• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Comes • Veldman // Manifest Exodus LP

Comes • Veldman // Manifest Exodus LP

  • Availability:

オランダの実験音楽家Martijn ComesとHessel Veldmanが、2024年1月に同国実験レーベルDead Mindからリリースした共作レコードです。

ディープリスニング系アンビエントドローン〜ドローン5曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"作曲家としてのMartijn Comesは、電子音響の歴史に重点を置きながら、音色音楽と様々な音楽の伝統に特別な関心を持っている。カリヨンのための彼の作品は、Le Guess WhoやRewireなどのフェスティバルでライブ演奏された。また、ソロアルバムを数枚リリースし、フランツ・デ・ワールト、ルーカス・シモニス、ニコレタ・チャツォプルー、ヘッセル・フェルドマンなど幅広い現代アーティストとコラボレーションを行い、2020年にベドウィン・レコードから出版されたアルバム『EPoX』を共同プロデュースした。

Veldmanはオランダのアヴァンギャルド音楽のベテランで、80年代初頭に自身のレーベルEXARTから伝説的なカセットを多数発表している。彼の実験的なサウンドスケープにはインダストリアルな要素が盛り込まれ、催眠的でダークな音の底流を作り出している。Y Createという名義で活動する傍ら、即興演奏グループGorgonzola Legsのメンバーでもあり、フルクサスアーティストでオランダのアンダーグラウンドのカルト的存在であるWillem de Ridderと集中的に活動を続けた。ホームテーピング時代は、彼の音楽に対する自由なアプローチを形成した。現在に至るまで、彼の多様な音楽活動は数十年に及び、自身の洞察と直感に従って音楽を演奏し続けている。

作品の感情的で詩的な重みのために、トム・デ・ハーン牧師がこのコラボアルバムのために相談した。それは音楽的探求の始まりであり、平和、バランス、そして何よりも自由への探求だった。遠い世界に手を伸ばし、自分自身と折り合いをつけるための場所。障害と挫折に満ちた旅。時には粘り強く前進し、時には疑心暗鬼になる。神々は私たちの間にいるのか、それとも私たちの中にいるのか?内なる葛藤の表現、顕現としての音楽。

このアルバムの各章を通して、幾重にも重なる音と遠くの声が浮かび上がり、再び消える前に水面に浮かんでくるようだ。穏やかな波に揺られ、岸に駆け上がり、私たちは未知の場所にいることに気づく。『Manifest Exodus』は、ディープリスニング向けのアルバムだ。ドローン、アンビエンス、強烈なサウンドテクスチャー、驚くべきディテールセンスなど、豊かで没入感のある4曲が収録されており、より良い世界への多層的な逃避を演出している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Dead Mind Records releases available at Tobira.

-------------------------------------

12" black vinyl. Includes DL code.

Tracklist:

  1. Firstborn 08:32
  2. Sinaï 11:23
  3. Amid 13:24
  4. Release 07:20
  5. The Lord? 12:36

++

Dead Mind Records:

"As a composer Martijn Comes has a special interest in timbral music and various musical traditions, with an emphasis on the electro-acoustic history. His works for the carillon were performed live at festivals like Le Guess Who and Rewire. He also released several solo-albums and collaborated with a wide range of contemporary artists like Frans de Waard, Lukas Simonis, Nicoleta Chatzopoulou and Hessel Veldman, with whom he co-produced the album EPoX, published by Bedouin Records in 2020.

Veldman is a veteran of the Dutch musical avant-garde and published several legendary cassettes on his label EXART in the early 80’s. His experimental soundscapes are laced with industrial elements, creating a hypnotic, dark undercurrent of sounds. Besides operating under his moniker Y Create, he was a member of the improvisation group Gorgonzola Legs and kept working intensively with Fluxus artist and Dutch underground cult-figure Willem de Ridder. The home-taping era shaped his free approach to music. His diverse musical practices have been traversing several decades by now and he continues to play music according to his own insights and intuitions.

Because of the emotional and poetic weight of the pieces, reverend Tom de Haan was consulted for this collaborative album. It was the start of a musical exploration and a search for peace, balance and above all freedom. Reaching out to a distant world, a place to come to terms with ourselves. A journey full of obstacles and setbacks. Sometimes persistently moving forward, sometimes doubtful. 'Are there Gods among us or inside us?' The music as a manifest, the expression of an inner struggle.

Throughout the chapters of this album layers of sound and distant voices arise and seem to float on the surface before they disappear again. Swaying on the gentle waves, running ashore, we find ourselves in unknown places. Manifest Exodus is an album for deep listening in the vein of Lustmord, Lawrence English or Rafael Anton Irisarri. It contains 4 rich, immersive pieces with austere drones, ambience, intense sonic textures and an incredible sense of detail to create a multi-layered escape to a better world."

Artist : Comes • Veldman

Label : Dead Mind Records

+ -

オランダの実験音楽家Martijn ComesとHessel Veldmanが、2024年1月に同国実験レーベルDead Mindからリリースした共作レコードです。

ディープリスニング系アンビエントドローン〜ドローン5曲を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"作曲家としてのMartijn Comesは、電子音響の歴史に重点を置きながら、音色音楽と様々な音楽の伝統に特別な関心を持っている。カリヨンのための彼の作品は、Le Guess WhoやRewireなどのフェスティバルでライブ演奏された。また、ソロアルバムを数枚リリースし、フランツ・デ・ワールト、ルーカス・シモニス、ニコレタ・チャツォプルー、ヘッセル・フェルドマンなど幅広い現代アーティストとコラボレーションを行い、2020年にベドウィン・レコードから出版されたアルバム『EPoX』を共同プロデュースした。

Veldmanはオランダのアヴァンギャルド音楽のベテランで、80年代初頭に自身のレーベルEXARTから伝説的なカセットを多数発表している。彼の実験的なサウンドスケープにはインダストリアルな要素が盛り込まれ、催眠的でダークな音の底流を作り出している。Y Createという名義で活動する傍ら、即興演奏グループGorgonzola Legsのメンバーでもあり、フルクサスアーティストでオランダのアンダーグラウンドのカルト的存在であるWillem de Ridderと集中的に活動を続けた。ホームテーピング時代は、彼の音楽に対する自由なアプローチを形成した。現在に至るまで、彼の多様な音楽活動は数十年に及び、自身の洞察と直感に従って音楽を演奏し続けている。

作品の感情的で詩的な重みのために、トム・デ・ハーン牧師がこのコラボアルバムのために相談した。それは音楽的探求の始まりであり、平和、バランス、そして何よりも自由への探求だった。遠い世界に手を伸ばし、自分自身と折り合いをつけるための場所。障害と挫折に満ちた旅。時には粘り強く前進し、時には疑心暗鬼になる。神々は私たちの間にいるのか、それとも私たちの中にいるのか?内なる葛藤の表現、顕現としての音楽。

このアルバムの各章を通して、幾重にも重なる音と遠くの声が浮かび上がり、再び消える前に水面に浮かんでくるようだ。穏やかな波に揺られ、岸に駆け上がり、私たちは未知の場所にいることに気づく。『Manifest Exodus』は、ディープリスニング向けのアルバムだ。ドローン、アンビエンス、強烈なサウンドテクスチャー、驚くべきディテールセンスなど、豊かで没入感のある4曲が収録されており、より良い世界への多層的な逃避を演出している。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Dead Mind Records releases available at Tobira.

-------------------------------------

12" black vinyl. Includes DL code.

Tracklist:

  1. Firstborn 08:32
  2. Sinaï 11:23
  3. Amid 13:24
  4. Release 07:20
  5. The Lord? 12:36

++

Dead Mind Records:

"As a composer Martijn Comes has a special interest in timbral music and various musical traditions, with an emphasis on the electro-acoustic history. His works for the carillon were performed live at festivals like Le Guess Who and Rewire. He also released several solo-albums and collaborated with a wide range of contemporary artists like Frans de Waard, Lukas Simonis, Nicoleta Chatzopoulou and Hessel Veldman, with whom he co-produced the album EPoX, published by Bedouin Records in 2020.

Veldman is a veteran of the Dutch musical avant-garde and published several legendary cassettes on his label EXART in the early 80’s. His experimental soundscapes are laced with industrial elements, creating a hypnotic, dark undercurrent of sounds. Besides operating under his moniker Y Create, he was a member of the improvisation group Gorgonzola Legs and kept working intensively with Fluxus artist and Dutch underground cult-figure Willem de Ridder. The home-taping era shaped his free approach to music. His diverse musical practices have been traversing several decades by now and he continues to play music according to his own insights and intuitions.

Because of the emotional and poetic weight of the pieces, reverend Tom de Haan was consulted for this collaborative album. It was the start of a musical exploration and a search for peace, balance and above all freedom. Reaching out to a distant world, a place to come to terms with ourselves. A journey full of obstacles and setbacks. Sometimes persistently moving forward, sometimes doubtful. 'Are there Gods among us or inside us?' The music as a manifest, the expression of an inner struggle.

Throughout the chapters of this album layers of sound and distant voices arise and seem to float on the surface before they disappear again. Swaying on the gentle waves, running ashore, we find ourselves in unknown places. Manifest Exodus is an album for deep listening in the vein of Lustmord, Lawrence English or Rafael Anton Irisarri. It contains 4 rich, immersive pieces with austere drones, ambience, intense sonic textures and an incredible sense of detail to create a multi-layered escape to a better world."

Artist : Comes • Veldman

Label : Dead Mind Records