• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Phill Niblock // Ghosts And Others CD

Phill Niblock // Ghosts And Others CD

¥2,280
  • Availability:

アメリカの大御所実験音楽家Phill Niblockが、2022年6月にオーストラリア・ブリスベンの実験レーベルRoom40からリリースした再発盤(オリジナルは1999年リリース)です。以下、レーベル解説です。 

 

『Ghosts And Others』は、フィル・ニブロックの作品群の中でも特異な作品である。この作品は、その内容だけでなく、方法論やアプローチにおいても特異なものです。この作品は、編集、ロケ、音響観察において非常に集中した活動を表している。

多くの点で、この作品は、映画制作者としての彼の実践を音響的に映し出したものである。この作品は自分自身を世界に公開し、そうすることで特定の視点を明らかにし、その対象についてと同様にその制作者についても語っている。

ニブロックのすべての作品と同様に、この作品は忍耐の作品である。ある部分では特定の瞬間が支配的であり、別の部分では一見消え去るかのように見える。ある場所と別の場所を行き来し、時間を超えて徐々に進化していく様子は、境界の中での動きを示唆している。

Ghost And Othersの全体を通して、衝突の感覚がある。香港のアバディーンでの葬儀の行列で幽霊を追い払うためのダイナミックな打楽器の爆発が、この作品を特徴づけている。車のクラクション、ハンガリーのソビエト時代の農場の牛の鳴き声、その他様々な音の断片の間で鳴り響く。他の場所では、葦の楽器が自分自身のための空間を切り開こうとするが、世界はそれを許さない。これは、聴覚的な展望と同様に、近接性を賞賛する作品である。

トランジットもまた、この作品のテーマである。Ghost And Othersで魅力的なのは、作品の中にある移動の感覚だ。列車はこの作品を分割し、移行、気晴らし、発見のポイントを示している。電車はほとんど門番のような役割を果たし、私たちを新しい空間へと通し、音が結合したり離れたりすることで音の新しい関係を示唆している。

フィールド・レコーディングの作品として、Ghosts And Othersは寛大で、人を招き入れ、そして何よりも深い。それは、場所、人々、物事の共鳴的な認知である。


レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

"Ghosts And Others is a singular work in the Phill Niblock canon. It’s singular not just in its material content, but also in its methodology and approach. It represents a highly focused exercise in editing, location recording and acoustic observation.

In many ways, this work reflects a kind of acoustic mirroring of his practices as a film maker. It makes itself available to the world and in doing so reveals a particular perspective that says as much about its creator as it does about its subjects.

Like all of Niblock’s works this is a piece of patience. It is a work that dwells in the places it finds itself in, allowing certain moments to dominate in some sections, and seemingly vanish away in others. It suggests a movement within boundaries, in that it bounces from one locale to another counterpointing their gradual evolutions across time.

There’s a sense of collision throughout Ghost And Others. Explosions of Chinese percussion punctuate the piece, dynamic strikes to ward off ghosts during a funeral procession in Aberdeen, Hong Kong. They clang between bursts of car horn, the bellows of cows from collective Soviet-era farm in Hungary and various other sonic ephemera. Elsewhere a reeded instrument tries to carve a space for itself, but the world does not allow it to hold. It is a work that celebrates proximity as much as an aural vista.

Transit is also a theme here. What is a fascinating about Ghost And Others is the sense of movement in the work. Trains divide up this piece, marking points of transition, of distraction and of discovery. They act as gate-keepers almost, allowing us through into new spaces and suggesting new relations between the sounds as they combine or detach.

As a work of field recording, Ghosts And Others is generous, invitational and most of all effortlessly deep. It is resonate sensing of place, people and things. "
- Lawrence English

Artist : Phill Niblock 

Label : Room40

+ -

アメリカの大御所実験音楽家Phill Niblockが、2022年6月にオーストラリア・ブリスベンの実験レーベルRoom40からリリースした再発盤(オリジナルは1999年リリース)です。以下、レーベル解説です。 

 

『Ghosts And Others』は、フィル・ニブロックの作品群の中でも特異な作品である。この作品は、その内容だけでなく、方法論やアプローチにおいても特異なものです。この作品は、編集、ロケ、音響観察において非常に集中した活動を表している。

多くの点で、この作品は、映画制作者としての彼の実践を音響的に映し出したものである。この作品は自分自身を世界に公開し、そうすることで特定の視点を明らかにし、その対象についてと同様にその制作者についても語っている。

ニブロックのすべての作品と同様に、この作品は忍耐の作品である。ある部分では特定の瞬間が支配的であり、別の部分では一見消え去るかのように見える。ある場所と別の場所を行き来し、時間を超えて徐々に進化していく様子は、境界の中での動きを示唆している。

Ghost And Othersの全体を通して、衝突の感覚がある。香港のアバディーンでの葬儀の行列で幽霊を追い払うためのダイナミックな打楽器の爆発が、この作品を特徴づけている。車のクラクション、ハンガリーのソビエト時代の農場の牛の鳴き声、その他様々な音の断片の間で鳴り響く。他の場所では、葦の楽器が自分自身のための空間を切り開こうとするが、世界はそれを許さない。これは、聴覚的な展望と同様に、近接性を賞賛する作品である。

トランジットもまた、この作品のテーマである。Ghost And Othersで魅力的なのは、作品の中にある移動の感覚だ。列車はこの作品を分割し、移行、気晴らし、発見のポイントを示している。電車はほとんど門番のような役割を果たし、私たちを新しい空間へと通し、音が結合したり離れたりすることで音の新しい関係を示唆している。

フィールド・レコーディングの作品として、Ghosts And Othersは寛大で、人を招き入れ、そして何よりも深い。それは、場所、人々、物事の共鳴的な認知である。


レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

"Ghosts And Others is a singular work in the Phill Niblock canon. It’s singular not just in its material content, but also in its methodology and approach. It represents a highly focused exercise in editing, location recording and acoustic observation.

In many ways, this work reflects a kind of acoustic mirroring of his practices as a film maker. It makes itself available to the world and in doing so reveals a particular perspective that says as much about its creator as it does about its subjects.

Like all of Niblock’s works this is a piece of patience. It is a work that dwells in the places it finds itself in, allowing certain moments to dominate in some sections, and seemingly vanish away in others. It suggests a movement within boundaries, in that it bounces from one locale to another counterpointing their gradual evolutions across time.

There’s a sense of collision throughout Ghost And Others. Explosions of Chinese percussion punctuate the piece, dynamic strikes to ward off ghosts during a funeral procession in Aberdeen, Hong Kong. They clang between bursts of car horn, the bellows of cows from collective Soviet-era farm in Hungary and various other sonic ephemera. Elsewhere a reeded instrument tries to carve a space for itself, but the world does not allow it to hold. It is a work that celebrates proximity as much as an aural vista.

Transit is also a theme here. What is a fascinating about Ghost And Others is the sense of movement in the work. Trains divide up this piece, marking points of transition, of distraction and of discovery. They act as gate-keepers almost, allowing us through into new spaces and suggesting new relations between the sounds as they combine or detach.

As a work of field recording, Ghosts And Others is generous, invitational and most of all effortlessly deep. It is resonate sensing of place, people and things. "
- Lawrence English

Artist : Phill Niblock 

Label : Room40