• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
JWPATON // Structures CD

JWPATON // Structures CD

  • Availability:

オーストラリアのアンビエント作家JWPATONが、2023年12月に同国実験レーベルroom40からリリースするCDです。

テープとシンセによるLo-Fiアンビエントドローン5曲を収録。

以下、作家本人による解説です。

"私を知る人なら誰でも、1981年の映画『泥棒』に対する私の執着を知っている。冒頭のシーンでは、タンジェリン・ドリームのサウンドトラックにのせて、ネオンに照らされた冷たく几帳面なダイヤモンド強盗が描かれる。それと対照的なのが、夜明けの果てしない海で釣りをする見知らぬ男とデニッシュを分け合う泥棒だ。強盗は技術的で計算高い。釣りは地に足がついた古風なものだ。

私はきっと、自分の個人的な経験を不当にこの映画に投影しているのだろう。時間が経つにつれて、この2つのシーンの境界線がどんどん曖昧になっていくのがわかるようになった。夜と昼、都市と海、ドリルとロッドのコントラストは、二項対立というよりは、ゆっくりと互いに崩壊していく世界の融合として見ている。

このリリースのために曲を選んだことで、私が何年も立ち戻ってきたアイデアが浮き彫りになった。テクノロジーと自然界におけるその位置づけ。労働と技術がアイデンティティを形成する方法。私の祖先が、現在の社会よりも多くの点で進んでいたこと。一種の古代未来主義。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

CD in matte-laminate and monochrome printed sleeve. 

Tracklist:           

  1. West Sydney Sunset
  2. Structures
  3. Aunty 06:10
  4. Walking Time
  5. Walking In Reverse

Artist statement by JWPaton:

"Anyone who knows me, knows my obsession with the 1981 film Thief. The opening scenes show a cold, methodical, neon lit diamond heist soundtracked by Tangerine Dream. Contrasted with, the thief sharing a danish with a stranger fishing on an endless ocean at dawn. The heist is technical and calculated. The fishing is grounded and ancient.

I'm sure that I'm projecting some of my personal experiences onto the film unfairly. As over time i've come to see the line between these two scenes more and more blurred. The contrast between night and day, city and ocean, drill and rod, I see these less as a dichotomy and more as a merging of worlds that slowly collapse in on each other.

Choosing tracks for this release highlighted ideas that I've returned to for years. Technology and its place in the natural world. The way labour and skill shape identity. How my ancestors were in many ways more advanced than the society I live in today. A kind of ancient futurism."

Artist : JWPATON

Label : Room40

オーストラリアのアンビエント作家JWPATONが、2023年12月に同国実験レーベルroom40からリリースするCDです。

テープとシンセによるLo-Fiアンビエントドローン5曲を収録。

以下、作家本人による解説です。

"私を知る人なら誰でも、1981年の映画『泥棒』に対する私の執着を知っている。冒頭のシーンでは、タンジェリン・ドリームのサウンドトラックにのせて、ネオンに照らされた冷たく几帳面なダイヤモンド強盗が描かれる。それと対照的なのが、夜明けの果てしない海で釣りをする見知らぬ男とデニッシュを分け合う泥棒だ。強盗は技術的で計算高い。釣りは地に足がついた古風なものだ。

私はきっと、自分の個人的な経験を不当にこの映画に投影しているのだろう。時間が経つにつれて、この2つのシーンの境界線がどんどん曖昧になっていくのがわかるようになった。夜と昼、都市と海、ドリルとロッドのコントラストは、二項対立というよりは、ゆっくりと互いに崩壊していく世界の融合として見ている。

このリリースのために曲を選んだことで、私が何年も立ち戻ってきたアイデアが浮き彫りになった。テクノロジーと自然界におけるその位置づけ。労働と技術がアイデンティティを形成する方法。私の祖先が、現在の社会よりも多くの点で進んでいたこと。一種の古代未来主義。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

CD in matte-laminate and monochrome printed sleeve. 

Tracklist:           

  1. West Sydney Sunset
  2. Structures
  3. Aunty 06:10
  4. Walking Time
  5. Walking In Reverse

Artist statement by JWPaton:

"Anyone who knows me, knows my obsession with the 1981 film Thief. The opening scenes show a cold, methodical, neon lit diamond heist soundtracked by Tangerine Dream. Contrasted with, the thief sharing a danish with a stranger fishing on an endless ocean at dawn. The heist is technical and calculated. The fishing is grounded and ancient.

I'm sure that I'm projecting some of my personal experiences onto the film unfairly. As over time i've come to see the line between these two scenes more and more blurred. The contrast between night and day, city and ocean, drill and rod, I see these less as a dichotomy and more as a merging of worlds that slowly collapse in on each other.

Choosing tracks for this release highlighted ideas that I've returned to for years. Technology and its place in the natural world. The way labour and skill shape identity. How my ancestors were in many ways more advanced than the society I live in today. A kind of ancient futurism."

Artist : JWPATON

Label : Room40