Out

You may also like:

オーストラリア・メルボルンの実験音楽家Lisa Lerkenfeldtが、2023年11月にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースしたレコードです。 ピアノや地下トンネルのフィールドレコーディングによる実験ネオクラシカル・アンビエント6曲を収録。 ※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします 以下、レーベルによる解説です。 『Halos of Perception』は、中国マレーシア系オーストラリア人ビデオアーティスト、Tristan Jallehとのコラボレーションによるハイパーリアルフィルムとともに、2023年11月3日にリリースされる。Lerkenfeldtのフィールドワークと電子音響の実践から導き出されたピアノ、チェロ、テープループのアレンジが、内省的なミュージックコンクレート、インストゥルメンタルコンポジション、シュールな映画のパッチワークの中で、失われた部屋と地下の歴史を照らし出す。Shelter Pressからリリースされた2枚目のLPは、口承伝承、実験的なAVコンポジション、日記のようなヴィネットを通して、現実、ヴァーチャリティ、知覚への疑問を投げかけるアンダーグラウンド・ネットワークにスポットを当てている。知覚の光輪が黒い仮の湖に波紋を描く。真っ暗闇の中、五感が冴え渡る。懐中電灯の明かりの下で、私は白い蜘蛛が濡れた煌めきの中に巣を作るのを見る。交通は触覚の楽器となり私がいる場所まで300キロのトンネル。私たちが話すと、それは32秒間反響する。あなたは1991年の話をしてくれる。湿った土の下では、すべての瞬間が延長される。壁さえも声を持つ。私の首には汗のお守りがある」。ピアノ、チェロとテープループのための:Lisaが私にこの作品を紹介してくれたように、経験を共有することでこの作品『HALOS OF PERPECTION』を紹介したい。Lisaと私は、この作品について話すためにサウス・ヤラ駅の近くを散歩した。レジャーウェアの世界、無限の代替ミルク、鳴り響くネオンから、音と生命に溢れた水辺の緑地へとほとんどシームレスに移動し、バーンリーのボルダリングウォールを登る数人の人々や、熱風に吊るされた蝶、名前を知りたかったたくさんの植物を見た。頭上では、隠された生態系、想像の空間、ケアのネットワークについて語り合う間、車が絶え間なく動物のように鳴り響いた。 洞窟探検のオリジナルメンバーとの偶然の出会いから始まったこの作品は、私たちの知覚の外に存在する世界を探求している。川のそばで、Lisaがオフィスワークスでプリントアウトしたトンネルの写真のセレクションに目を通すと、異質な質感、奈落の底へと続くトンネル、地下を流れる小川が見えてくる。光はまばらで繊細で、Lisaのピアノ曲の揺らぎやゆらめきに反映されている。歩きながら、私たちはインフラがしばしば人を締め出すように設計されていることに気づいた。フェンスに切り取られたドアや、切り取られたワイヤーは、それに対する積極的かつ継続的な反抗を示している。私たちは、彼女の洞窟の一族の友人が、かつてこの絵の描かれた部屋に降りて、ロウソクを明かりにして孤独に読書をしていたという話をした。中空のセメントトンネルに包まれた地下には音が存在する。人々が地下でどのようにショーを開いていたのか、安全のためにどのようなルールがあったのか(雨の後は探検しない、一人で行動しない)。このような温かさと他の人の経験の吸収は、Lisaの作品にも存在する。...
Sold Out

You may also like:

Chris AbrahamsとOren Ambarchi、Robbie Avenaim実験音楽家3名が、2023年9月にフランス・パリの実験レーベルIdeologic Organからリリースした共作レコードです。 ロングフォームでミニマルな即興アンビエント2曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM /...
Sold Out

You may also like:

アメリカのギタリストStephen O’MalleyとオーストラリアのピアニストAnthony Paterasが、2023年9月にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースした共作2枚組レコードです。  アコースティックギターとピアノによるインプロ〜コンテンポラリー7曲を収録。 ※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM /...
Sold Out

You may also like:

過去にMotion Wardや Lillerne Tapesなどから発表しているロシアのアンビエント作家perilaが、2023年5月にフランスの実験レーベルShelter Pressから300本限定でリリースしたカセットです。 エレクトロアコースティックアプローチの実験アンビエント8曲を収録。DLコード付属。  レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic...
Sold Out

You may also like:

アメリカのエレクトロニック作家Ben Vidaが、2023年5月にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースしたレコードです。 Yarn/WireアンサンブルとボーカリストNina Danteの共作となっており、声とピアノ、パーカッションをメインソースとして使用しております。 これまでの作風とは異なり、アコースティック・アンビエント色が強く押し出た5曲を収録。DLコード付属。  以下、レーベルによる解説です。 "Ben Vidaの音楽は、これまで電子音楽の外側でテキストの響きを探求してきましたが、ここではYarn/WireカルテットとヴォーカリストのNina Dante とのコラボレーションにより、声とそれが宿る言葉が歌の時間軸に戻されます。抑制されたメロディと高められた雰囲気の組み合わせは、この音楽に親しみやすさを感じさせます。ピアノ、パーカッション、声というバンドで作られたような、柔らかな感触があります。4人の執事が同時並行的に努力することで、空中に浮いているような構成になっているます。5つの作品のペースは、急いだり緩んだりしながらも、決して言葉を追い越したり歪ませたりすることはありません。歌われている言葉の中に物語を見出すことができるでしょう、もしそれが必要なら。しかし、そこには見慣れない次元もあります。たくさんの糸、たくさんの時間軸があります。1つの物語、あるいは1000の物語、あるいはスクラップの羅列......完全でありながら生の言語、翻訳できる言語とできない言語。呼吸で融合する歌い手たち。質問と答え、対立の両側、ここにいるのかあそこにいるのかという感覚など、対立や二面性が一つの感情に引き寄せられ、感情とともに複数形になります。声は、あるスタンスをどのように表現するか、一体となって交渉しています。音楽的な合図は、必要に応じて緊張を与えます。The beat my head hitを構成する5つの作品は、Vidaが2018年にブルックリンのBAMで行った4つの声とエレクトロニクスのためのパフォーマンス「And...
Sold Out

You may also like:

フランスのEve AboulkheirとノルウェーのLasse Marhaug実験音楽家2名が、2023年4月にフランスの実験レーベルPortraits GRMからリリースしたスプリットレコードです。 コラージュ・ドローン2曲を収録。 マスタリングはGiuseppe Ielashiが担当しています。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection...
Sold Out

You may also like:

フランスのファゴット奏者Dafne Vicente-Sandovalと、ノルウェーの作曲家/オスロフィルハーモニー管弦楽団顧問Lars Petter Hagenが、2023年4月にフランスの実験レーベルPortraits GRMからリリースしたスプリットレコードです。 A面はフィードバックによるミニマル・ドローン〜B面は弦楽器によるネオクラシカル・ドローン2曲を収録。 マスタリングはGiuseppe Ielashiが担当しています。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press...
Sold Out

You may also like:

フランス・マルセイユの実験音楽家Lionel Marchettiが1989-1990年に制作した作品の再発レコードです。 フィールドレコーディングを加工したディープリスニング系物音コラージュ・ドローン2曲を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available...
Sold Out

You may also like:

フランスの実験音楽家Régis Renouard Larivièreが、2019年にRecollection GRMからリリースしたレコードです。 エレクトロアコースティック3曲を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic...
Sold Out

You may also like:

フランスの実験音楽家Christian Zanésiの再発レコードです。 1983年と1991年に録音した2曲を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available...
Sold Out

You may also like:

カナダの音響作家Joshua Bonnettaが、2022年11月にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースしたレコードです。 ディープリスニング系フィールドレコーディング・コラージュ2曲を収録。 60ページのブックレットとErika Balsomによるエッセイ、ポストカード、映像作品「The Two Sights」の視聴コードが付属。以下、レーベルによる解説です。 ボネッタは、フィルム、写真、録音を使い、互いに密接に、生成的な対話を行います。写真は音の近さと緊急性を示し、音は動画の必要性を示し、フィルムは眼球を利用して音波の領域を前進させるのです。フィルム、レコード、写真など、彼の作品を構成する各要素は、自律的であると同時に、相互に関連しています。- アーティストとオブジェクトは主観的なレンズとして機能し、人間の経験の本質と、受け継がれた歴史、文化、場所、自己の接点における多様で潜在的な心理的現実を探究します。それは、場所や状況との出会いから生まれる反応的な実践であり、心を驚かせ、伝説や神話へと導くような混沌とした抽象的なものに秩序を与えようとするものです。ボネッタの作品は、コンクレートやジョンケージが追求した「個人の趣味や記憶(心理)から自由な」実験音楽のような抽象的で「純粋な」音色の状態ではなく、サウンド・コラージュの副産物であるが、ルック・フェラーリの「逸話的音楽」という概念に深い共感を示し、素材や録音に含まれる社会性や自伝的文脈、その意味の次元を説明し保持することが可能です。アーティストに関する固定観念を強制するのではなく、リスナーは自分自身の物語を構築するよう促されます。これは、2017年から19年にかけてアウター・ヘブリディーズ諸島のバーラ、ベルネレイ、ノース・ユイスト、ハリス、ルイスで行われたフィールド・レコーディングからボネッタが構成した2つのオーディオ作品、インス・ガル「The Islands of the Strangers」についても同様です。ボネッタの、場所と人々を調査する主要な手段としての音の魅力を引き出し、Innse...
Sold Out

You may also like:

カナダの音響作家Joshua Bonnettaが、2016年にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースしたレコードです。 ディープリスニング系物音コラージュ2曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ...
Sold Out

You may also like:

オーストリアの実験レーベルEditions Mego主宰Peter Rehberg(2021年7月逝去)が、GRMスタジオで演奏したライブ録音盤です。 コラージュ・ドローン2曲を収録。マスタリングはGiuseppe Ielashiが担当しています。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic...
Sold Out

You may also like:

スウェーデン・ストックホルムのアンビエント作家Kali Maloneが、2023年3月にフランス・パリの実験レーベルPortraits GRMからリリースする再発レコードです。 前作にメインソースとして使用したパイプオルガンは封印し、トロンボーンやバスクラリネットなどの伝統的な楽器やARP 2500シンセサイザーなどを使用して制作したロングフォームのドローン2曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic...
Sold Out

You may also like:

フランスのアンビエント作家Felicia Atkinsonと、アメリカのアンビエントレーベルroot Strata主宰Jefre Cantu-Ledesmaが、2021年12月にShelter Pressからリリースした共作レコードです。 ピアノやシンセをメインソースとしたネオクラシカル・アンビエント6曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press releases available...
Sold Out

You may also like:

オーストラリアの実験音楽家James Rushfordが、2021年5月にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースしたレコードです。 深淵なドローン〜ミュージックコンクレート11曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ...
Sold Out

You may also like:

ハンガリー・ブダペストの実験音楽家Akos Rozmannの7CD BOXセットです。 以下、レーベル解説です。 Ákos RózmannのMassは、1989年から2004年の間に作曲家のスタジオとストックホルムのEMSで制作された12の電子音響作品から構成されています。ロズマンが作曲したほとんどの作品と同様に、『ミサ』は約7時間の長大な作品である。ロズマンの《ミサ》は、カトリックのミサの第一部である「キリー」と「グローリア」についての個人的な観察による巨大なフレスコ画であると表現することができる。ミサのテキストに対する極めて主観的な視点は、ロズマン自身の言葉で言うところの「トロペ」、つまりミサのテキストの特定の言葉やそれとの関連に対するスウェーデン語、ハンガリー語、ラテン語による瞑想のイメージを凍らせることで強調されている。いくつかのパッセージはミサ文とは無関係である。グローリアIのオルガン曲VI(銀と踊りの夜想曲という副題もついている)は、「Natten gråter」(夜が泣いている)というフレーズに基づく一種の哀歌である。グローリアIに続く間奏曲は、スウェーデンのコンサートホールでよく見られる、コーヒーカップの衝突や官僚的な音楽関係者の空虚なおしゃべりを盛り込んだ構成になっており、作曲者の独特のユーモアが感じられる。ミサ曲の全体的な形式構造は複雑で、さまざまなパートが独立した曲として、また曲の全体構造の中で小グループの一部として同時に機能している。独立した曲として、オルガン曲という名前で演奏されるものもある。例えば、ミサの最初のグローリア部分に含まれる3つの曲は、トリプティコンという別の独立した作品を形成しており、1996年に独立した作品として初演されている。ミサ曲の前半では、ミサ文の言葉によって表される「正の力」と、軽蔑的な笑い、うなり声、ゲップ、吐き気をもよおす窒息音、嘔吐音など、さまざまな挑戦的音によって表される「負の力」の戦いが繰り広げられる。まず、ネガティブな力がポジティブな力を「ブラックホール」あるいはポケットの中に引きずり込みます。その後、ポジティブな力が戻ってきて、グロリアの残りの部分を支配する。この形式的な物語は、作曲者のインタビューによると、このミサの中心的な対立について、より二元的でなく、より複雑な視点をもってニュアンスを表現している。「一般的な感覚では、世の中のものはすべてポジティブかネガティブかという概念で成り立っていると思われる。しかし、トリプティク(グローリア曲集の最初の3曲)では、そう単純ではありません。異なる力が互いに対立しているのだが、その相互関係は善と悪のそれよりも複雑なのである。"作品の中で最も目立つ音源は、オルガン、ハンガリーチター、そして人の声である。全曲を通して、コルシカ島の村の教会の声楽グループが、ラテン語のミサ文を独唱と合唱で歌っている。その他、ヴィヴェッカ・セルヴァティウス指揮のスコラ・グレゴリアーナ・ホルミエ、ドイツのベネディクト派修道士たち、そしてトーマス・ハマーが、ある種の儀式の主役として参加している。1939年、ハンガリーのブダペストで生まれたアコス・ロズマンは、バルトーク音楽院とリスト音楽院で作曲を学んだ。1971年に奨学金を得てストックホルムに渡り、ストックホルム王立音楽大学でイングヴァル・リドホルムに作曲を師事して修了し、スウェーデンに定住する。ストックホルムのカトリック大聖堂のオルガニストを長く務めた。早くから電子音響音楽に出会い、彼の作曲に新たな方向性を与えた。初期の数曲を除いて、ロズマンが作曲したのはもっぱら電気音響音楽であり、しばしば記念碑的な形式を好み、通常はオルガンと人間の声を最も重要な音源として、記号を満載した複雑で浸透性のある音楽言語を用いている。作曲家として、彼は不本意ながら隠遁生活を送り、妥協することなく、優れた独創性を発揮した。ロズマンの音楽は、存在の根本的な疑問について、しばしば倫理的または宗教的(カトリックや仏教)な根拠に基づいており、例えば、以前Ideologic Organからリリースされた巨大な組曲『夢と死のイメージ』と『12の駅』では、そのような疑問が示されている。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press...
Sold Out

You may also like:

ハンガリー・ブダペストの実験音楽家Akos Rozmannの7CD BOXセットがこの度再発。 以下、Mark Harwoodによる解説です。 アコス・ロズマン(1939-2005)はブダペストで生まれ、リスト音楽院でオルガンと作曲を学んだ。1971年から1974年までストックホルム王立音楽大学で作曲を学び、1978年からはストックホルムのカソリック大聖堂のオルガニストとして活躍した。生涯を通じてムジーク・コンクレートに専念し、あらゆる音楽のジャンルの中で最も錬金術的なこのジャンルにおいて、最も大規模で実りある作品群を作り上げた。80年代初頭には、カトリック大聖堂の地下に電子音響スタジオを建設し、その一方で、初期の傑作を生み出したEMS(Elektronmusikstudion スウェーデン)でも活動を継続した。音楽創作への揺るぎないこだわりを持つロズマン氏は、望む結果を得るために、窓のないスタジオに閉じこもって夜通し作業をすることもしばしばあった。彼は、自分のビジョンを完璧に表現することだけを考え、仲間からの承認や聴衆の満足は求めなかった。このようなビジョン、情熱、頑固さの組み合わせが、ミュージック・コンクリートという分野で最も特異なカタログを生み出すことになった。ハンガリーの作曲家ミクローシュ・マロスから、ピアノと声のための5分間の作品を依頼された。ロズマンは、ミクローシュの妻でソプラノ歌手のイロナ・マロスの録音と、彼自身のプリペアド・ピアノの実験からなるテープ作品を書くつもりで、この申し出を受けた。ここで録音された要素が「12 Stations」の素材となった。この作品は、当初の5分という短い時間から大きく飛び出し、20年後に6時間半を超える精神の旅路として着地したのである。この作曲プロセスは、初期段階から最終作品の完成まで18年間のギャップがあるため、ロズマン作品の中でもユニークなものとなっている。1978年から1980年にかけて作られた最初の段階は、スピードアップ、スローダウン、テープのカットやスプライシングといった伝統的なミュジック・コンクレートの技法の探求で構成されています。1998年から2001年にかけて制作された最後の4つのステーションは、デジタル技術を取り入れ、1978年のオリジナル録音の小さなセクションをエフェクト・プロセッサーにかけ、サンプラーキーボードで即興演奏しています。このようなギャップや、それぞれの制作期間で展開された異なる技術にもかかわらず、記念碑的な結果は完全で驚異的な全体として収まっている。ロズマンは、音源の制限の中で、オリジナルのピアノと声の録音から柔軟な音の世界を引き出す不思議な才能を発揮している。その結果、ダイナミックな音の渦が生まれ、20世紀における最も大胆で挑戦的、かつ見応えのあるムジーク・コンクレートの作品のひとつとなったのである。プロパティ・ルームパートIとIIは、シュトゥルム・ウント・ドランの広大な風景で始まる。ピアノと声のオリジナル素材は、攻撃的な異世界の雰囲気を呼び起こす手段として、分解・再構築されている。The Contents and Life of the Black...
Sold Out

You may also like:

 過去にorangemilkなどから発表しているアメリカ・テキサスのアンビエント作家claire rousayが、2022年4月にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースした最新アルバムです。 ロングフォームのネオクラシカル・アンビエント2曲を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ...
Sold Out

You may also like:

東京のサイケデリック・SSW朝生愛のライブ盤です。2012年11月3日代官山UNITで行われたライブを収録。 浮遊感のあるポップ7曲を収録。Stephen O'Malley監修によるレーベルideologic organからのリリースです。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ...
Sold Out

You may also like:

京都を拠点に活動する3ピースミニマルロックバンド空間現代が、2019年にリリースしたアルバム。タイトな楽曲6曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available at Tobira. ...
Sold Out

You may also like:

インドの伝統的な歌唱法ドゥルパドのマスターUstad Zia Mohiuddin Dagarの1986年ライブ音源を収録した2枚組みレコードです。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ...
Sold Out

You may also like:

イギリスのチェロ奏者Lucy Railtonと、当店でもおなじみのコラージュ作家Max Eilbacherが、フランス・パリの実験レーベルGRMから2020年6月にリリースしたスプリットレコード。それぞれ長尺のコラージュを収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available...
Sold Out

You may also like:

コンクレート音楽では最重要作家の一人Iannis Xenakisの1957-1962年楽曲の復刻盤です。現在のマスタリングを通して聴くと新たな発見があります。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available at...
Sold Out

You may also like:

フランスのドローン作家Michèle Bokanowskiが、2021年2月に同国Shelter Pressからリリースしたレコードです。深淵なドローン2曲を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available...
Sold Out

You may also like:

アメリカ・NYのモジュラー奏者Ben Vidaが、2016年にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースしたレコード。 コラージュ・ドローンスケープ2曲、約40分を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases...
Sold Out

You may also like:

フランスの音響作家Felicia Atkinsonとアメリカの音響レーベルRoot Strata主宰Jefre Cantu-Ledesmaが、2018年にリリースした共作レコードです。 ピアノやギター、フィールドレコーディング、パルスなど様々な音色が現れては消えていくドリーミーなコラージュ・アンビエント4曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic...
Sold Out

You may also like:

フランスの音響作家Felicia Atkinsonが、2019年に自身主宰レーベルShelter Pressからリリースした2枚組レコードです。 ピアノやギター、フィールドレコーディング、パルスなど様々な音色が現れては消えていくドリーミーなコラージュ・アンビエント11曲を収録。 Rashad Beckerがマスタリングを担当しています。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM /...
Sold Out

You may also like:

過去にEditions MegoやSenufo Editionsなどから多数発表しているフランスの実験音楽家Kassel Jaegerが、2020年にフランス・パリの実験レーベルShelter Pressからリリースした2枚組レコード。淡いアンビエントドローン〜立体的なドローン10曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic...
Sold Out

You may also like:

過去にOpen MouthやTzadik、The Tapewormなどから発表している韓国のネオクラシカル作家Okkyung Leeが、2020年にフランス・パリの実験レーベルShelter Pressからリリースした8枚目のフルアルバムです。 ハープとピアノ、ベースによる五臓六腑に染み入るネオクラシカル10曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM /...
Sold Out