• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Morton Feldman // String Quartet II 6xLP BOX

Morton Feldman // String Quartet II 6xLP BOX

¥14,670
  • Availability:

アメリカのピアニストMorton Feldman(1926-1987)が、2018年にオーストリアの実験/コンテンポラリーレーベルGODからリリースした6枚組レコードBOXです。ブックレット付属。

レコードのみでの発表となります。

以下、レーベルによる解説です。

"Morton Feldmanがキャリアの絶頂期にあった1983年に書いた2作目の弦楽四重奏曲。
それ以前は、1時間半ほどの長尺の作品が多かったが、Feldmanが予想していたように、コンサートやフェスティバルのプログラムから姿を消すことはなく、逆に大きな「ブレークスルー」、大きな「前進」として称賛されていた。

Feldmanの弦楽四重奏曲(II)は、繰り返されるパターンで構成されている。このパターンは、通常、準備なしに作曲のある時点で表面化し、一定期間維持された後、突然中断され、また後で戻ってくる可能性がある。

この文脈で、Feldmanは常に自分の音楽における「反復」と「変化」の相互作用を強調してきた。彼の中では、「反復」と「変化」(ストラヴィンスキーとシェーンベルク)という2つの側面が、20世紀の音楽の決定的な基準であった。彼は、シェーンベルクの「変奏の発展」という概念を自分の作曲技法に取り入れたとさえ主張している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more God Records releases available at Tobira.

----------------------

6 x 12" black vinyl. 

Exceprt from liner notes by Sebastian Claren via God Records:

"When Morton Feldman wrote his second string quartet – or String Quartet (II),
as he titled it in the score – in 1983, he found himself at the height of his career:
prior to this, his long form compositions, of which the majority lasted around one and a half hours, had not isolated him or let him disappear from concert and festival programming, as he had expected, but were on the contrary celebrated as a major “breakthrough” and a big “step forward”. 

Feldman's String Quartet (II) consists of repeated patterns,  which usually surface at a certain point in the composition without preparation, are maintained over a given period, and then abruptly abort to possibly return later. 

In this context, Feldman has always emphasized the interplay of  “reiteration” and “change” in his music - two aspects that in his mind had been decisive criteria of the music of the twentieth century as “repetition” and “variation” (Stravinsky and Schoenberg). He even claimed Schoenberg's concept of “developing variation” for his composition technique..."

Artist : Morton Feldman

Label : God Records

+ -

アメリカのピアニストMorton Feldman(1926-1987)が、2018年にオーストリアの実験/コンテンポラリーレーベルGODからリリースした6枚組レコードBOXです。ブックレット付属。

レコードのみでの発表となります。

以下、レーベルによる解説です。

"Morton Feldmanがキャリアの絶頂期にあった1983年に書いた2作目の弦楽四重奏曲。
それ以前は、1時間半ほどの長尺の作品が多かったが、Feldmanが予想していたように、コンサートやフェスティバルのプログラムから姿を消すことはなく、逆に大きな「ブレークスルー」、大きな「前進」として称賛されていた。

Feldmanの弦楽四重奏曲(II)は、繰り返されるパターンで構成されている。このパターンは、通常、準備なしに作曲のある時点で表面化し、一定期間維持された後、突然中断され、また後で戻ってくる可能性がある。

この文脈で、Feldmanは常に自分の音楽における「反復」と「変化」の相互作用を強調してきた。彼の中では、「反復」と「変化」(ストラヴィンスキーとシェーンベルク)という2つの側面が、20世紀の音楽の決定的な基準であった。彼は、シェーンベルクの「変奏の発展」という概念を自分の作曲技法に取り入れたとさえ主張している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more God Records releases available at Tobira.

----------------------

6 x 12" black vinyl. 

Exceprt from liner notes by Sebastian Claren via God Records:

"When Morton Feldman wrote his second string quartet – or String Quartet (II),
as he titled it in the score – in 1983, he found himself at the height of his career:
prior to this, his long form compositions, of which the majority lasted around one and a half hours, had not isolated him or let him disappear from concert and festival programming, as he had expected, but were on the contrary celebrated as a major “breakthrough” and a big “step forward”. 

Feldman's String Quartet (II) consists of repeated patterns,  which usually surface at a certain point in the composition without preparation, are maintained over a given period, and then abruptly abort to possibly return later. 

In this context, Feldman has always emphasized the interplay of  “reiteration” and “change” in his music - two aspects that in his mind had been decisive criteria of the music of the twentieth century as “repetition” and “variation” (Stravinsky and Schoenberg). He even claimed Schoenberg's concept of “developing variation” for his composition technique..."

Artist : Morton Feldman

Label : God Records