• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Nakibembe Embaire Group // Nakibembe Embaire Group LP

Nakibembe Embaire Group // Nakibembe Embaire Group LP

  • Availability:

ウガンダ・ブソガ王国の小さな村ナキベンベの伝統楽器である巨大な木琴「エンベール」を演奏するバンドNakibembe Embaire Groupが、2023年5月に同国カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたデビューレコードです。

ポリリズム全開のプリミティブ・ダンスミュージック8曲を収録。

インドネシアのガムランガババンドGabber Modus Operandiも参加しています。

"ウガンダのブソガ王国(現存する4つの立憲君主制国家のひとつ)にある小さな村、ナキベンベでは、昔から地元の人々が音楽演奏や社交行事のための共同スペースを確保してきました。その中央には深い穴があり、15~25個の木の鍵盤で構成された巨大な木琴「エンベール」を増幅させるために、溝を横切っているのです。丸太の木琴は東アフリカでよく見られるものですが、東部バントゥー系民族のバソガ族が奏でる音楽は、独自のチューニングや踊り、補助的な楽器など、特殊でユニークなものです。最大8人の奏者がエンベールを囲んで同時に演奏し、催眠的なポリリズムを重ね合わせ、さらにボーカルやシェーカー、ドラムを加えたアンサンブルを奏でます。

ナキベンベ・キシロフォン・グループは、アンベールを使って演奏する最後のグループのひとつで、彼らのライブを見た人ならわかるように、複雑で重層的な音の壁を作り出し、どこで演奏しても完全に魅了されるのです。バンドはNyege Nyegeフェスティバルの常連で、2020年にはベルリンの伝説的ナイトクラブBerghainで、ジャカルタ出身の前衛バンドGabber Modus OperandiとHarsya Wahonoと共に出演した。デビューアルバムでは、アンサンブルで5曲、インドネシアのトリオとのコラボレーションで3曲を発表しています。一緒に聴くと、Nakibembe自身の運動音だけでなく、インドネシアのメタロフォン主導のガムラン音楽からサウンドアート界の頭脳的なデジタルプロセスまで、より遠い形態と相関する音の波紋が示されます。

8分間に及ぶ大曲「Omukazi Iwe Ongeyengula Nguli Zna Ntyo Bwenkola」は、バソガ音楽の伝統を紹介する完璧な作品として、我々をアルバムに引き込みます。三重奏のメロディックなパーカッシブ・フレーズは、常に流動的なバックボーンを提供し、ルソガのコール&レスポンス・ボーカルとリズムを明確にするためのシェイカーのスペースを残しています。Omulangira Mpangoでは、さらにテンポを上げ、音符とパターンが混ざり合い、泡のようなハーモニーの雲になりそうです。これらのサウンドが西洋の実験音楽やエレクトロニック・ミュージックの枠組みにいかに浸透しているかに気づくのは難しいことではなく、腐敗することなく提示されるのを聞くと、ソースとつながることがいかに稀であるかを確認することになります。そして、Nakibembeが外部からの影響に対応するとき、その結びつきは相互的で相乗的です。

GMOやWahonoの音楽的アプローチと自分たちのテクニックを融合させるために、彼らはエンベールの鍵盤にオーディオ-MIDIトリガーを装着し、音そのものをかき消すことなく楽器の揺れをとらえることに成功しました。ワホノとGMOは、これらの録音とMIDIデータをもとに、デジタル処理によって音を歪ませ、危険な新境地へとシフトさせ、GMOのIcan Haremによるボーカルの即興演奏を加えました。インドネシアのトリオは、Nakibembeでよりミニマルなアプローチを探求したいと考え、「140」ではまさにその通り、エンベアーのクランクの渦を這うように遅くし、散発的な鳴き声と句読点のようなバンプを加えています。「160」はさらに予想外で、エンベアを完全に失い、生のドラムデータをシンセサイザーに送り込み、同じ紛れもないエネルギーでポップや鳴き声を出します。

インドネシアとウガンダの民族的伝統の類似性を訴えるイカン・ハレムの冷静な語りから始まり、蛇のようなポリリズムと幻惑的なボーカルが融合したトランスのような曲へと爆発します。このアルバムを聴くと、過去、現在、未来が一直線に並んでいるように感じられます。ダンスミュージックは静的なものではなく、現代の装置に縛られることもなく、植民地化ではなく会話によって、偽りの国境を越えて概念を拡張できます。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl.

Nyege Nyege Tapes:

"In Nakibembe, a small village in Uganda's Busoga kingdom (one of the country's four remaining constitutional monarchies), locals have long reserved a communal area for musical performances and social events. In the middle of this space lies a deep pit that serves a single purpose: to amplify the embaire, an immense xylophone made up of between 15 and 25 wooden keys that stretches across the trench. Log xylophones are common throughout East Africa, but the way the music is played by the Basoga - an Eastern Bantu ethnic group - is specific and unique, with its own tuning, dances and supplemental instrumentation. Up to eight players can surround the embaire and play simultaneously, overlaying hypnotic polyrhythms while additional members of the ensemble add vocals or play shakers and drums.

Nakibembe Xylophone Group are one of the last remaining groups that perform with the embaire, and as anyone who's caught their live performances will know, they create a complex and layered wall of sound that's completely transfixing wherever it's presented. The band are a regular fixture at Nyege Nyege festival, and in 2020 appeared in Berlin at the legendary Berghain nightclub alongside Jakarta-based vanguards Gabber Modus Operandi and Harsya Wahono. On the group's debut album, they present five tracks as an ensemble and three tracks in collaboration with Indonesian trio. Heard together the music demonstrates not only the remarkable sound of Nakibembe's own kinetic interaction, but sonic ripples that correlate with more distant forms, from Indonesia's metallophone-led gamelan music to the heady digital processes of the sound art sphere.

Undulating eight-minute epic 'Omukazi Iwe Ongeyengula Nguli Zna Ntyo Bwenkola' draws us into the album, offering the perfect introduction to Basoga musical traditions. Triplet-led melodic percussive phrases provide an ever-fluxing backbone, leaving space for call-and-response vocals in Lusoga and shakers for rhythmic clarity. 'Omulangira Mpango' develops the scope even further, pushing up the tempo so the notes and patterns almost blur into clouds of bubbling harmony. It's not difficult to notice how these sounds have seeped into the framework of Western experimental and electronic music, and hearing them presented without corruption only serves to confirm how rare it is to connect with the source. And when Nakibembe do correspond with outside influences, the bond is mutual and synergistic.

The group needed to work out a way to combine their techniques with GMO and Wahono's own musical approaches, so they fitted the embaire's keys with audio-to-MIDI triggers that allowed them to capture the instrument's swing without drowning out the sound itself. Then, Nakibembe recorded a series of freestyle performances that would demonstrate the range of the instrument; Wahono and GMO took these recordings and the MIDI data and used digital processes to distort and shift the sounds into dangerous new places, adding vocal improvisations from GMO's Ican Harem. The Indonesian trio wanted to explore a more minimalist approach with Nakibembe, and on '140' do exactly that, slowing down the whir of embaire clunks to a crawl and adding sporadic squeals and punctuating bumps. '160' is even more unexpected, losing the embaire completely and feeding the raw drum data into synthesizers that pop and squeak with the same unmistakable energy.

But it's the final track '133' that really seals the deal, opening on a sober narrative from Ican Harem that addresses the parallels between Indonesian and Ugandan folk traditions before exploding into a trance-like fusion of serpentine polyrhythms and disorienting vocals. Listening to the album is like hearing the past, present and future aligned; dance music is neither static nor bound to its contemporary apparatus, and conversation rather than colonization can stretch concepts beyond phony borders.
 "

Artist : Nakibembe Embaire Group

Label : Nyege Nyege Tapes

+ -

ウガンダ・ブソガ王国の小さな村ナキベンベの伝統楽器である巨大な木琴「エンベール」を演奏するバンドNakibembe Embaire Groupが、2023年5月に同国カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたデビューレコードです。

ポリリズム全開のプリミティブ・ダンスミュージック8曲を収録。

インドネシアのガムランガババンドGabber Modus Operandiも参加しています。

"ウガンダのブソガ王国(現存する4つの立憲君主制国家のひとつ)にある小さな村、ナキベンベでは、昔から地元の人々が音楽演奏や社交行事のための共同スペースを確保してきました。その中央には深い穴があり、15~25個の木の鍵盤で構成された巨大な木琴「エンベール」を増幅させるために、溝を横切っているのです。丸太の木琴は東アフリカでよく見られるものですが、東部バントゥー系民族のバソガ族が奏でる音楽は、独自のチューニングや踊り、補助的な楽器など、特殊でユニークなものです。最大8人の奏者がエンベールを囲んで同時に演奏し、催眠的なポリリズムを重ね合わせ、さらにボーカルやシェーカー、ドラムを加えたアンサンブルを奏でます。

ナキベンベ・キシロフォン・グループは、アンベールを使って演奏する最後のグループのひとつで、彼らのライブを見た人ならわかるように、複雑で重層的な音の壁を作り出し、どこで演奏しても完全に魅了されるのです。バンドはNyege Nyegeフェスティバルの常連で、2020年にはベルリンの伝説的ナイトクラブBerghainで、ジャカルタ出身の前衛バンドGabber Modus OperandiとHarsya Wahonoと共に出演した。デビューアルバムでは、アンサンブルで5曲、インドネシアのトリオとのコラボレーションで3曲を発表しています。一緒に聴くと、Nakibembe自身の運動音だけでなく、インドネシアのメタロフォン主導のガムラン音楽からサウンドアート界の頭脳的なデジタルプロセスまで、より遠い形態と相関する音の波紋が示されます。

8分間に及ぶ大曲「Omukazi Iwe Ongeyengula Nguli Zna Ntyo Bwenkola」は、バソガ音楽の伝統を紹介する完璧な作品として、我々をアルバムに引き込みます。三重奏のメロディックなパーカッシブ・フレーズは、常に流動的なバックボーンを提供し、ルソガのコール&レスポンス・ボーカルとリズムを明確にするためのシェイカーのスペースを残しています。Omulangira Mpangoでは、さらにテンポを上げ、音符とパターンが混ざり合い、泡のようなハーモニーの雲になりそうです。これらのサウンドが西洋の実験音楽やエレクトロニック・ミュージックの枠組みにいかに浸透しているかに気づくのは難しいことではなく、腐敗することなく提示されるのを聞くと、ソースとつながることがいかに稀であるかを確認することになります。そして、Nakibembeが外部からの影響に対応するとき、その結びつきは相互的で相乗的です。

GMOやWahonoの音楽的アプローチと自分たちのテクニックを融合させるために、彼らはエンベールの鍵盤にオーディオ-MIDIトリガーを装着し、音そのものをかき消すことなく楽器の揺れをとらえることに成功しました。ワホノとGMOは、これらの録音とMIDIデータをもとに、デジタル処理によって音を歪ませ、危険な新境地へとシフトさせ、GMOのIcan Haremによるボーカルの即興演奏を加えました。インドネシアのトリオは、Nakibembeでよりミニマルなアプローチを探求したいと考え、「140」ではまさにその通り、エンベアーのクランクの渦を這うように遅くし、散発的な鳴き声と句読点のようなバンプを加えています。「160」はさらに予想外で、エンベアを完全に失い、生のドラムデータをシンセサイザーに送り込み、同じ紛れもないエネルギーでポップや鳴き声を出します。

インドネシアとウガンダの民族的伝統の類似性を訴えるイカン・ハレムの冷静な語りから始まり、蛇のようなポリリズムと幻惑的なボーカルが融合したトランスのような曲へと爆発します。このアルバムを聴くと、過去、現在、未来が一直線に並んでいるように感じられます。ダンスミュージックは静的なものではなく、現代の装置に縛られることもなく、植民地化ではなく会話によって、偽りの国境を越えて概念を拡張できます。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl.

Nyege Nyege Tapes:

"In Nakibembe, a small village in Uganda's Busoga kingdom (one of the country's four remaining constitutional monarchies), locals have long reserved a communal area for musical performances and social events. In the middle of this space lies a deep pit that serves a single purpose: to amplify the embaire, an immense xylophone made up of between 15 and 25 wooden keys that stretches across the trench. Log xylophones are common throughout East Africa, but the way the music is played by the Basoga - an Eastern Bantu ethnic group - is specific and unique, with its own tuning, dances and supplemental instrumentation. Up to eight players can surround the embaire and play simultaneously, overlaying hypnotic polyrhythms while additional members of the ensemble add vocals or play shakers and drums.

Nakibembe Xylophone Group are one of the last remaining groups that perform with the embaire, and as anyone who's caught their live performances will know, they create a complex and layered wall of sound that's completely transfixing wherever it's presented. The band are a regular fixture at Nyege Nyege festival, and in 2020 appeared in Berlin at the legendary Berghain nightclub alongside Jakarta-based vanguards Gabber Modus Operandi and Harsya Wahono. On the group's debut album, they present five tracks as an ensemble and three tracks in collaboration with Indonesian trio. Heard together the music demonstrates not only the remarkable sound of Nakibembe's own kinetic interaction, but sonic ripples that correlate with more distant forms, from Indonesia's metallophone-led gamelan music to the heady digital processes of the sound art sphere.

Undulating eight-minute epic 'Omukazi Iwe Ongeyengula Nguli Zna Ntyo Bwenkola' draws us into the album, offering the perfect introduction to Basoga musical traditions. Triplet-led melodic percussive phrases provide an ever-fluxing backbone, leaving space for call-and-response vocals in Lusoga and shakers for rhythmic clarity. 'Omulangira Mpango' develops the scope even further, pushing up the tempo so the notes and patterns almost blur into clouds of bubbling harmony. It's not difficult to notice how these sounds have seeped into the framework of Western experimental and electronic music, and hearing them presented without corruption only serves to confirm how rare it is to connect with the source. And when Nakibembe do correspond with outside influences, the bond is mutual and synergistic.

The group needed to work out a way to combine their techniques with GMO and Wahono's own musical approaches, so they fitted the embaire's keys with audio-to-MIDI triggers that allowed them to capture the instrument's swing without drowning out the sound itself. Then, Nakibembe recorded a series of freestyle performances that would demonstrate the range of the instrument; Wahono and GMO took these recordings and the MIDI data and used digital processes to distort and shift the sounds into dangerous new places, adding vocal improvisations from GMO's Ican Harem. The Indonesian trio wanted to explore a more minimalist approach with Nakibembe, and on '140' do exactly that, slowing down the whir of embaire clunks to a crawl and adding sporadic squeals and punctuating bumps. '160' is even more unexpected, losing the embaire completely and feeding the raw drum data into synthesizers that pop and squeak with the same unmistakable energy.

But it's the final track '133' that really seals the deal, opening on a sober narrative from Ican Harem that addresses the parallels between Indonesian and Ugandan folk traditions before exploding into a trance-like fusion of serpentine polyrhythms and disorienting vocals. Listening to the album is like hearing the past, present and future aligned; dance music is neither static nor bound to its contemporary apparatus, and conversation rather than colonization can stretch concepts beyond phony borders.
 "

Artist : Nakibembe Embaire Group

Label : Nyege Nyege Tapes