• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Méryll Ampe // W7E CD

Méryll Ampe // W7E CD

  • Availability:

フランスの音響作家/彫刻家/インターメディアアーティストMéryll Ampegaが、2022年11月にアメリカ・テキサスの実験/ノイズレーベルMisanthropic AgendaからリリースしたCDです。

物音コラージュ〜マイクロスコピック・ノイズテクノ8曲を収録。デジパック、シュリンク仕様です。

以下、Jim Haynesによる解説です。

パリ出身のインターメディアアーティスト、メリル・アンペの作品には、様々なプロセス、テクニック、フォームが展開され、様々な素材を用いてサウンド、彫刻、インスタレーションを制作しています。アンペの作品ですぐに目を引くのは、エレクトロ・アコースティック・コンポジションに対する生き生きとしたノンリニアなアプローチです。

Misanthropic Agendaでのデビュー作である本作では、皮膚の振動を録音したハイドロフォン、アナログシンセ、テープの加工、アルゴリズムの可変性によってプログラムされたシーケンス、そして多くのデジタル処理など、あらゆる音源を自由に再構成/分解/遺伝子変異させています。

W7Eの音楽は、「実験的な次元での研究であり、内と外、ミクロとマクロの間の両義性を体系的に翻訳する概念に導かれている」とAmpeは説明します。これらの意図は、ダイナミクス、レリーフ、深み、リズムのベクトルです。ビジュアルアーティストとしての私のトレーニングは、私がシンコペ、サウンドエフルヴィア、摩耗性不整脈と表現するような状態、サウンドフォームを見つけることになるメンタルイメージ(険しい風景、沸騰する有機物、有機物など)を通過することにもつながっているのです。私は音の媒体に可塑性の形を求め、このエネルギーが生きた物質となることを期待しています。

この多次元的なオーバーレイは、心理状態に影響を与えることのできるテクノロジーとの接続を通して、身体(必ずしも人間の身体とは限らないことに注意しなければならない)の中や外へと伸縮する構成になっています。この作品は、限界性、一過性のズレ、そして粒子が2つの別々の場所に同時に存在するという量子論に取り組んでいます。もしそれが原子レベルで起こりうるのなら、なぜ音を通しては起こらないのでしょうか?

W7Eは、キース・フラートン・ホワイトマン、フランシスコ・メイリーノ、バーナード・パルメジャーニの美学(コンセプトではないとしても)を反映した、ダイナミックでポリダクティルなアルバムとして成立しているのです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Misanthropic Agenda releases available at Tobira. 

-------------------------------

Text by Jim Haynes via Misanthropic Agenda:

"A multitude of processes, techniques, and forms unfold and unfurl within the work of Méryll Ampe, an intermedia artist from Paris working through sound, sculpture, and installation using a wide assortment of materials. What is immediately striking about Ampe’s work is the vibrant, non-linear approach to electro-acoustic composition.

Here on the debut for Misanthropic Agenda, Ampe liberally reconfigures / deconstructs / genetically mutates all sources: hydrophone recordings of vibrations through skin, analog synths, tape machinations, sequencing programmed through algorithmic variability, and plenty of digital processing.

As Ampe describes it, the music on W7E is "a research with an experimental dimension, guided by notions that systematically translate a form of ambivalence, between inside/outside, micro/macro. These intentions are vectors of the dynamics, reliefs, depths and rhythm. My training as a visual artist also leads me to go through mental images (such as a steep landscape, a boiling organism, an organic matter) which will then find a sound form, states that I would describe as syncope, sound effluvia, abrasive arrhythmias. I look for a form of plasticity in the sound medium, and that this energy become a living matter."

This multi-dimensional overlay through composition telescopes in and out of the body (not necessarily always a human body, it should be noted), through a connectivity with technology that can influence psychological states of being. The work addresses liminality, transitory slippages, and quantum theories of a particle being the two separate places at the same time. If that can occur at the atomic level, why not through sound?

W7E stands as a dynamic, polydactyl album reflective of the aesthetics (if not concepts) of Keith Fullerton Whitman, Francisco Meirino, and Bernard Parmegiani."

Artist : Méryll Ampe

Label : Misanthropic Agenda

+ -

フランスの音響作家/彫刻家/インターメディアアーティストMéryll Ampegaが、2022年11月にアメリカ・テキサスの実験/ノイズレーベルMisanthropic AgendaからリリースしたCDです。

物音コラージュ〜マイクロスコピック・ノイズテクノ8曲を収録。デジパック、シュリンク仕様です。

以下、Jim Haynesによる解説です。

パリ出身のインターメディアアーティスト、メリル・アンペの作品には、様々なプロセス、テクニック、フォームが展開され、様々な素材を用いてサウンド、彫刻、インスタレーションを制作しています。アンペの作品ですぐに目を引くのは、エレクトロ・アコースティック・コンポジションに対する生き生きとしたノンリニアなアプローチです。

Misanthropic Agendaでのデビュー作である本作では、皮膚の振動を録音したハイドロフォン、アナログシンセ、テープの加工、アルゴリズムの可変性によってプログラムされたシーケンス、そして多くのデジタル処理など、あらゆる音源を自由に再構成/分解/遺伝子変異させています。

W7Eの音楽は、「実験的な次元での研究であり、内と外、ミクロとマクロの間の両義性を体系的に翻訳する概念に導かれている」とAmpeは説明します。これらの意図は、ダイナミクス、レリーフ、深み、リズムのベクトルです。ビジュアルアーティストとしての私のトレーニングは、私がシンコペ、サウンドエフルヴィア、摩耗性不整脈と表現するような状態、サウンドフォームを見つけることになるメンタルイメージ(険しい風景、沸騰する有機物、有機物など)を通過することにもつながっているのです。私は音の媒体に可塑性の形を求め、このエネルギーが生きた物質となることを期待しています。

この多次元的なオーバーレイは、心理状態に影響を与えることのできるテクノロジーとの接続を通して、身体(必ずしも人間の身体とは限らないことに注意しなければならない)の中や外へと伸縮する構成になっています。この作品は、限界性、一過性のズレ、そして粒子が2つの別々の場所に同時に存在するという量子論に取り組んでいます。もしそれが原子レベルで起こりうるのなら、なぜ音を通しては起こらないのでしょうか?

W7Eは、キース・フラートン・ホワイトマン、フランシスコ・メイリーノ、バーナード・パルメジャーニの美学(コンセプトではないとしても)を反映した、ダイナミックでポリダクティルなアルバムとして成立しているのです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Misanthropic Agenda releases available at Tobira. 

-------------------------------

Text by Jim Haynes via Misanthropic Agenda:

"A multitude of processes, techniques, and forms unfold and unfurl within the work of Méryll Ampe, an intermedia artist from Paris working through sound, sculpture, and installation using a wide assortment of materials. What is immediately striking about Ampe’s work is the vibrant, non-linear approach to electro-acoustic composition.

Here on the debut for Misanthropic Agenda, Ampe liberally reconfigures / deconstructs / genetically mutates all sources: hydrophone recordings of vibrations through skin, analog synths, tape machinations, sequencing programmed through algorithmic variability, and plenty of digital processing.

As Ampe describes it, the music on W7E is "a research with an experimental dimension, guided by notions that systematically translate a form of ambivalence, between inside/outside, micro/macro. These intentions are vectors of the dynamics, reliefs, depths and rhythm. My training as a visual artist also leads me to go through mental images (such as a steep landscape, a boiling organism, an organic matter) which will then find a sound form, states that I would describe as syncope, sound effluvia, abrasive arrhythmias. I look for a form of plasticity in the sound medium, and that this energy become a living matter."

This multi-dimensional overlay through composition telescopes in and out of the body (not necessarily always a human body, it should be noted), through a connectivity with technology that can influence psychological states of being. The work addresses liminality, transitory slippages, and quantum theories of a particle being the two separate places at the same time. If that can occur at the atomic level, why not through sound?

W7E stands as a dynamic, polydactyl album reflective of the aesthetics (if not concepts) of Keith Fullerton Whitman, Francisco Meirino, and Bernard Parmegiani."

Artist : Méryll Ampe

Label : Misanthropic Agenda