• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Hattifnattar // Watcher Of The Skies CD

Hattifnattar // Watcher Of The Skies CD

  • Availability:

フランスのノイズ作家Hattifnattar aka Violent Shogunが、2023年2月にフィンランドのノイズレーベルSatatuhattaからリリースしたCDです。

フィールドレコーディングを素材にした、不思議と耳障りの良いポストハーシュノイズ作品です。デジパック、シュリンク仕様です。以下、レーベルによる解説です。

"冷たい荒野に囲まれた遠くの山小屋にいる自分を想像してください。電線は電脳ハイウェイのように風景を分断し、けたたましく鳴り響き、空中でパチパチと音を立てています。外では吹雪が吹き荒れ、凍てつくような風が窓ガラスを打ち、緩んだ屋根を鳴らしています。寒さは壁の狭い隙間から暖かな室内へと侵入を試みます。窓から見える景色は暴風雪に遮られ、アナログテレビの静止画のようなノイズになりつつあります。やかんがお湯を沸かすために口笛を吹いていますが、その音は異常な周波数に変化し始めました。広い空と恒星を見つけることができないので、キャビンの中で宇宙が崩壊しているように感じられます。孤立感。ゆっくりと、すべての自然が不自然に思えてきます。有機的な音はねじれ、声は形が崩れ、質感は炒められ、何もかもがありのままのように思えてきます。ラジオ送信機からの電磁干渉のハム音が、現実への唯一の接地要素です。すべては細部に隠されています。"

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします 

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Satatatuhatta releases available at Tobira.

----------------------

Ask us for digital files. CD in 6-panel digipack.

Satatuhatta:

"Imagine yourself in a distant cabin, surrounded by cold wilderness. Power lines are splitting the landscapes like electronic highways, loudly buzzing and crackling in the air. Soon blizzard is roaming outside, freezing winds hammering the window shields and clattering the loose roofing. Cold trying to push it's way through narrow openings of the wall into the warmth of the cabin. Snow storm is blocking the view from the window, starting to slowly resemble static noise from the analogue TV. Kettle is whistling for boiling water but the sound begins shifting to unusual frequencies. Without open sky and fixed stars to locate, it feels like the universe is collapsing inside a cabin. Isolation. Slowly everything natural is beginning to seem unnatural. Organic sounds are twisting, voices mangling out of shape, textures frying, nothing seems to be what it is. Electromagnetic interference hum from the radio transmitter is the only grounding factor to reality. Everything is hidden in details."

Artist : Hattifnattar

Label : Satatuhatta

+ -

フランスのノイズ作家Hattifnattar aka Violent Shogunが、2023年2月にフィンランドのノイズレーベルSatatuhattaからリリースしたCDです。

フィールドレコーディングを素材にした、不思議と耳障りの良いポストハーシュノイズ作品です。デジパック、シュリンク仕様です。以下、レーベルによる解説です。

"冷たい荒野に囲まれた遠くの山小屋にいる自分を想像してください。電線は電脳ハイウェイのように風景を分断し、けたたましく鳴り響き、空中でパチパチと音を立てています。外では吹雪が吹き荒れ、凍てつくような風が窓ガラスを打ち、緩んだ屋根を鳴らしています。寒さは壁の狭い隙間から暖かな室内へと侵入を試みます。窓から見える景色は暴風雪に遮られ、アナログテレビの静止画のようなノイズになりつつあります。やかんがお湯を沸かすために口笛を吹いていますが、その音は異常な周波数に変化し始めました。広い空と恒星を見つけることができないので、キャビンの中で宇宙が崩壊しているように感じられます。孤立感。ゆっくりと、すべての自然が不自然に思えてきます。有機的な音はねじれ、声は形が崩れ、質感は炒められ、何もかもがありのままのように思えてきます。ラジオ送信機からの電磁干渉のハム音が、現実への唯一の接地要素です。すべては細部に隠されています。"

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします 

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Satatatuhatta releases available at Tobira.

----------------------

Ask us for digital files. CD in 6-panel digipack.

Satatuhatta:

"Imagine yourself in a distant cabin, surrounded by cold wilderness. Power lines are splitting the landscapes like electronic highways, loudly buzzing and crackling in the air. Soon blizzard is roaming outside, freezing winds hammering the window shields and clattering the loose roofing. Cold trying to push it's way through narrow openings of the wall into the warmth of the cabin. Snow storm is blocking the view from the window, starting to slowly resemble static noise from the analogue TV. Kettle is whistling for boiling water but the sound begins shifting to unusual frequencies. Without open sky and fixed stars to locate, it feels like the universe is collapsing inside a cabin. Isolation. Slowly everything natural is beginning to seem unnatural. Organic sounds are twisting, voices mangling out of shape, textures frying, nothing seems to be what it is. Electromagnetic interference hum from the radio transmitter is the only grounding factor to reality. Everything is hidden in details."

Artist : Hattifnattar

Label : Satatuhatta