• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Raed Yassin // CW Tapes LP

Raed Yassin // CW Tapes LP

  • Availability:

レバノンのコラージュ作家Read Yassinが、2019年にポルトガルの密林レーベルDiscrepantからリリースしたレコードです。

レバノンの内戦が激化していた1980年代の政治的なスピーチ、ラジオやテレビのニュースやジングル、ポップ音楽、革命歌などをコラージュした風刺的レコードです。DLリンク付属。マスタリングはRashad Beckerが担当しています。

以下、ジャーナリストRayya Badran Beirutによる解説です。

"Yassinは、この24分の作品に、戦争を目撃した人々が経験した聴覚的、音響的風景を凝縮し、初めてオリジナル名で発表した。1975年から1990年にかけてレバノンを襲った内戦が激化していた1980年代、停電や地下シェルターでの待機が続く中、人々がニュースを聞く唯一の手段はテレビ、そしてトランジスタラジオだった。

音声素材は、Yassinがレバノン全土の民兵や政党、ラジオ局やテレビ局、レコード店などの分散して放置されたアーカイブを定期的に訪ね歩いて収集したものである。Yassinは300時間を超える素材から、政治演説、ラジオやテレビのコマーシャル、ニュースのフラッシュやジングル、地元の80年代ポップミュージック、日本のアニメソングの吹き替え、プロパガンダ、レジスタンス、革命党の歌、ジアド・ラーバーニの劇の断片など、さまざまなものを使って作曲した。CW Tapesに収録された音源は、戦争とその直後を記憶している年代であれば、プルーストのマドレーヌに相当する。コマーシャル、歌、スピーチが、まるでYassinがラジオチューナーを自分の心に差し込んだかのようにぶつかり合い、絡み合い、まるで夢(または悪夢)の中で聞いたかのように音が浮き沈みする、同時代の人々の隠された音の記憶と響き合う、深く個人的な音の地形を鳴り響かせる。

そのサウンドの多様性もさることながら、このアルバムで最も印象的なのは、Yassinが使用したさまざまなレコーディングが、プロパガンダ音楽であれ、ヴォーカル・パターンであれ、ニュースのジングルであれ、その音楽性に細心の注意を払っていることだ。例えば、CW Tapesの冒頭で聴けるのは、1980年代にレバノンのメディアに登場したさまざまな政治的・音楽的人物に対するYassinの憧憬である。この不可解な導入部で彼は、バチール・ゲマイエル(右派政党キリスト教ファランジュの幹部で、レバノン内戦初期の民兵組織レバノン軍の創設者であり司令官だったが、1982年に大統領に選出された際に殺害された)の政治演説と、レバノンのポップシンガー、サミー・クラークの軽薄で陽気なポップソングを並べることで、戦争の不条理さを浮き彫りにしている。重なり合う音色とテクスチャーの配列、そして当時の古風な技術に宿る加工された声によるグロソラリアが展開される。曲が進むにつれて、言葉は次第に解読不能になり、Yassinがため息や呼吸を分離させる美しいパッセージでは、まるで戦時中の休息を示すかのように、また別のコマーシャルソングやポップソングがフルボリュームで流される。また、Yassinの他の音楽プロジェクトでは定番となっている、歌に乗せて歌ったり口笛を吹いたりする場面も散見される。レバノンの最近の過去にまつわる音のアーカイブを掘り起こし、作業するという彼の絶え間ない努力の中で、このCW Tapesは、おそらくYassinにとってこれまでで最も個人的な作品である。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Discrepant releases available at Tobira.

-------------------------------

Includes DL link.

"In this 24-minute composition, released here in its original name for the first time, Yassin encapsulates and condenses the aural and sonic landscapes experienced by those who bore witness to the war. In the 1980s, while the Lebanese Civil War, which ravaged the country between 1975 and 1990, was raging, television but particularly transistor radios were the only means through which people heard the news during interminable periods of power cuts or waiting in basement shelters.

The audio material was collected by Yassin on his regular trips to the dispersed and neglected archives of militias and political parties, radio and TV stations, and record shops across Lebanon. Built from over 300 hours of material, Yassin has woven together a composition using political speeches; radio and television commercials; news flashes and jingles; local 80s pop music; dubbed Japanese anime songs; propaganda, resistance, and revolutionary party songs; snippets from Ziad Rahbani plays and many more. The recordings in CW Tapes are the sonic equivalents of Proust’s madeleines to any individual who was old enough to remember the war and its immediate aftermath; they effortlessly conjure the collective memory of children, teenagers and adults alike. Commercials, songs and speeches collide and intertwine as if Yassin had plugged a radio tuner into his mind, sounding out a deeply personal sonic terrain that echoes the hidden sonic memories of his contemporaries in which sounds ebb and flow as if they were heard in a dream (or nightmare).

Beside the diversity of its sounds, what is most striking in this record is the minute attention to the musicality of the different recordings Yassin uses, whether they are propaganda pieces, vocal patterns or news jingles. What you hear in the beginning of the CW Tapes, for example, is Raed Yassin’s fascination for the different political and musical figures that populated the Lebanese media landscape across the 1980s. In this bewildering introduction, he highlights the absurdity of the war by lacing together a political speech given by Bachir Gemayel (a senior member of the right-wing Christian Phalange party and the founder and commander of the Lebanese Forces militia during the early years of the Lebanese Civil War who was killed in 1982 when he was elected president) with a frivolous and upbeat pop song by Lebanese pop singer Sammy Clark whose tunes are heard at different moments in the piece. The composition unfurls an array of overlapping tonalities and textures as well as a glossolalia made of processed voices that inhabited the archaic technologies of the time. Words become increasingly indecipherable as the piece progresses, with a beautiful passage in which Yassin isolates sighs and breaths — as if to mark moments of respite during the war— until another commercial or pop song is blasted at full volume again. We can also hear what has become a staple in Yassin’s other musical projects, which is the sporadic inclusion of him singing or whistling over songs. In his continuous efforts to mine and work through the sonic archives of Lebanon’s recent past, the CW Tapes is possibly Yassin’s most personal output to date."
- Rayya Badran Beirut January, 2019

Artist : Raed Yassin

Label : Discrepant

レバノンのコラージュ作家Read Yassinが、2019年にポルトガルの密林レーベルDiscrepantからリリースしたレコードです。

レバノンの内戦が激化していた1980年代の政治的なスピーチ、ラジオやテレビのニュースやジングル、ポップ音楽、革命歌などをコラージュした風刺的レコードです。DLリンク付属。マスタリングはRashad Beckerが担当しています。

以下、ジャーナリストRayya Badran Beirutによる解説です。

"Yassinは、この24分の作品に、戦争を目撃した人々が経験した聴覚的、音響的風景を凝縮し、初めてオリジナル名で発表した。1975年から1990年にかけてレバノンを襲った内戦が激化していた1980年代、停電や地下シェルターでの待機が続く中、人々がニュースを聞く唯一の手段はテレビ、そしてトランジスタラジオだった。

音声素材は、Yassinがレバノン全土の民兵や政党、ラジオ局やテレビ局、レコード店などの分散して放置されたアーカイブを定期的に訪ね歩いて収集したものである。Yassinは300時間を超える素材から、政治演説、ラジオやテレビのコマーシャル、ニュースのフラッシュやジングル、地元の80年代ポップミュージック、日本のアニメソングの吹き替え、プロパガンダ、レジスタンス、革命党の歌、ジアド・ラーバーニの劇の断片など、さまざまなものを使って作曲した。CW Tapesに収録された音源は、戦争とその直後を記憶している年代であれば、プルーストのマドレーヌに相当する。コマーシャル、歌、スピーチが、まるでYassinがラジオチューナーを自分の心に差し込んだかのようにぶつかり合い、絡み合い、まるで夢(または悪夢)の中で聞いたかのように音が浮き沈みする、同時代の人々の隠された音の記憶と響き合う、深く個人的な音の地形を鳴り響かせる。

そのサウンドの多様性もさることながら、このアルバムで最も印象的なのは、Yassinが使用したさまざまなレコーディングが、プロパガンダ音楽であれ、ヴォーカル・パターンであれ、ニュースのジングルであれ、その音楽性に細心の注意を払っていることだ。例えば、CW Tapesの冒頭で聴けるのは、1980年代にレバノンのメディアに登場したさまざまな政治的・音楽的人物に対するYassinの憧憬である。この不可解な導入部で彼は、バチール・ゲマイエル(右派政党キリスト教ファランジュの幹部で、レバノン内戦初期の民兵組織レバノン軍の創設者であり司令官だったが、1982年に大統領に選出された際に殺害された)の政治演説と、レバノンのポップシンガー、サミー・クラークの軽薄で陽気なポップソングを並べることで、戦争の不条理さを浮き彫りにしている。重なり合う音色とテクスチャーの配列、そして当時の古風な技術に宿る加工された声によるグロソラリアが展開される。曲が進むにつれて、言葉は次第に解読不能になり、Yassinがため息や呼吸を分離させる美しいパッセージでは、まるで戦時中の休息を示すかのように、また別のコマーシャルソングやポップソングがフルボリュームで流される。また、Yassinの他の音楽プロジェクトでは定番となっている、歌に乗せて歌ったり口笛を吹いたりする場面も散見される。レバノンの最近の過去にまつわる音のアーカイブを掘り起こし、作業するという彼の絶え間ない努力の中で、このCW Tapesは、おそらくYassinにとってこれまでで最も個人的な作品である。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Discrepant releases available at Tobira.

-------------------------------

Includes DL link.

"In this 24-minute composition, released here in its original name for the first time, Yassin encapsulates and condenses the aural and sonic landscapes experienced by those who bore witness to the war. In the 1980s, while the Lebanese Civil War, which ravaged the country between 1975 and 1990, was raging, television but particularly transistor radios were the only means through which people heard the news during interminable periods of power cuts or waiting in basement shelters.

The audio material was collected by Yassin on his regular trips to the dispersed and neglected archives of militias and political parties, radio and TV stations, and record shops across Lebanon. Built from over 300 hours of material, Yassin has woven together a composition using political speeches; radio and television commercials; news flashes and jingles; local 80s pop music; dubbed Japanese anime songs; propaganda, resistance, and revolutionary party songs; snippets from Ziad Rahbani plays and many more. The recordings in CW Tapes are the sonic equivalents of Proust’s madeleines to any individual who was old enough to remember the war and its immediate aftermath; they effortlessly conjure the collective memory of children, teenagers and adults alike. Commercials, songs and speeches collide and intertwine as if Yassin had plugged a radio tuner into his mind, sounding out a deeply personal sonic terrain that echoes the hidden sonic memories of his contemporaries in which sounds ebb and flow as if they were heard in a dream (or nightmare).

Beside the diversity of its sounds, what is most striking in this record is the minute attention to the musicality of the different recordings Yassin uses, whether they are propaganda pieces, vocal patterns or news jingles. What you hear in the beginning of the CW Tapes, for example, is Raed Yassin’s fascination for the different political and musical figures that populated the Lebanese media landscape across the 1980s. In this bewildering introduction, he highlights the absurdity of the war by lacing together a political speech given by Bachir Gemayel (a senior member of the right-wing Christian Phalange party and the founder and commander of the Lebanese Forces militia during the early years of the Lebanese Civil War who was killed in 1982 when he was elected president) with a frivolous and upbeat pop song by Lebanese pop singer Sammy Clark whose tunes are heard at different moments in the piece. The composition unfurls an array of overlapping tonalities and textures as well as a glossolalia made of processed voices that inhabited the archaic technologies of the time. Words become increasingly indecipherable as the piece progresses, with a beautiful passage in which Yassin isolates sighs and breaths — as if to mark moments of respite during the war— until another commercial or pop song is blasted at full volume again. We can also hear what has become a staple in Yassin’s other musical projects, which is the sporadic inclusion of him singing or whistling over songs. In his continuous efforts to mine and work through the sonic archives of Lebanon’s recent past, the CW Tapes is possibly Yassin’s most personal output to date."
- Rayya Badran Beirut January, 2019

Artist : Raed Yassin

Label : Discrepant