• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Manongo Mujica // Ritual sonoro para ruinas circulares LP

Manongo Mujica // Ritual sonoro para ruinas circulares LP

¥3,980
  • Availability:

ペルー・リマの中南米専門実験レーベルBuh Records諸作を入荷しました。

本作は、ペルーの実験音楽家/打楽器奏者Manongo Mujicaが、2023年11月にリリースしたレコードです。

ボルヘスの代表作「円環の廃墟」にインスパイアされたリチュアリスティックなストレンジビーツ〜ドローン9曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"ペルーの作曲家/打楽器奏者/画家であるManongo Mujicaは、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの有名な物語「円環の廃墟」の再読に基づき、彼の大きな関心事のひとつであるペルー沿岸の砂漠と、そこで見られる先史時代の儀式に新たな視線を向けている。長年にわたり、これらの場所の印象は、砂漠を内なる耳を傾けるための空間として、儀式の中心地であるフアカを神秘の表象として理解することから生じる、非常に個人的な美学を動員してきた。

このアルバムの歴史は、1974年、若き日のManongo Mujicaと親友のラファエル・ヘイスティングスが、リマの北、カスマにあるセチン遺跡への旅を始めたときに遡る。その旅は、ヘイスティングスの実験映画 "El incondicionado desocultamiento, cuatro cortometrajes sobre el hecho de desaparecer"(無条件の隠蔽解除、消えることについての4つの短編映画)に結実した。それ以来、Manongo Mujicaはコンスタントにカスマを訪れ、チャンキージョ遺跡やラスアルダス遺跡のような、それぞれ2300年前と4000年前の、天文観測所としての機能を持ち、種まきや収穫に密接に関連した活動を行った他の遺跡に驚かされた。同様に、リマの北、チクラヨにある2700年前のトゥクメの考古学的複合体も、恒久的に訪れる場所となった。

これら3つの聖地は、Manongo Mujicaが何年もかけて旅してきた儀式のルートを明確にしたものであり、ボルヘスの物語を読み直した今、彼はそれを目的地として理解している。この物語では、海からやってきた男が、廃墟と化した神殿のふもとで、デミウルジのように、もうひとりの男の夢を見る。Manongo Mujicaはここで、その男の夢がフアカのふもとで起こるパラレルワールドで起こる物語の音楽を創作するという冒険に挑む。

「Ritual sonoro para ruinas circulares" [円形の遺跡のための音の儀式]は、総合であり、音と夢のアマルガムであり、サウンドスケープと砂漠に対する彼女の特別なビジョンに関するManongo Mujicaの決定的なアルバムであろう。瞑想的でエスニックな音楽、アヴァンギャルドなジャズ、即興の遺産から出発し、さまざまなドラムやパーカッションのリズム(ウドゥ、ジェンベ、ゴング、カホン、シード、チャイニーズ・ベルなど)、フィールドレコーディング、サウンドモンタージュ、濃密な残響、陰鬱で没入感のある催眠的な環境、そして孤独で突き抜けたチェロ(フィルウノによる演奏)に基づく奇妙な音の世界へと誘われる。電子音響プロセス(ノルウェー人テリエ・エヴェンセンによる演奏)を駆使したクレッシェンド、パンパイプ、儀式的な声(ガブリエラ・エゼタによる演奏)が、大いなる儀式の雰囲気を描き出す。

Ritual sonoro para ruinas circulares の体験は、ビクトル・チェカとディエゴ・センドラが監督した映画でも補完され、最高潮に達する。16mmフィルムで撮影されたこの作品は、ボルヘスの物語を彷彿とさせる儀式の最中に、ムヒカが3つの目的地(ラス・アルダス、チャンキージョ、トゥクメ)を訪れる様子を描いている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Buh Records releases available at Tobira.

----------------------

12" black vinyl.

Tracklist:

1. Viaje al templo del fuego 02:55
2. Ritual de escucha circular 02:42
3. El sonido del sueño 06:29
4. Ritual del hombre que sueña 04:47
5. Despertar dentro del sueño 03:37
6. Obertura para Las Aldas 04:57
7. Descubriendo el sonido del paisaje del norte 06:39
8. Ritual para Chankillo 05:19
9. La quietud de la Huaca 03:15

Text excerpt by Buh Records:

"Based on the rereading of the famous tale by Jorge Luis Borges “The Circular Ruins”, the Peruvian composer, percussionist and painter, Manongo Mujica, takes a new look at some of his great obsessions: the desert on the coast of Peru and the pre-Hispanic ceremonials found there. For years the impressions of these places have mobilized a very personal aesthetic, arising from understanding the desert as a space for inner listening, and the ceremonial centers or huacas, as the representation of a mystery.

The history of this album dates back to 1974, when a young Manongo Mujica and his close friend Rafael Hastings began a journey to the ruins of Sechín, in Casma, north of Lima. That trip resulted in Hastings' experimental film “El incondicionado desocultamiento, cuatro cortometrajes sobre el hecho de desaparecer” [The Unconditional Unconcealment, four short films about disappearing]. Since then, Mujica's trips to Casma were constant, amazed by other archaeological sites such as those of Chankillo and Las Aldas, 2,300 and 4,000 thousand years old, respectively, and whose functions included serving as astronomical observatories, an activity closely related to related to sowing and harvesting. Similarly, the archaeological complex of Túcume, located in Chiclayo, north of Lima, 2,700 years old, became another place of permanent visit.

These three sacred places have articulated a ceremonial route that Mujica has traveled for years, and that, after re-reading Borges' tale, he now understands it as a destination. In this tale the story is told of a man who came from the sea and who, like a demiurge, at the foot of a ruined temple, dreams of another man. Manongo Mujica here takes on the adventure of creating the music for a story that takes place in a parallel universe, where that man's dream occurs at the foot of a huaca."

Artist : Manongo Mujica

Label : Buh Records

+ -

ペルー・リマの中南米専門実験レーベルBuh Records諸作を入荷しました。

本作は、ペルーの実験音楽家/打楽器奏者Manongo Mujicaが、2023年11月にリリースしたレコードです。

ボルヘスの代表作「円環の廃墟」にインスパイアされたリチュアリスティックなストレンジビーツ〜ドローン9曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"ペルーの作曲家/打楽器奏者/画家であるManongo Mujicaは、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの有名な物語「円環の廃墟」の再読に基づき、彼の大きな関心事のひとつであるペルー沿岸の砂漠と、そこで見られる先史時代の儀式に新たな視線を向けている。長年にわたり、これらの場所の印象は、砂漠を内なる耳を傾けるための空間として、儀式の中心地であるフアカを神秘の表象として理解することから生じる、非常に個人的な美学を動員してきた。

このアルバムの歴史は、1974年、若き日のManongo Mujicaと親友のラファエル・ヘイスティングスが、リマの北、カスマにあるセチン遺跡への旅を始めたときに遡る。その旅は、ヘイスティングスの実験映画 "El incondicionado desocultamiento, cuatro cortometrajes sobre el hecho de desaparecer"(無条件の隠蔽解除、消えることについての4つの短編映画)に結実した。それ以来、Manongo Mujicaはコンスタントにカスマを訪れ、チャンキージョ遺跡やラスアルダス遺跡のような、それぞれ2300年前と4000年前の、天文観測所としての機能を持ち、種まきや収穫に密接に関連した活動を行った他の遺跡に驚かされた。同様に、リマの北、チクラヨにある2700年前のトゥクメの考古学的複合体も、恒久的に訪れる場所となった。

これら3つの聖地は、Manongo Mujicaが何年もかけて旅してきた儀式のルートを明確にしたものであり、ボルヘスの物語を読み直した今、彼はそれを目的地として理解している。この物語では、海からやってきた男が、廃墟と化した神殿のふもとで、デミウルジのように、もうひとりの男の夢を見る。Manongo Mujicaはここで、その男の夢がフアカのふもとで起こるパラレルワールドで起こる物語の音楽を創作するという冒険に挑む。

「Ritual sonoro para ruinas circulares" [円形の遺跡のための音の儀式]は、総合であり、音と夢のアマルガムであり、サウンドスケープと砂漠に対する彼女の特別なビジョンに関するManongo Mujicaの決定的なアルバムであろう。瞑想的でエスニックな音楽、アヴァンギャルドなジャズ、即興の遺産から出発し、さまざまなドラムやパーカッションのリズム(ウドゥ、ジェンベ、ゴング、カホン、シード、チャイニーズ・ベルなど)、フィールドレコーディング、サウンドモンタージュ、濃密な残響、陰鬱で没入感のある催眠的な環境、そして孤独で突き抜けたチェロ(フィルウノによる演奏)に基づく奇妙な音の世界へと誘われる。電子音響プロセス(ノルウェー人テリエ・エヴェンセンによる演奏)を駆使したクレッシェンド、パンパイプ、儀式的な声(ガブリエラ・エゼタによる演奏)が、大いなる儀式の雰囲気を描き出す。

Ritual sonoro para ruinas circulares の体験は、ビクトル・チェカとディエゴ・センドラが監督した映画でも補完され、最高潮に達する。16mmフィルムで撮影されたこの作品は、ボルヘスの物語を彷彿とさせる儀式の最中に、ムヒカが3つの目的地(ラス・アルダス、チャンキージョ、トゥクメ)を訪れる様子を描いている。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Buh Records releases available at Tobira.

----------------------

12" black vinyl.

Tracklist:

1. Viaje al templo del fuego 02:55
2. Ritual de escucha circular 02:42
3. El sonido del sueño 06:29
4. Ritual del hombre que sueña 04:47
5. Despertar dentro del sueño 03:37
6. Obertura para Las Aldas 04:57
7. Descubriendo el sonido del paisaje del norte 06:39
8. Ritual para Chankillo 05:19
9. La quietud de la Huaca 03:15

Text excerpt by Buh Records:

"Based on the rereading of the famous tale by Jorge Luis Borges “The Circular Ruins”, the Peruvian composer, percussionist and painter, Manongo Mujica, takes a new look at some of his great obsessions: the desert on the coast of Peru and the pre-Hispanic ceremonials found there. For years the impressions of these places have mobilized a very personal aesthetic, arising from understanding the desert as a space for inner listening, and the ceremonial centers or huacas, as the representation of a mystery.

The history of this album dates back to 1974, when a young Manongo Mujica and his close friend Rafael Hastings began a journey to the ruins of Sechín, in Casma, north of Lima. That trip resulted in Hastings' experimental film “El incondicionado desocultamiento, cuatro cortometrajes sobre el hecho de desaparecer” [The Unconditional Unconcealment, four short films about disappearing]. Since then, Mujica's trips to Casma were constant, amazed by other archaeological sites such as those of Chankillo and Las Aldas, 2,300 and 4,000 thousand years old, respectively, and whose functions included serving as astronomical observatories, an activity closely related to related to sowing and harvesting. Similarly, the archaeological complex of Túcume, located in Chiclayo, north of Lima, 2,700 years old, became another place of permanent visit.

These three sacred places have articulated a ceremonial route that Mujica has traveled for years, and that, after re-reading Borges' tale, he now understands it as a destination. In this tale the story is told of a man who came from the sea and who, like a demiurge, at the foot of a ruined temple, dreams of another man. Manongo Mujica here takes on the adventure of creating the music for a story that takes place in a parallel universe, where that man's dream occurs at the foot of a huaca."

Artist : Manongo Mujica

Label : Buh Records