• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
|grens| // de verborgen kamer LP

|grens| // de verborgen kamer LP

  • Availability:

オランダのIDMデュオ|grens|が、2023年12月に同国実験/ダンスレーベルEnfant Terrible傘下アンビエント〜フォルクローレ部門Vrystaeteから200部限定でリリースしたレコードです。

メランコリックなIDM〜ダークアンビエント・ダウンテンポ6曲を収録。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"オランダのデュオ|grens|は、彼らの自主制作テープ 『Geen Mens Die Op Mij Let 』で知った。彼らの音楽は、アンビエントでローファイなIDMのようなもので、Civilistjävel! とWanderwelleの間にあるミッシングリンクのようなものと考えていいだろう。Vrystaeteからのこのアルバムのために、彼らは隔離された小屋に閉じこもった。その結果、通常のアルバムというよりは、ラジオで流れるような作品に仕上がった。アルバム全体を通して、各トラックのムードや構造の展開、そしてそれらの相互関係に基づいた明確な物語がある。

『de verborgen kamer』は、Vrystaeteにしては少し暗いかもしれないが、サウンドは決して冷たすぎず、テクスチャーは決して硬すぎない...ダークなエレクトロニック・ベースにもかかわらず、全体的に遊び心があり、有機的な印象を与える。おそらくこれは、レコードの録音方法によるものだろう...作曲された作品というよりは、ライブパフォーマンスのようだ...ライブパフォーマンスといえば...|grens|はコンサートで確固たる地位を築いてきた...だから、それがレコーディングされた音楽にも反映されているのは確かだ...。

|オランダのエレクトロニックミュージックシーンにとって、|grens|は貴重な存在だと思うし、彼らの音楽が好きだという単純な事実のほかに、この地球上のこの地域から新しい、そしてこれからのミュージシャンをサポートし続けることが重要だと思う。これから|grens|がどのように進化していくのか興味津々であり、『de verborgen kamer』LPは、その旅にリスナーを招待するものなのだ..."

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Enfant Terrible releases available at Tobira.

------------------------------

12" black vinyl. Edition of 200. 

Tracklist:

A1 we moeten praten
A2 het gesprek
A3 de manifestatie van de andere kamer
B1 de fluwelen ruimte
B2 hier kom je niet meer uit
B3 in slapen schuilt gevaar

Enfant Terrible:

"Dutch duo |grens| I discovered through their self-released tape “Geen Mens Die Op Mij Let”. Their music is a sort of ambient and lo-fi IDM which you could consider like a missing link between Civilistjävel! and Wanderwelle. For this album on Vrystaete they locked themselves up in a cabin somewhere isolated. The result is more a radio play then a regular album. There is a clear narrative throughout the album based on the development of the mood and structures of the individual tracks and their interrelation.

Maybe “de verborgen kamer” LP is a bit dark for a Vrystaete but the sounds are never too cold and the textures are never too rigid… making the overall feel playful and organic despite the dark electronic basis. Possible this is due to the way the record is recorded… much more like a live performance as a composed piece… speaking of live performances… |grens| have been building a strong name for themselves with their concerts… so for sure this is flowing back into their recorded music as well…

|grens| I consider a valuable addition to the Dutch electronic music scene and next to simple fact that I do like their music I find it important to keep supporting new and upcoming musicians from this part of the planet. I am curious to see how |grens| will evolve from now on and “de verborgen kamer” LP is an invitation for you to step on board the journey…"

Artist : |grens| 

Label : Enfant Terrible

+ -

オランダのIDMデュオ|grens|が、2023年12月に同国実験/ダンスレーベルEnfant Terrible傘下アンビエント〜フォルクローレ部門Vrystaeteから200部限定でリリースしたレコードです。

メランコリックなIDM〜ダークアンビエント・ダウンテンポ6曲を収録。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"オランダのデュオ|grens|は、彼らの自主制作テープ 『Geen Mens Die Op Mij Let 』で知った。彼らの音楽は、アンビエントでローファイなIDMのようなもので、Civilistjävel! とWanderwelleの間にあるミッシングリンクのようなものと考えていいだろう。Vrystaeteからのこのアルバムのために、彼らは隔離された小屋に閉じこもった。その結果、通常のアルバムというよりは、ラジオで流れるような作品に仕上がった。アルバム全体を通して、各トラックのムードや構造の展開、そしてそれらの相互関係に基づいた明確な物語がある。

『de verborgen kamer』は、Vrystaeteにしては少し暗いかもしれないが、サウンドは決して冷たすぎず、テクスチャーは決して硬すぎない...ダークなエレクトロニック・ベースにもかかわらず、全体的に遊び心があり、有機的な印象を与える。おそらくこれは、レコードの録音方法によるものだろう...作曲された作品というよりは、ライブパフォーマンスのようだ...ライブパフォーマンスといえば...|grens|はコンサートで確固たる地位を築いてきた...だから、それがレコーディングされた音楽にも反映されているのは確かだ...。

|オランダのエレクトロニックミュージックシーンにとって、|grens|は貴重な存在だと思うし、彼らの音楽が好きだという単純な事実のほかに、この地球上のこの地域から新しい、そしてこれからのミュージシャンをサポートし続けることが重要だと思う。これから|grens|がどのように進化していくのか興味津々であり、『de verborgen kamer』LPは、その旅にリスナーを招待するものなのだ..."

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Enfant Terrible releases available at Tobira.

------------------------------

12" black vinyl. Edition of 200. 

Tracklist:

A1 we moeten praten
A2 het gesprek
A3 de manifestatie van de andere kamer
B1 de fluwelen ruimte
B2 hier kom je niet meer uit
B3 in slapen schuilt gevaar

Enfant Terrible:

"Dutch duo |grens| I discovered through their self-released tape “Geen Mens Die Op Mij Let”. Their music is a sort of ambient and lo-fi IDM which you could consider like a missing link between Civilistjävel! and Wanderwelle. For this album on Vrystaete they locked themselves up in a cabin somewhere isolated. The result is more a radio play then a regular album. There is a clear narrative throughout the album based on the development of the mood and structures of the individual tracks and their interrelation.

Maybe “de verborgen kamer” LP is a bit dark for a Vrystaete but the sounds are never too cold and the textures are never too rigid… making the overall feel playful and organic despite the dark electronic basis. Possible this is due to the way the record is recorded… much more like a live performance as a composed piece… speaking of live performances… |grens| have been building a strong name for themselves with their concerts… so for sure this is flowing back into their recorded music as well…

|grens| I consider a valuable addition to the Dutch electronic music scene and next to simple fact that I do like their music I find it important to keep supporting new and upcoming musicians from this part of the planet. I am curious to see how |grens| will evolve from now on and “de verborgen kamer” LP is an invitation for you to step on board the journey…"

Artist : |grens| 

Label : Enfant Terrible