• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Mushroom’s Patience // Water 2xLP

Mushroom’s Patience // Water 2xLP

  • Availability:

1980年代から活動しているイタリアの実験ジャズバンドMushroom’s Patienceが、2023年12月にオランダの実験/ダンスレーベルEnfant Terrible傘下アンビエント〜フォルクローレ部門Vrystaeteから300部限定でリリースした再発2枚組レコードです。(オリジナルは2005年CDリリース)

サイケデリックなストレンジビーツ〜実験ジャズ13曲を収録。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"Mushroom’s Patienceは、おそらく音楽界で秘中の秘と呼ばれるバンドのひとつだろう...愛好家にはよく知られているが、ほとんどの人にはまったく知られていない...バンドの中心メンバーであり首謀者はラファエレ・セローニで、バンドはすでに1980年代初頭から活動している。2000年代初頭、彼らはHau Ruck!との契約により、インダストリアルシーンで名声を得た。彼らの音楽は、ジャズ、エレクトロニックミュージック、そしてミュージシャンたちがふさわしいと思うあらゆるサウンドが奇妙なサイケデリック・ブレンドであったにもかかわらず、である。

Mushroom’s Patienceによる『Water』は、"Roma - Wien"(別名 "earth-air-water")3部作の最終章であり、おそらくこの3部作とバンドの作品の両方のハイライトである。2004年に録音され、1年後にCDでリリースされた。この『Water』が、2枚組LPとして初めてレコード化される。

このアルバムは、いわばいい歳の取り方をしている...まったく古びていない...今日までレコーディングされていたかもしれないし、私はこれまでと同じようにこのアルバムに熱狂していただろう...だから、新しいアートワークが施されたこのヴァイナル・エディションが実現できたことは、この上ない喜びだ。

また、この "Roma - Wien"(または "Earth-Air-Water")の時期は、私の中ではバンドの最良の時期だった...そしてそれは私一人ではないと思う...前述の通り、『Water』はおそらくハイライトだ...この時期のバンドは、ラファエレ・セローニの次にユルゲン・ウェーバー(Novy Svet)が中心的な共謀者となっていた...そしてその次にDBPIT(Der Bekannte Post Industrielle Trompeter)、クラウD. E.D.I.(アイン・ソフ)、frl Tost(Novy Svet)が参加していた......そう......Mushroom’s Patienceは当時、ポスト・インダストリアル・スーパーグループに他ならなかった......"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Enfant Terrible releases available at Tobira.

------------------------------

2x12" black vinyl. Edition of 200. 

Tracklist:

A1 Untitled
A2 Untitled
A3 Untitled 

B1 Untitled
B2 Untitled
B3 Untitled

C1 Untitled
C2 Untitled
C3 Untitled
C4 Untitled

D1 Untitled
D2 Untitled
D3 Untitled

++

Enfant Terrible:

"Mushroom’s Patience is possibly one of those what you call best kept secrets within the music world… well known by connoisseurs and totally unknown to most… The core member, and mastermind, of the band is Raffaele Cerroni and the band is already active since the early 1980’s. In the early 2000’s they gained some fame in the industrial scene due to the signing to Hau Ruck!. This despite their music being a weird psychedelic blend of jazz, electronic music and any sound the musicians seemed fitting.

“Water” by Mushroom’s Patience is the final part of the “Roma – Wien” (also known as the “earth-air-water”) trilogy and possibly the highlight of both this trilogy and the bands output. It was recorded in 2004 and released on CD a year later. “Water” now returns for the first time on vinyl as double-LP…

The album has aged well so to speak… it does not outdated at all… it could have been recorded to date and I would have been just as enthusiastic as I have ever been about it… so it is an absolute pleasure to be able to realize this vinyl edition with new artwork.

Also this ‘Roma – Wien’ (or “earth-air-water”) period was the best period of the band in my opinion… and I guess I am not alone in this… with as said “Water” probably the highlight… the band at that time consisted next to Raffaele Cerroni of Jurgen Weber (Novy Svet) as main conspirator… and next to that DBPIT (Der Bekannte Post Industrielle Trompeter), Clau D.E.D.I. (Ain Soph) and frl Tost (Novy Svet) were on board… so well… Mushroom’s Patience was at that time nothing short of a post-industrial supergroup…"

Artist : Mushroom’s Patience

Label : Enfant Terrible

+ -

1980年代から活動しているイタリアの実験ジャズバンドMushroom’s Patienceが、2023年12月にオランダの実験/ダンスレーベルEnfant Terrible傘下アンビエント〜フォルクローレ部門Vrystaeteから300部限定でリリースした再発2枚組レコードです。(オリジナルは2005年CDリリース)

サイケデリックなストレンジビーツ〜実験ジャズ13曲を収録。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"Mushroom’s Patienceは、おそらく音楽界で秘中の秘と呼ばれるバンドのひとつだろう...愛好家にはよく知られているが、ほとんどの人にはまったく知られていない...バンドの中心メンバーであり首謀者はラファエレ・セローニで、バンドはすでに1980年代初頭から活動している。2000年代初頭、彼らはHau Ruck!との契約により、インダストリアルシーンで名声を得た。彼らの音楽は、ジャズ、エレクトロニックミュージック、そしてミュージシャンたちがふさわしいと思うあらゆるサウンドが奇妙なサイケデリック・ブレンドであったにもかかわらず、である。

Mushroom’s Patienceによる『Water』は、"Roma - Wien"(別名 "earth-air-water")3部作の最終章であり、おそらくこの3部作とバンドの作品の両方のハイライトである。2004年に録音され、1年後にCDでリリースされた。この『Water』が、2枚組LPとして初めてレコード化される。

このアルバムは、いわばいい歳の取り方をしている...まったく古びていない...今日までレコーディングされていたかもしれないし、私はこれまでと同じようにこのアルバムに熱狂していただろう...だから、新しいアートワークが施されたこのヴァイナル・エディションが実現できたことは、この上ない喜びだ。

また、この "Roma - Wien"(または "Earth-Air-Water")の時期は、私の中ではバンドの最良の時期だった...そしてそれは私一人ではないと思う...前述の通り、『Water』はおそらくハイライトだ...この時期のバンドは、ラファエレ・セローニの次にユルゲン・ウェーバー(Novy Svet)が中心的な共謀者となっていた...そしてその次にDBPIT(Der Bekannte Post Industrielle Trompeter)、クラウD. E.D.I.(アイン・ソフ)、frl Tost(Novy Svet)が参加していた......そう......Mushroom’s Patienceは当時、ポスト・インダストリアル・スーパーグループに他ならなかった......"

EnfantTerribleNL · Mushroom's Patience - Untitled (track 8 / C2)

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Enfant Terrible releases available at Tobira.

------------------------------

2x12" black vinyl. Edition of 200. 

Tracklist:

A1 Untitled
A2 Untitled
A3 Untitled 

B1 Untitled
B2 Untitled
B3 Untitled

C1 Untitled
C2 Untitled
C3 Untitled
C4 Untitled

D1 Untitled
D2 Untitled
D3 Untitled

++

Enfant Terrible:

"Mushroom’s Patience is possibly one of those what you call best kept secrets within the music world… well known by connoisseurs and totally unknown to most… The core member, and mastermind, of the band is Raffaele Cerroni and the band is already active since the early 1980’s. In the early 2000’s they gained some fame in the industrial scene due to the signing to Hau Ruck!. This despite their music being a weird psychedelic blend of jazz, electronic music and any sound the musicians seemed fitting.

“Water” by Mushroom’s Patience is the final part of the “Roma – Wien” (also known as the “earth-air-water”) trilogy and possibly the highlight of both this trilogy and the bands output. It was recorded in 2004 and released on CD a year later. “Water” now returns for the first time on vinyl as double-LP…

The album has aged well so to speak… it does not outdated at all… it could have been recorded to date and I would have been just as enthusiastic as I have ever been about it… so it is an absolute pleasure to be able to realize this vinyl edition with new artwork.

Also this ‘Roma – Wien’ (or “earth-air-water”) period was the best period of the band in my opinion… and I guess I am not alone in this… with as said “Water” probably the highlight… the band at that time consisted next to Raffaele Cerroni of Jurgen Weber (Novy Svet) as main conspirator… and next to that DBPIT (Der Bekannte Post Industrielle Trompeter), Clau D.E.D.I. (Ain Soph) and frl Tost (Novy Svet) were on board… so well… Mushroom’s Patience was at that time nothing short of a post-industrial supergroup…"

Artist : Mushroom’s Patience

Label : Enfant Terrible