• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Prophetas // Maury Island Reverie TAPE

Prophetas // Maury Island Reverie TAPE

  • Availability:

ポルトガルの密林系レーベルDiscrepant主宰Prophetasが、2020年にリリースしたミックステープです。

ミステリー色の強いミックスです。以下、レーベル解説です。

幻影や偏執狂のカルト的な人物、現代的で新しい特異な人物にインスピレーションを受け、新しい10年の不確かな時代の希望と絶望のシンボルとして制作されました。

最初のテープコンピレーション(Reveal, Accept, Remember, Forget)が50年代半ばのアイデア(UFO目撃、郊外、宇宙開発競争)を蘇らせたのに対し、本作は90年代初頭の幻滅:モール文化、Xファイル、横行する消費主義、深夜のケーブルテレビに位置づけることにより、今や確立したパラノイアを新しい高みに再調整するものです。

この新しい過去と現在の記憶は、21世紀のどこにでもいる偽預言者たち、つまりシリコンバレー・タイプ、アップル、グーグル、フェイスブックといった新しいカルトの土台となるものだが、すべては使い古された90年代の断片的なレンズを通してフィルターにかけられたものです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Discrepant releases available at Tobira.

-------------------------------

Includes DL code.

Tracklist:

1. Age of Confusion      28:00
2. Moon Child      27:12

++

Discrepant:

"Having recently retired from his most prolific moniker Gonzo, Gonçalo F Cardoso keeps busy and plowing ahead into an ominous 2020 with the second tape from his new concept project: Prophetas.

Inspired by visionary/paranoid cult figures, modern/new idiosyncratic figures as symbols of hope/despair for the uncertain times of the new decade.

Where the first tape compilation (Reveal, Accept, Remember, Forget) revived mid 50’s ideas (UFO sightings, suburbia, space race) this new work reshuffles the now established paranoia to new heights by positioning itself in early 90’s disillusionment: mall culture, X-Files, rampant consumerism and late night cable TV.

The new past/present memories finally laying the groundwork for the ubiquitous fake prophets of the 21st century: silicon valley types, Apple, Google, Facebook - the new cults - all filtered through an overused 90's fragmented lens.

‘History is the price we pay for progress. If the future should ever come to stay again, it will only be to haunt us’ Ken Hollings in Welcome to Mars.'"

Artist : Prophetas

Label : Discrepant

ポルトガルの密林系レーベルDiscrepant主宰Prophetasが、2020年にリリースしたミックステープです。

ミステリー色の強いミックスです。以下、レーベル解説です。

幻影や偏執狂のカルト的な人物、現代的で新しい特異な人物にインスピレーションを受け、新しい10年の不確かな時代の希望と絶望のシンボルとして制作されました。

最初のテープコンピレーション(Reveal, Accept, Remember, Forget)が50年代半ばのアイデア(UFO目撃、郊外、宇宙開発競争)を蘇らせたのに対し、本作は90年代初頭の幻滅:モール文化、Xファイル、横行する消費主義、深夜のケーブルテレビに位置づけることにより、今や確立したパラノイアを新しい高みに再調整するものです。

この新しい過去と現在の記憶は、21世紀のどこにでもいる偽預言者たち、つまりシリコンバレー・タイプ、アップル、グーグル、フェイスブックといった新しいカルトの土台となるものだが、すべては使い古された90年代の断片的なレンズを通してフィルターにかけられたものです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Discrepant releases available at Tobira.

-------------------------------

Includes DL code.

Tracklist:

1. Age of Confusion      28:00
2. Moon Child      27:12

++

Discrepant:

"Having recently retired from his most prolific moniker Gonzo, Gonçalo F Cardoso keeps busy and plowing ahead into an ominous 2020 with the second tape from his new concept project: Prophetas.

Inspired by visionary/paranoid cult figures, modern/new idiosyncratic figures as symbols of hope/despair for the uncertain times of the new decade.

Where the first tape compilation (Reveal, Accept, Remember, Forget) revived mid 50’s ideas (UFO sightings, suburbia, space race) this new work reshuffles the now established paranoia to new heights by positioning itself in early 90’s disillusionment: mall culture, X-Files, rampant consumerism and late night cable TV.

The new past/present memories finally laying the groundwork for the ubiquitous fake prophets of the 21st century: silicon valley types, Apple, Google, Facebook - the new cults - all filtered through an overused 90's fragmented lens.

‘History is the price we pay for progress. If the future should ever come to stay again, it will only be to haunt us’ Ken Hollings in Welcome to Mars.'"

Artist : Prophetas

Label : Discrepant