• 11,000円以上ご購入で全国送料無料

Infinite Expanse

You may also like:

オーストラリア・シドニーの音楽家/教育者Michael Athertonが、2023年11月にイギリスの実験レーベルInfinite Expanseからリリースした再発レコードです。(オリジナルは1990年リリース) ハーディガーディやディジュリドゥ、ジョーハープ、クリンタンなどの民族楽器を駆使したスピリチュアル・ジャズ〜アンビエント・フォーク〜ニューエイジ・ストレンジビーツ14曲を収録。DLコードとインサート付属。 以下、レーベルによる解説です。 "オーストラリア・シドニーの作家、作曲家、教育者。ウェールズ系アイルランド人とドイツ人の両親の間にイギリスのリバプールで生まれ、1965年に一家でオーストラリアに移住。郊外のラ・ペルーズに移り住み、多文化が混在するコミュニティで先住民やイベリコ系移民との友情を育みながら育った。移住者としての形成的な経験と、記譜された音楽だけでなく土俗音楽への好奇心から、正式に音楽を学ぶようになり、民族音楽学に魅了される。独学で学んだギタリストから、熟練したマルチ・インストゥルメンタリストへと成長したマイケルのレコーディング活動は、さまざまなジャンルやスタイルに及んでいる。アーリーミュージック・グループのルネッサンス・プレイヤーズ、先駆的な異文化フォーク・グループのシロッコ、革新的なエスノ・クラシカル・アンサンブルのサザン・クロッシングスのメンバーとして活躍。1990年になると、彼はそれまでの音楽活動の枠を超え、オーストラリアを離れ、アジア太平洋やヨーロッパのリソースを活用した「Windshift」を発表した。ディジュリドゥ、ハーディ・ガーディ、クリンタン、サロン、ジョーハープなど、印象的な楽器の数々を操るマイケルは、サンプラー、シンセ、モジュレーションエフェクトを駆使し、レコーディングに強烈な色彩を加えている。最近、同じオーストラリアを拠点に活動するミュージシャンでエンジニアのマイキー・ヤングによってリマスタリングされ、グラスゴーを拠点に活動するアーティストのジェイミー・ジョンソンによって視覚的に再構築された「Windshift」が、インフィニット・エクスパンスによって再びレコードで初リイシューされる。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Infinite Expanse releases available...
¥4,486

You may also like:

1990-1991年にひっそりと活動していたチェコ・プラハの実験アンビエントトリオModráが、2024年5月にイギリスの再発専門レーベルInfinite Expanseからリリースした再発カセットです。(オリジナルは2018年リリース) 手作りのカリンバやプリペアードギター、テープコラージュなど用いた実験アンビエント〜ストレンジビーツ曲を収録。DLコード付属。 以下、レーベルによる解説です。 "90年代のプラハは変化と新しいエネルギーに満ちていた。ギャラリーでコンサートが企画され、人々は新進のバンドに興味をもって耳を傾け、新しい音楽の方向性が追求された。この時期、オルタナティヴアートへの関心が高まり、アンビエント、ニューエイジ、瞑想音楽の境界で活動する代表的なオルタナティヴバンド、リヒターバンドが登場した。80年代後半、控えめなギグを何年も続けた後、彼らのライブを見ることへの関心が高まり始め、バンドはチェコ地方だけでなく、海外にもツアーを敢行するようになった。 同じ頃、バイオリンとパーカッション奏者のヤロスラフ・コジャーンがグループを脱退し、独自の音楽を試み始めた。彼は、オルタナティヴロックグループのヴィーシ・ポプラールやアンビエント音楽のリヒターバンドで演奏し、手作りの楽器を作って演奏するなど、さまざまな音楽経験を持ち込んだ。フィドラーフォンは、アルミニウムのポットを組み立て、バネのついたスタンドに取り付けたユニークな楽器で、パヴェル・リヒターのエレキギターの繊細な音とユニゾンで演奏されると、リヒターバンドの特徴的なサウンドを形成した。 すでにサンプラーを所有し、ピアノも演奏していたが、ドラマーとして、水ガラスやポットから磁器の皿やサラダボウルまで、常に新しいパーカッシブな楽器や音を求めていた。1990年の夏、チェコ共和国の南ボヘミア地方にある国立公園、シュマヴァで木に釘を打ち込む実験を行い、最初の「シュマヴァ(村)・カリンバ」が誕生した。弟のミハエルとともに、カリンバを改良し、反復するメロディーをカリンバで試し、それを自宅で録音し、サンプラーのループやスローダウンしたテープで補った。 リズム、録音済みループ、ミハエル・コジャンのシンセサイザーが満載の新録音材は、1990年4月、ブラチスラヴァのクラリスキーコンサートホールで初めて人前で披露された。その直後、ヤロスラフは、プラハを拠点とする別のバンド、ディ・アルカのギタリスト、マレク・ハンズリークと出会い、Modrá(「青」)と名付けられた新しい音楽トリオの結成につながった。マレクのプリペアードギターが微妙なハーモニーと珍しいサウンドをリズム構造にもたらし、ヤロスラフ・コジャンのスローダウンされた録音済みテープ、サンプリングされたループや声がそれを補完する。 1990年11月から1991年6月にかけて、Modráはヤロスラフの自宅スタジオで数多くのレコーディングを行った。Bohemian Blueでは、この時期の最も興味深い作品を選び、1991年2月のホームコンサートでライヴ録音された2曲を加えた。このグループは1991年後半に解散し、短命に終わったが、音楽的実験の重要な時期であり、ヤロスラフ・コジャーンが現在も共演している新生オルロジ・スニヴチュ(「夢追い人の時計」)の幕開けとなった。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more...
¥2,190

You may also like:

イギリス・ロンドン/ケントのポストパンクトリオSanctuary Of Praiseが、2024年2月に同国発掘系レーベルInfinite Expanseからリリースした再発カセットです。(オリジナルは2024年自主リリース) 初期Factory Recordsを彷彿とさせるポストパンク〜ニューウェーブ〜Lo-Fiシューゲイズ9曲を収録。 ※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Infinite Expanse releases...
¥2,480

You may also like:

80-90年代に活動していたイギリスのバンドTuuの中心メンバーMartin Franklinと Michael O'Dempseyが、2023年7月に同国発掘系レーベルInfinite Expanseからリリースしたサウンドトラック作品です。 1985-1986年に演劇用に製作したLo-Fiインダストリアル・ドローン〜ネオクラシカル・アンビエント11曲を収録。 ※デジタル音源を無料でお送りいたしますのでお気軽にご連絡くださいませ 以下、レーベルによる解説です。 "歴史的文脈に浸り、不気味なテープ・ループ、フィードバック、80年代のストンプ・ボックス・エフェクトに初期のデジタル・シンセシスをミックスしたサウンドで構成されている。Kolbeは、第二次世界大戦中にアウシュビッツで身代わりに死ぬことを志願したポーランドのカトリック神父の物語である。1941年7月、収容所から一人の囚人が脱走し、副司令官はさらなる脱走を阻止するため、地下壕で餓死させる10人の男を選んだ。選ばれた一人、若い夫であり父親でもあったフランシシェク・ガジョーニチェクが泣き叫ぶと、マクシミリアン・コルベが志願して彼の身代わりになった。当時、用務員の助手だった目撃者によると、コルベは牢獄の独房で、囚人たちに祈りをささげたという。看守がコルベの様子をうかがうたびに、コルベは独房の真ん中に立ったり、ひざまずいたりして、入ってくる囚人たちを穏やかに見つめていた。2週間も飢えと水不足が続いた後、生きていたのはコルベと他の3人だけだった。看守は壕を空にしたかったので、残った4人の囚人に致死注射を打った。コルベは1941年8月14日に死んだ。数年後、彼は1971年に教皇パウロ6世によって信仰の告白者として列福され、1982年には教皇ヨハネ・パウロ2世によって聖人に列せられた。1985年から86年にかけて、制作会社Theatre of Polandは、デズモンド・フォリスタルの著書を基にした劇『Kolbe』をヨーロッパ各地のカトリック教会で上演した。ここで紹介する録音は、ツアー中に販売されたカセットの一部で、ニュージーランドのリッテルトンで回収され、2023年4月にオーストラリアのブリスベンでマスタリングされた。このカセットには、1986年9月にウィンザーのセント・エドワーズ教会で行われた劇場公演のライブ録音や、映画『Tag der Freiheit: また、映画『Tag der...
¥2,590

You may also like:

1980-1990年代に活動していたフランスのインダストリアル〜ダークポップ作家Deletedが、2023年10月にイギリスの発掘系レーベルInfinite Expanseからリリースしたコンピレーションカセットです。 1988年-1994年にリリースした6作品から14曲を収録。 ※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします A1 / A2 / A6 / A7 / B2 taken...
¥2,577

You may also like:

ドイツの実験音楽家Siegmar Fricke (Bestattungsinstitut)とDieter Mauson (Nostalgie Eternelle)によるインダストリアル・オブスキュアノイズデュオDelta-Sleep-Inducing-Peptideが、2023年6月にイギリス・ロンドンの実験/ノイズレーベルInfinite Expanseからリリースした再発カセットです(オリジナルは1992年リリース) Lo-Fiインダストリアル・アンビエント〜ストレンジビーツ12曲を収録。 前作もおすすめです。 ※デジタル音源を無料でお送りいたしますのでお気軽にご連絡くださいませ --------------------------------------------- C50 cassette in...
¥2,380

You may also like:

スウェーデン・ヨーテボリのアンビエント作家Johannes Björkが、2023年11月にイギリスの実験レーベルInfinite Expanseからリリースしたレコードです。 スケッチのようなアンビエント・フォーク〜アンビエントドローン〜サウンドポエトリー9曲を収録。 ※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします 以下、レーベルによる解説です。 "Johannes Björkはヨーテボリを拠点に活動するミュージシャン、文芸評論家。彼の音楽は、ドローン、ポップメロディー、フィールドレコーディングを組み合わせ、完全に形成された曲というよりは、洗練されたスケッチを生み出す。もともとは、今年初めにストックホルムで行われたライヴのために12枚のミニエディションでリリースされたものだが、今回は2曲を追加し、さらに2曲を再録音した拡大版LPとしてリリースされる。Siri Ahmed Backström、Johan Jönson、Johanna Sköldbäck Martellなど、スウェーデンの著名な作家や新進気鋭の作家が部分的に参加している。このアルバムは、ヨーテボリ・シーンの勃興期の雰囲気をある程度共有しているが、ソングライティングは、ローファイな要素をサウンドスケープの一部として扱うプロダクションを物語っている。Johannes Björkはソロデビューアルバムで、脈打つドローンが完璧なメロディーの背景を形成し、フィールドレコーディングとノイズがハーモニーの二重奏と共存し、迫り来る悲劇から救われるような啓示が流れ出るような風景を切り開いた。"...
Sold Out