• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Mark Vernon // Call Back Carousel LP

Mark Vernon // Call Back Carousel LP

¥3,670
  • Availability:

過去にKyeやCanti Magnetici、Calling Cardsなどから発表しているスコットランド・グラスゴーの実験音楽家Mark Vernonが、2023年6月にポルトガルの密林大巣窟Discrepantからリリースしたレコードです。

彼が過去20年以上にわたって収集してきたオープンリールテープの素材をソースにした、忘れ去られた誰かの思い出を覗き込むようなコラージュ・サウンドスケープ4曲を収録。DLリンク付属。

以下、レーベルによる解説です。

”Call Back Carouselは、オーディオによる時間旅行記、心の目のスライドショーであり、コダクロームの記憶を音だけでリスナーの心に直接投影します。それは、家から出ることなく旅をする方法です。想像力を刺激する、身をもって体験するバケーション、または純粋なオーディオの逃避行です。

各エピソードは、事前に録音されたスライドショーの解説を録音したテープに基づいています。これらのテープのほとんどは、60年代から70年代のアマチュア録音愛好家や趣味の写真家によって作られたものです。彼らの録音した解説は、かつては35mmスライドのシーケンスと一緒に使われていたはずですが、現在はテープに録音された声だけが残っています。録音そのものは、Vernonが過去20年以上にわたって収集してきた、拾ったオープンリール・テープのアーカイヴを素材としています。

これらのスライドショーの解説を骨組みとして、一連の音楽的なサウンドスケープが、不在のイメージに命を吹き込み、「耳のための映画」という古典的な伝統の中で聴く者の想像力を活性化させるために作られました。それは、手書きのキャプションと台紙の角だけが残り、写真そのものはすべて取り除かれた家族の写真集を眺めるようなものです。プロジェクターがガラガラと音を立てながら様々なスライドをシャッフルし、ツアー・ガイドの儚げな声が時を裂く音の旅に同伴します。”

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Discrepant releases available at Tobira.

-------------------------------

Includes DL link.
NOTE: vinyl does not include the track 'Brighton, 1971'. 

Discrepant:

"Call Back Carousel is an audio time-travelogue, a slideshow of the mind’s eye - projecting Kodachrome memories directly into the listener’s mind by means of sound alone. It is a way of travelling without ever having to leave the home. A vicarious vacation for the imagination. Pure audio escapism.

Each episode is based on a found tape of a pre-recorded slideshow commentary. Most of these tapes were made by amateur tape recording enthusiasts and hobbyist photographers of the 60s and 70s. Their recorded commentaries would at one time have been used in conjunction with a sequence of 35mm slides but only the taped voices now remain. The recordings themselves come from Vernon’s own archive of found reel-to-reel tapes that he has collected over the past twenty years.

Using these found slideshow commentaries as a framework, a series of musical soundscapes have been created to bring the absent images to life, activating the listeners’ imagination in the classic tradition of ‘cinema for the ears’. It’s a little like looking through a family photo album where only the hand written captions and mounting corners remain; the photographs themselves have all been removed. The evocative rattle and clack of the projector shuffles through different slides as the fragile voices of our tour guides accompany us on a sonic journey that fractures time - and through the cracks, the past bleeds through into our present."

Artist : Mark Vernon

Label : Discrepant

過去にKyeやCanti Magnetici、Calling Cardsなどから発表しているスコットランド・グラスゴーの実験音楽家Mark Vernonが、2023年6月にポルトガルの密林大巣窟Discrepantからリリースしたレコードです。

彼が過去20年以上にわたって収集してきたオープンリールテープの素材をソースにした、忘れ去られた誰かの思い出を覗き込むようなコラージュ・サウンドスケープ4曲を収録。DLリンク付属。

以下、レーベルによる解説です。

”Call Back Carouselは、オーディオによる時間旅行記、心の目のスライドショーであり、コダクロームの記憶を音だけでリスナーの心に直接投影します。それは、家から出ることなく旅をする方法です。想像力を刺激する、身をもって体験するバケーション、または純粋なオーディオの逃避行です。

各エピソードは、事前に録音されたスライドショーの解説を録音したテープに基づいています。これらのテープのほとんどは、60年代から70年代のアマチュア録音愛好家や趣味の写真家によって作られたものです。彼らの録音した解説は、かつては35mmスライドのシーケンスと一緒に使われていたはずですが、現在はテープに録音された声だけが残っています。録音そのものは、Vernonが過去20年以上にわたって収集してきた、拾ったオープンリール・テープのアーカイヴを素材としています。

これらのスライドショーの解説を骨組みとして、一連の音楽的なサウンドスケープが、不在のイメージに命を吹き込み、「耳のための映画」という古典的な伝統の中で聴く者の想像力を活性化させるために作られました。それは、手書きのキャプションと台紙の角だけが残り、写真そのものはすべて取り除かれた家族の写真集を眺めるようなものです。プロジェクターがガラガラと音を立てながら様々なスライドをシャッフルし、ツアー・ガイドの儚げな声が時を裂く音の旅に同伴します。”

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Discrepant releases available at Tobira.

-------------------------------

Includes DL link.
NOTE: vinyl does not include the track 'Brighton, 1971'. 

Discrepant:

"Call Back Carousel is an audio time-travelogue, a slideshow of the mind’s eye - projecting Kodachrome memories directly into the listener’s mind by means of sound alone. It is a way of travelling without ever having to leave the home. A vicarious vacation for the imagination. Pure audio escapism.

Each episode is based on a found tape of a pre-recorded slideshow commentary. Most of these tapes were made by amateur tape recording enthusiasts and hobbyist photographers of the 60s and 70s. Their recorded commentaries would at one time have been used in conjunction with a sequence of 35mm slides but only the taped voices now remain. The recordings themselves come from Vernon’s own archive of found reel-to-reel tapes that he has collected over the past twenty years.

Using these found slideshow commentaries as a framework, a series of musical soundscapes have been created to bring the absent images to life, activating the listeners’ imagination in the classic tradition of ‘cinema for the ears’. It’s a little like looking through a family photo album where only the hand written captions and mounting corners remain; the photographs themselves have all been removed. The evocative rattle and clack of the projector shuffles through different slides as the fragile voices of our tour guides accompany us on a sonic journey that fractures time - and through the cracks, the past bleeds through into our present."

Artist : Mark Vernon

Label : Discrepant