• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Human Error / The Higher Primates / The Scientific Americans // Turning The Crank: The NoHo Scene 1978-1982 BOOK

Human Error / The Higher Primates / The Scientific Americans // Turning The Crank: The NoHo Scene 1978-1982 BOOK

¥3,280
  • Availability:

ポルトガル・リスボンの実験レーベルHoluzamが、2024年5月にリリースしたコンピレーション12"です。

アメリカ・ニューハンプシャーで活動していたバンドによる1979-1981年録音のポストパンク4曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"このEPは、1970年代後半から1980年代前半にかけて、米国マサチューセッツ州西部のパイオニアバレー地域で起こった活気あるアクションを記録する試みである。

ハンプシャー郡にある5つのカレッジには膨大な数の学生が集まり、必然的にその地域の町と交流した。バー、楽器店、レコード店、ライブハウス、そして多くの実験と自由な発想。特にハンプシャーカレッジは、アメリカインディアン、カヤックのデザイン、黒人の口承伝統、食品管理などのトピックについて公然と議論するためのより好ましい状況が確実に存在するにもかかわらず、今日でも過激とみなされるかもしれない科目、教育への新しいアプローチを推進した。音楽は?その多くは短命に終わり、他のバンドはニューウェーヴ/パワーポップの領域へと進化し、最終的にはポストパンクの実験へと交差した。Noho EPに収められているのは、ハンプシャーカレッジやマサチューセッツ大学にあったEMS機器やその他の機材が好んで使用された、よりエレクトロニックな気質だ。私たちは、一時期、テクノチューンズレーベルという緩やかな傘の下で、さまざまな組み合わせで一緒に演奏していたミュージシャンのグループと、それを取り巻く構造に焦点を当てることにした。

これらのミュージシャンは全く異なるバックグラウンドを持っており、ここに描かれている核は、クリストファー・ヴァイン、エリオット・シャープ、ジェイムズ・ウィットモア、ニコラス・ブラウンで構成されている。

サイエンティフィック・アメリカンズは何度かラインナップを変えているが、「Among Bodge Watt」をレコーディングしたのは、実はクリス・ヴァインとジム・ウィットモアのデュオだけだった。未発表のこの曲は、1981年のROIRのテープ・アルバム『Load & Go!』に収録されている「El Salvador」のコンパニオン・ピースである。サイ・アムスはテクノ・チューンズ・レーベルの創設者であり、テクノ・ツアーズという「コンサート・プロモーション・エージェンシー」を立ち上げ、その名でザ・ストラングラーズ、ザ・スリッツ、パイロン、ペール・ユビュ、ザ・サイケデリック・ファーズ、ブッシュ・テトラス、スティール・パルスなどのバンドを地元の観客に紹介した。彼ら自身のサウンドは進歩し続けたが、最高の状態には、「Among Bodge Watt」で明らかなように、しっかりとしたダブの下地がある。
Human Errorは、クリス・ヴァイン、エリオット・シャープ、ジム・ウィットモア、ニック・ブラウンによる集団ジャムから生まれた。1978年8月にノーザンプトンに引っ越してきたエリオット・シャープは、自然と地元の音楽シーンに関わるようになり、当時働いていたハイファイ・オーディオ店で、まずウィットモアと知り合った。地下室でのジャムは刺激的な会話が続き、他のミュージシャンもセッションに参加した。Clandestinator のサウンドはゴージャスにルーズで、擬似ダブのセットアップから楽々とグルーヴが生まれる。音楽はただ流れ、伝染し、ミックスの中のハンドクラップのように不規則だ。

The Higher Primatesは後に "ちゃんとした "バンドに進化したが、ニック・ブラウンのソロプロジェクトとしてスタートした。The Higher Primatesは1980年に7インチシングル(正確にはテクノ・チューンズ・レーベルから)をリリースしたのみ。Noho EPに収録されている2曲はいずれも翌年にレコーディングされたもので、現在までリリースされることはなかった。「オート・ミュージック・イン・ザ・ディスコ・ダブ・スタイル」は、安定したミドル・テンポのTR808ビートが流れ、シンセのスクエルチ、エコー、リバーブ、太いベースライン、不協和音のメロディライン、奇妙なヴォーカルの断片がサポートする。コンセプトがほとんどなかった頃のDJツールのようなものだ。よりアップテンポな「Teresa Variations」は、エレクトロニクスにフェンダー・ジャズ・ベースとセルマー・サックスが加わっている。ロボットのような意味不明なヴォーカルが入るが、実際はより「ディスコ」的に聞こえる。その上、全体的にラジオフォニック・ワークショップのアナログ的な異様さがダンスビートに適用され、雰囲気は封印されている。 "

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Holuzam releases available at Tobira. 

-------------------------------

Description by Holuzam:

"With this EP an attempt is made at documenting the vibrant action happening during the late 1970s and early 1980s in the Pioneer Valley area of Western Massachusetts, US. The story is richer than the snapshot we present here, and a more detailed account is to be found in the accompanying book that can be purchased separately but also comes as a limited edition with the first 50 copies of the EP.

The Five Colleges in Hampshire County congregated a vast student population that inevitably interacted with the towns in the area. Bars, music and record stores, live music and a lot of experimentation and free thinking. Hampshire College, especially, promoted new approaches to teaching, subjects that might be considered radical by some even today, although a more favourable context would now surely exist for openly debating such topics as American Indians, Kayak Design, Black Oral Tradition, Food Management, etc. And the music? The immediate "punk effect" motivated the creation of numerous bands, many short lived, others evolving into New Wave / Power Pop territory, eventually crossing into Post-Punk experimentation. What is captured in "Noho EP" is a more electronic disposition, favoured by the existence of EMS gear and other equipment at Hampshire College and University of Massachusetts. We chose to focus on a group of musicians who, for a time, played together in different combinations under the loose umbrella of the Tekno Tunes label and the structure around it.

These musicians come from very different backgrounds and the nucleus portrayed here consisted of Christopher Vine, Elliott Sharp, James Whittemore and Nicholas Brown.

Of the several line-up changes The Scientific Americans went through, it was actually only the duo of  Chris Vine and Jim Whittemore who recorded "Among Bodge Watt". Never before released, it is a companion piece to their track "El Salvador" available on the 1981 ROIR tape-album "Load & Go!". The Sci Ams were founders of the Tekno Tunes label and also created the Tekno Tours "concert promotion agency", under which name they exposed local audiences to bands such as The Stranglers, The Slits, Pylon, Pere Ubu, The Psychedelic Furs, The Bush Tetras, Steel Pulse, etc. Their own sound kept progressing but at its best there's a solid dub undercurrent, pretty obvious in "Among Bodge Watt".
Human Error was born out of a collective jam by Chris Vine, Elliott Sharp, Jim Whittemore and Nick Brown. Elliott Sharp had moved to Northampton in August of 1978 and naturally became involved in the local music scene, hooking up first with Whittemore at a hi-fi audio store where he worked at the time. Basement jams followed stimulating conversations, and other musicians joined the sessions. "Clandestinator" sounds gorgeously loose, an effortless groove coming from a quasi-dub set-up. Nothing here seems calculated, the music just flows, contagious and irregular as the handclaps in the mix.

The Higher Primates later evolved into a "proper" band but started as Nick Brown's solo project. The Primates only ever released a (now sought-after) 7" single in 1980 (on the Tekno Tunes label, precisely). Both tracks on "Noho EP" were recorded the following year and never released until now. "Auto Music in the Disco Dub Style" is self-explanatory, with a steady, mid-tempo TR808 beat running through, supporting synth squelches, echoes and reverbs, a fat bassline, dissonant melodic lines and odd vocal snippets. Kind of a DJ tool when the concept was barely in place. The more uptempo "Teresa Variations" adds a Fender Jazz bass and Selmer sax to the electronics. It actually sounds more "Disco", even with the robotic, unintelligible vocals. On top of this, the vibe is sealed by the overall Radiophonic Workshop analogue strangeness applied to a dance beat. 
"

Label : Holuzam

CAT No : ZAM025

+ -

ポルトガル・リスボンの実験レーベルHoluzamが、2024年5月にリリースしたコンピレーション12"です。

アメリカ・ニューハンプシャーで活動していたバンドによる1979-1981年録音のポストパンク4曲を収録。

以下、レーベルによる解説です。

"このEPは、1970年代後半から1980年代前半にかけて、米国マサチューセッツ州西部のパイオニアバレー地域で起こった活気あるアクションを記録する試みである。

ハンプシャー郡にある5つのカレッジには膨大な数の学生が集まり、必然的にその地域の町と交流した。バー、楽器店、レコード店、ライブハウス、そして多くの実験と自由な発想。特にハンプシャーカレッジは、アメリカインディアン、カヤックのデザイン、黒人の口承伝統、食品管理などのトピックについて公然と議論するためのより好ましい状況が確実に存在するにもかかわらず、今日でも過激とみなされるかもしれない科目、教育への新しいアプローチを推進した。音楽は?その多くは短命に終わり、他のバンドはニューウェーヴ/パワーポップの領域へと進化し、最終的にはポストパンクの実験へと交差した。Noho EPに収められているのは、ハンプシャーカレッジやマサチューセッツ大学にあったEMS機器やその他の機材が好んで使用された、よりエレクトロニックな気質だ。私たちは、一時期、テクノチューンズレーベルという緩やかな傘の下で、さまざまな組み合わせで一緒に演奏していたミュージシャンのグループと、それを取り巻く構造に焦点を当てることにした。

これらのミュージシャンは全く異なるバックグラウンドを持っており、ここに描かれている核は、クリストファー・ヴァイン、エリオット・シャープ、ジェイムズ・ウィットモア、ニコラス・ブラウンで構成されている。

サイエンティフィック・アメリカンズは何度かラインナップを変えているが、「Among Bodge Watt」をレコーディングしたのは、実はクリス・ヴァインとジム・ウィットモアのデュオだけだった。未発表のこの曲は、1981年のROIRのテープ・アルバム『Load & Go!』に収録されている「El Salvador」のコンパニオン・ピースである。サイ・アムスはテクノ・チューンズ・レーベルの創設者であり、テクノ・ツアーズという「コンサート・プロモーション・エージェンシー」を立ち上げ、その名でザ・ストラングラーズ、ザ・スリッツ、パイロン、ペール・ユビュ、ザ・サイケデリック・ファーズ、ブッシュ・テトラス、スティール・パルスなどのバンドを地元の観客に紹介した。彼ら自身のサウンドは進歩し続けたが、最高の状態には、「Among Bodge Watt」で明らかなように、しっかりとしたダブの下地がある。
Human Errorは、クリス・ヴァイン、エリオット・シャープ、ジム・ウィットモア、ニック・ブラウンによる集団ジャムから生まれた。1978年8月にノーザンプトンに引っ越してきたエリオット・シャープは、自然と地元の音楽シーンに関わるようになり、当時働いていたハイファイ・オーディオ店で、まずウィットモアと知り合った。地下室でのジャムは刺激的な会話が続き、他のミュージシャンもセッションに参加した。Clandestinator のサウンドはゴージャスにルーズで、擬似ダブのセットアップから楽々とグルーヴが生まれる。音楽はただ流れ、伝染し、ミックスの中のハンドクラップのように不規則だ。

The Higher Primatesは後に "ちゃんとした "バンドに進化したが、ニック・ブラウンのソロプロジェクトとしてスタートした。The Higher Primatesは1980年に7インチシングル(正確にはテクノ・チューンズ・レーベルから)をリリースしたのみ。Noho EPに収録されている2曲はいずれも翌年にレコーディングされたもので、現在までリリースされることはなかった。「オート・ミュージック・イン・ザ・ディスコ・ダブ・スタイル」は、安定したミドル・テンポのTR808ビートが流れ、シンセのスクエルチ、エコー、リバーブ、太いベースライン、不協和音のメロディライン、奇妙なヴォーカルの断片がサポートする。コンセプトがほとんどなかった頃のDJツールのようなものだ。よりアップテンポな「Teresa Variations」は、エレクトロニクスにフェンダー・ジャズ・ベースとセルマー・サックスが加わっている。ロボットのような意味不明なヴォーカルが入るが、実際はより「ディスコ」的に聞こえる。その上、全体的にラジオフォニック・ワークショップのアナログ的な異様さがダンスビートに適用され、雰囲気は封印されている。 "

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Holuzam releases available at Tobira. 

-------------------------------

Description by Holuzam:

"With this EP an attempt is made at documenting the vibrant action happening during the late 1970s and early 1980s in the Pioneer Valley area of Western Massachusetts, US. The story is richer than the snapshot we present here, and a more detailed account is to be found in the accompanying book that can be purchased separately but also comes as a limited edition with the first 50 copies of the EP.

The Five Colleges in Hampshire County congregated a vast student population that inevitably interacted with the towns in the area. Bars, music and record stores, live music and a lot of experimentation and free thinking. Hampshire College, especially, promoted new approaches to teaching, subjects that might be considered radical by some even today, although a more favourable context would now surely exist for openly debating such topics as American Indians, Kayak Design, Black Oral Tradition, Food Management, etc. And the music? The immediate "punk effect" motivated the creation of numerous bands, many short lived, others evolving into New Wave / Power Pop territory, eventually crossing into Post-Punk experimentation. What is captured in "Noho EP" is a more electronic disposition, favoured by the existence of EMS gear and other equipment at Hampshire College and University of Massachusetts. We chose to focus on a group of musicians who, for a time, played together in different combinations under the loose umbrella of the Tekno Tunes label and the structure around it.

These musicians come from very different backgrounds and the nucleus portrayed here consisted of Christopher Vine, Elliott Sharp, James Whittemore and Nicholas Brown.

Of the several line-up changes The Scientific Americans went through, it was actually only the duo of  Chris Vine and Jim Whittemore who recorded "Among Bodge Watt". Never before released, it is a companion piece to their track "El Salvador" available on the 1981 ROIR tape-album "Load & Go!". The Sci Ams were founders of the Tekno Tunes label and also created the Tekno Tours "concert promotion agency", under which name they exposed local audiences to bands such as The Stranglers, The Slits, Pylon, Pere Ubu, The Psychedelic Furs, The Bush Tetras, Steel Pulse, etc. Their own sound kept progressing but at its best there's a solid dub undercurrent, pretty obvious in "Among Bodge Watt".
Human Error was born out of a collective jam by Chris Vine, Elliott Sharp, Jim Whittemore and Nick Brown. Elliott Sharp had moved to Northampton in August of 1978 and naturally became involved in the local music scene, hooking up first with Whittemore at a hi-fi audio store where he worked at the time. Basement jams followed stimulating conversations, and other musicians joined the sessions. "Clandestinator" sounds gorgeously loose, an effortless groove coming from a quasi-dub set-up. Nothing here seems calculated, the music just flows, contagious and irregular as the handclaps in the mix.

The Higher Primates later evolved into a "proper" band but started as Nick Brown's solo project. The Primates only ever released a (now sought-after) 7" single in 1980 (on the Tekno Tunes label, precisely). Both tracks on "Noho EP" were recorded the following year and never released until now. "Auto Music in the Disco Dub Style" is self-explanatory, with a steady, mid-tempo TR808 beat running through, supporting synth squelches, echoes and reverbs, a fat bassline, dissonant melodic lines and odd vocal snippets. Kind of a DJ tool when the concept was barely in place. The more uptempo "Teresa Variations" adds a Fender Jazz bass and Selmer sax to the electronics. It actually sounds more "Disco", even with the robotic, unintelligible vocals. On top of this, the vibe is sealed by the overall Radiophonic Workshop analogue strangeness applied to a dance beat. 
"

Label : Holuzam

CAT No : ZAM025