• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Fabio Perletta // Cell-Fate CD

Fabio Perletta // Cell-Fate CD

  • Availability:

イタリアの実験音楽家Fabio Perlettaが、2022年12月にギリシャの実験レーベルGranny Recordsから80部限定でリリースしたCDです。

静謐なエレクトロアコースティック〜物音コラージュ4曲を収録。

以下、作家本人による解説です。

微生物学は、私の人生において非常に重要な役割を担っています。最近、私は細胞の寿命についてよく考えています。細胞がどのように発生し、進化し、変化し、最終的に死んでいくのか。私の親友の一人が、数ヶ月前に転移性肺癌と診断されました。私たちから見れば、がんは悪いものですが、生命は決して人間中心ではありません。生命は自らの道を歩むものであり、そのほとんどは私たちの手に負えないものなのです。今日、エピジェネティクスの研究のおかげで、環境が私たちのDNAを変えることができることを発見しました。愛も、音と同じようにDNAを変えることができるのです。私は自分の音の断片を、幹細胞のような未分化(または部分的に分化した)細胞であり、その運命は複雑な細胞内分子制御ネットワークによってコントロールされていると考えています。私はこの視点を作曲の手法として取り入れました。近接性、関係性、分布、相互作用が、生物学的システムのように音の振る舞いを決定するのです。生命はネットワークであり、私たちは植物や菌類、そして最終的には他の人間なしには存在し得ないのです。音は、衝突、重なり、動きの複雑なシステムを構築するための特別な枠組みを提供します。それは、私たちの生活に浸透している複雑さの中に留まる方法なのです。そして、人生が常に変化するように、私の音の断片も変化し、新しい文脈、ニーズ、リスナーの感性に順応していきます。音は、細胞のように、生物学的なプロセスとして存在する。私たちもそのプロセスとして存在しているのです。私たちは、この神秘的な旅の中に留まることを求められているのです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Granny Records releases available at Tobira. 

------------------------------

Artist statement-
Microbiology plays such an essential role in my life. Recently, I’ve been reflecting a lot about cells’ lifespan, and how they originate, evolve, transform and eventually die. One of my best friends was diagnosed with metastatic lung cancer months ago. From our perspective, cancer is such a bad thing but life, for sure, is not anthropocentric. It seems to follow its own path, mostly out of our control. Today, thanks to recent studies of epigenetics, we discovered that the environment can alter our DNA. Love can change our DNA, as well as sound. I think of my sound fragments as undifferentiated (or partially differentiated) cells, like stem cells, whose fate is controlled by complex intracellular molecular regulatory networks. I embraced this perspective as a compositional method: proximity, relation, distribution, and interaction determine the behaviour of the sounds like in a biological system. Life is a network, we could simply not exist without plants, fungi and ultimately other humans. Sound offers an extraordinary framework within which to build an intricate system of collisions, overlappings, and movements. It is a way of staying within the complexity permeating our lives. And as life continuously changes, my sound fragments transform, adapting to new contexts, needs, and listeners’ sensitivities. Sounds, like cells, exist as a biological process. We exist as a process. We are asked to stay within this mysterious journey.
artist : Fabio Perletta

label : Granny Records

+ -

イタリアの実験音楽家Fabio Perlettaが、2022年12月にギリシャの実験レーベルGranny Recordsから80部限定でリリースしたCDです。

静謐なエレクトロアコースティック〜物音コラージュ4曲を収録。

以下、作家本人による解説です。

微生物学は、私の人生において非常に重要な役割を担っています。最近、私は細胞の寿命についてよく考えています。細胞がどのように発生し、進化し、変化し、最終的に死んでいくのか。私の親友の一人が、数ヶ月前に転移性肺癌と診断されました。私たちから見れば、がんは悪いものですが、生命は決して人間中心ではありません。生命は自らの道を歩むものであり、そのほとんどは私たちの手に負えないものなのです。今日、エピジェネティクスの研究のおかげで、環境が私たちのDNAを変えることができることを発見しました。愛も、音と同じようにDNAを変えることができるのです。私は自分の音の断片を、幹細胞のような未分化(または部分的に分化した)細胞であり、その運命は複雑な細胞内分子制御ネットワークによってコントロールされていると考えています。私はこの視点を作曲の手法として取り入れました。近接性、関係性、分布、相互作用が、生物学的システムのように音の振る舞いを決定するのです。生命はネットワークであり、私たちは植物や菌類、そして最終的には他の人間なしには存在し得ないのです。音は、衝突、重なり、動きの複雑なシステムを構築するための特別な枠組みを提供します。それは、私たちの生活に浸透している複雑さの中に留まる方法なのです。そして、人生が常に変化するように、私の音の断片も変化し、新しい文脈、ニーズ、リスナーの感性に順応していきます。音は、細胞のように、生物学的なプロセスとして存在する。私たちもそのプロセスとして存在しているのです。私たちは、この神秘的な旅の中に留まることを求められているのです。

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Granny Records releases available at Tobira. 

------------------------------

Artist statement- Microbiology plays such an essential role in my life. Recently, I’ve been reflecting a lot about cells’ lifespan, and how they originate, evolve, transform and eventually die. One of my best friends was diagnosed with metastatic lung cancer months ago. From our perspective, cancer is such a bad thing but life, for sure, is not anthropocentric. It seems to follow its own path, mostly out of our control. Today, thanks to recent studies of epigenetics, we discovered that the environment can alter our DNA. Love can change our DNA, as well as sound. I think of my sound fragments as undifferentiated (or partially differentiated) cells, like stem cells, whose fate is controlled by complex intracellular molecular regulatory networks. I embraced this perspective as a compositional method: proximity, relation, distribution, and interaction determine the behaviour of the sounds like in a biological system. Life is a network, we could simply not exist without plants, fungi and ultimately other humans. Sound offers an extraordinary framework within which to build an intricate system of collisions, overlappings, and movements. It is a way of staying within the complexity permeating our lives. And as life continuously changes, my sound fragments transform, adapting to new contexts, needs, and listeners’ sensitivities. Sounds, like cells, exist as a biological process. We exist as a process. We are asked to stay within this mysterious journey. artist : Fabio Perletta

label : Granny Records