• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Robert Turman / John Wiese // Solid State of Time CD

Robert Turman / John Wiese // Solid State of Time CD

  • Availability:

アメリカの実験音楽家Robert TurmanとJohn Wieseが、2023年6月にWiese主宰Helicopterからリリースした共作CDです。

ディープリスニング系コラージュ・ドローン2曲を収録。デジパック、シュリンク仕様です。

以下、レーベルによる解説です。

"Robert Turmanは、アンビエントとミニマリズムの分野における革新的で実験的な作品で知られるアメリカのサウンドアーティストです。1970年代半ばから実験音楽の世界に入り、特にスティーブ・ライヒやテリー・ライリーのようなミニマリストの作曲家の作品に惹かれ、テープループや他の形態の音操作の実験を開始しました。

Robert Turmanの最初のソロ作品であるカセットアルバム『FLUX』(1981年)は、アンビエントとミニマリズムにおける画期的な作品です。テープループ、ピアノ、エレクトロニクス、その他の楽器を組み合わせて作られた、ゆっくりと繰り返され進化する音で構成されたこのアルバムは、その革新性と雰囲気で賞賛されました。実験音楽愛好家の間では、今でもカルト的な人気を誇っています。
その後、Turmanは録音を続け、1977年から87年にかけて録音された8xカセットのボックスセットであり、2020年にハンソン・レコードとヘリコプターから4xCDセットとして再発されたコレクション「Chapter Eleven」に結実します。これらの録音は、Turmanの記念碑的存在としての評価をさらに確立し、新しい世代の実験的なインスピレーションを与えることに貢献しました。多大な影響力を持ち続けるTurmanは、当初から彼の作品を特徴づけてきた探求の精神に常にコミットしてきました。彼は、実験音楽の分野で活躍する無数のアーティストの作品の中で聞くことができ、実験音楽のパイオニアとしての彼の遺産は確実なものとなっています。現在、オハイオ州オバーリンに在住。

John Wieseは、オハイオ州クリーブランドとカリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とするサウンドアーティスト、作曲家です。音に対するユニークで革新的なアプローチと、あらゆる境界を曖昧にする複雑で重層的な作曲能力で知られています。

Wieseの初期のレコーディングには、カットアップ/コラージュ、ミュージック・コンクリート、エレクトロニクスの要素が取り入れられています。彼はしばしば型にはまらないソースを使い、混沌とした即興的なコンポジションを作り上げました。作曲家、演奏家として成長するにつれ、Wieseはより多くの電子的、加工的要素を作品に取り入れるようになり、生々しさ、正確さ、複雑さを保ちながら複雑で多層的な作品を作り出しました。

Robert TurmanとJohn Wieseの作曲に対するアプローチは、実験的であり、ポスト・インプロビゼーション的でもあります。特定の音やテクスチャーをベースに、その音に様々な修正を加えながら、常に実験と新たな可能性への探求のプロセスを経ることで、彼らのコラボレーションは終始予想外の形で進化・発展していきます。彼らは共に、空間、時間、現実の認識を覆すような、没入感のある異世界の道を創り続けているのです。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Helicopter releases available at Tobira. 

-----------------------------

Helicopter :

"Robert Turman is an American sound artist best known for his innovative and experimental work in the field of ambient and minimalism. Beginning in the mid/late-1970s, Turman became involved in the world of experimental music, being particularly drawn to the work of minimalist composers such as Steve Reich and Terry Riley, and began to experiment with tape loops and other forms of sound manipulation.

Turman’s first solo release, the cassette album “Flux” (1981), is a landmark in ambient and minimalism. Consisting of slowly repeating and evolving sounds, created using a combination of tape loops, piano, electronics, and other instruments, the album is praised for its innovation and atmosphere. It remains a cult classic among experimental music aficionados.
Over the next years, Turman continued to record, culminating in the collection “Chapter Eleven”, an 8x cassette boxset recorded 1977–87 and reissued as a 4x CD set in 2020 by Hanson Records and Helicopter. These recordings further established Turman’s reputation as a monumental figure, and helped to inspire a new generation of experimentation. Remaining a considerable influence, Turman has always been committed to the spirit of exploration that has characterized his work from the beginning. He can be heard in the work of countless artists working in the field of experimental music, and his legacy as a pioneer of experimental music is assured. He currently lives in Oberlin, Ohio.

John Wiese is a sound artist and composer based in Cleveland, Ohio and Los Angeles, California. He is known for his unique and innovative approach to sound and his ability to create complex, layered compositions that blur all boundaries.

Wiese’s early recordings incorporated elements of cut-up/collage, musique concrete, and electronics. He often used unconventional sources to create chaotic, improvised compositions. As he developed as a composer and performer, Wiese began to incorporate more electronic and processed elements into his work, creating intricate, multilayered works that retained the rawness, precision, and complexity.

Turman and Wiese’s approach to composition is both experimental and post-improvisational. Building on a particular sound or texture, and using a variety of modifications to the sound, a process of constant experimentation and exploration into new possibilities allows their collaboration to evolve and develop in unexpected ways throughout. Together, they continue to create immersive and otherworldly paths that challenge our perceptions of space, time, and reality."

Tracklist:

1       Path To Be Drawn (Part 1)
2       Path To Be Drawn (Part 2)

Artist : Robert Turman / John Wiese

Label : Helicopter

+ -

アメリカの実験音楽家Robert TurmanとJohn Wieseが、2023年6月にWiese主宰Helicopterからリリースした共作CDです。

ディープリスニング系コラージュ・ドローン2曲を収録。デジパック、シュリンク仕様です。

以下、レーベルによる解説です。

"Robert Turmanは、アンビエントとミニマリズムの分野における革新的で実験的な作品で知られるアメリカのサウンドアーティストです。1970年代半ばから実験音楽の世界に入り、特にスティーブ・ライヒやテリー・ライリーのようなミニマリストの作曲家の作品に惹かれ、テープループや他の形態の音操作の実験を開始しました。

Robert Turmanの最初のソロ作品であるカセットアルバム『FLUX』(1981年)は、アンビエントとミニマリズムにおける画期的な作品です。テープループ、ピアノ、エレクトロニクス、その他の楽器を組み合わせて作られた、ゆっくりと繰り返され進化する音で構成されたこのアルバムは、その革新性と雰囲気で賞賛されました。実験音楽愛好家の間では、今でもカルト的な人気を誇っています。
その後、Turmanは録音を続け、1977年から87年にかけて録音された8xカセットのボックスセットであり、2020年にハンソン・レコードとヘリコプターから4xCDセットとして再発されたコレクション「Chapter Eleven」に結実します。これらの録音は、Turmanの記念碑的存在としての評価をさらに確立し、新しい世代の実験的なインスピレーションを与えることに貢献しました。多大な影響力を持ち続けるTurmanは、当初から彼の作品を特徴づけてきた探求の精神に常にコミットしてきました。彼は、実験音楽の分野で活躍する無数のアーティストの作品の中で聞くことができ、実験音楽のパイオニアとしての彼の遺産は確実なものとなっています。現在、オハイオ州オバーリンに在住。

John Wieseは、オハイオ州クリーブランドとカリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とするサウンドアーティスト、作曲家です。音に対するユニークで革新的なアプローチと、あらゆる境界を曖昧にする複雑で重層的な作曲能力で知られています。

Wieseの初期のレコーディングには、カットアップ/コラージュ、ミュージック・コンクリート、エレクトロニクスの要素が取り入れられています。彼はしばしば型にはまらないソースを使い、混沌とした即興的なコンポジションを作り上げました。作曲家、演奏家として成長するにつれ、Wieseはより多くの電子的、加工的要素を作品に取り入れるようになり、生々しさ、正確さ、複雑さを保ちながら複雑で多層的な作品を作り出しました。

Robert TurmanとJohn Wieseの作曲に対するアプローチは、実験的であり、ポスト・インプロビゼーション的でもあります。特定の音やテクスチャーをベースに、その音に様々な修正を加えながら、常に実験と新たな可能性への探求のプロセスを経ることで、彼らのコラボレーションは終始予想外の形で進化・発展していきます。彼らは共に、空間、時間、現実の認識を覆すような、没入感のある異世界の道を創り続けているのです。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Helicopter releases available at Tobira. 

-----------------------------

Helicopter :

"Robert Turman is an American sound artist best known for his innovative and experimental work in the field of ambient and minimalism. Beginning in the mid/late-1970s, Turman became involved in the world of experimental music, being particularly drawn to the work of minimalist composers such as Steve Reich and Terry Riley, and began to experiment with tape loops and other forms of sound manipulation.

Turman’s first solo release, the cassette album “Flux” (1981), is a landmark in ambient and minimalism. Consisting of slowly repeating and evolving sounds, created using a combination of tape loops, piano, electronics, and other instruments, the album is praised for its innovation and atmosphere. It remains a cult classic among experimental music aficionados.
Over the next years, Turman continued to record, culminating in the collection “Chapter Eleven”, an 8x cassette boxset recorded 1977–87 and reissued as a 4x CD set in 2020 by Hanson Records and Helicopter. These recordings further established Turman’s reputation as a monumental figure, and helped to inspire a new generation of experimentation. Remaining a considerable influence, Turman has always been committed to the spirit of exploration that has characterized his work from the beginning. He can be heard in the work of countless artists working in the field of experimental music, and his legacy as a pioneer of experimental music is assured. He currently lives in Oberlin, Ohio.

John Wiese is a sound artist and composer based in Cleveland, Ohio and Los Angeles, California. He is known for his unique and innovative approach to sound and his ability to create complex, layered compositions that blur all boundaries.

Wiese’s early recordings incorporated elements of cut-up/collage, musique concrete, and electronics. He often used unconventional sources to create chaotic, improvised compositions. As he developed as a composer and performer, Wiese began to incorporate more electronic and processed elements into his work, creating intricate, multilayered works that retained the rawness, precision, and complexity.

Turman and Wiese’s approach to composition is both experimental and post-improvisational. Building on a particular sound or texture, and using a variety of modifications to the sound, a process of constant experimentation and exploration into new possibilities allows their collaboration to evolve and develop in unexpected ways throughout. Together, they continue to create immersive and otherworldly paths that challenge our perceptions of space, time, and reality."

Tracklist:

1       Path To Be Drawn (Part 1)
2       Path To Be Drawn (Part 2)

Artist : Robert Turman / John Wiese

Label : Helicopter