• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Weston Olencki // Pearls Ground Down to Powder LP

Weston Olencki // Pearls Ground Down to Powder LP

¥4,747
  • Availability:

※6月下旬再入荷後発送します

アメリカ・NYのバンジョー奏者Weston Olenckiが、2024年5月に同国テキサスの実験/アンビエントレーベルFull Spectrumから100部限定でリリースしたレコードです。

バンジョーが、打楽器や物音、ドローンといった様々な音に変化する2曲、40分を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"pearls ground down to powderは、同じバンジョーの相反する2つの側面を提示する。バンジョーという楽器は、パーカッシブなストリングス入りドラムとして、あるいは高次元のハーモニックレゾネーターとして交互に登場し、これらの異質な軌道を2つの長編作品に吹き出す。a vine that grew over the city and no one noticed」[Tripticks Tapes - 'Old Time Music']に続く、鈍重で抽象的、レーザーフォーカスの「pearls」は、より認識しやすいバンジョーの領域の亀裂の中で展開する。対照的な2つの面を持つこのアルバムは、グリッチアウト・アルゴリズムの骨組みと、デチューンされた豊かなソノリティの塊に目を瞑る。

2022年のニューヨークの夏の耐えがたい暑さの中で録音されたこのアルバムのA面「the rocks are different, here」は、フィリップ・グラスやスティーヴ・ライヒの初期のミニマル作品に似た、ギザギザに反転し、再連続するポリリズムのグルーヴが押し寄せてくる。バンジョーは、暗い窪地の奥深くで切々とかき鳴らされる楽器ではなく、弦と共鳴器の恍惚とした配列として扱われている。しかし、この機械的な不協和音にもかかわらず、バンジョー特有のツーンと響く音や頭を叩く音は、ノスタルジアに満ちたこの獣との一種の歪んだ旅を可能にしてくれる。古い音は、まだ道を見つけてくれる。

B面のBrothersは、ルーヴィン、スタンレー、マドックス、カーターズ、オズボーンズといった有名カントリーシンガーの血のハーモニーを思い起こさせる。極寒の中、アーティストの旧バーモント州の自宅で録音されたこのトラックは、"ザ・ロック "のエントロピー的な熱狂主義に抵抗している。各ドラムヘッドは、マイクでありスピーカーであり、耳であり口であるように配線され、互いに独立したリングモジュレーター回路を介して、ペアの上下にサイドバンドを回転させながら、逆に結合されている。フリーダ・カーロの自画像のエコーだろうか。共有する循環系を介した家族的なつながりの美しい不条理は、神話的な親族の感覚を想起させる。バンジョーの弦は、2組の自家製E字弓を通して、それぞれの「Music on a Long Thin Wire(細長い針金の上の音楽)」となる。

グレッチェン・コルスモによって組み立てられたカバーには、オレンキの親しい共同制作者であり、ニューイングランドでの生活とこの作品の開発に欠かせない仲間であるオルガニスト兼作曲家ジャック・ラングドンの写真が使用されている。 "

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Full Spectrum Records releases available at Tobira. 

--------------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Short-run LP with artwork by Gretchen Korsmo and Jack Langdon, edition of 100.

Tracklist:

  1. the rocks are different, here 22:59
  2. Brothers 20:45 

"Full Spectrum welcomes Weston Olencki with their label debut – pearls ground down to powder.

‘pearls ground down to powder’ presents two opposing sides of the same banjo. The instrument presents alternately as a percussive drum-with-strings or as a highly dimensional harmonic resonator, blowing out these disparate trajectories into two longform pieces. An obtuse, abstracted, laser-focused follow up to “a vine that grew over the city and no one noticed” [Tripticks Tapes - 'Old Time Music'], ‘pearls’ unfurls itself within the cracks of more recognizable banjo territory. Over two contrasting sides, the album pauses to meditate on skeins of glitched-out algorithmics and masses of richly detuned sonorities - all hung heavy in the thick southern air.

Recorded in the unbearable heat of the 2022 NYC summer – the album’s regimented a-side, “the rocks are different, here” presents a rush of polyrhythmic grooves that jaggedly flip and resuture themselves together in a way similar to the early minimalist works of Philip Glass or Steve Reich. The composition reaches escape velocity from the mechanical permutations of its bluegrass role: it treats the banjo as an ecstatic array of strings and resonators, rather than an instrument strummed wistfully in the depths of some dark holler. Yet despite this machinic cacophony, the particular twang and thwack of the head still allows one a kind of skewed journey with this nostalgia-laden beast. The old sound still finds a way through.

On the b-side, “Brothers” recalls the blood harmony of famous country singers like the Louvins, Stanleys, Maddoxs, Carters, and Osbournes, splayed out between two justly tuned banjos. Recorded at the artist’s former Vermont home in the midst of a deep polar chill, this track resists the entropic freneticism of “the rocks...” Each drum head is wired to be both microphone and speaker, ear and mouth, conjoined together in reverse, spinning sidebands above and below the pair via an interdependent ring modulator circuit. An echo, perhaps, of that iconic Frida Kahlo self-portrait – the beautiful absurdity of familial connection via one’s shared circulatory system, itself an evocative imagining of this mythological sense of kin. Through two sets of homemade E-bows, each of the banjos’ strings become their own ‘Music on a Long Thin Wire’ – the only imprint of human touch, a muffled muting and unmuting of the instrument’s delicate vibrations.

Assembled by Gretchen Korsmo, the cover features photography by organist and composer Jack Langdon, a close collaborator of Olencki’s and an essential companion of their time living and developing this work in New England.
 "

Artist : Weston Olencki

Label : Full Spectrum Records

CAT No.: FS162

+ -

※6月下旬再入荷後発送します

アメリカ・NYのバンジョー奏者Weston Olenckiが、2024年5月に同国テキサスの実験/アンビエントレーベルFull Spectrumから100部限定でリリースしたレコードです。

バンジョーが、打楽器や物音、ドローンといった様々な音に変化する2曲、40分を収録。DLコード付属。

以下、レーベルによる解説です。

"pearls ground down to powderは、同じバンジョーの相反する2つの側面を提示する。バンジョーという楽器は、パーカッシブなストリングス入りドラムとして、あるいは高次元のハーモニックレゾネーターとして交互に登場し、これらの異質な軌道を2つの長編作品に吹き出す。a vine that grew over the city and no one noticed」[Tripticks Tapes - 'Old Time Music']に続く、鈍重で抽象的、レーザーフォーカスの「pearls」は、より認識しやすいバンジョーの領域の亀裂の中で展開する。対照的な2つの面を持つこのアルバムは、グリッチアウト・アルゴリズムの骨組みと、デチューンされた豊かなソノリティの塊に目を瞑る。

2022年のニューヨークの夏の耐えがたい暑さの中で録音されたこのアルバムのA面「the rocks are different, here」は、フィリップ・グラスやスティーヴ・ライヒの初期のミニマル作品に似た、ギザギザに反転し、再連続するポリリズムのグルーヴが押し寄せてくる。バンジョーは、暗い窪地の奥深くで切々とかき鳴らされる楽器ではなく、弦と共鳴器の恍惚とした配列として扱われている。しかし、この機械的な不協和音にもかかわらず、バンジョー特有のツーンと響く音や頭を叩く音は、ノスタルジアに満ちたこの獣との一種の歪んだ旅を可能にしてくれる。古い音は、まだ道を見つけてくれる。

B面のBrothersは、ルーヴィン、スタンレー、マドックス、カーターズ、オズボーンズといった有名カントリーシンガーの血のハーモニーを思い起こさせる。極寒の中、アーティストの旧バーモント州の自宅で録音されたこのトラックは、"ザ・ロック "のエントロピー的な熱狂主義に抵抗している。各ドラムヘッドは、マイクでありスピーカーであり、耳であり口であるように配線され、互いに独立したリングモジュレーター回路を介して、ペアの上下にサイドバンドを回転させながら、逆に結合されている。フリーダ・カーロの自画像のエコーだろうか。共有する循環系を介した家族的なつながりの美しい不条理は、神話的な親族の感覚を想起させる。バンジョーの弦は、2組の自家製E字弓を通して、それぞれの「Music on a Long Thin Wire(細長い針金の上の音楽)」となる。

グレッチェン・コルスモによって組み立てられたカバーには、オレンキの親しい共同制作者であり、ニューイングランドでの生活とこの作品の開発に欠かせない仲間であるオルガニスト兼作曲家ジャック・ラングドンの写真が使用されている。 "

レーベルその他作品はこちら /// Click here to see more Full Spectrum Records releases available at Tobira. 

--------------------------------

Includes DL code. 12" black vinyl. Short-run LP with artwork by Gretchen Korsmo and Jack Langdon, edition of 100.

Tracklist:

  1. the rocks are different, here 22:59
  2. Brothers 20:45 

"Full Spectrum welcomes Weston Olencki with their label debut – pearls ground down to powder.

‘pearls ground down to powder’ presents two opposing sides of the same banjo. The instrument presents alternately as a percussive drum-with-strings or as a highly dimensional harmonic resonator, blowing out these disparate trajectories into two longform pieces. An obtuse, abstracted, laser-focused follow up to “a vine that grew over the city and no one noticed” [Tripticks Tapes - 'Old Time Music'], ‘pearls’ unfurls itself within the cracks of more recognizable banjo territory. Over two contrasting sides, the album pauses to meditate on skeins of glitched-out algorithmics and masses of richly detuned sonorities - all hung heavy in the thick southern air.

Recorded in the unbearable heat of the 2022 NYC summer – the album’s regimented a-side, “the rocks are different, here” presents a rush of polyrhythmic grooves that jaggedly flip and resuture themselves together in a way similar to the early minimalist works of Philip Glass or Steve Reich. The composition reaches escape velocity from the mechanical permutations of its bluegrass role: it treats the banjo as an ecstatic array of strings and resonators, rather than an instrument strummed wistfully in the depths of some dark holler. Yet despite this machinic cacophony, the particular twang and thwack of the head still allows one a kind of skewed journey with this nostalgia-laden beast. The old sound still finds a way through.

On the b-side, “Brothers” recalls the blood harmony of famous country singers like the Louvins, Stanleys, Maddoxs, Carters, and Osbournes, splayed out between two justly tuned banjos. Recorded at the artist’s former Vermont home in the midst of a deep polar chill, this track resists the entropic freneticism of “the rocks...” Each drum head is wired to be both microphone and speaker, ear and mouth, conjoined together in reverse, spinning sidebands above and below the pair via an interdependent ring modulator circuit. An echo, perhaps, of that iconic Frida Kahlo self-portrait – the beautiful absurdity of familial connection via one’s shared circulatory system, itself an evocative imagining of this mythological sense of kin. Through two sets of homemade E-bows, each of the banjos’ strings become their own ‘Music on a Long Thin Wire’ – the only imprint of human touch, a muffled muting and unmuting of the instrument’s delicate vibrations.

Assembled by Gretchen Korsmo, the cover features photography by organist and composer Jack Langdon, a close collaborator of Olencki’s and an essential companion of their time living and developing this work in New England.
 "

Artist : Weston Olencki

Label : Full Spectrum Records

CAT No.: FS162