• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Prophetas // Nested Russian Dolls of Paranoia TAPE

Prophetas // Nested Russian Dolls of Paranoia TAPE

  • Availability:

ポルトガルの密林系レーベルDiscrepant主宰Prophetasが、2022年8月にリリースしたミックステープです。

ミステリー色の強いミックスです。以下、レーベル解説です。

Goncaloの最も幻惑的な名義であるProphetasの3作目であり、おそらく最後の作品です。

最初のテープ『Reveal, Accept, Remember, Forget』は50年代半ばの奇妙な希望(UFO目撃、郊外、宇宙開発競争)のアイデアを蘇らせ、2作目の『Maury Island Reverie』は90年代初期の幻滅をモール文化、深夜のケーブルテレビ、横行する消費主義の音の世界を通して探求しました。そして本作では、以前に探求した感情や概念に対してよりランダムで希望なきアプローチで計画性のない3部作を完結させました。

今で言うパンデミック期に制作され、また新たな戦争が勃発する直前に発表されたこの作品は、控えめに言っても精神分裂のような感覚です。チャンネルをフルに回し、すべてのタブを開き、注意力をゼロにして制御不能の消費主義が音楽(そして我々の生活)に定着した、新しい日常、考える時間もなければ本当にやる気もなく、そのまま続け、同情し、続け、死ぬのです。

偽預言者たちは、今や社会の隅々にまでしっかりと爪を立て、私たちの地球から利益をむしり取る一方で、見返りは何も残さない。世界は今や巨大なキャッシュディスペンサーであり、クレジットカードの埋立地であり、手早く利益を上げられるものであれば、何でも手に入れることができるのです。技術?科学?芸術?技術、科学、芸術?私たちがそれを利用し、人々を監視しながら手っ取り早く金を稼ぐことができるのなら、誰がそれを必要とするでしょうか。その一方で、人類の救世主として登場する?計画があるんだ、大丈夫、みんなで火星に行こう。

この作品が完成して以来、秘密裏に、そしてそうでない戦争が繰り広げられてきました。古い現在がついに可能な未来を打ち消してしまった。このテープのように、見て不思議に思う過去があることに感謝しましょう。21世紀のどこにでもいる偽預言者万歳、それが我々です。

「貴方たちの稼ぎの十分の一を倉に納めなさい。わたしは貴方たちのために天の窓を開き、貴方たちに必要なすべての祝福を注ぎ出そう」-マラキ3:10

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Discrepant releases available at Tobira.

-------------------------------

Includes DL code. 

Tracklist:

  1. Utopia Heights 17:07
  2. A Defunct Cult or An Ambient Government 15:30

++

Discrepant:

"Third and probably last volume from Gonçalo F. Cardoso’s most disillusioned moniker, Prophetas.

Where the first tape, Reveal, Accept, Remember, Forget, revived mid 50’s ideas of weird hope (UFO sightings, suburbia, space race) and the second, Maury Island Reverie, explored early 90’s disillusionment through a sound world of mall culture, late night cable TV and rampant consumerism, this new work concludes de unplanned trilogy with a more randomised yet no hope approach to the sentiments and concepts explored previously.

Produced over what we call now the pandemic years, and pressed just before the outbreak of yet another war, the feeling here is schizophrenic to say the least : full channel surfing, all tabs open, zero attention span and out of control consumerism has settled into the music (and our lives), the new normal, no time to think, no time for much really, keep going, feel sorry, carry on and die."

Artist : Prophetas

Label : Discrepant

+ -

ポルトガルの密林系レーベルDiscrepant主宰Prophetasが、2022年8月にリリースしたミックステープです。

ミステリー色の強いミックスです。以下、レーベル解説です。

Goncaloの最も幻惑的な名義であるProphetasの3作目であり、おそらく最後の作品です。

最初のテープ『Reveal, Accept, Remember, Forget』は50年代半ばの奇妙な希望(UFO目撃、郊外、宇宙開発競争)のアイデアを蘇らせ、2作目の『Maury Island Reverie』は90年代初期の幻滅をモール文化、深夜のケーブルテレビ、横行する消費主義の音の世界を通して探求しました。そして本作では、以前に探求した感情や概念に対してよりランダムで希望なきアプローチで計画性のない3部作を完結させました。

今で言うパンデミック期に制作され、また新たな戦争が勃発する直前に発表されたこの作品は、控えめに言っても精神分裂のような感覚です。チャンネルをフルに回し、すべてのタブを開き、注意力をゼロにして制御不能の消費主義が音楽(そして我々の生活)に定着した、新しい日常、考える時間もなければ本当にやる気もなく、そのまま続け、同情し、続け、死ぬのです。

偽預言者たちは、今や社会の隅々にまでしっかりと爪を立て、私たちの地球から利益をむしり取る一方で、見返りは何も残さない。世界は今や巨大なキャッシュディスペンサーであり、クレジットカードの埋立地であり、手早く利益を上げられるものであれば、何でも手に入れることができるのです。技術?科学?芸術?技術、科学、芸術?私たちがそれを利用し、人々を監視しながら手っ取り早く金を稼ぐことができるのなら、誰がそれを必要とするでしょうか。その一方で、人類の救世主として登場する?計画があるんだ、大丈夫、みんなで火星に行こう。

この作品が完成して以来、秘密裏に、そしてそうでない戦争が繰り広げられてきました。古い現在がついに可能な未来を打ち消してしまった。このテープのように、見て不思議に思う過去があることに感謝しましょう。21世紀のどこにでもいる偽預言者万歳、それが我々です。

「貴方たちの稼ぎの十分の一を倉に納めなさい。わたしは貴方たちのために天の窓を開き、貴方たちに必要なすべての祝福を注ぎ出そう」-マラキ3:10

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Discrepant releases available at Tobira.

-------------------------------

Includes DL code. 

Tracklist:

  1. Utopia Heights 17:07
  2. A Defunct Cult or An Ambient Government 15:30

++

Discrepant:

"Third and probably last volume from Gonçalo F. Cardoso’s most disillusioned moniker, Prophetas.

Where the first tape, Reveal, Accept, Remember, Forget, revived mid 50’s ideas of weird hope (UFO sightings, suburbia, space race) and the second, Maury Island Reverie, explored early 90’s disillusionment through a sound world of mall culture, late night cable TV and rampant consumerism, this new work concludes de unplanned trilogy with a more randomised yet no hope approach to the sentiments and concepts explored previously.

Produced over what we call now the pandemic years, and pressed just before the outbreak of yet another war, the feeling here is schizophrenic to say the least : full channel surfing, all tabs open, zero attention span and out of control consumerism has settled into the music (and our lives), the new normal, no time to think, no time for much really, keep going, feel sorry, carry on and die."

Artist : Prophetas

Label : Discrepant