• 11,000円以上ご購入で全国送料無料

contemporary / sound poetry

You may also like:

フランスの実験レーベルChoses Contraires主宰Elen Huynhと、スコットランド・グラスゴーの実験音楽家Mark Vernonが、2023年9月に100本限定でリリースしたカセットです。 コラージュ・ドローン〜スポークンワード10曲を収録。DLコード付属。  以下、レーベルによる解説です。 "『Mal de Débarquement』は、2020年にLYLで放送されたChoses Contrairesのための長編コラボレーション作品から抜粋した10曲を収録している。ラジオエッセイのような形を意図して、トラックは生の録音、あらかじめ構成された要素、パターン、歌声、話し声、ささやき声、隠れた声から構成された。しかし、その旅は長く、このテープリリースは、もはや存在しない時代の終わりを告げるものであると同時に、新たな時代の始まりを告げるものでもある。Mark Vernonはグラスゴーを拠点に活動するサウンドアーティストで、フィールドレコーディング、環境音の操作、音響的な存在感に重点を置いている。彼の作品は、オーディオ考古学、磁気記憶、拾った音の再利用のアイデアを探求している。受賞歴のあるラジオプロデューサーであり、スコットランドのラジオアートフェスティバル「Radiophrenia」を共同運営、キュレーションしている。" --------------------------------------- Includes DL...
¥2,132

You may also like:

ポーランド・クラクフの実験音楽家Marcin Barskiが、2018年にアメリカ・NYの実験レーベルReading Groupからリリースしたレコードです。 スポークンワード〜物音ドローン4曲を収録。DLコード付属。  以下、作家本人による解説です。 "1980年代は特別だった。多くの家庭でマイクが当たり前のように使われるようになったのだ。音声録音はもはや珍しいことではなく、誰もができるようになった。ディクタフォン・オプションの付いた携帯ウォークマン、アナログの留守番電話、自分の声をアーカイブするために話しかけるための赤いボタンと小さな穴が常に装備されたテーププレーヤーなど、これらすべてがどこにでもあり、誰もがその使い方を知っていた。テープの値段は格安だった。そして、その多くは今日まで生き残っている。これらのテープには、失望というテーマが繰り返し登場する。妨害されたラジオ・フリー・ヨーロッパの放送、何年も前に笑えなくなった(笑えたとしても)下品な性差別主義者のキャバレー、そして何よりも、新しい税金や日常生活の難しさ、あるいは電話システムに対する不満や、海外の親戚と話す前に電話で何時間も待たされることなどが語られている。 ポピエルシュコ神父の真理についての説教が録音されたテープが、赤と白のインレイカードにトラックリストが手書きされたモダントーキング・カセットに偽装されていることは珍しくない。1980年代の非合法なアンダーグラウンド・サーキットでは、視覚は聴覚を覆い隠すものとして機能した。当時のポーランドのサウンドスケープは、想像力のレベルで起こっていた。見たこともないもの、会ったこともない人々の声、コンサートでは体験できない音楽の録音を、人々はテープに録音して共有していた。聴覚は、彼らの視覚への憧れを形作っていたのだ。聴覚は、そうでなければあまりにも灰色から抜け出せない現実を変える力を持っていた。先日、1982年から1984年にかけての電話での会話を録音したテープの箱を見つけた。録音していたヤンという男は、この数年間、電話で交わした会話をすべて記録していた。彼の妻は当時ウィーンに住んでいて、ワルシャワで友人たちに配る西洋製品を彼に送っていた。しかし、彼はロマンチックな男でもあった。箱の底に貼られたテープのタイトルは(鉛筆の手書きで)『ワンダの夢、1982年5月』。誰かのいびきを録音した8分ほどの静かなものだ。ヤンは妻の寝息を聞き返したことがあるのだろうか?ワルシャワの灰色の共産主義アパートで、テレビの両チャンネルの放送が終わった後、このテープを聴きながら眠りについたのだろうか。カラフルな資本主義のウィーンにあるワンダの寝室の音、匂い、見た目を想像しようとしたことがあっただろうか?ここでもまた、失望が繰り返される。ある意味、ヤンは多夫多妻の生活を送っていた。どちらも目に見えないが、どちらが現実なのだろうか?" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Reading Group releases...
¥3,449

You may also like:

イギリスの詩人Zara Joan Millerとチェロ奏者Ute Kanngiesserが、2023年12月にアメリカ・NYの実験レーベルReading Groupからリリースした共作レコードです。 サウンドポエトリーとチェロによる緊張感のあるインプロ2曲を収録。DLコード付属。  以下、レーベルによる解説です。 ”このLPは、詩人/アーティストのMillerとチェリスト/インプロヴァイザーのKanngießerによる初のライブコラボレーションから生まれたもので、2023年1月にロンドンのCafe Otoで録音された。Kanngießerの探求的で集中的なチェロは、Millerの詩の断片(JOAN出版社から2022年に出版された同名の詩集より)の下を通り過ぎる不定形な地形を敷き詰め、限界知覚の内部フリーウェイに点在する広告塔となる。チェロの音の中にあるスペクトルやテクスチャーのディテールは、言語の糸の隙間に残された言葉にならない意味合いのミクロの世界をドラマティックに、あるいは鏡のように映し出しているようだ。時に、これらの世界は鈍い不安や静かな熱狂を生み出すが、時折、スローモーションジョークを思わせる詩的な表現(「道端に『SLOW DUST』と書かれた看板を見たことがある」)、偶然のエラー(「カモメが私の顔に糞をした」)、家庭内の退屈の謎の中断(「誰かのガールフレンドから『出るな』と電話があった」)などに振り回されるだけだ。時折挿入される日付の進行は、まるで季節のようにチェロが彷徨いながら、青い月曜日の1年を駆け抜けていくような感覚を与える。このライヴセットには、積み重ねられた架空の休暇の文字通りのスライドショーが添えられており、1年を振り返るという感覚に拍車をかけている。しかし、これらのエントリー/断片の間にある(音色や物語の)空間の知覚のしにくさは、私たちに暦の厳しい見方を超えて、測定不可能なもの、つまりシンコペーションの空間をもたらしている。"あなたの人生が展開するのを目撃することが/動けなくなる鍵だ”と彼女は言った。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more...
¥3,449

You may also like:

アメリカ・オハイオのLo-FiミュージックコンクレートMeadow Argusが、2023年10月に同国テキサスのアンビエントレーベルAural Canyonからリリースしたカセットです。 ディープリスニング系Lo-Fiコラージュ・アンビエントドローン2曲を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Aural Canyon releases available at Tobira....
¥2,098

You may also like:

スペインの実験音楽家Merche Blascoと、アメリカの実験レーベルReading Group主宰Derek Baronが、2023年1月にアメリカの実験レーベルFull Spectrumからリリースしたスプリットカセットです。 コラージュ〜スポークンワード2曲を収録。DLコード付属。  以下、レーベルによる解説です。 Blascoの "Travesía "は、彼女がスペインのピレネー山脈を旅した際に出会った一連の防衛壕の悩ましい響きと感情の歴史を表現しています。独裁者フランコが命じ、1944年から48年にかけて捕虜が建設したこの掩体壕は、当時ヨーロッパで最も野心的な防衛計画のひとつでしたが、完全には完成せず、意図通りに使われることもありませんでした。フランコ政権崩壊後、この場所は埋もれ、忘れ去られていましたが、スペインの歴史の暗部に立ち向かおうとする組織による最近の取り組みによって、再び光を浴びるようになりました。「独裁政権の要塞が埋もれ、忘れ去られた巨大なネットワークは、スペイン社会が集団で前進するために暗い歴史を埋めようとする傾向を体現しています。一方、バロンが手がけたのは、広々とした "The Matrix "です。この作品は、彼が個人的に「YouTube Kabbalah」と呼んでいるプロセスを通じて開発され、ビデオチュートリアル、スピリチュアルな自己啓発テープ、音楽教育者のためのオープンアクセス・リソース、そして彼自身のフィールドレコーディング・アーカイブなど、さまざまなソースから引用しています。その結果、アーティストの人生とインターネットをつなぎ合わせた半アレトリックなオーディオ・ドキュメンタリーを中心に、発見された世界と自らを調和させようとする、豊かな音のメランゲが生まれました。2020年の作品「To...
¥1,880

You may also like:

過去にHot ReleasesやAnomiaなどから発表しているアメリカ・NYの実験音楽家/詩人Asha Sheshadriが、2023年11月に同国実験レーベルRecitalからリリースしたレコードです。 日記のようなアンビエント・サウンドポエトリー〜コラージュ9曲を収録。 前作もオススメです。 ※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします 以下、作家本人による解説です。 "このレコードは、自伝的な "告白 "に対する別のアプローチである。私は、自己理解と許しにおけるいくつかの重要なスケッチを縫い合わせたかった。そのデザインは感情的にはばらばらに見えるかもしれないが、実際はかなり相互に関連している。私の意図は(過去のレコーディングと同様)、リスナーに物語の輪郭(あるいはその欠如)をたどることを課すことだ。各トラックには、ビデオ作品からのサウンド、私が敬愛する作家からの抜粋、民族誌的手法、回収・再利用された音声/テキスト・メモ、個人的/公的アーカイブからの写真、そしてリサーチ主導のフィクションが含まれている。これらの情報源は、互いに拡張したり崩壊したりしながら、その名を冠した「むち打ち症」を明らかにする。私にとっての「むち打ち」とは、かつて現実であったものに対する屈折したアンビバレンス、「故郷」がどこであったかを清算する終わりのないサイクル、ゆっくりと解放されるトラウマをきっかけに自己を確立する不安定なプロセス、そしてこれらすべてをどのように(可能であるとしても)作品に反映させるかということの衝突である。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more...
¥4,580

You may also like:

オーストリア・ウィーンの作曲家Gerhard Rühm(御年93歳)が、2022年に同国実験/コンテンポラリーレーベルGODからリリースした2枚組レコードです。 短いフレーズは現れては消えるピアノ独奏集です。 以下、作家本人による解説です。 "ピアノのためのBlumenstückは、1984年に個人用の音の瞑想曲として作曲した。この作品は、優しさと緩やかさを通してピアノの音の美しさを讃えている。この作品のすべての音は、168の花の名前を列挙した単語リストに由来している。これらの名前に含まれる文字はすべて、鍵盤上の音符に割り当てられた、固定されたシステムに従っている。それぞれの音は、できるだけ長く、やわらかく弾かなければならない。アタックの後、すべての音は静寂の中に消えていかなければならない。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more God Records releases available at...
¥5,996

You may also like:

アメリカのピアニストMorton Feldman(1926-1987)が、晩年に弟子Bunita Marcusのために書いた作品を、ギリシャのピアニストLenio Liatsouが演奏した作品です。ブックレット付属。 レコードのみでの発表となります。 GOD Records · GOD 27 - Morton Feldman -...
¥5,976

You may also like:

アメリカ・NYの実験レーベルNotice Recordings主催野外イベントの記録作品です。 以下、レーベルによる解説です。 "ニューヨーク州アコードでのライブ録音である本作は、Noticeの70枚目のアルバムであると同時に、Noticeが主催するイベントの記録として初めてリリースされたものでもあります。6月6日はその夏で最も暑い日の一つで、演奏が行われた木製の台はディアクリーク農場の小高い丘の上にありました。汗だくで道具を担いで丘を登ったり降りたりすることになります。幸運なことに、演奏と観客のスペースは、厚い葉で覆われた木陰の下にあり、断続的に日光が差し込むようになっていました。シャーメイン・リーがソロで演奏し、すぐにウェストン・オレンキが参加しました。エミリー・ケスラー、シエナ・ブロー、チェルシー・エンジェル・ヘクトのダンス伴奏で、その足音は録音中、葉の中から軽く聴こえます。午後の最後の演奏はフレッドとウェストン、これも初対面、トロンボーンとチェロのデュオで、ダンサーも加わっています。このアルバムは、基本的にこのイベントの高音質なフィールド・レコーディングとして存在します。大気圧的で強烈、儚くも地に足の着いた、午後の間中、うねる鳥の声のように、人の記憶の中で不定形の体験となります。" ※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Notice Recordings releases available at...
¥1,745

You may also like:

※11/19のTobira x Void企画に出演します イタリアの実験音楽家Fabio Perlettaが、2023年11月にオーストラリアの実験レーベルroom40からリリースしたCDです。 ピアノと物音による実験アンビエント〜ドローン7曲を収録。 以下、作家本人による解説です。 "このリリースのタイトル「Nessun Legame con la Polvere(埃に執着しない)」は、禅の物語と、私のプロジェクト「I Fiori Non...
¥2,150

You may also like:

ベルギーの実験/ドローンレーベルLa Scie Doree主宰Timo van Luijkと、同国ピアニストFrederik Croeneが、2023年11月に45部限定でリリースした再発共作レコードです。(オリジナルは2020年リリース) 今にも消えてなくなりそうな朧げなピアノとサウンドポエトリーによるコンテンポラリー2曲を収録。インサートとDLコード付属。 シルクスクリーン仕様のスリーブです。 オリジナル盤も若干数在庫ございます。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more La...
¥3,980

You may also like:

アメリカの大御所ミニマル作家John McGuireが、2023年10月にリリースした再発レコードです。 『Vanishing Points』(1985-1988)と『A Cappella』(1990-1997)の2曲を収録。DLコード付属。 以下、レーベルによる解説です。 "1970年代半ばに作曲したPulse Musicにおいて、作曲家John McGuireはヨーロッパ・シリアリズムのユニークな解釈を打ち出した。カールハインツ・シュトックハウゼン、クシシュトフ・ペンデレツキ、ゴットフリート・ミヒャエル・ケーニッヒの弟子であったJohn McGuireは、1970年にドイツのケルンに移り、ケルンの西ドイツ放送(WDR)にある世界最先端の電子音楽スタジオと関わるようになった。シュトックハウゼンと同様、John McGuireもまた、自分の音楽的想像力が、利用可能なテクノロジーによって制約されると同時に、インスパイアされていることに気づいたのである。彫刻家ハンス・カール・ブルゲフとの会話が、John McGuireを地平線の彼方、無限の空間へと向かわせた。『Vanishing Points』(1985-1988)では、John McGuireは初めて完全なデジタルセットアップを使用した。デジタルシーケンサー、8台のヤマハDX-7シンセサイザー、スチューダー24トラック・デジタル・テープレコーダーである。この作品は、『パルス・ミュージック』シリーズの「続編」として構想されたが、同時に『パルス・ミュージック』シリーズからの一歩でもあった。パルス・ミュージック』シリーズが安定したパルスの流れを採用していたのに対し、『Vanishing...
¥3,688

You may also like:

※当店限定販売です ※2024年4月14日のTobira Instore Showcaseに出演します イギリスの実験レーベルCzaszkaが新たに始めたレーベルMolt Fluid諸作を入荷しました。 本作は、オーストリアの実験デュオIEOGMが、2023年10月に40本限定でリリースしたカセットです。 スポークンワード・コラージュ7曲を収録。DLコード付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Molt Fluid...
¥1,787

You may also like:

イタリアの実験音楽家Aldo Clementi(1925-2011)が、2023年10月にイタリアの実験レーベルAlga Marghenからリリースしたレコードです。 1960年代に制作したレアな未発表音源4曲を収録。 以下、レーベルによる解説です。 "Alga Marghenが、Marino Zuccheriの技術協力のもと、ミラノのRAI音楽スタジオで実現した磁気テープのための未発表作品「Collage2」と「Collage3」(Dies irae)を発表。これらの作品は、Aldo Clementi が1960年代に電子音楽に強い関心を持ち、現在も継続していることを示す貴重な証言である。エレクトロニック・コンポジション「Collage2」は1960年の作品。Clementiにとって初めての電子音楽の実験であり、彼の独創的で一貫した構造主義への固執は、その頃に書かれたいくつかの器楽作品に反映されている。Collage3の最初のアイデアは1966年に遡り、ビートルズの曲 "Michelle "に短い電子コラージュを施したものだった。作曲家は、"シンメトリーと固定されたブロックの世界から湧き出る、生々しく有機的な音色の自然な井戸 "を使うことで、一般的になった古い概念や決まり文句を置き換えたいと考えた。この独創的なアイデアは、RAI(イタリアのラジオ局)がClementiに長大な作品の作曲を依頼したとき、劇的な変化を遂げた。ゼロから始めたいという彼の最初の願望に、より長い時間の問題が加わった。Clementiがこの曲に "Dies...
¥3,934

You may also like:

アメリカ・ペンシルベニアの詩人Carrie DeCunzoが、2023年8月に同国実験/ノイズレーベルNo Rentから100部限定でリリースしたCDrです。 サウンドポエトリー〜コラージュ・ドローン4曲を収録。12ページのブックレット付属。廃盤です。 以下、レーベルによる解説です。 "環境破壊、家族、伝記、日常を織り交ぜた『エンド・オブ・サインズ』は、さまざまな時代と場所を流動的に行き来する。ゼネラル・エレクトリック社によるハドソン川のPCB汚染を背景にしたこの作品は、物語的な筋書きはなく、フィールドレコーディング、音声、テキスト、デジタル合成を通して、記憶、香り、息遣い、場所の表現が集約されている。人間、自然、そしてアート制作の方法論が織り成す雑多さを受け入れることで、『End of Signs』は心を揺さぶるストーリーテリングとなっている。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more No Rent...
¥2,288

You may also like:

アメリカ・NYの実験/フォークレーベルNo-Goldが、2022年10月にリリースした4枚組コンピレーションCDです。 2022年3月にオーストラリア・シドニーで行われた実験音楽フェス「Essential Tremors Sydney」でのライブ録音盤です。デジパック、シュリンク仕様。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more No-Gold releases available at Tobira. ----------------------...
¥2,828

You may also like:

カナダ・モントリオールのマルチ奏者Markus Floatsが、2023年10月にモントリールの老舗レーベルConstellationからリリースしたレコードです。 フリージャズ〜ストレンジビーツ〜ネオクラシカル・アンビエントとジャンルを横断する12曲を収録。180g重量盤です。12"x24"アートプリント2枚とDLコード付属。  レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Constellation Records releases available at Tobira.  ----------------------------...
¥3,995

You may also like:

ベルギーのハープ奏者Ann Eysermansが、2023年10月に同国Cortizonaから400部限定でリリースしたレコードです。 愛犬シャドーに捧げた本作は、ハープやヴィオラ、音響詩が現れては消えていく実験ネオクラシカル10曲を収録。DLコード付属。 以下、レーベルによる解説です。 "デビューアルバム「For Trainspotters Only」が好評を博したAnn Eysermansが、愛犬シャドーへのトリビュート・アルバム「Moonlight Shadoh」をリリースする。このアルバムでは、彼女と忠実な犬友シャドーとの絆を、特別な音楽の旅を通して探求している。Ann Eysermansは、フィールドレコーディング、キャンディのようなハーモニー、そしてシャドー独特の猟犬のような表情を見事に織り込んでいる。録音された唸るようなフィードバックサウンドが一体となった、ジャンルを超えた別世界のコンポジションを創り出す。心を揺さぶる美しいメロディーから実験的な音の風景まで、どのトラックもあなたの魂の奥底に響く物語を語る。シャドーの吠え声、泣き声、おちゃめなおどけ声が、Annの心地よいヴォーカル、ハープ、ヴィオラ・ダ・ガンバとシームレスに融合し、シャドーの鼓動を感じてほしい。荒涼としたハープサウンドの間を揺れ動き、不気味なジャンデクのスピリットを彷彿とさせ、ドゥーミーでキャッチーなニュービート・ヴァイブスが交錯する。『Moonlight Shadoh』は、アコースティック楽器、フォニック・メランコリー、Annの個人的なサウンド・アーカイブのアナログテープ映像、そしてオーディオポエトリーが融合した、特別な旅である。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see...
¥4,340

You may also like:

アメリカ・ケンタッキーの実験音楽家Andy Heck Boydが、2022年12月にアイルランド・コークの実験/ノイズレーベルKrim KramからリリースしたCDです。 Lo-Fiコンクレート〜サウンドポエトリー12曲を収録。4面デジパック、シュリンク仕様です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Krim Kram releases available at...
¥2,233

You may also like:

アメリカのCatherine LambとスウェーデンのKristofer Svensson作曲家2名が、2023年9月にイギリスのコンテンポラリーレーベルAnother Timbreからリリースした共作CDです。 Maya Bennardoがバイオリン、Hannah Levinsonがヴィオラを担当したコンテンポラリー2曲を収録。デジパック、シュリンク仕様。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Another Timbre releases...
¥2,160

You may also like:

スイスの作曲家/クラリネット奏者Jürg Freyが、2023年9月にイギリスのコンテンポラリーレーベルAnother TimbreからリリースしたCDです。 彼が2017年に書いた『String Trio』をApartment Houseが演奏した作品です。デジパック、シュリンク仕様。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Another Timbre releases available...
¥2,160

You may also like:

オランダ・アムステルダムの作曲家Seamus Caterが、2023年9月にイギリスのコンテンポラリーレーベルAnother TimbreからリリースしたCDです。 コンサーティーナやコントラバス、クラリネット、ローズピアノ、トロンボーン、フルートによる室内楽3曲を収録。デジパック、シュリンク仕様。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Another Timbre releases available at Tobira....
¥2,160

You may also like:

アメリカのチェロ奏者Catherine Lambが、2023年9月にイギリスのコンテンポラリーレーベルAnother TimbreからリリースしたCDです。 アコースティック・ドローン3曲を収録。デジパック、シュリンク仕様。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Another Timbre releases available at Tobira....
¥2,160

You may also like:

台湾・高雄の実験音楽家Huang Shanが、2023年5月に中国・北京の実験レーベルZoomin' Nightから20本限定でリリースしたカセットです。 100日間、毎日30分録音した音声日記をインスタレーション作品100 Shitsのライブ録音です。A面にはそれらの100の音素材を重ねた物音ノイズ作品を収録。DLコード付属。 以下、作家本人による解説です。 "2022年から、私はそれらの重層的で、濃密で、乾いていて、言葉を超えた事柄を、音声日記という形で処理し始めた。徐々に、私は50台のカセットプレーヤーに封印された100の変調された声の録音を集めた。6月、高雄のHallucinationで開催された個展「100 Shits」(一百天的訴辯)では、これらのカセットプレーヤーをセットした。この展覧会では、観客がテープの再生方法を選ぶことができた。展覧会では、2つのトラックを収録した『A Cappella』と題された音楽作品も展示された。A面は100のボーカル録音を重ねたもので、B面は展示会でのライブ録音である。" Zoomin' Nightその他作品はこちら /// Click here to see more...
¥1,780

You may also like:

フランスのFélicia AtkinsonとアメリカのRichard Chartier実験音楽家2名が、2023年9月にフランスの実験レーベルPortraits GRMからリリースしたスプリットレコードです。 A面はスポークンワード〜アンビエントドローン、B面はミニマルなドローンを収録。 マスタリングはGiuseppe Ielashiが担当しています。 ※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press...
¥4,390

You may also like:

ニュージーランドのNoel MeekとスペインのMattin実験音楽家2名が、2023年9月にアメリカ・LAの実験レーベルRecitalからリリースした本+CDです。 両者が敬愛する作曲家Annea Lockwoodへのオマージュとして制作したコラージュ4曲を収録。Anneaに行ったインタビューを素材としたスポークンワード〜コラージュ・ドローン4曲を収録。60ページの本にはインタビューの全内容(本作の場合はスコア)とAnneaの写真資料、Anneaによるあとがきが掲載されています。 以下、レーベルによる解説です。 "Recitalは、ニュージーランド生まれのアメリカ人作曲家Annea Lockwood(1939年生まれ)へのオマージュを本とCDで紹介する。このアルバムのユニークなコンセプトは、それぞれAnnea Lockwoodへの深い敬愛を共有するアーティスト、Noel Meek(ニュージーランド)とMattin(スペイン)によって考案された。2020年末、3人のアーティストによる長時間のスカイプ対談が実現した。彼らは政治、美学、アンネアの作曲活動について話し合った。Noel Meek & Mattinは当初から、この会話そのものをこのアルバム『Annea Lockwoodへのオマージュ』の楽譜として使用することを決めていた。「私の作品は、世界を探求する私の方法です」とAnnea Lockwoodは言う。アルバムに収録された各作品は、彼女のプリズム的な作曲方法を反映している。サウンドマップ、時間的あるいは環境的に展開し、自然とシンクロするスコア、エキゾチックな場所に移植されたピアノ(しばしば炎に包まれる)。Noel...
¥3,680

You may also like:

過去にReading Groupなどから発表しているアメリカ・NYの音響作家Sydney Spannが、2023年9月に同国LAの実験レーベルRecitalからリリースしたレコードです。 ケアワークと声をコンセプトにしたドローン・ポップ〜コラージュ・アンビエント6曲を収録。写真、楽譜、エッセイを掲載した16ページのブックレットが付属。 ※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡ください "アメリカ人アーティスト、Sydney Spannによる初のレコードリリースとなる『Sending Up A Spiral Of』は、Sydney Spannのこれまでの作品群をよく要約している。ベビーシッター、セックスワーカー、セラピスト、看護師といったケアワークの経験者は、その労働において望ましい結果を得るために実践した特定の声の出し方を通して、長い時間をかけて培われた独自の音楽的知識を持っているかもしれない。このような声の出し方や聴き方に親しみ、それを音の実践に取り入れることは、あまり認識されていない種類の音楽的知識を正統化する方法かもしれない。Sending Up A...
¥4,890

You may also like:

アメリカ・テキサスの実験/アンビエントレーベルFull Spectrum主宰Andrew Weathersが、2023年9月にリリースしたレコードです。 彼の父と叔母が他界した直後に制作した、家族と親戚のフィールドレコーディングを散りばめたパーソナルなコラージュ・アンビエントフォーク7曲を収録。DLコード付属。 以下、レーベルによる解説です。 "Full Spectrum Recordsは、Andrew Weathers による特別なプロジェクトを発表する。Weathersは、自身の名義では初となるLP盤「A Cardinal With a Sign of...
¥4,132

You may also like:

ハンガリーの実験音楽家Ábris GryllusとDávid Somlóが、2023年3月にスロバキアの実験/アンビエントレーベルWarm Winterから100本限定でリリースした共作カセットです。 元々インスタレーションとして作品をステレオにミックスダウンしております。パンデミックに関する日々の統計データによる音が変化していく、ウルトラミニマル作品です。DLコード付属。 以下、レーベルによる解説です。 "「Every Day」は、ハンガリーの2人の現代作曲家・アーティスト、Ábris Gryllus(『The Death of Rave』、『Farbwechsel』)とDávid Somlóによる新しいコラボレーション作品である。もともとインスタレーションとして構想され、2022年のBudapest  Autumn...
¥1,785

You may also like:

オーストラリア・メルボルンの室内楽トリオBenaud Trioとアデレイドの作曲家David Kotlowyが、2023年6月にアデレイドのコンテンポラリーレーベルde la Catessenからリリースしたアルバムです。 Morton FeldmanやJohn Cage影響下のネオクラシカル・アンビエント3曲を収録。DLコード付属。  レコードのマスタリングはGiuseppe Ielashiが担当しています。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more...
¥2,190

You may also like:

オランダのアンビエント作家/デザイナーMachinefabriekとクラリネット奏者Monika Bugajnyが、2023年7月にリリースした共作CDです。 ドビュッシーやメシアン、ブラームス、ストラヴィンスキーの楽曲を再解釈・再構築した 以下、作家本人による解説です。 "このアルバムは、私が何度かコラボレーションしているクラリネット奏者Gareth Davisなしには成立しない。私が彼に私の+アルバムへの参加を依頼したとき、彼はMonika Bugajnyと仕事をしていた。彼女は私のプロジェクトを知り、参加できないかと尋ねてきた。私は承諾し、彼女の美しいクラリネットの録音を幽霊のような1分間の作品に作り直した。どうやら、私が作った曲はMonika Bugajnyにとって十分に納得のいくものだったようで、彼女はさらに手の込んだコラボレーションを提案してきた。彼女の提案は、また同じ作業方法で、今度はクラシックの曲を出発点にするというものだった。またしても私は断ることができず、出発した!ドビュッシー、メシアン、ブラームス、ストラヴィンスキー......マシーンファブリーク・アルバムにこれらの曲が収録されるなんて、誰が想像しただろう!Monika Bugajnyは8曲のクラシックを再解釈し、美しく演奏、録音した。そして私は、その素材を重ね、カットし、操作して、Recytleに収録されているトラックに仕上げた: ムーディーでウージーなクラリネットとエレクトロニクスの30分。ドビュッシーの「Première Rhapsodie」を忠実に再現したいのであれば、これは明らかにお勧めのリリースではない。しかし、『Recytle』に収録されている楽曲が、オリジナル曲と対をなす興味深い作品になることを願っている。" アーティストその他作品はこちら /// Click here to see...
¥1,850

You may also like:

オランダのアンビエント作家/デザイナーMachinefabriekとバイオリニストAnne Bakkerが、2022年7月にリリースした共作CDです。 ネオクラシカル・アンビエント〜コンテンポラリー10曲を収録。 アーティストその他作品はこちら /// Click here to see more Machinefabriek releases available at Tobira.  ------------------------ CD...
¥1,850

You may also like:

アメリカ・NYの実験音楽家Dan Gilmore主宰レーベルSpoor LLC諸作を入荷しました。 本作は、カリフォルニアの実験音楽家David Tholfsenが、2022年5月にリリースしたレコードです。 ハイキング中に浮かんだメロディを6トラックで録音したアカペラ22曲を収録。 どんなに辛いことがあった日にもこれを再生すれば、「こんなに変な音楽を真面目に作っている人がいるんだ」と少し元気にさせてくれます。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Spoor LLC releases...
¥3,580

You may also like:

アメリカのエレクトロニック〜サウンドポエトリーデュオHourloupeが、2023年5月に同国ネブラスカの実験/ダンスレーベルTymbal Tapesからリリースしたカセットです。 下記、19世紀後半の新聞記事の見出しからインスパイアされたディープハウス〜IDM〜アンビエント〜サウンドポエトリー15曲を収録。DLコード付属。  「土曜の夜のハウスパーティーで、ミス・コールはウサギを捕まえたと自慢した。トレッキングが続き、正装したままの彼女とカーター氏はワワワンダで3泊することになった」 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Tymbal Tapes releases available at Tobira....
¥1,690

You may also like:

ドイツの実験音楽家Boris Baltschunが、2023年6月にデンマークの実験レーベルArbitraryからリリースしたレコードです。 モジュラーを用いて構築した擬似フィールドレコーディングとスポークンワードによるラジオ演劇2曲を収録。DLコード付属。  以下、レーベルによる解説です。 "「砂漠の辞書」は、言語と風景、楽譜とノイズの間で揺れ動く音の領域をナビゲートする。空虚で静寂に見える風景が持つ個人的な記憶、政治的な考察、心理的な影響を結びつけ、補完的な物語に呼応し、貢献する声。フィールドノートに基づくモジュラー・シンセサイザーの楽譜が隣接し、その下にあり、絡み合っている。合成されたサウンドスケープは、架空のフィールドレコーディングのように見え、同時に問題の場所に似ているようで似ていない。 LPに収録された12曲は、2020年と2021年の3ヶ月間に南アフリカで録音された。これらの録音は、キンバリー、ブルームフォンテーン、リッチモンド/北ケープ、ケープタウン、グラッシーパーク、クルーガースドルプ、ヨハネスブルグの様々な場所で行われた。この「砂漠の辞書」は、南アフリカ・モダンアートプロジェクトコレクションの一部としてのシチュエーション、ラジオ劇(ドイチュラントフンク・クルトゥールの依頼)、書籍版(MAPSA出版)、そして今回のLPと、4つのバリエーションがある。LPはラジオ劇を基にしたもので、リチャード・ジョン・フォーブス、マーヤ・マルクス、ファラ・オオケディツェ・ファラ、ヴィクトリア・ウィグゼル、トゥバツィ・ムポックモロイ、ライザ・グローブラー、ンコシナティ・グメデ、カーリエン・ファン・ローエン、モンゲジ・ンコンボ、イヴァン・メッセラー、ゲルハルト・マルクス、リンディウェ・マツシキザの声が収録されている。合成されたフィールド・レコーディング(砂漠で撮影されたフィールドノートの翻訳)は、ヨハネスブルグとベルリンで録音された。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Arbitrary releases available at...
¥3,150

You may also like:

スコットランド出身ノルウェー在住の弦楽器奏者Sarah-Jane Summersが、2023年6月にイギリスのコンテンポラリー・クラシックレーベルAnother TimbreからリリースしたCDです。 ノルウェーの民族楽器ハーディングフェーレによる独奏9曲を収録。デジパック、シュリンク仕様です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Another Timbre releases available at Tobira....
¥2,050

You may also like:

イギリスの実験音楽家Luciano MaggioreとLouie Riceが、2023年5月に同国実験レーベルAdhumanからリリースした共作CDです。 ユーモアに富んだコンセプトによる実験音楽3曲を収録。6面デジパック仕様です。 フルクサスリスナーにオススメします。 以下、レーベルによる解説です。  "『Three Things』は、長年のコラボレーターであるLuciano MaggioreとLouie Riceが構想、演奏、録音したアルバムです。2人は、アーティストやオーガナイザーとして多方面にわたる活動を行い、長年にわたりイギリスの実験的オーディオ・アンダーグラウンドの形を静かに、しかし確実に伝えてきたことで知られています。NOPAONの名で、アルヴィン・ルシエ、ロバート・ボッツィ、ケン・フリードマン、エメット・ウィリアムズ、ウォルター・マーケッティ、そして彼ら自身の創作によるスコアを実現する一連のイベントとパフォーマンスを展開しました。2人が「報われないタスクベースのアクション」あるいは「部屋にいる2人が何かをする」と表現するこれらのアウトプットは、プロンプトのアクションとシナリオに基づく継続的なパフォーマンスの実践をもたらし、2人はそれを探求し続けています。MaggiorとRiceの作品に一貫して見られるのは、ユーモアを意図的に受け入れ、不条理の基礎となるパフォーマンスを認めていることです。この要素は「Three Things」全体を貫いており、「Hissing for White Shoes」(#6)では、ロンドン市内をドライブしている様子を録音したもので、彼らの車が無意識に参加者とすれ違うたびに大きなヒスノイズが発生し、彼らの履物が声の介入のきっかけとなります。EMSストックホルムのBuchlaシンセサイザーから得た音声を、2人のポケットに入れた携帯電話のスピーカーで再生・再録音し、そのパルスに同期して歩こうとする「Pocket...
¥2,190

You may also like:

カナダ・トロントの実験音楽家Jason Doellが、2023年4月にアメリカ・オハイオの実験/アンビエントレーベルWhited Sepulchre Recordsから300部限定でリリースしたデビューレコードです。 ピアノとコンピューターによるエレクトロアコースティック〜ドローン3曲を収録。DLコード付属。  Whited Sepulchre Recordsその他作品はこちら /// Click here to see more Whited Sepulchre Records releases...
¥3,780

You may also like:

 1960年から活動しているスイスの実験音楽家/口琴奏者Anton Bruhinが、2022年にイタリアの実験レーベルAlga Marghenからリリースしたレコードです。 ミュージック・コンクレート〜サウンドポエトリー7曲を収録。 以下、レーベルによる解説です。 "「InOut」はチューニングホイッスル、マウスハープ、フルート、おもちゃ、パーティーのギャグ楽器、パーカッション、ベル、電気カミソリ、プロペラ付き模型船のエンジン、バードコールホイッスル、CH-フォン、フィードバックスピーカー・マイク、サイレン、ダブルショーム、倒れるスプーン、ジューズハープ(短い音が2つだけ)を使った名作です。この録音は1981年5月17日から5月22日にかけてチューリッヒで行われたもので、内蔵マイクと外部マイクを備えたサンヨーM7300Lステレオラジオカセットレコーダーに収録されています。レコーダーは録音待機状態にあり、録音ボタンと一時停止ボタンの両方が押されています。そして、Bruhinはマイクに向かって歌を歌ったり、音を出したりします。その際、PAUSEボタンを押すと、PAUSEは解除されます。その後、ほんの一瞬の間に再びPAUSEボタンを押します。これで、最初の短い音が録音されたことになります。InOutでは、このようにして何千もの非常に短い音が、幾何学的な不規則性と多様なパターンを持つ音響キルトのようなパッチワークのように追加されました。「Rotomotor」は、「ein motorische Idiotikon」という副題が付けられた、Bruhinの代表作の一つで、28分の朗読作品です。1976年から1977年にかけてチューリッヒで書かれ、1978年8月にエティエンヌ・コノーのサンライズスタジオで録音されました。Rotomotorは、スイス・ドイツ方言の詩的なIdiotikonで、アルファベット順ではなく、文字の類似性によって単語が構成されています。(各単語は前の単語と1文字だけ異なる)この朗読には、0.6秒後に信号を繰り返す遅延装置が使用され、各単語は前の単語のエコーに重畳されます。このエコーは、一方では演奏のリズムを生み出し、他方では言葉の音響的変容をサポートします。ここでも、非常にシンプルなコンセプトが完璧に達成されています。" レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Alga Marghen...
¥3,890

You may also like:

オーストラリア・メルボルンの実験音楽家David Chesworthが、2014年にイタリアの実験レーベルPlanamからリリースしたレコードです。 1978-1979年にSergeシンセを用いて制作したミニマル電子音楽9曲を収録。 以下、作家本人による解説です。 "1978年の「The Unattended Serge」と1979年の「Five Evolutionary Things」は、いずれも自立したパッチを中心としたSerge Synthesizerのための作品群です。セットアップされた後、パッチはそれ自体で進化するように放置されます。私は、パッチが小さな生物であり、それぞれが特定のピッチと電圧を供給していると考えています。両作品とも、今はなきラトローブ大学の電子音楽スタジオで制作しました。「The Unattended Serge」は1978年、私の「50 Synthesizer Greats」シリーズの初回録音から数ヶ月後に作りました。「Five...
¥3,680

You may also like:

イギリスの実験音楽家/作曲家Gavin Bryarsとイタリアの美術家Massimo Bartoliniが、2023年4月にイタリアの実験レーベルAlga Marghenからリリースした共作レコードです。 イタリア・プラトの現代美術センターで行ったインスタレーション用に制作したミニマル・ドローン2曲を収録。 以下、レーベルによる解説です。 "「In Là」は、Gavin BryarsととイタリアのビジュアルアーティストMassimo Bartoliniのコラボレーションによる成果です。イタリア・プラトのルイジ・ペッチ現代美術センターで大規模なインスタレーションとして上演された(オープニングは2022年秋、展覧会は2023年5月まで開催)Bartoliniは、回顧展の中心作品として、足場をパイプオルガンバーに変え、美術館の7つの部屋にわたって天井から吊るしました。アルガ・マーゲンのLP盤の2面を構成するのは、Bryarsが作曲した、この特異なオルガンが奏でる音楽です。Bryarsの "In là "の音楽は、"The Sinking...
¥3,680

You may also like:

ビートジェネレーションを代表する作家の一人William Burroughsが、1981年にリリースした作品の再発盤です。 コラージュ・サウンドポエトリー14曲を収録。 ------------------------------------------- 12" black vinyl. Tracklist: A1       "Captain Clark Welcomes You...
¥3,180

You may also like:

東京の実験音楽家toshimaru nakamuraとsuzueriが、2023年4月にイタリアの実験レーベルSuperpangからリリースした共作CDです。 ピアノやミキサー、自作楽器を用いたインプロ2曲を収録。デジパック、シュリンク仕様です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Superpang releases available at Tobira. ---------------------- CD...
¥1,980

You may also like:

 実験音楽家Jacques Bekaertが、1981年に自主リリースした作品の再発盤です。 コンクレート3曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more La Scie Doree / Metaphon releases available...
¥3,940

You may also like:

アメリカのCharlie MorrowとスウェーデンのSten Hanson、そしてスペインのCarles Santos3名が、2023年3月にスウェーデンの実験レーベルiDEALからリリースした2枚組レコードです。 1981年に録音した未発表音源です。マスタリングはSean McCannが担当しています。 ----------------------------------------- 2x 12" black vinyl. Edition of 300....
¥5,970

You may also like:

ドイツのパーカッショニストAlexandre BabelとスイスのビジュアルアーティストLatifa Echakhchが、2023年3月にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースした共作片面レコードです。 コラージュ・ドローン〜パーカッシブ・ドローン作品です。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic...
¥3,380

You may also like:

フランスの実験音楽家Bernard Parmegianiが映画「ROCK」のために書き下ろしたサウンドトラック集です。 ライナーノーツ付属。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Transversales Disques releases available at Tobira.  ----------------------------...
¥3,490

You may also like:

北アイルランドの実験音楽家David Cunninghamが1976年に発表したデビュー作の再発盤です。 美術学校の楽器が弾けない仲間たちを起用して録音した、反復演奏時に生じるミスやズレに着目したミニマルミュージックです。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Superior Viaduct releases available at Tobira. ---------------------------------------...
¥2,990

You may also like:

フランスのミュージックコンクレート作家Lionel Marchettiとオーストラリアの室内楽アンサンブルDecibelが、2023年1月にオーストラリアの実験/アンビエントレーベルRoom40からリリースした共作CDです。 静謐なコンテンポラリー・ドローン2曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira. ---------------------------- CD...
¥2,120

You may also like:

1960年代に活動していたデンマークの実験音楽家Bjørn Nørgaardが、1969年に人知れず30部限定リールテープでリリースしていた作品がこの度カセットで再発。 ハミングのような謎録音2曲を収録。 レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Institute for Danish Sound Archaeology releases available at...
¥1,840