• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Aki Onda // Transmissions From The Radio Midnight LP [BLACK / COLOR]

Aki Onda // Transmissions From The Radio Midnight LP [BLACK / COLOR]

¥3,790
  • Availability:

茨城の実験音楽家Aki Ondaが、2023年9月にアメリカ・LAの実験レーベルDinzu Artefactsからリリースしたレコードです。

世界10ヵ国を旅しながらAM/FMラジオ付カセットレコーダーのみで制作したラジオ・コラージュ作品です。DLコード付属。 

以下、作家本人による解説です。

"Transmissions From The Radio Midnightと題したこのプロジェクトは、2006年頃、AM/FMラジオとカセットレコーダーが一体化したソニーのTCM F59を手に入れたことから始まった。それ以来、旅に出るときはいつもスーツケースに放り込んで持ち歩いていた。どの国に行っても、ホテルの部屋に戻ると、夜遅くまでラジオを聴くのが習慣だった。ベッドにもぐりこむとすぐにラジオのチューニングを始め、自分の好きな番組を探した。

ツマミを操作する指に集中すれば、2つ、3つの周波数を同時にキャッチし、異なる言語の重なりを聴くことができることもあった。そうでなければ、周波数をスキャンし、スペイン語、スウェーデン語、フランス語、ポーランド語、アラビア語、韓国語など、異なる言語の重なりを聴くために番組を飛び回った。私にとって外国語であるこれらの言語が、言葉としてではなく、聴覚の質感として聴こえ始める瞬間ほど楽しいことはなかった。私は、異質な言葉を使ったテキストサウンドのコンポジションを楽しんでいたのだろうか。おそらくそれは、これらの言語音の抽象的な融合だったのだろう。少なくとも、音響詩のようなものだった。

そうしているうちに、私はしばしば眠りに落ちた。夜中に、ホテルの部屋の壁を跳ね返すテストトーンの甲高いビープ音で目が覚めることもあった。また、朝目覚めると、見知らぬ番組が流れていたり、チューニングがずれていれば、単に静的ノイズが流れていたりすることもあった。

このアルバムでは、2008年からおよそ10年の間に10カ国ほどで録音したものの中から、お気に入りの断片を選んだ。すべての断片は、録音されたままの状態で収録されている。周波数の挙動は予測不可能なことが多く、また波をキャッチする行為は手作業で行われたため、録音にはさまざまな種類の静的ノイズや電波干渉を含む、あらゆる種類の付随音が含まれている。

ラジオは言語の海のようなものだ。世界中で同時に起こっている100万ものおしゃべりを、絶えず映し続けている。このアルバムは、この大洋のほんの一滴をとらえ、提示するものであり、大洋そのものは、巨大で、果てしなく、無限に、メディアが続く限り、流れ続ける。すごいことだと思わないか?"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Dinzu Artefacts releases available at Tobira.

-------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl edition of 200. 

Album is based on Aki Onda's previous cassette, "Voice Studies 17,” released in 2013 by London-based label My Dance The Skull. In 2022, the artist re-edited these materials and incorporated more previously unheard material. 

Tracklist:

1. Part I
2. Part II  

++

Artist statement by Aki Onda
September 20, 2022:

"This project, entitled Transmissions From The Radio Midnight, started around 2006, when I acquired a Sony TCM F59 — an AM/FM radio and cassette recorder combined in a slim, handheld body. Since then, whenever I went on a trip, I would throw it into my suitcase and take it around with me. No matter which country I was in, upon returning to the hotel room I made a habit of listening to the radio into the late hours of the night. As soon as I would snuggle into bed, I would begin tuning the radio in search of a program that I liked.

If I concentrated intently on my fingers controlling the knob, I could sometimes catch two or three frequencies at once and hear the overlap of different languages. Otherwise I would scan through frequencies and jump around programs to hear the juxtaposition of different languages, such as Spanish, Swedish, French, Polish, Arabic, Korean, among others. There was no greater joy than the moment in which I would begin to hear these languages, which were foreign to me, not as words but as aural texture. Was I enjoying text-sound compositions with alien words? Perhaps it was the abstract fusing of these lingual sounds. It was, at the very least, something akin to sound poetry.

I would often fall asleep while doing this — and so, just as often, the radio would continue playing in my dreams. Sometimes, in the middle of the night, I would wake up to the high-pitched beep of a test tone bouncing off the walls of the hotel room. On other occasions I would awaken in the mornings to some unknown program, or, if the tuning was off, simply static noise.

For this album, I selected some of my favorite segments from the recordings made in ten-or-so countries over the span of roughly a decade, beginning in 2008. All of the fragments are presented just as they were captured. Since frequency behavior is often unpredictable, and since the act of catching waves was done manually, the recordings capture all sorts of incidental sounds, including various kinds of static noise and radio interference.

The radio is like an ocean of languages. It continuously projects a million chatterings happening simultaneously all over the world. This album captures and presents a tiny drop of this ocean, while the ocean itself flows onward — enormous, endless, infinite — for as long as the medium itself lasts. Isn’t that amazing?"

Artist : Aki Onda

Label : Dinzu Artefacts

+ -

茨城の実験音楽家Aki Ondaが、2023年9月にアメリカ・LAの実験レーベルDinzu Artefactsからリリースしたレコードです。

世界10ヵ国を旅しながらAM/FMラジオ付カセットレコーダーのみで制作したラジオ・コラージュ作品です。DLコード付属。 

以下、作家本人による解説です。

"Transmissions From The Radio Midnightと題したこのプロジェクトは、2006年頃、AM/FMラジオとカセットレコーダーが一体化したソニーのTCM F59を手に入れたことから始まった。それ以来、旅に出るときはいつもスーツケースに放り込んで持ち歩いていた。どの国に行っても、ホテルの部屋に戻ると、夜遅くまでラジオを聴くのが習慣だった。ベッドにもぐりこむとすぐにラジオのチューニングを始め、自分の好きな番組を探した。

ツマミを操作する指に集中すれば、2つ、3つの周波数を同時にキャッチし、異なる言語の重なりを聴くことができることもあった。そうでなければ、周波数をスキャンし、スペイン語、スウェーデン語、フランス語、ポーランド語、アラビア語、韓国語など、異なる言語の重なりを聴くために番組を飛び回った。私にとって外国語であるこれらの言語が、言葉としてではなく、聴覚の質感として聴こえ始める瞬間ほど楽しいことはなかった。私は、異質な言葉を使ったテキストサウンドのコンポジションを楽しんでいたのだろうか。おそらくそれは、これらの言語音の抽象的な融合だったのだろう。少なくとも、音響詩のようなものだった。

そうしているうちに、私はしばしば眠りに落ちた。夜中に、ホテルの部屋の壁を跳ね返すテストトーンの甲高いビープ音で目が覚めることもあった。また、朝目覚めると、見知らぬ番組が流れていたり、チューニングがずれていれば、単に静的ノイズが流れていたりすることもあった。

このアルバムでは、2008年からおよそ10年の間に10カ国ほどで録音したものの中から、お気に入りの断片を選んだ。すべての断片は、録音されたままの状態で収録されている。周波数の挙動は予測不可能なことが多く、また波をキャッチする行為は手作業で行われたため、録音にはさまざまな種類の静的ノイズや電波干渉を含む、あらゆる種類の付随音が含まれている。

ラジオは言語の海のようなものだ。世界中で同時に起こっている100万ものおしゃべりを、絶えず映し続けている。このアルバムは、この大洋のほんの一滴をとらえ、提示するものであり、大洋そのものは、巨大で、果てしなく、無限に、メディアが続く限り、流れ続ける。すごいことだと思わないか?"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Dinzu Artefacts releases available at Tobira.

-------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl edition of 200. 

Album is based on Aki Onda's previous cassette, "Voice Studies 17,” released in 2013 by London-based label My Dance The Skull. In 2022, the artist re-edited these materials and incorporated more previously unheard material. 

Tracklist:

1. Part I
2. Part II  

++

Artist statement by Aki Onda
September 20, 2022:

"This project, entitled Transmissions From The Radio Midnight, started around 2006, when I acquired a Sony TCM F59 — an AM/FM radio and cassette recorder combined in a slim, handheld body. Since then, whenever I went on a trip, I would throw it into my suitcase and take it around with me. No matter which country I was in, upon returning to the hotel room I made a habit of listening to the radio into the late hours of the night. As soon as I would snuggle into bed, I would begin tuning the radio in search of a program that I liked.

If I concentrated intently on my fingers controlling the knob, I could sometimes catch two or three frequencies at once and hear the overlap of different languages. Otherwise I would scan through frequencies and jump around programs to hear the juxtaposition of different languages, such as Spanish, Swedish, French, Polish, Arabic, Korean, among others. There was no greater joy than the moment in which I would begin to hear these languages, which were foreign to me, not as words but as aural texture. Was I enjoying text-sound compositions with alien words? Perhaps it was the abstract fusing of these lingual sounds. It was, at the very least, something akin to sound poetry.

I would often fall asleep while doing this — and so, just as often, the radio would continue playing in my dreams. Sometimes, in the middle of the night, I would wake up to the high-pitched beep of a test tone bouncing off the walls of the hotel room. On other occasions I would awaken in the mornings to some unknown program, or, if the tuning was off, simply static noise.

For this album, I selected some of my favorite segments from the recordings made in ten-or-so countries over the span of roughly a decade, beginning in 2008. All of the fragments are presented just as they were captured. Since frequency behavior is often unpredictable, and since the act of catching waves was done manually, the recordings capture all sorts of incidental sounds, including various kinds of static noise and radio interference.

The radio is like an ocean of languages. It continuously projects a million chatterings happening simultaneously all over the world. This album captures and presents a tiny drop of this ocean, while the ocean itself flows onward — enormous, endless, infinite — for as long as the medium itself lasts. Isn’t that amazing?"

Artist : Aki Onda

Label : Dinzu Artefacts