• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Sado Vision // Sado Vision CD

Sado Vision // Sado Vision CD

¥2,590
  • Availability:

イタリア・ミラノの無名SMインダストリアルデュオSado Visionが、2024年5月にTribe Tapes / Old Europa Cafeから共同リリースした再発CDです。(オリジナルは1995年リリース)

Lo-Fiインダストリアル4曲を収録。DVDサイズのデジパック、シュリンク仕様です。

以下、レーベルによる解説です。

"SADO VISIONは、イタリア発の知られざるS/M&フェティシズム・インダストリアルプロジェクトである。
明らかにエロティックな違反行為にインスパイアされた彼らは、最も過激で挑発的なインダストリアルサウンドの愛好者たちの注目を集めた。
ミラノ出身のルカ・レウカ(別名リューコン)と正体不明の牧師Kに率いられたサド=ヴィジョンは、スタジオレコーディングの概念を変容させ、作曲を生み出すリアルパフォーマンスに生命を与えた。
自らを "ボディサウンドアーティスト "と定義するアンジェラ・ウォーターのクレイジーな姿勢と、キーボーディストのヴィブラン・D、ヴォーカリストのC.L.の貢献のおかげである。Hysteria、そしてValmatの技術的な協力により、リューコンは1995年にシンプルなタイトル「Sado Vision」でリリースされた彼の最初のプロジェクトに十分なエネルギーを注ぎ込んだ。
パウンディングなリズム、強烈な周波数、物語の細い糸を貫き、それに寄り添う電子音は、すべて声と身体を使って生み出され、それぞれの音をデジタルプロセッサーでフィルタリング処理し、アナーキーで有機的な方法ですべてを再構築した。
伝統的な楽器を使わずにスタジオで何が生み出せるかを示す、インダストリアル=エクスペリメンタルシーンにおける非常に良い例である。"

Tribe Tapes その他作品はこちら /// Click here to see more Tribe Tapes releases available at Tobira. 

--------------------------

CD in DVD-Sized A5 digipack. Edition of 300 copies.
Reissue of the 1995 cassette. 


Tracklist:

1. The Shiter
2. Pain Charme
3. Anal Whip
4. Sperma Tongue Victim

Tribe Tapes:

"SADO VISION was a very obscure, S/M & fetishist industrial project from Italy.
Clearly inspired by erotic transgressions they attracted the attention of admirers of the most radical and provocative industrial sound.
Leaded by the Milanese Luca Leuca (aka Leucon) and the unidentified Reverend K, Sado-Vision transformed the concept of studio recording, giving life to real performances in which create musical compositions.
Thanks to the crazy attitude of Anjela Water, who defined herself as a "bodysound artist", and the contribution of the keyboardist Vibran D, the vocalist C.L.. Hysteria, and the technical help of Valmat, Leucon put together enough energy to create his first project, released in 1995 with the simple title "Sado Vision".
The pounding rhythms, the strident frequencies, the electronic clangs that run through and accompany the thin thread of the story were entirely produced using voice and the body, filtering and processing each sound with digital processors and reassembling everything in an anarchically organic way.
A very good example in the industrial-experimental scene of what can be produced in a studio without using traditional instruments."

Artist : Sado Vision

Label : Tribe Tapes x Old Europa Cafe

+ -

イタリア・ミラノの無名SMインダストリアルデュオSado Visionが、2024年5月にTribe Tapes / Old Europa Cafeから共同リリースした再発CDです。(オリジナルは1995年リリース)

Lo-Fiインダストリアル4曲を収録。DVDサイズのデジパック、シュリンク仕様です。

以下、レーベルによる解説です。

"SADO VISIONは、イタリア発の知られざるS/M&フェティシズム・インダストリアルプロジェクトである。
明らかにエロティックな違反行為にインスパイアされた彼らは、最も過激で挑発的なインダストリアルサウンドの愛好者たちの注目を集めた。
ミラノ出身のルカ・レウカ(別名リューコン)と正体不明の牧師Kに率いられたサド=ヴィジョンは、スタジオレコーディングの概念を変容させ、作曲を生み出すリアルパフォーマンスに生命を与えた。
自らを "ボディサウンドアーティスト "と定義するアンジェラ・ウォーターのクレイジーな姿勢と、キーボーディストのヴィブラン・D、ヴォーカリストのC.L.の貢献のおかげである。Hysteria、そしてValmatの技術的な協力により、リューコンは1995年にシンプルなタイトル「Sado Vision」でリリースされた彼の最初のプロジェクトに十分なエネルギーを注ぎ込んだ。
パウンディングなリズム、強烈な周波数、物語の細い糸を貫き、それに寄り添う電子音は、すべて声と身体を使って生み出され、それぞれの音をデジタルプロセッサーでフィルタリング処理し、アナーキーで有機的な方法ですべてを再構築した。
伝統的な楽器を使わずにスタジオで何が生み出せるかを示す、インダストリアル=エクスペリメンタルシーンにおける非常に良い例である。"

Tribe Tapes その他作品はこちら /// Click here to see more Tribe Tapes releases available at Tobira. 

--------------------------

CD in DVD-Sized A5 digipack. Edition of 300 copies.
Reissue of the 1995 cassette. 


Tracklist:

1. The Shiter
2. Pain Charme
3. Anal Whip
4. Sperma Tongue Victim

Tribe Tapes:

"SADO VISION was a very obscure, S/M & fetishist industrial project from Italy.
Clearly inspired by erotic transgressions they attracted the attention of admirers of the most radical and provocative industrial sound.
Leaded by the Milanese Luca Leuca (aka Leucon) and the unidentified Reverend K, Sado-Vision transformed the concept of studio recording, giving life to real performances in which create musical compositions.
Thanks to the crazy attitude of Anjela Water, who defined herself as a "bodysound artist", and the contribution of the keyboardist Vibran D, the vocalist C.L.. Hysteria, and the technical help of Valmat, Leucon put together enough energy to create his first project, released in 1995 with the simple title "Sado Vision".
The pounding rhythms, the strident frequencies, the electronic clangs that run through and accompany the thin thread of the story were entirely produced using voice and the body, filtering and processing each sound with digital processors and reassembling everything in an anarchically organic way.
A very good example in the industrial-experimental scene of what can be produced in a studio without using traditional instruments."

Artist : Sado Vision

Label : Tribe Tapes x Old Europa Cafe