• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Gus Tomizuka // Prospect & Refuge CD [SPECIAL TOBIRA EDITION]

Gus Tomizuka // Prospect & Refuge CD [SPECIAL TOBIRA EDITION]

¥3,178
  • Availability:

※当店限定販売です

アメリカ・アリゾナの実験/フォークレーベルTransitory Tapes主宰Gus Tomizukaが、2024年3月に15部限定でリリースしたTOBIRAエディションCDです。

地理学者であるJay Appletonが動物行動心理学に基づき提唱した眺望・隠れ場理論をコンセプトにした、アンビエント・フォーク〜ボサノバ〜ラウンジ〜アンビエント・ハウス14曲を収録。本エディション限定の未発表曲も収録しています。

各曲の解説を記したインサートが付属。

以下、作家本人による解説です。

"1975年、地理学者のジェイ・アップルトンは空間美学の眺望 – 隠れ場理論を提唱し、人間は物理的環境が広がり(眺望)と閉じこもり(隠れ馬)の均衡をもたらすことで恩恵を受けると示唆した。このアルバムは、音楽を通して眺望と隠れ場のモデルを解釈し、特に子供のような驚きを与える電子音響アレンジメントの中で、パノラマと封じ込めのバランスをとっている。

眺望 – 隠れ場の原則の適応は、つかみどころがないことが判明した。4年間のレコーディング期間では、標準的なスタジオテクニックを避け、より直感的な方法、つまりこのプロジェクトのインスピレーションとなった繊細な情景を伝えることのできる新しいツールの語彙を選んだ。

忠実度の高いフィールドレコーディングを行うのではなく、自然のサウンドスケープをシンセサイザーで再構築し、親密で綿密な模倣行為を行った。その結果、環境的な雰囲気はアルバムのダイナミックで幾何学的な構成とシームレスに溶け合い、周囲の地形と共生して建てられた住居に例えられる。

現代音楽のパラダイムを形成しているのは大作かもしれないが、これらの作品は、力強さよりも優しさへの静かなコミットメントを体現しており、平凡な暮らしの平明な魅力を反映している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Transitory Tapes releases available at Tobira.

----------------------

Ask us for digital files. CD in cardstock sleeve.

Originally released on cassette in Oct 2022 - the CD is a special Tobira Records exclusive (released March 2024).

Tracklist:

  1. Canopy 03:57
  2. What remains outside 05:39
  3. Shrine 05:04
  4. Among a thousand spires 02:06
  5. Nest 07:09
  6. ...by lamplight 03:19
  7. Outlook 06:05
  8. Blink and you'll miss it 05:42
  9. Cove 04:10
  10. Grotto 04:45
  11. Den 07:13
  12. Nook 04:49
  13. Home 04:52

Text by Transitory Tapes:

"In 1975, geographer Jay Appleton proposed the "prospect-refuge" theory of spatial aesthetics, suggesting that human beings benefit from physical environments offering an equilibrium between parameters of expansiveness (prospect) and enclosure (refuge). This album interprets the prospect-refuge model through music, counterbalancing panorama and containment within electroacoustic arrangements that impart an especially childlike wonder.

The adaptation of prospect-refuge principles proved elusive. A four year recording period eschewed standard studio technique in favor of a new lexicon of tools - more intuitive methods which could convey the delicate scenes that inspired the project.

Rather than capturing high fidelity field recordings, natural soundscapes were reconstructed with synthesizers in an intimate, meticulous act of imitation. As a result, environmental ambience blends seamlessly with the album's dynamic, geometrical compositions, analogous to a dwelling built in symbiosis with the surrounding terrain.

While larger than life productions may shape the modern musical paradigm, these pieces embody a quiet commitment to tenderness-over-power that reflects the plain enchantment of ordinary living."

Artist : Gus Tomizuka

Label : Tobira Records / Transitory Tapes (Gus Tomizuka)

+ -

※当店限定販売です

アメリカ・アリゾナの実験/フォークレーベルTransitory Tapes主宰Gus Tomizukaが、2024年3月に15部限定でリリースしたTOBIRAエディションCDです。

地理学者であるJay Appletonが動物行動心理学に基づき提唱した眺望・隠れ場理論をコンセプトにした、アンビエント・フォーク〜ボサノバ〜ラウンジ〜アンビエント・ハウス14曲を収録。本エディション限定の未発表曲も収録しています。

各曲の解説を記したインサートが付属。

以下、作家本人による解説です。

"1975年、地理学者のジェイ・アップルトンは空間美学の眺望 – 隠れ場理論を提唱し、人間は物理的環境が広がり(眺望)と閉じこもり(隠れ馬)の均衡をもたらすことで恩恵を受けると示唆した。このアルバムは、音楽を通して眺望と隠れ場のモデルを解釈し、特に子供のような驚きを与える電子音響アレンジメントの中で、パノラマと封じ込めのバランスをとっている。

眺望 – 隠れ場の原則の適応は、つかみどころがないことが判明した。4年間のレコーディング期間では、標準的なスタジオテクニックを避け、より直感的な方法、つまりこのプロジェクトのインスピレーションとなった繊細な情景を伝えることのできる新しいツールの語彙を選んだ。

忠実度の高いフィールドレコーディングを行うのではなく、自然のサウンドスケープをシンセサイザーで再構築し、親密で綿密な模倣行為を行った。その結果、環境的な雰囲気はアルバムのダイナミックで幾何学的な構成とシームレスに溶け合い、周囲の地形と共生して建てられた住居に例えられる。

現代音楽のパラダイムを形成しているのは大作かもしれないが、これらの作品は、力強さよりも優しさへの静かなコミットメントを体現しており、平凡な暮らしの平明な魅力を反映している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Transitory Tapes releases available at Tobira.

----------------------

Ask us for digital files. CD in cardstock sleeve.

Originally released on cassette in Oct 2022 - the CD is a special Tobira Records exclusive (released March 2024).

Tracklist:

  1. Canopy 03:57
  2. What remains outside 05:39
  3. Shrine 05:04
  4. Among a thousand spires 02:06
  5. Nest 07:09
  6. ...by lamplight 03:19
  7. Outlook 06:05
  8. Blink and you'll miss it 05:42
  9. Cove 04:10
  10. Grotto 04:45
  11. Den 07:13
  12. Nook 04:49
  13. Home 04:52

Text by Transitory Tapes:

"In 1975, geographer Jay Appleton proposed the "prospect-refuge" theory of spatial aesthetics, suggesting that human beings benefit from physical environments offering an equilibrium between parameters of expansiveness (prospect) and enclosure (refuge). This album interprets the prospect-refuge model through music, counterbalancing panorama and containment within electroacoustic arrangements that impart an especially childlike wonder.

The adaptation of prospect-refuge principles proved elusive. A four year recording period eschewed standard studio technique in favor of a new lexicon of tools - more intuitive methods which could convey the delicate scenes that inspired the project.

Rather than capturing high fidelity field recordings, natural soundscapes were reconstructed with synthesizers in an intimate, meticulous act of imitation. As a result, environmental ambience blends seamlessly with the album's dynamic, geometrical compositions, analogous to a dwelling built in symbiosis with the surrounding terrain.

While larger than life productions may shape the modern musical paradigm, these pieces embody a quiet commitment to tenderness-over-power that reflects the plain enchantment of ordinary living."

Artist : Gus Tomizuka

Label : Tobira Records / Transitory Tapes (Gus Tomizuka)