• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
arovane // Miniaturen TAPE

arovane // Miniaturen TAPE

  • Availability:

ドイツのIDM作家arovaneが、2023年4月にアメリカ・NYのアンビエントレーベルPuremagnetikからリリースしたカセットです。

シンセによるアンビエント〜IDM19曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"Miniaturenはタイトルが示すように単なる短い音楽ではなく、他の音楽や他のアルバムの隙間から文字通り生まれてきた小さな作品です。arovaneことUwe Zahnが語るように、この作品は単なる短い曲のコレクションではなく、彼のコンピューターにしばらくの間住んでいた「スナップショット、宝石」なのです。

各トラックはもともと「長い曲と曲の間のトランジションとして使うことをいつも考えていました」とZahnは説明しています。Zahnがいかに多くのアイデアが蓄積されているかを目の当たりにし、Puremagnetikと協力してこのコレクションをアルバムとしてリリースすることになりました。

そのフォーマットとは、トランジションのアイデアであり、より大きな出来事の間、ある活動や別の活動の間、静止した瞬間から次の瞬間への、きらめく瞬間です。それらを統一しているのは、光り輝く慎ましさであり、輝き、そして溶けていく音楽の輝く息吹です。デジタルと2つの異なるフィジカル・フォーマットでリリースされ、それぞれのフォーマットでトラックリストは異なっています。

Miniaturenは、Zahnがスタジオで「楽器の音で即興演奏する」ことを好む瞬間をとらえたもので、こうしてミニチュアが作られていきます。1曲目の "Insich "で聴ける丸みを帯びた響きを持つウナ・コルダ・ピアノや、シンセサイザーの音、フィールドレコーディングの一部など、これらのほとんどは1つの楽器で作られています。Zahnは、ただ演奏してその結果をキャプチャーするだけであり、その結果はDAWに直接取り込む「ハンズオン」であると指摘します。彼が「お気に入りの曲のひとつ」と語る "Thin Lines "は、非同期ループを走らせ、その上でキーボードで即興演奏することで作られました。

これらはすべて美しくレコーディングされ、後処理や編集はほとんど施されていません。その音色と形は、その瞬間の純粋さ、Zahnが言うところの「騒がしさ」のなさから来る重さと実体を持っています。

「ひとつのアイデアに集中すること、ひとつの音色の美しさ、背後に特定のアイデアやコンセプトがなくても創り出される、短くて自己完結したオルゴールのような作品」であると彼は説明します。その箱の中には、万華鏡のような宝石が詰まっています。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Puremagnetik releases available at Tobira. 

-------------------------

Includes DL code. 

Puremagnetik:

"Artist and label may be familiar to listeners and each other, but Miniaturen is something new, not just short pieces of music, as the title indicates, but small things that come, literally, from between the cracks of other music and other albums. As Uwe Zahn, aka Arovane, tells it, it’s not just a collection of short tracks, but “snapshots, gems,” that “lived for a while” on his computer.

Zahn explains that each track originally “did not fit into any album format. I always thought of using them as transitions between longer pieces.” That was until recently, when Zahn saw how many ideas had accumulated, and worked with Puremagnetik to release this collection as an album.

The format, then, is the idea of transitions, sparkling moments that are pauses between larger events, between one activity or another, one still moment to the next. What unifies them is a luminous modesty, shining breaths of music that sparkle and then dissolve. Released on two different physical formats as well as digital, the formats have differing track lists, detailed below—physical limits define these, but the feel is of the same transitions leading to differing states and experiences.

Miniaturen captures Zahn’s moments in the studio, when he likes “to improvise with instrumental sounds, this is how these miniatures are created; influenced by my mood, the choice of sounds, the instrument.” Most of these were made with a single instrument, including the una corda piano—its rounded resonance heard on the first track, “Insich”—or a single synthesizer sound, or a piece of field recordings. Zahn simply played and captured the result, and points out that the results are “hands on,” straight into a DAW. “Thin Lines,” which he describes as “one of my favorite tracks,” was made by running asynchronous loops and improvising over them on the keyboard.

All this is beautifully recorded, with almost no post-processing or editing. The tones and shapes have a weight and substance that comes from the purity of the moment, the lack of “fuss,” as Zahn calls it; a first-thought-best-thought freshness. This basic simplicity of means, and modesty of aims, is true minimalism; as Zahn points out, “the focus on one idea, the beauty of a single tone, created without a specific idea or concept behind them, short, self-contained, music box-like pieces.” Inside those boxes, a kaleidoscope of gems.
 "

Artist : arovane

Label : Puremagnetik

ドイツのIDM作家arovaneが、2023年4月にアメリカ・NYのアンビエントレーベルPuremagnetikからリリースしたカセットです。

シンセによるアンビエント〜IDM19曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"Miniaturenはタイトルが示すように単なる短い音楽ではなく、他の音楽や他のアルバムの隙間から文字通り生まれてきた小さな作品です。arovaneことUwe Zahnが語るように、この作品は単なる短い曲のコレクションではなく、彼のコンピューターにしばらくの間住んでいた「スナップショット、宝石」なのです。

各トラックはもともと「長い曲と曲の間のトランジションとして使うことをいつも考えていました」とZahnは説明しています。Zahnがいかに多くのアイデアが蓄積されているかを目の当たりにし、Puremagnetikと協力してこのコレクションをアルバムとしてリリースすることになりました。

そのフォーマットとは、トランジションのアイデアであり、より大きな出来事の間、ある活動や別の活動の間、静止した瞬間から次の瞬間への、きらめく瞬間です。それらを統一しているのは、光り輝く慎ましさであり、輝き、そして溶けていく音楽の輝く息吹です。デジタルと2つの異なるフィジカル・フォーマットでリリースされ、それぞれのフォーマットでトラックリストは異なっています。

Miniaturenは、Zahnがスタジオで「楽器の音で即興演奏する」ことを好む瞬間をとらえたもので、こうしてミニチュアが作られていきます。1曲目の "Insich "で聴ける丸みを帯びた響きを持つウナ・コルダ・ピアノや、シンセサイザーの音、フィールドレコーディングの一部など、これらのほとんどは1つの楽器で作られています。Zahnは、ただ演奏してその結果をキャプチャーするだけであり、その結果はDAWに直接取り込む「ハンズオン」であると指摘します。彼が「お気に入りの曲のひとつ」と語る "Thin Lines "は、非同期ループを走らせ、その上でキーボードで即興演奏することで作られました。

これらはすべて美しくレコーディングされ、後処理や編集はほとんど施されていません。その音色と形は、その瞬間の純粋さ、Zahnが言うところの「騒がしさ」のなさから来る重さと実体を持っています。

「ひとつのアイデアに集中すること、ひとつの音色の美しさ、背後に特定のアイデアやコンセプトがなくても創り出される、短くて自己完結したオルゴールのような作品」であると彼は説明します。その箱の中には、万華鏡のような宝石が詰まっています。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Puremagnetik releases available at Tobira. 

-------------------------

Includes DL code. 

Puremagnetik:

"Artist and label may be familiar to listeners and each other, but Miniaturen is something new, not just short pieces of music, as the title indicates, but small things that come, literally, from between the cracks of other music and other albums. As Uwe Zahn, aka Arovane, tells it, it’s not just a collection of short tracks, but “snapshots, gems,” that “lived for a while” on his computer.

Zahn explains that each track originally “did not fit into any album format. I always thought of using them as transitions between longer pieces.” That was until recently, when Zahn saw how many ideas had accumulated, and worked with Puremagnetik to release this collection as an album.

The format, then, is the idea of transitions, sparkling moments that are pauses between larger events, between one activity or another, one still moment to the next. What unifies them is a luminous modesty, shining breaths of music that sparkle and then dissolve. Released on two different physical formats as well as digital, the formats have differing track lists, detailed below—physical limits define these, but the feel is of the same transitions leading to differing states and experiences.

Miniaturen captures Zahn’s moments in the studio, when he likes “to improvise with instrumental sounds, this is how these miniatures are created; influenced by my mood, the choice of sounds, the instrument.” Most of these were made with a single instrument, including the una corda piano—its rounded resonance heard on the first track, “Insich”—or a single synthesizer sound, or a piece of field recordings. Zahn simply played and captured the result, and points out that the results are “hands on,” straight into a DAW. “Thin Lines,” which he describes as “one of my favorite tracks,” was made by running asynchronous loops and improvising over them on the keyboard.

All this is beautifully recorded, with almost no post-processing or editing. The tones and shapes have a weight and substance that comes from the purity of the moment, the lack of “fuss,” as Zahn calls it; a first-thought-best-thought freshness. This basic simplicity of means, and modesty of aims, is true minimalism; as Zahn points out, “the focus on one idea, the beauty of a single tone, created without a specific idea or concept behind them, short, self-contained, music box-like pieces.” Inside those boxes, a kaleidoscope of gems.
 "

Artist : arovane

Label : Puremagnetik