• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Hand To Earth // Mokuy CD

Hand To Earth // Mokuy CD

  • Availability:

オーストラリア・アーネムランドのインディジネスDaniel WilfredとDavid Wilfred率いるバンドHand To Earthが、2023年11月に同国実験レーベルroom40からリリースしたCDです。

ディジリドゥやビルマなどのオーストラリア・インディジネスたちの民族楽器を用いたアンビエント3曲を収録。

以下、バンドメンバーによる解説です。

"Hand To Earthで一緒に音楽を作るプロセスは、私たちが経験したことのないものだ。自由な即興演奏ではないが、作曲でもない。その中間であり、「編む」ような感覚だ。Hand To Earthを通して、私たちは異なる歴史、異なる人生、異なる視点の糸を織り合わせ、家族になる。

ダニエルは、彼の母国語であるワギラク語の「マニカイ」(民衆の歌)を、私たちが共有する慣習の構文に織り込んでいく。彼は、ジャンブ・ブラ・ブラやウォーリー・ウィルフレッドなどの絵の多くに描かれているモクイ(精霊)が持っているディリーバッグを作るための紐である「ラキ」について語る。ラキは私たちが触れることのできる世界に存在するが、私たちを「bul_14bul」(儀式、または集いの場)に引き寄せる形而上学的な繋ぎの糸でもある。私たちが音楽を奏でるとき、ラキが私たち全員を引き寄せる。ヨルルもバランダーも、私たちはこの目に見えない糸で結ばれ、その導きのもとに集まり、歌い、演奏し、踊り、耳を傾ける。

ダニエルが『Wata Dhärranhay_14Bu』で歌っているように、ラキはさまざまな国を吹き抜け、人々をひとつにする風のように、時間と場所を超え、私たちがどこから来たかに関係なく、私たち全員をつなぐ。

ダニエルとデヴィッドが手がけるソングラインは、おそらく6万年前にまでさかのぼり、地球上で最も古い継続的な音楽の伝統を形成している。しかし、ソングラインは常に更新されている。モクイの歌は、私たちそれぞれのカントリーとの関係からインスピレーションを受け、私たちが共有する学びと友情から生まれた、新しい音とエネルギーで湧き上がってくる。

私たちひとりひとりの物語もまた、ソングラインの一部なのだ。目を閉じて互いに耳を傾けるとき、私たちはラキの静かな吸引力を感じ、それが私たちの想像力を膨らませ、絡み合わせる。ダニエルとサニーの歌声、トランペットと木管楽器の息づかい、イーフアキの鼓動。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

CD in matte-laminate and monochrome printed sleeve. 

Tracklist:

  1. Waṯu
  2. Wata Dhärranhayŋu
  3. Mokuy

++

Artist statement by Daniel Wilfred, David Wilfred, Aviva Endean, Sunny Kim and Peter Knight:

"The process of making music together in Hand to Earth is unlike any other we have experienced. It is not free improvisation but it is not composed either. It is somewhere in between, and it feels like ‘weaving.’ Through Hand to Earth, we weave the threads of our different histories, different lives, and different perspectives together, and become family.  

Daniel weaves the ‘Manikay’ (public songs) in his first language, Wagiläk - into the syntax of our shared practices. He talks about the ‘raki’, the string that is used to make the dilly bag that the Mokuy (spirit) can be seen carrying in many of the paintings by Djambu Burra Burra, Wally Wilfred, and others. Raki exists in the world we can touch, but it is also a metaphysical connecting thread that draws us together to the ‘buŋgul’ (ceremony, or gathering ground). When we play music, the raki pulls us all together - Yolŋu and balander - we are joined by this invisible thread, and under its guidance, we gather to sing, play, dance, and listen.

Like the wind that blows through different countries to bring people together – which Daniel sings about in Wata Dhärranhayŋu – raki traverses time and place and connects all of us no matter where we come from. 

The songlines Daniel and David care for stretch back for perhaps 60,000 years and form the oldest continuously practised music tradition on the planet. But the songlines are also always being renewed. In Mokuy, the songs spring up with new sounds and energy inspired by each of our own relationships to Country, and born of our shared learning and friendship. 

Each of our stories are part of these songlines now. As we close our eyes to listen to one another we feel the silent draw of the raki and it propels our imaginations to soar and intertwine. Like a diary written in the aether, Mokuy carves a record of our coming together, animated by Daniel and Sunny’s voices; the breath of the trumpet and woodwinds; the insistent pulse of the yiḏaki.
" 

Artist : Hand To Earth

Label : Room40

+ -

オーストラリア・アーネムランドのインディジネスDaniel WilfredとDavid Wilfred率いるバンドHand To Earthが、2023年11月に同国実験レーベルroom40からリリースしたCDです。

ディジリドゥやビルマなどのオーストラリア・インディジネスたちの民族楽器を用いたアンビエント3曲を収録。

以下、バンドメンバーによる解説です。

"Hand To Earthで一緒に音楽を作るプロセスは、私たちが経験したことのないものだ。自由な即興演奏ではないが、作曲でもない。その中間であり、「編む」ような感覚だ。Hand To Earthを通して、私たちは異なる歴史、異なる人生、異なる視点の糸を織り合わせ、家族になる。

ダニエルは、彼の母国語であるワギラク語の「マニカイ」(民衆の歌)を、私たちが共有する慣習の構文に織り込んでいく。彼は、ジャンブ・ブラ・ブラやウォーリー・ウィルフレッドなどの絵の多くに描かれているモクイ(精霊)が持っているディリーバッグを作るための紐である「ラキ」について語る。ラキは私たちが触れることのできる世界に存在するが、私たちを「bul_14bul」(儀式、または集いの場)に引き寄せる形而上学的な繋ぎの糸でもある。私たちが音楽を奏でるとき、ラキが私たち全員を引き寄せる。ヨルルもバランダーも、私たちはこの目に見えない糸で結ばれ、その導きのもとに集まり、歌い、演奏し、踊り、耳を傾ける。

ダニエルが『Wata Dhärranhay_14Bu』で歌っているように、ラキはさまざまな国を吹き抜け、人々をひとつにする風のように、時間と場所を超え、私たちがどこから来たかに関係なく、私たち全員をつなぐ。

ダニエルとデヴィッドが手がけるソングラインは、おそらく6万年前にまでさかのぼり、地球上で最も古い継続的な音楽の伝統を形成している。しかし、ソングラインは常に更新されている。モクイの歌は、私たちそれぞれのカントリーとの関係からインスピレーションを受け、私たちが共有する学びと友情から生まれた、新しい音とエネルギーで湧き上がってくる。

私たちひとりひとりの物語もまた、ソングラインの一部なのだ。目を閉じて互いに耳を傾けるとき、私たちはラキの静かな吸引力を感じ、それが私たちの想像力を膨らませ、絡み合わせる。ダニエルとサニーの歌声、トランペットと木管楽器の息づかい、イーフアキの鼓動。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

CD in matte-laminate and monochrome printed sleeve. 

Tracklist:

  1. Waṯu
  2. Wata Dhärranhayŋu
  3. Mokuy

++

Artist statement by Daniel Wilfred, David Wilfred, Aviva Endean, Sunny Kim and Peter Knight:

"The process of making music together in Hand to Earth is unlike any other we have experienced. It is not free improvisation but it is not composed either. It is somewhere in between, and it feels like ‘weaving.’ Through Hand to Earth, we weave the threads of our different histories, different lives, and different perspectives together, and become family.  

Daniel weaves the ‘Manikay’ (public songs) in his first language, Wagiläk - into the syntax of our shared practices. He talks about the ‘raki’, the string that is used to make the dilly bag that the Mokuy (spirit) can be seen carrying in many of the paintings by Djambu Burra Burra, Wally Wilfred, and others. Raki exists in the world we can touch, but it is also a metaphysical connecting thread that draws us together to the ‘buŋgul’ (ceremony, or gathering ground). When we play music, the raki pulls us all together - Yolŋu and balander - we are joined by this invisible thread, and under its guidance, we gather to sing, play, dance, and listen.

Like the wind that blows through different countries to bring people together – which Daniel sings about in Wata Dhärranhayŋu – raki traverses time and place and connects all of us no matter where we come from. 

The songlines Daniel and David care for stretch back for perhaps 60,000 years and form the oldest continuously practised music tradition on the planet. But the songlines are also always being renewed. In Mokuy, the songs spring up with new sounds and energy inspired by each of our own relationships to Country, and born of our shared learning and friendship. 

Each of our stories are part of these songlines now. As we close our eyes to listen to one another we feel the silent draw of the raki and it propels our imaginations to soar and intertwine. Like a diary written in the aether, Mokuy carves a record of our coming together, animated by Daniel and Sunny’s voices; the breath of the trumpet and woodwinds; the insistent pulse of the yiḏaki.
" 

Artist : Hand To Earth

Label : Room40