• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Lisa Lerkenfeldt // Halos of Perception LP

Lisa Lerkenfeldt // Halos of Perception LP

  • Availability:

オーストラリア・メルボルンの実験音楽家Lisa Lerkenfeldtが、2023年11月にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースしたレコードです。

ピアノや地下トンネルのフィールドレコーディングによる実験ネオクラシカル・アンビエント6曲を収録。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

『Halos of Perception』は、中国マレーシア系オーストラリア人ビデオアーティスト、Tristan Jallehとのコラボレーションによるハイパーリアルフィルムとともに、2023年11月3日にリリースされる。Lerkenfeldtのフィールドワークと電子音響の実践から導き出されたピアノ、チェロ、テープループのアレンジが、内省的なミュージックコンクレート、インストゥルメンタルコンポジション、シュールな映画のパッチワークの中で、失われた部屋と地下の歴史を照らし出す。Shelter Pressからリリースされた2枚目のLPは、口承伝承、実験的なAVコンポジション、日記のようなヴィネットを通して、現実、ヴァーチャリティ、知覚への疑問を投げかけるアンダーグラウンド・ネットワークにスポットを当てている。

知覚の光輪が黒い仮の湖に波紋を描く。
真っ暗闇の中、五感が冴え渡る。
懐中電灯の明かりの下で、私は白い蜘蛛が濡れた煌めきの中に巣を作るのを見る。
交通は触覚の楽器となり
私がいる場所まで300キロのトンネル。
私たちが話すと、それは32秒間反響する。
あなたは1991年の話をしてくれる。
湿った土の下では、すべての瞬間が延長される。
壁さえも声を持つ。
私の首には汗のお守りがある」。

ピアノ、チェロとテープループのための:

Lisaが私にこの作品を紹介してくれたように、経験を共有することでこの作品『HALOS OF PERPECTION』を紹介したい。

Lisaと私は、この作品について話すためにサウス・ヤラ駅の近くを散歩した。レジャーウェアの世界、無限の代替ミルク、鳴り響くネオンから、音と生命に溢れた水辺の緑地へとほとんどシームレスに移動し、バーンリーのボルダリングウォールを登る数人の人々や、熱風に吊るされた蝶、名前を知りたかったたくさんの植物を見た。頭上では、隠された生態系、想像の空間、ケアのネットワークについて語り合う間、車が絶え間なく動物のように鳴り響いた。

洞窟探検のオリジナルメンバーとの偶然の出会いから始まったこの作品は、私たちの知覚の外に存在する世界を探求している。川のそばで、Lisaがオフィスワークスでプリントアウトしたトンネルの写真のセレクションに目を通すと、異質な質感、奈落の底へと続くトンネル、地下を流れる小川が見えてくる。光はまばらで繊細で、Lisaのピアノ曲の揺らぎやゆらめきに反映されている。

歩きながら、私たちはインフラがしばしば人を締め出すように設計されていることに気づいた。フェンスに切り取られたドアや、切り取られたワイヤーは、それに対する積極的かつ継続的な反抗を示している。私たちは、彼女の洞窟の一族の友人が、かつてこの絵の描かれた部屋に降りて、ロウソクを明かりにして孤独に読書をしていたという話をした。中空のセメントトンネルに包まれた地下には音が存在する。人々が地下でどのようにショーを開いていたのか、安全のためにどのようなルールがあったのか(雨の後は探検しない、一人で行動しない)。このような温かさと他の人の経験の吸収は、Lisaの作品にも存在する。

私たちは散歩の途中でベリーを食べながら、『The Caretaker』がどのように録音された音で一過性の世界を創り出すのか、この技術がどのように記憶を捉えるのか、そしてポーリン・オリヴェロスのディープリスニングバンドの探索的探求について話した。これらの記憶とディープリスニングの引用は、リサが自身の世界構築においてアナログ楽器やクラシック楽器、再生アーチファクト、アコースティックフィードバックを使用することに影響を与えている。『Halos of Perception(知覚の光輪)』について語るとき、彼女はこの作品を、クラシカルなダイナミクス、アコースティックミラー、トランスペアレントな音色を使った遊びだと表現している。

Lisaの作曲には、ネットワークと絡み合いのアイデアが深く感じられ、モチーフが重なり合うことで、多くの手が戯れに、優しく、そっと連なるイメージを喚起させる。彼女のコンポジションが屈折や反響を掘り下げていく様子は、トンネルや、トンネルが様々な可能性に分裂していく様を思い起こさせる。坑道の地下の空気に香る石灰質、土、苔の空気を連想させる操作されたテクスチャー。注意深く、執着に近い注意を促す触覚的なディテール。

この仕事は、潜在的な生態系を想像することでもある。Lisaはこのプロジェクトの間、夢の中で地下のネットワークを想像し直し、口承伝承や、水が空から大地へ、地面を通って、これらすべての球体をつなぐ動きについて考えてきたと教えてくれた。ハイパーリアル・ビデオアーティストのトリスタン・ジャレとのコラボレーションで実現したLisaの夢の風景は、滝、水漏れ、花の落書き、想像上の光源に照らされた隠されたメッセージと、既存の地中ネットワークとを融合させている。彼女が作り上げたこの世界には、忍耐と注意によって都市がどのように姿を現すのか、都市とその秘密がどのように夢の中に入り込んでくるのか、といった不思議な感覚がある。"


レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available at Tobira. 

------------------------------

12" black vinyl.  Ask us for digital files.

Description by Panda Wong :

"Halos of Perception’ releases on November 3, 2023 with a hyperreal film in collaboration with Chinese-Malaysian Australian video artist Tristan Jalleh. Drawing from Lerkenfeldt's field work and electroacoustic practices, piano, cello and tape loop arrangements light up lost chambers and underground histories in a patchwork of reflective musique concrète, instrumental composition and surreal cinema. The artist's sophomore LP on Shelter Press spotlights underground networks opening questions of reality, virtuality and perception through oral traditions, experimental AV composition and diary-like vignettes.

'Halos of perception ripple in a black temporary lake.
Senses are alight in total darkness.
Under torchlight I see a white spider build a web in wet glitter.
Traffic becomes a tactile instrument ringing through
300km of tunnels to where I am.
When we speak it reverberates for 32 seconds.
You tell me stories from 1991.
Every moment is extended when under the damp earth.
Even the walls have a voice.
An amulet of sweat forms on my neck.'

For piano, cello and tape loops:

I want to introduce this work ‘Halos of Perception’ to you in the way Lisa introduced me to it, through the sharing of experiences.

Lisa and I met for a walk near South Yarra station to talk about this work, when inclement weather made it too wet to visit the tunnels. Moving almost seamlessly from a world of leisurewear, infinite milk alternatives and blaring neons to stretches of green by the water that brimmed with sounds and life, we saw a few people climbing the Burnley bouldering wall, butterflies suspended in the hot wind and lots of plants I wish I knew the names of. Overhead the cars rumbled like a ceaseless animal as we talked about hidden ecosystems, imagined spaces and networks of care.

Stemming from a serendipitous encounter with an original Cave Clan member that led to many underground adventures, this work explores the worlds that exist outside of our perceptions. By the river, I leafed through a selection of tunnel photos Lisa had printed off at Officeworks, revealing alien textures, tunnels that stretch on into abysses of their own, underground flowing streams. Light is sparse and delicate, something reflected by the flickering and wavering in Lisa’s piano compositions.

As we walked, we noticed the ways in which infrastructure is often designed to keep people out—cut doors into fencing and clipped wires show an active and ongoing defiance of this. We spoke about how her Cave Clan friend used to go down to this painted room and read in solitude, using candles for light. The way sound exists underground, encased in these hollow cement tunnels, a painted room with its own deep hum. How people used to hold underground shows, how there were rules for safety (no exploring after rain, never alone) that was shared with each other. This warmth and absorption of other’s experiences is present in Lisa’s work—it’s immersive, like wading in water.

We paused on the walk to eat berries and talk about how The Caretaker creates transitory worlds with recorded sound, how this technology captures memory, and the exploratory pursuits of Pauline Oliveros’ Deep Listening Band. These citations of memory and deep listening inform Lisa’s use of analogue and classical instruments, playback artefacts and acoustic feedback in her own world-building. When speaking about ‘Halos of Perception’, she describes it as a play with classical dynamics, acoustic mirrors and transportive timbres.

Ideas of networks and enmeshment are felt deeply in Lisa’s compositions, motifs overlaid over each other evoking the image of many hands interlinking playfully, tenderly, softly. The way her compositions delve into refraction and echo makes me think about the tunnels and the way they splinter off into many possibilities. Manipulated textures reminiscent of the chalky, earthy, moss air that perfumes the tunnels’ subterranean air. Tactile details that gesture towards close attention, verging on obsession.

This work is also about imagining ecosystems of potential. Lisa shared with me that during this project, she has been reimagining subterranean networks in dreams, thinking about oral traditions, and the way water moves—from the sky to the earth, through the ground, connecting all these spheres. Realised in collaboration with hyperreal video artist Tristan Jalleh, Lisa’s dream landscape melds waterfalls, leaks, flower graffiti, and hidden messages lit up by imagined light sources with existing subterranean networks. There’s a real sense of wonder in this world she has built, how the city can reveal itself to you with some patience and care, how the city and its secrets can find its way into your dreams.
"

Artist : Lisa Lerkenfeldt

Label : Shelter Press

オーストラリア・メルボルンの実験音楽家Lisa Lerkenfeldtが、2023年11月にフランスの実験レーベルShelter Pressからリリースしたレコードです。

ピアノや地下トンネルのフィールドレコーディングによる実験ネオクラシカル・アンビエント6曲を収録。

※デジタル音源をご希望の方はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

『Halos of Perception』は、中国マレーシア系オーストラリア人ビデオアーティスト、Tristan Jallehとのコラボレーションによるハイパーリアルフィルムとともに、2023年11月3日にリリースされる。Lerkenfeldtのフィールドワークと電子音響の実践から導き出されたピアノ、チェロ、テープループのアレンジが、内省的なミュージックコンクレート、インストゥルメンタルコンポジション、シュールな映画のパッチワークの中で、失われた部屋と地下の歴史を照らし出す。Shelter Pressからリリースされた2枚目のLPは、口承伝承、実験的なAVコンポジション、日記のようなヴィネットを通して、現実、ヴァーチャリティ、知覚への疑問を投げかけるアンダーグラウンド・ネットワークにスポットを当てている。

知覚の光輪が黒い仮の湖に波紋を描く。
真っ暗闇の中、五感が冴え渡る。
懐中電灯の明かりの下で、私は白い蜘蛛が濡れた煌めきの中に巣を作るのを見る。
交通は触覚の楽器となり
私がいる場所まで300キロのトンネル。
私たちが話すと、それは32秒間反響する。
あなたは1991年の話をしてくれる。
湿った土の下では、すべての瞬間が延長される。
壁さえも声を持つ。
私の首には汗のお守りがある」。

ピアノ、チェロとテープループのための:

Lisaが私にこの作品を紹介してくれたように、経験を共有することでこの作品『HALOS OF PERPECTION』を紹介したい。

Lisaと私は、この作品について話すためにサウス・ヤラ駅の近くを散歩した。レジャーウェアの世界、無限の代替ミルク、鳴り響くネオンから、音と生命に溢れた水辺の緑地へとほとんどシームレスに移動し、バーンリーのボルダリングウォールを登る数人の人々や、熱風に吊るされた蝶、名前を知りたかったたくさんの植物を見た。頭上では、隠された生態系、想像の空間、ケアのネットワークについて語り合う間、車が絶え間なく動物のように鳴り響いた。

洞窟探検のオリジナルメンバーとの偶然の出会いから始まったこの作品は、私たちの知覚の外に存在する世界を探求している。川のそばで、Lisaがオフィスワークスでプリントアウトしたトンネルの写真のセレクションに目を通すと、異質な質感、奈落の底へと続くトンネル、地下を流れる小川が見えてくる。光はまばらで繊細で、Lisaのピアノ曲の揺らぎやゆらめきに反映されている。

歩きながら、私たちはインフラがしばしば人を締め出すように設計されていることに気づいた。フェンスに切り取られたドアや、切り取られたワイヤーは、それに対する積極的かつ継続的な反抗を示している。私たちは、彼女の洞窟の一族の友人が、かつてこの絵の描かれた部屋に降りて、ロウソクを明かりにして孤独に読書をしていたという話をした。中空のセメントトンネルに包まれた地下には音が存在する。人々が地下でどのようにショーを開いていたのか、安全のためにどのようなルールがあったのか(雨の後は探検しない、一人で行動しない)。このような温かさと他の人の経験の吸収は、Lisaの作品にも存在する。

私たちは散歩の途中でベリーを食べながら、『The Caretaker』がどのように録音された音で一過性の世界を創り出すのか、この技術がどのように記憶を捉えるのか、そしてポーリン・オリヴェロスのディープリスニングバンドの探索的探求について話した。これらの記憶とディープリスニングの引用は、リサが自身の世界構築においてアナログ楽器やクラシック楽器、再生アーチファクト、アコースティックフィードバックを使用することに影響を与えている。『Halos of Perception(知覚の光輪)』について語るとき、彼女はこの作品を、クラシカルなダイナミクス、アコースティックミラー、トランスペアレントな音色を使った遊びだと表現している。

Lisaの作曲には、ネットワークと絡み合いのアイデアが深く感じられ、モチーフが重なり合うことで、多くの手が戯れに、優しく、そっと連なるイメージを喚起させる。彼女のコンポジションが屈折や反響を掘り下げていく様子は、トンネルや、トンネルが様々な可能性に分裂していく様を思い起こさせる。坑道の地下の空気に香る石灰質、土、苔の空気を連想させる操作されたテクスチャー。注意深く、執着に近い注意を促す触覚的なディテール。

この仕事は、潜在的な生態系を想像することでもある。Lisaはこのプロジェクトの間、夢の中で地下のネットワークを想像し直し、口承伝承や、水が空から大地へ、地面を通って、これらすべての球体をつなぐ動きについて考えてきたと教えてくれた。ハイパーリアル・ビデオアーティストのトリスタン・ジャレとのコラボレーションで実現したLisaの夢の風景は、滝、水漏れ、花の落書き、想像上の光源に照らされた隠されたメッセージと、既存の地中ネットワークとを融合させている。彼女が作り上げたこの世界には、忍耐と注意によって都市がどのように姿を現すのか、都市とその秘密がどのように夢の中に入り込んでくるのか、といった不思議な感覚がある。"


レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Shelter Press / Recollection GRM / Ideologic Organ releases available at Tobira. 

------------------------------

12" black vinyl.  Ask us for digital files.

Description by Panda Wong :

"Halos of Perception’ releases on November 3, 2023 with a hyperreal film in collaboration with Chinese-Malaysian Australian video artist Tristan Jalleh. Drawing from Lerkenfeldt's field work and electroacoustic practices, piano, cello and tape loop arrangements light up lost chambers and underground histories in a patchwork of reflective musique concrète, instrumental composition and surreal cinema. The artist's sophomore LP on Shelter Press spotlights underground networks opening questions of reality, virtuality and perception through oral traditions, experimental AV composition and diary-like vignettes.

'Halos of perception ripple in a black temporary lake.
Senses are alight in total darkness.
Under torchlight I see a white spider build a web in wet glitter.
Traffic becomes a tactile instrument ringing through
300km of tunnels to where I am.
When we speak it reverberates for 32 seconds.
You tell me stories from 1991.
Every moment is extended when under the damp earth.
Even the walls have a voice.
An amulet of sweat forms on my neck.'

For piano, cello and tape loops:

I want to introduce this work ‘Halos of Perception’ to you in the way Lisa introduced me to it, through the sharing of experiences.

Lisa and I met for a walk near South Yarra station to talk about this work, when inclement weather made it too wet to visit the tunnels. Moving almost seamlessly from a world of leisurewear, infinite milk alternatives and blaring neons to stretches of green by the water that brimmed with sounds and life, we saw a few people climbing the Burnley bouldering wall, butterflies suspended in the hot wind and lots of plants I wish I knew the names of. Overhead the cars rumbled like a ceaseless animal as we talked about hidden ecosystems, imagined spaces and networks of care.

Stemming from a serendipitous encounter with an original Cave Clan member that led to many underground adventures, this work explores the worlds that exist outside of our perceptions. By the river, I leafed through a selection of tunnel photos Lisa had printed off at Officeworks, revealing alien textures, tunnels that stretch on into abysses of their own, underground flowing streams. Light is sparse and delicate, something reflected by the flickering and wavering in Lisa’s piano compositions.

As we walked, we noticed the ways in which infrastructure is often designed to keep people out—cut doors into fencing and clipped wires show an active and ongoing defiance of this. We spoke about how her Cave Clan friend used to go down to this painted room and read in solitude, using candles for light. The way sound exists underground, encased in these hollow cement tunnels, a painted room with its own deep hum. How people used to hold underground shows, how there were rules for safety (no exploring after rain, never alone) that was shared with each other. This warmth and absorption of other’s experiences is present in Lisa’s work—it’s immersive, like wading in water.

We paused on the walk to eat berries and talk about how The Caretaker creates transitory worlds with recorded sound, how this technology captures memory, and the exploratory pursuits of Pauline Oliveros’ Deep Listening Band. These citations of memory and deep listening inform Lisa’s use of analogue and classical instruments, playback artefacts and acoustic feedback in her own world-building. When speaking about ‘Halos of Perception’, she describes it as a play with classical dynamics, acoustic mirrors and transportive timbres.

Ideas of networks and enmeshment are felt deeply in Lisa’s compositions, motifs overlaid over each other evoking the image of many hands interlinking playfully, tenderly, softly. The way her compositions delve into refraction and echo makes me think about the tunnels and the way they splinter off into many possibilities. Manipulated textures reminiscent of the chalky, earthy, moss air that perfumes the tunnels’ subterranean air. Tactile details that gesture towards close attention, verging on obsession.

This work is also about imagining ecosystems of potential. Lisa shared with me that during this project, she has been reimagining subterranean networks in dreams, thinking about oral traditions, and the way water moves—from the sky to the earth, through the ground, connecting all these spheres. Realised in collaboration with hyperreal video artist Tristan Jalleh, Lisa’s dream landscape melds waterfalls, leaks, flower graffiti, and hidden messages lit up by imagined light sources with existing subterranean networks. There’s a real sense of wonder in this world she has built, how the city can reveal itself to you with some patience and care, how the city and its secrets can find its way into your dreams.
"

Artist : Lisa Lerkenfeldt

Label : Shelter Press