• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Kink Gong // Tanzania 2 LP

Kink Gong // Tanzania 2 LP

¥3,640
  • Availability:

過去にSublime Frequenciesなどからも発表しているドイツ・ベルリンのサイケ密林作家Kink Gongが、2023年6月にポルトガルの密林レーベルDiscrepantからリリースしたレコードです。

本作は、タンザニア北部ハッザ族の村に滞在した際に収集した素材をもとに制作した作品です。

サイケデリックなコラージュ・ストレンジビーツ8曲を収録。

※デジタル音源を無料でお送りいたしますのでお気軽にご連絡くださいませ

以下、作家本人による解説です。

"タンザニアでの経験はもう20年以上になりますが、いわゆるリミックスのほとんどはタンザニアで始まり、未完成のまま、ウィーン、パリ、上海、昆明、大理、ビエンチャンでレタッチされました。20年後、私はタンザニアのファイルを探し、未完成のトラックを再発見し、この新しいレコードでリフレッシュさせることにしました。

20世紀初頭、私はタンザニア北部の最後のブッシュマンであるハッザ族と共に生き延びるために健康を害していた頃に戻りました。1999年、ニューヨークのジェームス・スティーブンソンは、私をハッザ族の仲間に誘ってくれました。ハッザ族と一緒にたくさん録音していた唯一の楽器はマリンバで、アルーシャでいろいろなマリンバを買ってヨーロッパに持ち帰りました。いくつかのトラックでは、オリジナルの録音か私がマリンバを演奏し、それに電子的処理を施しました。

オリジナル音源は、ハッザ族との夜の焚き火のシーンに関連したものですが、3種類の祝祭も収録しています。『Epeme Men』は、月のない夜、ハッザのキャンプ地マンゴラで真っ暗な中、男女が歌い踊りながら録音しました。

『Irawk Drum Under the Rain』は、昼間にフランシスコ会スペイン・カソリック・ミッションで行われた多民族集会で、大雨の中、IRAWKの大きな(そして濡れた)ドラムが演奏されながら踊り、歌う様子を収録しました(北タンザニア)。

『Makonde Island 』は、タンザニア南部、モザンビークとの国境で録音されたもので、ムトワラ沖のマコンデ漁師たちが、プラスチック容器を叩いて音を出したり、酔ったり酔わなかったりして、島で起こるトランスの純粋なシーンです。
男も女もヒステリックに飛び跳ねたり、倒れたりして、最後は何人か怪我をしました。

この多文化破壊行為の責任はまたしても私にありますが、Kink Gong recs collectionでいつでもオリジナル音源を聴くことができることを忘れないでください。''

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Discrepant releases available at Tobira.

-------------------------------

Ask us for digital files. 

Discrepant:

"8 years almost to the day after releasing his unique re-interpretation album of his field recordings made in the late 90's in Tanzania, Kink Gong is back with another volume of bushmen madness. Here’s what Kink Gong aka Laurent Jeanneau has to say about his end of millennium trip"

Artist statement by Laurent Jeanneau, Berlin 2023 :


‘’My experience in Tanzania is now over 20 years and most of the so called remix was started in Tanzania and left unfinished, then eventually retouched in Vienna, Paris, Shanghai, Kunming, Dali or Vientiane. 20 years later I searched my Tanzanian files and rediscovered unfinished tracks which are being now refreshed on this new record.

Back to the early days of the XXI century, when I lost my health trying to survive with the HADZAs, the last bushmen in northern Tanzania. In 1999 James Stephenson from NYC invited me to join his Hadzas friends. I would leave the bush to rest in a place with enough food and electricity and start to edit, loop and work on the original recordings, to transform them into organic abstract compositions, the only instrument I had recorded a lot with the Hadzas was the malimba and I bought different malimbas in Arusha to take back with me to Europe, I used either the original recordings or me playing malimbas on some tracks and applied some electronic treatment to it, at that time I used Roland synths for some tracks.

The original recordings are related to scenes at night by the fire with the Hadzas, but also 3 different types of celebrations, Epeme Men was recorded on a moonless night with men and women singing and dancing in complete darkness in Mangola, an Hadza camp.

Irawk Drum Under the Rain was recorded during daytime at a Multi ethnic gathering at the Franciscan Spanish catholic mission with a crowd dancing and singing under heavy rain while an IRAWK large (and wet) drum was being played, Northern Tanzania.

Makonde Island was recorded in southern Tanzania at the boarder with Mozambique and is a pure scene of trance taking place on an island where the MAKONDE fishermen off the coast of Mtwara, get wild, hitting plastic containers for the sound, drunk and stoned
men and women are hysterically jumping and falling on each other, ending up with a few wounded.

Once again I'm responsible for this act of multicultural sabotage, but don’t forget that you can always listen to the original recordings on the Kink Gong recs collection. ‘’

Artist : Kink Gong

Label : Discrepant

+ -

過去にSublime Frequenciesなどからも発表しているドイツ・ベルリンのサイケ密林作家Kink Gongが、2023年6月にポルトガルの密林レーベルDiscrepantからリリースしたレコードです。

本作は、タンザニア北部ハッザ族の村に滞在した際に収集した素材をもとに制作した作品です。

サイケデリックなコラージュ・ストレンジビーツ8曲を収録。

※デジタル音源を無料でお送りいたしますのでお気軽にご連絡くださいませ

以下、作家本人による解説です。

"タンザニアでの経験はもう20年以上になりますが、いわゆるリミックスのほとんどはタンザニアで始まり、未完成のまま、ウィーン、パリ、上海、昆明、大理、ビエンチャンでレタッチされました。20年後、私はタンザニアのファイルを探し、未完成のトラックを再発見し、この新しいレコードでリフレッシュさせることにしました。

20世紀初頭、私はタンザニア北部の最後のブッシュマンであるハッザ族と共に生き延びるために健康を害していた頃に戻りました。1999年、ニューヨークのジェームス・スティーブンソンは、私をハッザ族の仲間に誘ってくれました。ハッザ族と一緒にたくさん録音していた唯一の楽器はマリンバで、アルーシャでいろいろなマリンバを買ってヨーロッパに持ち帰りました。いくつかのトラックでは、オリジナルの録音か私がマリンバを演奏し、それに電子的処理を施しました。

オリジナル音源は、ハッザ族との夜の焚き火のシーンに関連したものですが、3種類の祝祭も収録しています。『Epeme Men』は、月のない夜、ハッザのキャンプ地マンゴラで真っ暗な中、男女が歌い踊りながら録音しました。

『Irawk Drum Under the Rain』は、昼間にフランシスコ会スペイン・カソリック・ミッションで行われた多民族集会で、大雨の中、IRAWKの大きな(そして濡れた)ドラムが演奏されながら踊り、歌う様子を収録しました(北タンザニア)。

『Makonde Island 』は、タンザニア南部、モザンビークとの国境で録音されたもので、ムトワラ沖のマコンデ漁師たちが、プラスチック容器を叩いて音を出したり、酔ったり酔わなかったりして、島で起こるトランスの純粋なシーンです。
男も女もヒステリックに飛び跳ねたり、倒れたりして、最後は何人か怪我をしました。

この多文化破壊行為の責任はまたしても私にありますが、Kink Gong recs collectionでいつでもオリジナル音源を聴くことができることを忘れないでください。''

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Discrepant releases available at Tobira.

-------------------------------

Ask us for digital files. 

Discrepant:

"8 years almost to the day after releasing his unique re-interpretation album of his field recordings made in the late 90's in Tanzania, Kink Gong is back with another volume of bushmen madness. Here’s what Kink Gong aka Laurent Jeanneau has to say about his end of millennium trip"

Artist statement by Laurent Jeanneau, Berlin 2023 :


‘’My experience in Tanzania is now over 20 years and most of the so called remix was started in Tanzania and left unfinished, then eventually retouched in Vienna, Paris, Shanghai, Kunming, Dali or Vientiane. 20 years later I searched my Tanzanian files and rediscovered unfinished tracks which are being now refreshed on this new record.

Back to the early days of the XXI century, when I lost my health trying to survive with the HADZAs, the last bushmen in northern Tanzania. In 1999 James Stephenson from NYC invited me to join his Hadzas friends. I would leave the bush to rest in a place with enough food and electricity and start to edit, loop and work on the original recordings, to transform them into organic abstract compositions, the only instrument I had recorded a lot with the Hadzas was the malimba and I bought different malimbas in Arusha to take back with me to Europe, I used either the original recordings or me playing malimbas on some tracks and applied some electronic treatment to it, at that time I used Roland synths for some tracks.

The original recordings are related to scenes at night by the fire with the Hadzas, but also 3 different types of celebrations, Epeme Men was recorded on a moonless night with men and women singing and dancing in complete darkness in Mangola, an Hadza camp.

Irawk Drum Under the Rain was recorded during daytime at a Multi ethnic gathering at the Franciscan Spanish catholic mission with a crowd dancing and singing under heavy rain while an IRAWK large (and wet) drum was being played, Northern Tanzania.

Makonde Island was recorded in southern Tanzania at the boarder with Mozambique and is a pure scene of trance taking place on an island where the MAKONDE fishermen off the coast of Mtwara, get wild, hitting plastic containers for the sound, drunk and stoned
men and women are hysterically jumping and falling on each other, ending up with a few wounded.

Once again I'm responsible for this act of multicultural sabotage, but don’t forget that you can always listen to the original recordings on the Kink Gong recs collection. ‘’

Artist : Kink Gong

Label : Discrepant