• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Sam Gendel & Ugnė Uma // Tam tikri objektai erdvėje LP

Sam Gendel & Ugnė Uma // Tam tikri objektai erdvėje LP

  • Availability:

アメリカ・LAのサックス奏者Sam Gendelとリトアニア・ヴィリニュスのエレクトロニック・ポップ作家Ugnė Umaが、2023年11月にベルギーの実験レーベルMeakusmaからリリースした共作レコードです。

レフトフィールド・ジャズ〜レフトフィールド・ポップ6曲を収録。DLコードとポストカード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"Sam GendelとUgnė Umaのアルバム『Tam Tikri Objektai Erdvėje』は、二人のパフォーマーが「存在の軽さ」と定義するものについて、重層的で、メリスマティックで、インタテクスチュアルな視点を描き出している。Ugnė Umaの音楽的スタンスは、実験的な詩や、リトアニアの20世紀のアンダーグラウンド音楽シーン(ジャズやフォークなど、国の独立運動による解放から生まれたもの)に影響を受けている。ロサンゼルス出身のSam Gendelは、サクソフォン以外の楽器にも精通するサクソフォン奏者兼プロデューサーであり、ソロとコラボレーションの両方で録音した作品は、モダンジャズ界のみならず、その枠を超えた重要な新しい声として高い評価を得ている。

『Tam Tikri Objektai Erdvėje』はリトアニア語で、「Some Particular Objects in Space」と訳される。このアルバムに収録された6つのトラックは、土星という言葉のすべての文字を表している。彼らは、もろくも勢いのあるサウンドパレットを描き出す。即興演奏のヒントや、彼ら自身の録音作品や幼少期に使っていたヤマハ・ポータサウンドPSS-290シンセの音をサンプリングし、ポップスやR&Bを抽象化したこれらのトラックのいくつかは、ほとんどバレアリックなフィーリングに達しており、より瞑想的である。宇宙的な現象を掘り下げた歌詞を持つTam Tikri Objektai Erdvėjeは、宇宙的なものであれ、内なるものであれ、その中間にあるものであれ、空間についてのアルバムである。このアルバムは、その影響や制作に使われた素材や戦術の総和を容易に凌駕する。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more meakusma releases available at Tobira.

----------------------------------

Record comes with DL voucher and A6 Postcard

~

Text by Meakusma:

"Sam Gendel and Ugnė Uma's Tam Tikri Objektai Erdvėje album sketches a layered, melismatic and intertextual view on what both performers define as a lightness of being. Ugnė Uma's musical stance is influenced by experimental poetry and Lithuania's 20th century underground music scene - jazz and folk, resulting from the liberation of the country's independence movements. Sam Gendel, from Los Angeles, is a saxophonist and producer, proficient on more instruments than the saxophone alone, whose recorded work both solo and collaborative has brought him acclaim as a vital new voice in modern jazz and beyond.

Tam Tikri Objektai Erdvėje is Lithuanian and translates as Some Particular Objects in Space. The six tracks on the album stand for every letter of the word Saturn. They sketch out a sound palette both fragile and full of forward momentum. With hints of improv, sampling their own recorded work and sounds of a childhood's Yamaha Portasound PSS-290 synth into abstractions of pop and r&b, some of these tracks reach an almost balearic feel, the more contemplative end of it. With lyrics delving into cosmic phenomena, Tam Tikri Objektai Erdvėje is an album about space, whether cosmic or inward or the one in between. It easily surpasses the sum of its influences and the materials and tactics used to produce it." 

Artist : Sam Gendel & Ugnė Uma

Label : Meakusma

+ -

アメリカ・LAのサックス奏者Sam Gendelとリトアニア・ヴィリニュスのエレクトロニック・ポップ作家Ugnė Umaが、2023年11月にベルギーの実験レーベルMeakusmaからリリースした共作レコードです。

レフトフィールド・ジャズ〜レフトフィールド・ポップ6曲を収録。DLコードとポストカード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"Sam GendelとUgnė Umaのアルバム『Tam Tikri Objektai Erdvėje』は、二人のパフォーマーが「存在の軽さ」と定義するものについて、重層的で、メリスマティックで、インタテクスチュアルな視点を描き出している。Ugnė Umaの音楽的スタンスは、実験的な詩や、リトアニアの20世紀のアンダーグラウンド音楽シーン(ジャズやフォークなど、国の独立運動による解放から生まれたもの)に影響を受けている。ロサンゼルス出身のSam Gendelは、サクソフォン以外の楽器にも精通するサクソフォン奏者兼プロデューサーであり、ソロとコラボレーションの両方で録音した作品は、モダンジャズ界のみならず、その枠を超えた重要な新しい声として高い評価を得ている。

『Tam Tikri Objektai Erdvėje』はリトアニア語で、「Some Particular Objects in Space」と訳される。このアルバムに収録された6つのトラックは、土星という言葉のすべての文字を表している。彼らは、もろくも勢いのあるサウンドパレットを描き出す。即興演奏のヒントや、彼ら自身の録音作品や幼少期に使っていたヤマハ・ポータサウンドPSS-290シンセの音をサンプリングし、ポップスやR&Bを抽象化したこれらのトラックのいくつかは、ほとんどバレアリックなフィーリングに達しており、より瞑想的である。宇宙的な現象を掘り下げた歌詞を持つTam Tikri Objektai Erdvėjeは、宇宙的なものであれ、内なるものであれ、その中間にあるものであれ、空間についてのアルバムである。このアルバムは、その影響や制作に使われた素材や戦術の総和を容易に凌駕する。"

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more meakusma releases available at Tobira.

----------------------------------

Record comes with DL voucher and A6 Postcard

~

Text by Meakusma:

"Sam Gendel and Ugnė Uma's Tam Tikri Objektai Erdvėje album sketches a layered, melismatic and intertextual view on what both performers define as a lightness of being. Ugnė Uma's musical stance is influenced by experimental poetry and Lithuania's 20th century underground music scene - jazz and folk, resulting from the liberation of the country's independence movements. Sam Gendel, from Los Angeles, is a saxophonist and producer, proficient on more instruments than the saxophone alone, whose recorded work both solo and collaborative has brought him acclaim as a vital new voice in modern jazz and beyond.

Tam Tikri Objektai Erdvėje is Lithuanian and translates as Some Particular Objects in Space. The six tracks on the album stand for every letter of the word Saturn. They sketch out a sound palette both fragile and full of forward momentum. With hints of improv, sampling their own recorded work and sounds of a childhood's Yamaha Portasound PSS-290 synth into abstractions of pop and r&b, some of these tracks reach an almost balearic feel, the more contemplative end of it. With lyrics delving into cosmic phenomena, Tam Tikri Objektai Erdvėje is an album about space, whether cosmic or inward or the one in between. It easily surpasses the sum of its influences and the materials and tactics used to produce it." 

Artist : Sam Gendel & Ugnė Uma

Label : Meakusma