• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Staalplaatsoundsystem & Lola Landscape Architects // Composed Nature / Yokomono Pro LP

Staalplaatsoundsystem & Lola Landscape Architects // Composed Nature / Yokomono Pro LP

  • Availability:

オランダのサウンドアート集団Staalplaatsoundsystemと環境建築集団Lola Landscape Architectsが、2011年にイタリアの実験レーベルAlga Marghenからリリースした共作レコードです。

インスタレーション2作を収録。ブックレット付属。

以下、レーベルによる解説です。

"Staalplaat Soundsystemによって制作されたこのLPレコードは、彼らの最近の音響活動と研究を記録するために、2つのプロジェクトに焦点を当てている。Staalplaat SoundsystemとLOLAランドスケープ・アーキテクトによるComposed Natureは、ドルトレヒト北芸術センター(Centrum voor Beeldende Kunst Dordrecht)のために開発されたインスタレーションで、64本の木のマトリクスで構成されている。制御可能な機械式バイブレーターが個々の木に取り付けられ、カスタムメイドのソフトウェアで操作される。それぞれの木の音は、ほとんど聞こえない音から重々しい「グリーン・ノイズ」まで変化し、それによって演奏される音のテクスチャーが異なる。木々を演奏するために、多くの空間的な音のパターンがプログラムされ、「Shiver Me Timbers」と題された楽曲が作られた。

Staalplaat Soundsystemによる「Yokomono pro」は、もともとインドのKhoj(ニューデリーの国際芸術家協会)のために開発された。この作品は、社会的な音やコミュニケーションとしてのクラクションの騒音について問いかけている。インドの交通の信じられないほどの量と大きさ、そしてそれが生み出す音が、このプロジェクトのインスピレーションとなった。彼らのコミュニケーション言語はクラクションで話されているようで、ヨーロッパでウインカーを使うのと同じように、必要なことはすべてクラクションで合図する。私たちは、この車の合図という現象を傍受し、いわゆる意味のある構造の中に重ね合わせようとした。30台のオート人力車を雇い、クラクションを遠隔操作するための技術的な準備をした。これによって、あらかじめ決められたルートを自動車が走るのと同期して、リズミカルなパターンを演奏することが可能になった。クラクションを鳴らすタクシーを合唱団として使い、声のパターンとダイナミックな空間的な動きの組み合わせを形成し、それによって未決定のサウンド・コレオグラフィーが生み出される。" 注釈と図表を含む4ページのインサート付属。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Alga Marghen releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl. 

Tracklist:

A                      Composed Nature (A Composition For Of 64 Trees)  18:12
B                      Yokomono Pro (A Composition For Of 30 Cars)          10:48

Alga Marghen:

"LP Produced by Staalplaat Soundsystem in order to document their recent sonic activities and researches, this LP record is focused on 2 projects. Composed Nature by Staalplaat Soundsystem and LOLA landscape architects, is an installation developed for the Centrum voor Beeldende Kunst Dordrecht, consisting of a matrix of 64 trees. Controllable mechanical vibrators are mounted on individual trees and are operated through custom made software. The sound of each tree can vary from a barely audible noise to a heavy ‘Green noise’, thereby offering different sound textures to be played. To play the trees, many spatial sonic patterns have been programmed, and a musical composition titled ‘Shiver Me Timbers’ has been written. ‘Yokomono pro’ by Staalplaat Soundsystem, was originally developed for the Indian Khoj (International Artists Association in New Delhi). This piece questions horn noise as a social sound and communication. The incredible volume and size of Indian traffic and the sounds it produces, was the inspiration for this project. Their communication language seems to be spoken with the horn; signaling with it everything needed, much the way we use indicator lights in Europe. We seek to intercept this phenomenon of car signaling and overlay it within a so-called meaningful structure. 30 auto rickshaws were hired and prepared technically in order to remotely take over control of their horns. This enabled to synchronously play rhythmic patterns as the autos drive along a pre-determined route. Using the taxis with their horns as a choir, it forms a combination of voice patterns and dynamic spatial movements which in turn create an undetermined sound choreography.” Includes a 4-page insert with notes and diagrams."

Artist : Staalplaatsoundsystem & Lola Landscape Architects

Label : Alga Marghen

オランダのサウンドアート集団Staalplaatsoundsystemと環境建築集団Lola Landscape Architectsが、2011年にイタリアの実験レーベルAlga Marghenからリリースした共作レコードです。

インスタレーション2作を収録。ブックレット付属。

以下、レーベルによる解説です。

"Staalplaat Soundsystemによって制作されたこのLPレコードは、彼らの最近の音響活動と研究を記録するために、2つのプロジェクトに焦点を当てている。Staalplaat SoundsystemとLOLAランドスケープ・アーキテクトによるComposed Natureは、ドルトレヒト北芸術センター(Centrum voor Beeldende Kunst Dordrecht)のために開発されたインスタレーションで、64本の木のマトリクスで構成されている。制御可能な機械式バイブレーターが個々の木に取り付けられ、カスタムメイドのソフトウェアで操作される。それぞれの木の音は、ほとんど聞こえない音から重々しい「グリーン・ノイズ」まで変化し、それによって演奏される音のテクスチャーが異なる。木々を演奏するために、多くの空間的な音のパターンがプログラムされ、「Shiver Me Timbers」と題された楽曲が作られた。

Staalplaat Soundsystemによる「Yokomono pro」は、もともとインドのKhoj(ニューデリーの国際芸術家協会)のために開発された。この作品は、社会的な音やコミュニケーションとしてのクラクションの騒音について問いかけている。インドの交通の信じられないほどの量と大きさ、そしてそれが生み出す音が、このプロジェクトのインスピレーションとなった。彼らのコミュニケーション言語はクラクションで話されているようで、ヨーロッパでウインカーを使うのと同じように、必要なことはすべてクラクションで合図する。私たちは、この車の合図という現象を傍受し、いわゆる意味のある構造の中に重ね合わせようとした。30台のオート人力車を雇い、クラクションを遠隔操作するための技術的な準備をした。これによって、あらかじめ決められたルートを自動車が走るのと同期して、リズミカルなパターンを演奏することが可能になった。クラクションを鳴らすタクシーを合唱団として使い、声のパターンとダイナミックな空間的な動きの組み合わせを形成し、それによって未決定のサウンド・コレオグラフィーが生み出される。" 注釈と図表を含む4ページのインサート付属。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Alga Marghen releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl. 

Tracklist:

A                      Composed Nature (A Composition For Of 64 Trees)  18:12
B                      Yokomono Pro (A Composition For Of 30 Cars)          10:48

Alga Marghen:

"LP Produced by Staalplaat Soundsystem in order to document their recent sonic activities and researches, this LP record is focused on 2 projects. Composed Nature by Staalplaat Soundsystem and LOLA landscape architects, is an installation developed for the Centrum voor Beeldende Kunst Dordrecht, consisting of a matrix of 64 trees. Controllable mechanical vibrators are mounted on individual trees and are operated through custom made software. The sound of each tree can vary from a barely audible noise to a heavy ‘Green noise’, thereby offering different sound textures to be played. To play the trees, many spatial sonic patterns have been programmed, and a musical composition titled ‘Shiver Me Timbers’ has been written. ‘Yokomono pro’ by Staalplaat Soundsystem, was originally developed for the Indian Khoj (International Artists Association in New Delhi). This piece questions horn noise as a social sound and communication. The incredible volume and size of Indian traffic and the sounds it produces, was the inspiration for this project. Their communication language seems to be spoken with the horn; signaling with it everything needed, much the way we use indicator lights in Europe. We seek to intercept this phenomenon of car signaling and overlay it within a so-called meaningful structure. 30 auto rickshaws were hired and prepared technically in order to remotely take over control of their horns. This enabled to synchronously play rhythmic patterns as the autos drive along a pre-determined route. Using the taxis with their horns as a choir, it forms a combination of voice patterns and dynamic spatial movements which in turn create an undetermined sound choreography.” Includes a 4-page insert with notes and diagrams."

Artist : Staalplaatsoundsystem & Lola Landscape Architects

Label : Alga Marghen