• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Zara Joan Miller and Ute Kanngießer // Blue Monday LP

Zara Joan Miller and Ute Kanngießer // Blue Monday LP

  • Availability:

イギリスの詩人Zara Joan Millerとチェロ奏者Ute Kanngiesserが、2023年12月にアメリカ・NYの実験レーベルReading Groupからリリースした共作レコードです。

サウンドポエトリーとチェロによる緊張感のあるインプロ2曲を収録。DLコード付属。 

以下、レーベルによる解説です。

”このLPは、詩人/アーティストのMillerとチェリスト/インプロヴァイザーのKanngießerによる初のライブコラボレーションから生まれたもので、2023年1月にロンドンのCafe Otoで録音された。Kanngießerの探求的で集中的なチェロは、Millerの詩の断片(JOAN出版社から2022年に出版された同名の詩集より)の下を通り過ぎる不定形な地形を敷き詰め、限界知覚の内部フリーウェイに点在する広告塔となる。チェロの音の中にあるスペクトルやテクスチャーのディテールは、言語の糸の隙間に残された言葉にならない意味合いのミクロの世界をドラマティックに、あるいは鏡のように映し出しているようだ。時に、これらの世界は鈍い不安や静かな熱狂を生み出すが、時折、スローモーションジョークを思わせる詩的な表現(「道端に『SLOW DUST』と書かれた看板を見たことがある」)、偶然のエラー(「カモメが私の顔に糞をした」)、家庭内の退屈の謎の中断(「誰かのガールフレンドから『出るな』と電話があった」)などに振り回されるだけだ。時折挿入される日付の進行は、まるで季節のようにチェロが彷徨いながら、青い月曜日の1年を駆け抜けていくような感覚を与える。このライヴセットには、積み重ねられた架空の休暇の文字通りのスライドショーが添えられており、1年を振り返るという感覚に拍車をかけている。しかし、これらのエントリー/断片の間にある(音色や物語の)空間の知覚のしにくさは、私たちに暦の厳しい見方を超えて、測定不可能なもの、つまりシンコペーションの空間をもたらしている。"あなたの人生が展開するのを目撃することが/動けなくなる鍵だ”と彼女は言った。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Reading Group releases available at Tobira. 

-------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Blue Monday Side A 22:54
  2. Blue Monday Side B 23:38

++

Reading Group:

"Reading Group is very happy to announce the release of Blue Monday, a new LP from Zara Joan Miller and Ute Kanngießer. The LP is the result of the first live collaboration between the poet/artist Miller and the cellist/improvisor Kanngießer, recorded at London’s Cafe Oto in January of 2023. Kanngießer’s searching, intensive cello lays an amorphous terrain beneath passing fragments of Miller’s poetry (from her 2022 book of the same name from JOAN Publishing), billboards dotting the interior freeway of liminal perception. The micro-world of spectral and textural details within the cello sound seems to dramatize or mirror the micro-world of unspoken implications left unsaid in the gaps between threads of language. At times, these worlds produce a dull anxiety or a quiet fervor, only to be scattered by the occasional swerve to a poetic delivery reminiscent of slow-motion jokes (“I once saw a sign on the side of a road it said SLOW DUST”), a fortuitous error (“a seagull shitting on my face is home”), a mysterious interruption of domestic boredom (“someone’s girlfriend called to say don’t answer”). Occasional dates progressing through time give the sense that we are being driven through a year of blue Mondays, the cello wandering as if seasonally. The live set having been accompanied by a literal slideshow of some cumulative, fictive vacation adds to this sense of the year in review. But the imperceptibility of (tonal and narrative) space between these entry/fragments bring us beyond the stark view of the calendrical and into something less measurable: the space of a syncope: 'to witness your life unfolding she said / is the key getting stuck.'"

Artist : Zara Joan Miller and Ute Kanngießer

Label : Reading Group

+ -

イギリスの詩人Zara Joan Millerとチェロ奏者Ute Kanngiesserが、2023年12月にアメリカ・NYの実験レーベルReading Groupからリリースした共作レコードです。

サウンドポエトリーとチェロによる緊張感のあるインプロ2曲を収録。DLコード付属。 

以下、レーベルによる解説です。

”このLPは、詩人/アーティストのMillerとチェリスト/インプロヴァイザーのKanngießerによる初のライブコラボレーションから生まれたもので、2023年1月にロンドンのCafe Otoで録音された。Kanngießerの探求的で集中的なチェロは、Millerの詩の断片(JOAN出版社から2022年に出版された同名の詩集より)の下を通り過ぎる不定形な地形を敷き詰め、限界知覚の内部フリーウェイに点在する広告塔となる。チェロの音の中にあるスペクトルやテクスチャーのディテールは、言語の糸の隙間に残された言葉にならない意味合いのミクロの世界をドラマティックに、あるいは鏡のように映し出しているようだ。時に、これらの世界は鈍い不安や静かな熱狂を生み出すが、時折、スローモーションジョークを思わせる詩的な表現(「道端に『SLOW DUST』と書かれた看板を見たことがある」)、偶然のエラー(「カモメが私の顔に糞をした」)、家庭内の退屈の謎の中断(「誰かのガールフレンドから『出るな』と電話があった」)などに振り回されるだけだ。時折挿入される日付の進行は、まるで季節のようにチェロが彷徨いながら、青い月曜日の1年を駆け抜けていくような感覚を与える。このライヴセットには、積み重ねられた架空の休暇の文字通りのスライドショーが添えられており、1年を振り返るという感覚に拍車をかけている。しかし、これらのエントリー/断片の間にある(音色や物語の)空間の知覚のしにくさは、私たちに暦の厳しい見方を超えて、測定不可能なもの、つまりシンコペーションの空間をもたらしている。"あなたの人生が展開するのを目撃することが/動けなくなる鍵だ”と彼女は言った。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Reading Group releases available at Tobira. 

-------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Blue Monday Side A 22:54
  2. Blue Monday Side B 23:38

++

Reading Group:

"Reading Group is very happy to announce the release of Blue Monday, a new LP from Zara Joan Miller and Ute Kanngießer. The LP is the result of the first live collaboration between the poet/artist Miller and the cellist/improvisor Kanngießer, recorded at London’s Cafe Oto in January of 2023. Kanngießer’s searching, intensive cello lays an amorphous terrain beneath passing fragments of Miller’s poetry (from her 2022 book of the same name from JOAN Publishing), billboards dotting the interior freeway of liminal perception. The micro-world of spectral and textural details within the cello sound seems to dramatize or mirror the micro-world of unspoken implications left unsaid in the gaps between threads of language. At times, these worlds produce a dull anxiety or a quiet fervor, only to be scattered by the occasional swerve to a poetic delivery reminiscent of slow-motion jokes (“I once saw a sign on the side of a road it said SLOW DUST”), a fortuitous error (“a seagull shitting on my face is home”), a mysterious interruption of domestic boredom (“someone’s girlfriend called to say don’t answer”). Occasional dates progressing through time give the sense that we are being driven through a year of blue Mondays, the cello wandering as if seasonally. The live set having been accompanied by a literal slideshow of some cumulative, fictive vacation adds to this sense of the year in review. But the imperceptibility of (tonal and narrative) space between these entry/fragments bring us beyond the stark view of the calendrical and into something less measurable: the space of a syncope: 'to witness your life unfolding she said / is the key getting stuck.'"

Artist : Zara Joan Miller and Ute Kanngießer

Label : Reading Group