• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
David Toop & Lawrence English // The Shell That Speaks The Sea LP

David Toop & Lawrence English // The Shell That Speaks The Sea LP

  • Availability:

イギリスDavid ToopとオーストラリアのLawrence English実験音楽家2名が、2023年8月にLawrence English主宰レーベルroom40からリリースした共作レコードです。

フィールドレコーディングやギター、短波ラジオ、フルート、竹、石等による物音ドローン8曲を収録。DLコード付属。 

以下、レーベルによる解説です。

"「David Toopと初めて会ったのは20年ほど前だ。その少し前から連絡を取り合っていたと思うが、初めて会ったのは、ブリスベンのパワーハウスで開催されたフェスティバル『REV』の一環として、私が彼をオーストラリアに招き、パフォーマンスとスピーチを披露してもらった時だった。彼のソロパフォーマンスを鮮明に覚えているし、『A Picturesque View, Ignored』には、そのときの即興的な出会いが記録されている。

長年にわたり、Davidと私は、音の物質的な意味合いと非物質的な意味合いの両方に(とりわけ)関心を共有してきた。さらに、私たちは聴覚についてどう考えるか、ということの端っこにある問題で何度もつながってきた。私たちの興味は、経験を説明するのではなく、経験につきまとう感情的な領域にある。The Shell That Speaks The Sea(海を語る貝殻)』は、この共通の魅力にとても共鳴している。

私たちが最初にこのデュエットを言い出したのはいつなのか正確にはわからないが、その最初の痕跡はもう10年以上前に感じられる。私は『適切な場所、適切な時』をモットーに生きている。数年前、Davidと私はデュエットの話を再開し、資料の交換を始めた。その出発点として、私は、少なくとも私にとっては、前に述べたような感情的な呪縛のようなものを捉えた一連のフィールドレコーディングを探求した。

そのひとつが、ユガラブル族の土地にあるヌグム(ホワイトロック)で録音したガマグチヨタカの口である。ガマグチヨタカ(オーストラリアに生息するカエルのような口を持つ鳥)はまったく捉えどころのない生き物で、その声は変調する低周波発振器のようだ。魔法のような鳥であり、David
と私は人生のさまざまな場面で魅了されてきた。この録音は、音へのアプローチ方法を示唆しているように思えたし、少なくとも私にとっては、この録音の最終バージョンに存在する、まったく新しい音の世界を開いてくれた。

このエディションは、和らげられた沈黙の時間によって緩衝された、自然発生的な交流の爆発から生まれたものである。予期せぬダイナミクスに満ちた忍耐強い作品である。

この録音を皆様と共有できることを大変嬉しく思う。"


レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Includes DL code.

Monochrome printed and laminated sleeve, printed black inner sleeve, shrinkwarpped, standard vinyl LP.

Tracklist:

1. Abyssal Tracker 06:35
2. Reading Bones 06:33
3. Mouth Cave 04:18
4. Whistling In The Dark 03:45
5. The Chair's Story 06:11
6. Huanghu 02:56
7. The Tattooed Back 05:18
8. Long Night 04:09

++

A note from Lawrence English:

"I first met David Toop some 20 years ago. I think we were in touch shortly before that, but our first meeting took place when I invited him to Australia to perform and to speak as part of REV, a festival held at Brisbane Powerhouse. It was a memorable meeting, I vividly remember his solo performance and the edition A Picturesque View, Ignored, documents an improvised meeting during that time.

Over the years, David and I have shared an interest in both the material and immaterial implications of sound (amongst other things). Moreover we’ve connected many times on matters which lie at the fringes of how we might choose to think about audition, our interests seeking in the affective realm that haunts, rather than describes, experience. The Shell That Speaks The Sea very much resonates from this shared fascination.

I’m not exactly sure when we first mooted this duet, but I sense its initial trace is now more than a decade ago. I tend to live by the motto of ‘right place, right time’ and I believe David likely also subscribes to this methodology. A couple of years ago, David and I reignited the duet conversation and began exchanging materials. As a jumping off point, I explored a series of field recordings that, for me at least, captured something of this affective haunting that I mentioned previously.

One such recording was of a Tawny Frogmouth at Nugum (White Rock) on the lands of the Yugarabul people. The frogmouth is an utterly elusive creature whose voice is like a modulating low frequency oscillator. They are a magical bird, and like the Potoo, have captivated David and I at various points in our lives. The recording seemed to suggest a whole way of approaching sound and, for me at least, it opened an entirely new range of sound worlds which are present in the final version of this recording.

This edition is the product of spontaneous burst of exchanges, buffered by periods of tempered silence. A patient work, charged with unexpected dynamics."

It’s with great pleasure we share this recording with you.
 "

Artist : David Toop & Lawrence English

Label : Room40

+ -

イギリスDavid ToopとオーストラリアのLawrence English実験音楽家2名が、2023年8月にLawrence English主宰レーベルroom40からリリースした共作レコードです。

フィールドレコーディングやギター、短波ラジオ、フルート、竹、石等による物音ドローン8曲を収録。DLコード付属。 

以下、レーベルによる解説です。

"「David Toopと初めて会ったのは20年ほど前だ。その少し前から連絡を取り合っていたと思うが、初めて会ったのは、ブリスベンのパワーハウスで開催されたフェスティバル『REV』の一環として、私が彼をオーストラリアに招き、パフォーマンスとスピーチを披露してもらった時だった。彼のソロパフォーマンスを鮮明に覚えているし、『A Picturesque View, Ignored』には、そのときの即興的な出会いが記録されている。

長年にわたり、Davidと私は、音の物質的な意味合いと非物質的な意味合いの両方に(とりわけ)関心を共有してきた。さらに、私たちは聴覚についてどう考えるか、ということの端っこにある問題で何度もつながってきた。私たちの興味は、経験を説明するのではなく、経験につきまとう感情的な領域にある。The Shell That Speaks The Sea(海を語る貝殻)』は、この共通の魅力にとても共鳴している。

私たちが最初にこのデュエットを言い出したのはいつなのか正確にはわからないが、その最初の痕跡はもう10年以上前に感じられる。私は『適切な場所、適切な時』をモットーに生きている。数年前、Davidと私はデュエットの話を再開し、資料の交換を始めた。その出発点として、私は、少なくとも私にとっては、前に述べたような感情的な呪縛のようなものを捉えた一連のフィールドレコーディングを探求した。

そのひとつが、ユガラブル族の土地にあるヌグム(ホワイトロック)で録音したガマグチヨタカの口である。ガマグチヨタカ(オーストラリアに生息するカエルのような口を持つ鳥)はまったく捉えどころのない生き物で、その声は変調する低周波発振器のようだ。魔法のような鳥であり、David
と私は人生のさまざまな場面で魅了されてきた。この録音は、音へのアプローチ方法を示唆しているように思えたし、少なくとも私にとっては、この録音の最終バージョンに存在する、まったく新しい音の世界を開いてくれた。

このエディションは、和らげられた沈黙の時間によって緩衝された、自然発生的な交流の爆発から生まれたものである。予期せぬダイナミクスに満ちた忍耐強い作品である。

この録音を皆様と共有できることを大変嬉しく思う。"


レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Room40 releases available at Tobira.

----------------------------

Includes DL code.

Monochrome printed and laminated sleeve, printed black inner sleeve, shrinkwarpped, standard vinyl LP.

Tracklist:

1. Abyssal Tracker 06:35
2. Reading Bones 06:33
3. Mouth Cave 04:18
4. Whistling In The Dark 03:45
5. The Chair's Story 06:11
6. Huanghu 02:56
7. The Tattooed Back 05:18
8. Long Night 04:09

++

A note from Lawrence English:

"I first met David Toop some 20 years ago. I think we were in touch shortly before that, but our first meeting took place when I invited him to Australia to perform and to speak as part of REV, a festival held at Brisbane Powerhouse. It was a memorable meeting, I vividly remember his solo performance and the edition A Picturesque View, Ignored, documents an improvised meeting during that time.

Over the years, David and I have shared an interest in both the material and immaterial implications of sound (amongst other things). Moreover we’ve connected many times on matters which lie at the fringes of how we might choose to think about audition, our interests seeking in the affective realm that haunts, rather than describes, experience. The Shell That Speaks The Sea very much resonates from this shared fascination.

I’m not exactly sure when we first mooted this duet, but I sense its initial trace is now more than a decade ago. I tend to live by the motto of ‘right place, right time’ and I believe David likely also subscribes to this methodology. A couple of years ago, David and I reignited the duet conversation and began exchanging materials. As a jumping off point, I explored a series of field recordings that, for me at least, captured something of this affective haunting that I mentioned previously.

One such recording was of a Tawny Frogmouth at Nugum (White Rock) on the lands of the Yugarabul people. The frogmouth is an utterly elusive creature whose voice is like a modulating low frequency oscillator. They are a magical bird, and like the Potoo, have captivated David and I at various points in our lives. The recording seemed to suggest a whole way of approaching sound and, for me at least, it opened an entirely new range of sound worlds which are present in the final version of this recording.

This edition is the product of spontaneous burst of exchanges, buffered by periods of tempered silence. A patient work, charged with unexpected dynamics."

It’s with great pleasure we share this recording with you.
 "

Artist : David Toop & Lawrence English

Label : Room40