• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Müller / Doskocz / Gordoa // Aural Accidentals TAPE

Müller / Doskocz / Gordoa // Aural Accidentals TAPE

  • Availability:

ドイツとポーランドの即興奏者3名が、2023年4月にアメリカ・マサチューセッツの実験/ジャズレーベルTripticks Tapesから100本限定でリリースしたカセットです。

ポーランドで行われた実験音楽フェスSpontaneous Music Festivalでのライブ録音です。DLコード付属。

以下、Spontaneous Music Festival主催Andrzej Nowakによる解説です。

"ポズナンのドラゴン・クラブで開催された第5回Spontaneous Music Festivalでは、即興ミュージシャンのアドホック・グループがラインナップを独占し、彼らはステージで初めて顔を合わせました。

イベント最終日の日曜日の夕方、照明が落とされた暗闇の中、3人の勇敢な即興演奏家たちが原始の旅に出ることにしました。ベルリン出身のトロンボーン奏者、マティアス・ミュラーは、多くの音楽的経験とスキルを持ち込みましたが、その中でも特に貴重だったのが、典型的な始まりも終わりもないような長い金管楽器のフレーズを構築する巨大な能力でした。そしてポズナン出身のギタリスト、パヴェウ・ドスコッチと、同じくベルリン出身のエレクトロアコースティック・マルチインストゥルメンタリスト、エミリオ・ゴルドアでした。

彼らの旅には、パーカッシブなエレクトロニクスとギターの反復によって生み出される独自のリズムがあり、それは生気に満ちた重厚さと、背景のアンビエントの魅力的で驚くほどマットな美しさを持っていました。「フェイク・サウンド」フェスティバルのようであり、起源を正確に特定できない音の川でした。そして、彼らの音楽の集団的な流れは、鳥のさえずりと数秒の静寂によって終わりを告げ、未完成の音の実験を括弧の中に収め、聴き手の頭の中に実に暗い混乱を生み出しました。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Tripticks Tapes releases available at Tobira. 

------------------------

Cassette in soft poly case.

Text by Andrzej Nowak via the label:

"During the 5th edition of the Spontaneous Music Festival in the Dragon Club in Poznań, the lineup was dominant by ad hoc groups of improvising musicians, who met each other on the stage for the first time.

On Sunday evening, the last day of the event, in the darkness of the dimmed lights three brave improvisers decided to make their primal journey. Matthias Müller, a trombonist from Berlin, brought a lot of musical experience and skills, one of them exceptionally valuable – a gigantic ability to build long, brass phrases that seem to have no typical beginning or definite end. Two of his much younger colleagues – Paweł Doskocz, a guitarist from Poznań and Emilio Gordoa, an electroacoustic multi-instrumentalist, also from the Berlin – added a tendency of footloose experimentations, characteristic for both young and great artists.

Their journey had its own rhythm, created by percussive electronics and guitar repetitions, it had a brassy massiveness and a charming, surprisingly matte beauty of the background ambient. During the concert, which lasted less than two quarters, the artists imbued the narrative with a lots of sonic surprises – it was like a "fake sounds" festival, a river of sounds which origin we were not been able to point precisely. And their collective stream of music was ended by birds singing and a few second of silence, which took the unfinished sonic experiments in a bracket, creating a truly dark confusion in the listeners' heads."

Artist : Müller / Doskocz / Gordoa

Label : Tripticks Tapes

ドイツとポーランドの即興奏者3名が、2023年4月にアメリカ・マサチューセッツの実験/ジャズレーベルTripticks Tapesから100本限定でリリースしたカセットです。

ポーランドで行われた実験音楽フェスSpontaneous Music Festivalでのライブ録音です。DLコード付属。

以下、Spontaneous Music Festival主催Andrzej Nowakによる解説です。

"ポズナンのドラゴン・クラブで開催された第5回Spontaneous Music Festivalでは、即興ミュージシャンのアドホック・グループがラインナップを独占し、彼らはステージで初めて顔を合わせました。

イベント最終日の日曜日の夕方、照明が落とされた暗闇の中、3人の勇敢な即興演奏家たちが原始の旅に出ることにしました。ベルリン出身のトロンボーン奏者、マティアス・ミュラーは、多くの音楽的経験とスキルを持ち込みましたが、その中でも特に貴重だったのが、典型的な始まりも終わりもないような長い金管楽器のフレーズを構築する巨大な能力でした。そしてポズナン出身のギタリスト、パヴェウ・ドスコッチと、同じくベルリン出身のエレクトロアコースティック・マルチインストゥルメンタリスト、エミリオ・ゴルドアでした。

彼らの旅には、パーカッシブなエレクトロニクスとギターの反復によって生み出される独自のリズムがあり、それは生気に満ちた重厚さと、背景のアンビエントの魅力的で驚くほどマットな美しさを持っていました。「フェイク・サウンド」フェスティバルのようであり、起源を正確に特定できない音の川でした。そして、彼らの音楽の集団的な流れは、鳥のさえずりと数秒の静寂によって終わりを告げ、未完成の音の実験を括弧の中に収め、聴き手の頭の中に実に暗い混乱を生み出しました。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Tripticks Tapes releases available at Tobira. 

------------------------

Cassette in soft poly case.

Text by Andrzej Nowak via the label:

"During the 5th edition of the Spontaneous Music Festival in the Dragon Club in Poznań, the lineup was dominant by ad hoc groups of improvising musicians, who met each other on the stage for the first time.

On Sunday evening, the last day of the event, in the darkness of the dimmed lights three brave improvisers decided to make their primal journey. Matthias Müller, a trombonist from Berlin, brought a lot of musical experience and skills, one of them exceptionally valuable – a gigantic ability to build long, brass phrases that seem to have no typical beginning or definite end. Two of his much younger colleagues – Paweł Doskocz, a guitarist from Poznań and Emilio Gordoa, an electroacoustic multi-instrumentalist, also from the Berlin – added a tendency of footloose experimentations, characteristic for both young and great artists.

Their journey had its own rhythm, created by percussive electronics and guitar repetitions, it had a brassy massiveness and a charming, surprisingly matte beauty of the background ambient. During the concert, which lasted less than two quarters, the artists imbued the narrative with a lots of sonic surprises – it was like a "fake sounds" festival, a river of sounds which origin we were not been able to point precisely. And their collective stream of music was ended by birds singing and a few second of silence, which took the unfinished sonic experiments in a bracket, creating a truly dark confusion in the listeners' heads."

Artist : Müller / Doskocz / Gordoa

Label : Tripticks Tapes