• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Cergio Prudencio // Antología 1: Obras para la Orquesta Experimental de Instrumentos Nativos 2xLP

Cergio Prudencio // Antología 1: Obras para la Orquesta Experimental de Instrumentos Nativos 2xLP

¥5,433
  • Availability:

ペルー・リマの中南米専門実験レーベルBuh Records諸作を入荷しました。

本作は、ボリビアの作曲家Cergio Prudencioが、2024年2月にリリースした2枚組レコードです。

アイマラ伝統音楽とコンテンポラリー音楽が融和した9曲を収録。ブックレット付属。

以下、レーベルによる解説です。

"ボリビアの作曲家Cergio Prudencio(1955年ラパス生まれ)の作品は、彼が1980年に共同設立し、名誉ディレクターを務めるオルケスタ・エクスペリメンタル・デ・インストゥルメントス・ナティヴォス(OEIN)のプロジェクトと切っても切れない関係にある。OEINは、ボリビアとラテンアメリカで生まれた音楽における最も挑戦的な冒険のひとつである。

OEINは、アイマラ音楽の伝統を現代音楽の領域に取り込み、新たな音の世界を生み出した。作曲家の言葉を借りれば、それは「土着の音楽概念に変化と変容の要素を見出し、歴史的な連続性を確立すること」である。この取り込みは、土着の楽器を使うことに基づくだけでなく、アンデス先住民の社会歴史的背景や哲学を統合することも含まれる。

高地の土着楽器(シカス、タルカス、モホセニョス、ピンキージョス、ワンカラ、シード、太鼓など)によるアンサンブルの形成に加え、アイマラ音楽を支配する3つの構造原理、すなわち、2人の音楽家による音の交替を意味する「アルカイラ」、楽器奏者による大規模なアンサンブルの形成と音の増幅を伴う「トロパ」、そしてコミュニティの力を意味する「ワキーニャ」が基礎となっている。Cergio Prudencioによれば、アンデス高地サウンドの音響的・表現的アイデンティティは、OEINのそれと同様、これらの原則に由来するという。

Cergio Prudencio - Antología 1: Obras para la Orquesta Experimental de Instrumentos Nativos [セルジオ・プルデンシオ - アンソロジー1: ネイティブ・インストゥルメンツの実験的オーケストラのための作品]のリリースにより、私たちはこの豊かな思想とサウンド、そして脱植民地化が実験と新しいものへの扉を開くことでもある、根源的で先鋭的なアーティストの作品を掘り下げることができる。これらの作曲は、歴史的記憶を現在に投影し、新たな地平を構築する。

このことは、このアルバムに収録されている「La ciudad」(1980年)のような作品に顕著である。この作品は、シクスのグループなしには理解できない地理である高地の都市のサウンドスケープを理解するきっかけとなり、OEINの結成につながった。一方、Cergio Prudencioが映画音楽のクリエイターとして長年コラボレーションしてきた、ボリビアの映画監督ホルヘ・サンジネス(Grupo Ukamauの創設者)の映画『Insurgentes』のサウンドトラックに使用された素材から作曲された "Cantos insurgentes"(2012年)のような作品もある。Cergio Prudencioの作品は、従来の西洋楽器のための音楽、映画や映像のための音楽、電子音響音楽、室内オペラなど、さまざまな音楽の道をたどってきた。このアルバムは、"Tríptica"(1985)、"Otra ciudad"(2005)、"Cantos funerales"(2015)などの作品で構成されており、プルデンシオとOEINの軌跡における芸術的かつ重要な旅を提供している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Buh Records releases available at Tobira.

----------------------

2 x 12" black vinyl.

Tracklist:

1. Cantos insurgentes (2012) 18:49
2. Tríptica (1985-86) 05:56
3. Otra ciudad I (2005) 02:40
4. Otra ciudad II (2005) 03:43
5. Otra ciudad III (2005) 04:06
6. Otra ciudad IV (2005) 01:35
7. Otra ciudad V (2005) 02:55
8. La ciudad (1980) 22:20
9. Cantos funerales (2015) 21:21

Text excerpt by Buh Records:

"The work of Bolivian composer Cergio Prudencio (La Paz, 1955) is indissolubly linked to the project of the Orquesta Experimental de Instrumentos Nativos [Experimental Orchestra of Native Instruments] (OEIN), which he co-founded in 1980 and of which he is the emeritus director. It constitutes one of the most challenging adventures in the music that has emerged in Bolivia and Latin America.

The OEIN is the result of the incorporation of Aymara musical traditions into the realm of contemporary music to produce a new sonic world. In the composer's words, it is about "...finding in the indigenous conception of music, elements of change and transformation, to establish a historical continuity." This incorporation is not only based on using native instruments but also involves integrating their socio-historical context and philosophies from the Andean indigenous world.

In addition to forming ensembles with highland native instruments (sikus, tarkas, mohoceños, pinkillos, wankaras, seeds, drums, etc.), the foundation is laid on the three structural principles that govern Aymara music: "arca-ira," which means alternation of sounds between two musicians; "tropa," which involves the formation of large ensembles of instrumentalists and sound amplification; and "wakiña," meaning community strength. According to Prudencio, the acoustic and expressive identity of Andean-highland sounds originates from these principles, as does that of the OEIN.

The release of Cergio Prudencio - Antología 1: Obras para la Orquesta Experimental de Instrumentos Nativos [Cergio Prudencio - Anthology 1: Works for the Experimental Orchestra of Native Instruments] allows us to delve into this wealth of thought and sounds, into the work of a fundamental and radical artist, for whom decolonization is also an opening to experimentation and the new. These compositions project a historical memory into the present, constructing new horizons."

Artist : Cergio Prudencio

Label : Buh Records

CAT No: BR181

+ -

ペルー・リマの中南米専門実験レーベルBuh Records諸作を入荷しました。

本作は、ボリビアの作曲家Cergio Prudencioが、2024年2月にリリースした2枚組レコードです。

アイマラ伝統音楽とコンテンポラリー音楽が融和した9曲を収録。ブックレット付属。

以下、レーベルによる解説です。

"ボリビアの作曲家Cergio Prudencio(1955年ラパス生まれ)の作品は、彼が1980年に共同設立し、名誉ディレクターを務めるオルケスタ・エクスペリメンタル・デ・インストゥルメントス・ナティヴォス(OEIN)のプロジェクトと切っても切れない関係にある。OEINは、ボリビアとラテンアメリカで生まれた音楽における最も挑戦的な冒険のひとつである。

OEINは、アイマラ音楽の伝統を現代音楽の領域に取り込み、新たな音の世界を生み出した。作曲家の言葉を借りれば、それは「土着の音楽概念に変化と変容の要素を見出し、歴史的な連続性を確立すること」である。この取り込みは、土着の楽器を使うことに基づくだけでなく、アンデス先住民の社会歴史的背景や哲学を統合することも含まれる。

高地の土着楽器(シカス、タルカス、モホセニョス、ピンキージョス、ワンカラ、シード、太鼓など)によるアンサンブルの形成に加え、アイマラ音楽を支配する3つの構造原理、すなわち、2人の音楽家による音の交替を意味する「アルカイラ」、楽器奏者による大規模なアンサンブルの形成と音の増幅を伴う「トロパ」、そしてコミュニティの力を意味する「ワキーニャ」が基礎となっている。Cergio Prudencioによれば、アンデス高地サウンドの音響的・表現的アイデンティティは、OEINのそれと同様、これらの原則に由来するという。

Cergio Prudencio - Antología 1: Obras para la Orquesta Experimental de Instrumentos Nativos [セルジオ・プルデンシオ - アンソロジー1: ネイティブ・インストゥルメンツの実験的オーケストラのための作品]のリリースにより、私たちはこの豊かな思想とサウンド、そして脱植民地化が実験と新しいものへの扉を開くことでもある、根源的で先鋭的なアーティストの作品を掘り下げることができる。これらの作曲は、歴史的記憶を現在に投影し、新たな地平を構築する。

このことは、このアルバムに収録されている「La ciudad」(1980年)のような作品に顕著である。この作品は、シクスのグループなしには理解できない地理である高地の都市のサウンドスケープを理解するきっかけとなり、OEINの結成につながった。一方、Cergio Prudencioが映画音楽のクリエイターとして長年コラボレーションしてきた、ボリビアの映画監督ホルヘ・サンジネス(Grupo Ukamauの創設者)の映画『Insurgentes』のサウンドトラックに使用された素材から作曲された "Cantos insurgentes"(2012年)のような作品もある。Cergio Prudencioの作品は、従来の西洋楽器のための音楽、映画や映像のための音楽、電子音響音楽、室内オペラなど、さまざまな音楽の道をたどってきた。このアルバムは、"Tríptica"(1985)、"Otra ciudad"(2005)、"Cantos funerales"(2015)などの作品で構成されており、プルデンシオとOEINの軌跡における芸術的かつ重要な旅を提供している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Buh Records releases available at Tobira.

----------------------

2 x 12" black vinyl.

Tracklist:

1. Cantos insurgentes (2012) 18:49
2. Tríptica (1985-86) 05:56
3. Otra ciudad I (2005) 02:40
4. Otra ciudad II (2005) 03:43
5. Otra ciudad III (2005) 04:06
6. Otra ciudad IV (2005) 01:35
7. Otra ciudad V (2005) 02:55
8. La ciudad (1980) 22:20
9. Cantos funerales (2015) 21:21

Text excerpt by Buh Records:

"The work of Bolivian composer Cergio Prudencio (La Paz, 1955) is indissolubly linked to the project of the Orquesta Experimental de Instrumentos Nativos [Experimental Orchestra of Native Instruments] (OEIN), which he co-founded in 1980 and of which he is the emeritus director. It constitutes one of the most challenging adventures in the music that has emerged in Bolivia and Latin America.

The OEIN is the result of the incorporation of Aymara musical traditions into the realm of contemporary music to produce a new sonic world. In the composer's words, it is about "...finding in the indigenous conception of music, elements of change and transformation, to establish a historical continuity." This incorporation is not only based on using native instruments but also involves integrating their socio-historical context and philosophies from the Andean indigenous world.

In addition to forming ensembles with highland native instruments (sikus, tarkas, mohoceños, pinkillos, wankaras, seeds, drums, etc.), the foundation is laid on the three structural principles that govern Aymara music: "arca-ira," which means alternation of sounds between two musicians; "tropa," which involves the formation of large ensembles of instrumentalists and sound amplification; and "wakiña," meaning community strength. According to Prudencio, the acoustic and expressive identity of Andean-highland sounds originates from these principles, as does that of the OEIN.

The release of Cergio Prudencio - Antología 1: Obras para la Orquesta Experimental de Instrumentos Nativos [Cergio Prudencio - Anthology 1: Works for the Experimental Orchestra of Native Instruments] allows us to delve into this wealth of thought and sounds, into the work of a fundamental and radical artist, for whom decolonization is also an opening to experimentation and the new. These compositions project a historical memory into the present, constructing new horizons."

Artist : Cergio Prudencio

Label : Buh Records

CAT No: BR181