• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
DJ ZNOBIA // Inventor Vol 1 LP

DJ ZNOBIA // Inventor Vol 1 LP

  • Availability:

アンゴラ・ルアンダのクドゥーロ作家DJ ZNOBIAが、2023年9月にウガンダ・カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。

彼が1996-2005年の間に制作した700以上のトラックからNyege Nyegeがコンパイルした11曲を収録。4シリーズの1作目です。

以下、レーベルによる解説です。

"過去30年間でアフリカで最も影響力のあるミュージシャンの一人、クドゥーロとタラヒーニャのパイオニアでありオリジネーターであるDJ ZNOBIAの4作にわたる回顧録の第1弾をリリースできることを大変光栄に思う。ストリートミュージックの天才であり、アンゴラのデジタルミュージック・モダニズムの重要な先見者であるDJ ZNOBIAは、その発明者でもある。

Nyege Nyege Tapesは、DJ ZNOBIAのアーカイヴにある700以上のトラック(失われたトラックはその2倍とも言われている)に目を通し、1990年代後半から2000年代半ばまでの彼の音楽活動を4作に渡って振り返る。アンゴラの首都ルアンダにあるバリオ・ド・ランゲルのムセケ(シャントタウン)出身のDJ ZNOBIAは、1979年にセバスチャン・ロペスとして生まれた。

1990年代後半、DJ ZNOBIAは、ブラジルに次いで世界で2番目にポルトガル語を話す国である南西アフリカのエネルギーとスピリットを表現する新しいジャンルを創り出す旅に出た。

DJ ZNOBIAは当初、マイケルジャクソンが特に好きなダンサーとして名を馳せたが、その後フルーティループスでプロデュースを独学。アンゴラの伝統的なリズムとエレクトロニックビートの融合に触発され、さまざまなサウンドやスタイルを試し始めた。たゆまぬ努力の結果、彼は最終的にアンゴラの音楽シーンに革命を起こすジャンル、クドゥーロを開発した。

ポルトガル語で「ハード・アス」を意味するクドゥーロは、センバ、キラパンガ、カズクタといったアンゴラの伝統音楽の要素と現代的なエレクトロビートを組み合わせ、ハイエナジーで感染力のあるサウンドを生み出している。DJ ZNOBIAは、シンセサイザー、ドラムマシン、サンプリングされたボーカルを革新的に使用することで、クドゥーロに独特の個性を与え、瞬く間にこのジャンルのパイオニアとして、また主要プロデューサーとして認知されるようになった。彼の作品の多くが、アンゴラが2002年に終結したばかりのひどい内戦の渦中にあったという事実が、彼の物語をより注目すべきものにしている。

彼の画期的なプロダクションによって、DJ ZNOBIAはアンゴラ国内だけでなく、アメリカやヨーロッパなど国際的にクドゥーロが広く普及する道を開いた。彼の「Batida 13 Horas」などのトラックは、このジャンルのアンセムとなり、地元アーティストとのコラボレーションは、クドゥーロをメインストリームに押し上げるのに貢献した。クドゥーロは、ポルトガルのアフロ・ディアスポラ・コミュニティ、特にプリンシペ・ディスコのDJやプロデューサー、DJ Marfox、DJ Nervoso、Niggafoxらに多大な影響を与えてきた。2008年、クドゥーロが初めて国際的なシーンに登場したのは、イギリスとスリランカのラップ界のスーパースターM.I.A.が、M.I.A.の2007年のアルバム『Kala』に収録されたシングル「Sound of Kuduro」で、DJ ZNOBIAとブラカ・ソン・システマとコラボしたときだった。

プロデューサー、DJ、MC、そして公人としてのDJ ZNOBIAの影響は、過去30年以上に渡ってアンゴラ文化に多大な影響を与えてきた。彼はまた、キゾンバのいとこで、セクシーでパーカッシブな音楽とダンスで大人気のジャンル、タラヒーニャのパイオニアの1人とみなされている。
"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Marimba 03:47
  2. Zabinamina feat Puto Prata 03:48
  3. U uu 03:34
  4. Wo 03:25
  5. Cuba em Angola 03:42
  6. Esfregado 03:37
  7. Lamento feat Ricardo 03:18
  8. Tirou Ponto feat Nakobeta 03:41
  9. Pausa 03:26
  10. Tom e Jerry 03:50
  11. Piquena 03:27

Nyege Nyege Tapes:

"A massive honor to be releasing the first in a four volume retrospective of one of Africa’s most influential musicians of the last 30 years - kuduro and tarraxinha pioneer and originator DJ Znobia. A genius of street music and the pivotal visionary of Angola’s digital musical modernism, Znobia is the inventor.

Nyege Nyege Tapes went through over 700 tracks in Znobia’s archive (with double that number reputed to have been lost) to prepare a 4 Volume retrospective of his musical output from the late 90s to mid 2000s. Hailing from the musseke - or shantytown - of Barrio Do Rangel in the Angolan capital of Luanda, DJ Znobia was born Sebastião Lopes in 1979.

In the late 1990s, DJ Znobia embarked on a journey to create a new genre that would capture the energy and spirit of the South West African country, the second biggest Portuguese speaking country in the world after Brazil.

Znobia initially found renown as a dancer particularly fond of Michael Jackson, before teaching himself how to produce with Fruity Loops. Inspired by the fusion of traditional Angolan rhythms with electronic beats, he began experimenting with different sounds and styles. Through his tireless efforts, he eventually developed a genre that would revolutionise the Angolan music scene: kuduro.

Kuduro, which means "hard ass" in Portuguese, combines elements of traditional Angolan music such as semba, kilapanga, and kazukuta with modern electronic beats, resulting in a high-energy and infectious sound. DJ Znobia's innovative use of synthesisers, drum machines, and sampled vocals gave kuduro its distinctive character, and he quickly gained recognition as the genre's pioneer and leading producer. The fact that much of his output happened while Angola was in the grip of a terrible civil war, which only ended in 2002, makes his story even more remarkable.

With his groundbreaking productions, DJ Znobia paved the way for the widespread popularity of kuduro both in Angola and internationally in America and Europe. His tracks, such as “Batida 13 Horas'' became anthems of the genre, and his collaborations with local artists helped to propel kuduro into the mainstream. Kuduro has been hugely influential in Afro-diasporan communities in Portugal , and especially with the Príncipe Discos DJs and producers such as Dj Marfox, Dj Nervoso and Niggafox. In 2008, kuduro first arrived on the international scene, when British-Sri Lankan rap superstar M.I.A. collaborated with Znobia and Buraka Son Sistema on the single Sound of Kuduro which appeared on M.I.A.’s 2007 album Kala.


DJ Znobia's influence as a producer, DJ, MC and public figure has had a great imprint in Angolan culture for the better part of the last three decades. He is also considered one of the pioneers of the hugely popular tarraxinha genre of music and dance; the sexy, percussive cousin of kizomba; the name means “little screw/ screwdriver”.
 "

Artist : DJ ZNOBIA

Label : Nyege Nyege Tapes

+ -

アンゴラ・ルアンダのクドゥーロ作家DJ ZNOBIAが、2023年9月にウガンダ・カンパラのダンスレーベルNyage Nyageからリリースしたレコードです。

彼が1996-2005年の間に制作した700以上のトラックからNyege Nyegeがコンパイルした11曲を収録。4シリーズの1作目です。

以下、レーベルによる解説です。

"過去30年間でアフリカで最も影響力のあるミュージシャンの一人、クドゥーロとタラヒーニャのパイオニアでありオリジネーターであるDJ ZNOBIAの4作にわたる回顧録の第1弾をリリースできることを大変光栄に思う。ストリートミュージックの天才であり、アンゴラのデジタルミュージック・モダニズムの重要な先見者であるDJ ZNOBIAは、その発明者でもある。

Nyege Nyege Tapesは、DJ ZNOBIAのアーカイヴにある700以上のトラック(失われたトラックはその2倍とも言われている)に目を通し、1990年代後半から2000年代半ばまでの彼の音楽活動を4作に渡って振り返る。アンゴラの首都ルアンダにあるバリオ・ド・ランゲルのムセケ(シャントタウン)出身のDJ ZNOBIAは、1979年にセバスチャン・ロペスとして生まれた。

1990年代後半、DJ ZNOBIAは、ブラジルに次いで世界で2番目にポルトガル語を話す国である南西アフリカのエネルギーとスピリットを表現する新しいジャンルを創り出す旅に出た。

DJ ZNOBIAは当初、マイケルジャクソンが特に好きなダンサーとして名を馳せたが、その後フルーティループスでプロデュースを独学。アンゴラの伝統的なリズムとエレクトロニックビートの融合に触発され、さまざまなサウンドやスタイルを試し始めた。たゆまぬ努力の結果、彼は最終的にアンゴラの音楽シーンに革命を起こすジャンル、クドゥーロを開発した。

ポルトガル語で「ハード・アス」を意味するクドゥーロは、センバ、キラパンガ、カズクタといったアンゴラの伝統音楽の要素と現代的なエレクトロビートを組み合わせ、ハイエナジーで感染力のあるサウンドを生み出している。DJ ZNOBIAは、シンセサイザー、ドラムマシン、サンプリングされたボーカルを革新的に使用することで、クドゥーロに独特の個性を与え、瞬く間にこのジャンルのパイオニアとして、また主要プロデューサーとして認知されるようになった。彼の作品の多くが、アンゴラが2002年に終結したばかりのひどい内戦の渦中にあったという事実が、彼の物語をより注目すべきものにしている。

彼の画期的なプロダクションによって、DJ ZNOBIAはアンゴラ国内だけでなく、アメリカやヨーロッパなど国際的にクドゥーロが広く普及する道を開いた。彼の「Batida 13 Horas」などのトラックは、このジャンルのアンセムとなり、地元アーティストとのコラボレーションは、クドゥーロをメインストリームに押し上げるのに貢献した。クドゥーロは、ポルトガルのアフロ・ディアスポラ・コミュニティ、特にプリンシペ・ディスコのDJやプロデューサー、DJ Marfox、DJ Nervoso、Niggafoxらに多大な影響を与えてきた。2008年、クドゥーロが初めて国際的なシーンに登場したのは、イギリスとスリランカのラップ界のスーパースターM.I.A.が、M.I.A.の2007年のアルバム『Kala』に収録されたシングル「Sound of Kuduro」で、DJ ZNOBIAとブラカ・ソン・システマとコラボしたときだった。

プロデューサー、DJ、MC、そして公人としてのDJ ZNOBIAの影響は、過去30年以上に渡ってアンゴラ文化に多大な影響を与えてきた。彼はまた、キゾンバのいとこで、セクシーでパーカッシブな音楽とダンスで大人気のジャンル、タラヒーニャのパイオニアの1人とみなされている。
"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Hakuna Kulala / Nyege Nyege Tapes releases available at Tobira. 

----------------------------

12" black vinyl. 

Tracklist:

  1. Marimba 03:47
  2. Zabinamina feat Puto Prata 03:48
  3. U uu 03:34
  4. Wo 03:25
  5. Cuba em Angola 03:42
  6. Esfregado 03:37
  7. Lamento feat Ricardo 03:18
  8. Tirou Ponto feat Nakobeta 03:41
  9. Pausa 03:26
  10. Tom e Jerry 03:50
  11. Piquena 03:27

Nyege Nyege Tapes:

"A massive honor to be releasing the first in a four volume retrospective of one of Africa’s most influential musicians of the last 30 years - kuduro and tarraxinha pioneer and originator DJ Znobia. A genius of street music and the pivotal visionary of Angola’s digital musical modernism, Znobia is the inventor.

Nyege Nyege Tapes went through over 700 tracks in Znobia’s archive (with double that number reputed to have been lost) to prepare a 4 Volume retrospective of his musical output from the late 90s to mid 2000s. Hailing from the musseke - or shantytown - of Barrio Do Rangel in the Angolan capital of Luanda, DJ Znobia was born Sebastião Lopes in 1979.

In the late 1990s, DJ Znobia embarked on a journey to create a new genre that would capture the energy and spirit of the South West African country, the second biggest Portuguese speaking country in the world after Brazil.

Znobia initially found renown as a dancer particularly fond of Michael Jackson, before teaching himself how to produce with Fruity Loops. Inspired by the fusion of traditional Angolan rhythms with electronic beats, he began experimenting with different sounds and styles. Through his tireless efforts, he eventually developed a genre that would revolutionise the Angolan music scene: kuduro.

Kuduro, which means "hard ass" in Portuguese, combines elements of traditional Angolan music such as semba, kilapanga, and kazukuta with modern electronic beats, resulting in a high-energy and infectious sound. DJ Znobia's innovative use of synthesisers, drum machines, and sampled vocals gave kuduro its distinctive character, and he quickly gained recognition as the genre's pioneer and leading producer. The fact that much of his output happened while Angola was in the grip of a terrible civil war, which only ended in 2002, makes his story even more remarkable.

With his groundbreaking productions, DJ Znobia paved the way for the widespread popularity of kuduro both in Angola and internationally in America and Europe. His tracks, such as “Batida 13 Horas'' became anthems of the genre, and his collaborations with local artists helped to propel kuduro into the mainstream. Kuduro has been hugely influential in Afro-diasporan communities in Portugal , and especially with the Príncipe Discos DJs and producers such as Dj Marfox, Dj Nervoso and Niggafox. In 2008, kuduro first arrived on the international scene, when British-Sri Lankan rap superstar M.I.A. collaborated with Znobia and Buraka Son Sistema on the single Sound of Kuduro which appeared on M.I.A.’s 2007 album Kala.


DJ Znobia's influence as a producer, DJ, MC and public figure has had a great imprint in Angolan culture for the better part of the last three decades. He is also considered one of the pioneers of the hugely popular tarraxinha genre of music and dance; the sexy, percussive cousin of kizomba; the name means “little screw/ screwdriver”.
 "

Artist : DJ ZNOBIA

Label : Nyege Nyege Tapes